1. TOP
  2. 暴露!あなたの出品した商品がメルカリで売れない10の理由と改善策

暴露!あなたの出品した商品がメルカリで売れない10の理由と改善策

商品がメルカリで売れない10の理由と改善策

国内最大のフリマアプリといえば、メルカリ。欲しいものを買うにも、不要なものを売ってお金に換えるにも便利なフリマアプリです。

メルカリでは、非常に速いスピードで売買が成立しています。CMでも「出品された半数以上が24時間以内に売れています!」といわれていますね。

でも、このキャッチコピーを見て「自分の出品したものはなかなか売れないんだけど…」と思ったあなた!今回の記事は、売れなくて悩んでいるあなたのために書いていきます。

メルカリは、他のフリマアプリと比べても利用者が圧倒的に多く、売れるものはすぐに売れます。それでも売れない商品には、必ずなんらかの「理由」があるのです。

利用者の多いメルカリにおいて「見られていないから買われない」ということは、ほぼありません。「商品は見られているけど売れない」という場合がほとんどです。

その「売れない理由」を改善しないと、いつまでたっても売れないままです。今回は、商品が売れなくて困っているあなたに向けて、10個の売れない理由とその対策方法をご紹介します。

記事を読みながら、自分の出品した商品が、その「売れない理由」に当てはまっていないか確認してみてくださいね。

メルカリでは、本当に商品が売れるのか?

メルカリ 商品

結論からいいます。売れます。間違いなく、他のサイトやアプリより圧倒的に売れます。というより、メルカリで売れなければ、他ではさらに売れません。そのくらい売れるフリマアプリです。

以下の画像は、私が一ヶ月間であげた売上の、振込申請記録です。もちろん扱う商品によっても差はありますが、少なくともまったく売れていないという数字ではないと思います。

メルカリ 振込

 

なにか特別な商品を扱っているわけではありませんし、数百点もの出品をしている業者というわけでもありません。(業者だったらむしろこの金額は少なすぎますね)

普通の日用品や、洋服などを十数品扱っています。ですが、15万円以上売れています。出品の仕方も、なにか特別なことをしているわけではありません。ちょっとしたことに気を付けているだけです。それでも、このくらいは売れるのです。

いかがでしょうか?「売れないアプリ」といえる条件は、残っていないと思います。

出品した商品がメルカリで売れない10の理由

メルカリ 売れない

では、なぜあなたの商品は売れないのでしょうか。メルカリで売れない理由というのは、大きく分けて10個あります。「そんなにあるの!?」と思うかもしれませんが、どれも売れ行きに影響する大事な要素です。

10個すべてではなく、いくつかを改善するだけで、突然商品が売れることも。ひとつずつ、問題点を確認していきましょう。

1.出品者のプロフィールが不足している

売れない理由として多いのが、出品者のプロフィール不足。プロフィールが未記入のユーザーも、多数見かけます。

メルカリは、お金と商品をやり取りする場所です。

お金が絡む場所では、商品を買う側は常に、
「ちゃんと商品が届くのか?」
「ちゃんとした状態の商品は届くのか?」
「動物を飼っていないか?」
「喫煙者じゃないか?」
「常識的な人か?」

といったように、出品者に対して、いくつもの疑いをもっています。個人差はありますが、取引相手をまったく疑っていないという方は、少数でしょう。

メルカリは、まったく面識のない他人と、お金のやり取りをする場所。ある程度の疑いは持って当然でしょう。

そんな場所だからこそ、きちんとプロフィールや自己紹介が書いてあって、その人の事が少しでもわかる出品者と取引をしたいと思うのが普通ではないでしょうか。そのため、プロフィールが未記入の場合は、商品の売れる可能性が低くなります。

2.商品の写真が悪い

メルカリは、商品の写真と価格がずらーっと新着順に表示されるシステムです。つまり、買う側から見ると、商品の写真と価格がまず目に入ります。

買う側は、膨大な商品をひとつひとつチェックしているということがほとんどないので、最初に目に入った写真で、その商品を個別にチェックするかどうかを決めます。そして、個別の商品ページにある他の写真や価格、その他の情報を見て、最終的に買うかどうかを決めます。

このように、最初から最後まで、写真が中心です。「写真がすべて」といってもいいでしょう。

とくに、たくさんの人が見る1枚目の写真は、最重要です。これで、売れるかどうかの何割かが決まるといってもいいでしょう。1枚目の写真を、思わず目を引くような写真に変えれば、その商品のアクセス数も伸び、買ってもらえる可能性も高くなります。

  • 商品の全体像がわからない
  • 商品のブランドがわからない
  • 未使用品など、商品の状態がわからない

一例ですが、このような写真では、買う側の目を引けません。

3.商品説明の情報が足りない

メルカリ 商品説明

写真も重要ですが、いくら写真では良さそうに見えても、細かい所や使用感などは、写真だけでは、なかなか伝わりません。そこで買う側は、写真の次に商品説明を確認し、その説明に納得してはじめて「購入しよう」という気持ちになります。商品説明は、写真の次に大事な要素です。

  • 商品の汚れなどの使用感および状態
  • 商品のブランドや素材
  • 商品を使用した回数や環境
  • 商品の出品に至った経緯

など、商品に関する詳細な情報が記載できていないと、買う側に納得してもらえません。

4.タイトルで商品の特徴がわからない

メルカリ 商品 タイトル

売れない商品の特徴のひとつに、「商品タイトルの付け方が悪い」ということが挙げられます。写真と商品タイトルを見て、商品の特徴や商品名が正しく書かれていないと、買う側は「いい加減な出品者なのか?」と疑ってしまうことも。全員が疑わなかったとしても、売れる可能性は間違いなく下がります。

先ほど書いたように、メルカリは写真と価格が最初に目に入る表示形式。そのため、商品タイトルはそこまで重要じゃないんじゃないか…と思われるかもしれません。しかし、商品タイトルをしっかりと書くことで、後述する「キーワード検索」に引っかかって売れる可能性がアップします。

たとえば、ユニクロのMサイズの赤いセーターを、メルカリに出品する場合。

『セーター 赤』

という商品タイトルでは、買う側にメーカーや商品のサイズで検索されても、検索で引っかかりません。

結果として、買う側に見られる機会が減り、商品が売れにくくなってしまうのです。

5.出品してから時間が経っている

メルカリは、新着の商品から順に表示していくシステムです。そのため、古い商品はどんどん下に追いやられてしまいます。メルカリは出品数もけた違い。
出品して新着商品に表示されたのも束の間、ながれの早いジャンルの商品なら、数分もすれば、見つけてもらいにくい順番まで下がってしまいます。

それでも、数日ならまだ見てくれる人もいるでしょう。しかし、一週間もすれば、本当に細かい検索で探し当てた人しか見られないような順番まで下がります。このようにメルカリでは、時間が経った商品ほど、売れる確率が低くなる仕組みになっているのです。

つまり、商品を出品してから時間が経つと、商品が買い手に見られる確率は、極端に下がってしまうのです。

6.出品する時期が悪い

メルカリに限らない話ですが、シーズンオフの商品を出品しても、なかなか売れません。必要な人がいないからです。よほど特別な事情がない限り冬に扇風機やかき氷機、タンクトップを探したりしませんよね。たまたま見かけても買おうとする人はまずいないでしょう。

シーズンオフでも有名ブランドの商品を非常に安い価格で出品したとかならまだ売れる可能性もありますが、基本的にシーズンオフの商品は探す人も必要な人も少ないため売れる可能性は低いでしょう。

7.商品の価格が高い

メルカリ 商品 価格

売れない理由としては、わかりやすいですね。あなたの出品した商品が、買う側からみて、単純に「この価格なら買わないな」と思われている場合です。たとえば、定価5000円の中古商品を4800円で出品しても、200円の差なら、ほとんどの人が新品を定価で買います。

よほどの美品か、もう売っていないレアな商品でない限り、4000円でもお得感は低いでしょう。これが逆に、1000円という安い値段で販売されていたら、たまたま見かけただけの人が衝動買いする可能性もありますよね。

メルカリは、よい商品を安く買えるのが最大の特徴です。買う側も、そのつもりで商品を見ています。ほかに売れない理由がないのに商品が売れ残っている場合、出品した商品の価格が、買う側の思っている相場と一致していない可能性があります。

8.配送の条件が悪い

商品に問題はないけれど、配送条件が希望に合わないという場合があります。たとえば、その商品がすぐに欲しいのに、「発送まで4~7日かかると書かれているから、あきらめた」というような場合です。

また、メルカリは様々な配送方法に対応していますが、あなたが使いたい配送方法と、買う側の希望している配送方法が違う、といったケースがあります。出品する側も、仕事をしていたり、いろいろな環境の場合があると思いますが、ここの項目を改善するだけでも、売れる可能性はアップします。

9.コメントに返信していない

メルカリには、商品を見た人が、その商品に対して気になることがあった場合、出品者に質問や相談ができる「コメント」という機能があります。あなたが出品している商品に対して、買おうか迷っている人から聞きたい事があれば、コメントが入る場合があります。

そして、コメントはすべての人に完全公開されます。問い合わせのコメントに対して返信をしていない場合、コメントした人はもちろん、それを見たほかのユーザーも、購入をためらいます。

質問に対してきちんと返信をしないということは、対応が遅い、またはいい加減な人という印象を、買う側に与えてしまうからです。忙しいとか、面倒くさいという理由で返信しないのは論外ですが、答えにくい、答えたくないというコメントもあると思います。そういった場合でも、何かしら返信をしておかないと、その商品は売れる可能性が低くなってしまいます。

対応が難しい場合でも、以下のように、コメントには返信するように心がけましょう。

メルカリ コメント

10.メルカリのアカウントが規制されている

これはちょっと特殊な例です。ある一定の行為を繰り返すと、あなたのアカウントに出品規制がかかる場合があります。その規制の内容は、「出品した商品が新着に表示されない」というものです。

新着に表示されないということは、注目されるチャンスがなくなり、商品を見てくれるユーザーが極端に少なくなります。そのため、確率的に商品が売れにくくなってしまうのです。

メルカリでアカウントが規制される理由は、

  • 短時間で、多数(10件以上)の商品を出品している
  • 短時間で、出品と削除(再出品)を繰り返している
  • 50件以上の、購入されていない商品がある
  • 重複した出品がある(説明文や商品タイトル)

などがあります。

こういった特殊な理由で商品が売れにくくなってしまう場合もあることを、覚えておいてください。

また、私たちは、メルカリが提供してくれているサービスを「使わせてもらっている」という立場であることも、覚えておきましょう。

「サービスを使わせてもらっているという立場は嫌だけど、ネットでお金を稼ぎたい!」という場合は、自分でWebサイトを運営し、そこで商品を紹介するのもおすすめ!

自分でWebサイトを運営することで、「サービスを使わせてもらっている」という立場から「サービスを使わせてあげている」という立場になれます。そのため、メルカリよりもWebサイト運営の方が、自分に向いていると思う場合もあるでしょう。

Webサイトの運営は、「ある秘密」を知っておくことで、毎月100万人以上のお客さんを集めることも可能です。

\ その「秘密」は、こちらから! /

メルカリで商品が売れるようになる10の改善策

ここまでの内容で、商品が売れなくなる10個の理由については、わかっていただけたと思います。ここからは、売れなくなる10個の理由をさらに詳しく解説し、同時のその対策についての紹介です。

1.出品者のプロフィールを丁寧に書く

メルカリ 出品者 プロフィール

はじめに、プロフィールが未記入の場合は、商品の売れる可能性も低くなると書きました。これに関しては、逆の立場に立って考えてみてください。

欲しい商品があり、相手のプロフィールを見たときに、
出品者A「(未記入)」
出品者B「こんにちは!責任もって取引をしますのでよろしくお願いいたします。」
出品者C「はじめまして。都内在住の会社員です。仕事の都合でコメントの返しや発送が多少遅れる場合がありますが、最後まで責任もって取引いたします。
こちら喫煙者・ペットはいません。よろしくお願いいたします。」

こう書いている出品者がいたら、3人のうち誰から買いたいですか?安心感があるのは、出品者Cだと思います。出品者Bは、プロフィール不足ではありますが、それでも、あいさつひとつ書いてあるだけで、未記入とは全然印象が違ってくるのです。

出品者Cくらいのプロフィールが書いてあれば、最低限問題ありませんが、できればさらに、

・発送方法は主に何を利用するか
・値下げ交渉可能かどうか

あたりまで書いておくと、トラブルの可能性を減らせるでしょう。

 

商品の発送方法は
・定形外をメインに利用するのか
・らくらくメルカリ便やゆうゆうメルカリ便がメインなのか
・ほかの発送方法なのか

を書いておくといいと思います。

梱包に自信がない場合は「簡易包装ですので、気になる方はご注意ください」と書いておきましょう。ただし、これで手抜き梱包が許されるわけではありません。得意でなくとも、受け取る側の気持ちを考えて、商品はしっかりと梱包しましょう。

 

「値下げ交渉が嫌だな」と思う場合は、プロフィールに「できる限り安く出品していますので、値下げ交渉はご遠慮ください」と書いておきましょう。

値下げ交渉はメルカリ名物です。出品物のほぼ半数以上に、値下げ交渉が来ると思っておいてください。それでも、プロフィールを読まない購入希望者から値下げ交渉がくる場合はありますが、その頻度は確実に減らせます。逆に、値下げ交渉OKの場合は、何も書かなくてもよいでしょう。

わざわざ「値下げ交渉OKです!ガンガン交渉してください」と書いても、なんの得もありません。

 

また、プロフィールを丁寧に書くといっても、長々と書くのはNGです。頑張って書いたのはわかるけど…長い長いプロフィールの出品者…見る側からしたら、見るだけで疲れます。たぶんほとんどの人が、プロフィールを見ただけでうんざりして、内容を読んでくれないでしょう。

「丁寧に」とはいっても、限度はあるので注意が必要です。プロフィールの画像も、きちんと変えておきましょう。これは、基本的に何でも構いません。自画像でも結構ですし、飼っているペットの写真でも構いません。

ただし、他人の画像を勝手に使ったり、有名人の画像や、売られている商品などを使用するのは絶対にやめましょう。著作権などの侵害で、最悪の場合、法的なトラブルに発展する場合があります。

そのほか、プロフィールを書く際に注意すべきポイントを、以下に記載します。

(ⅰ)見込み客の年齢や性別に合った言葉遣いを意識する

プロフィールを丁寧に書くとはいっても、ただ敬語を並べればよいというものではありません。
もちろん、馴れ馴れしい軽いタメ口で書くのはダメです。しかし、主に10代の女性向けの商品を出品しているのに、プロフィールが年配の男性を思わせるようなものだと、プロフィールをいくら丁寧に書いても、買う側がなんとなく違和感を抱いてしまいます。

あなたが主に出品している商品が若い方向けなら、プロフィールも少しくだけた口調にしたほうがよいでしょう。

年配の方向けなら、多少堅苦しいかな、くらいでもいいと思います。また、女性向けの商品を出品しているなら、優しい言葉を使うようにすると、相手に安心感を与えられます。

(ⅱ)プロフィールで「業者感」を出さない

メルカリは、個人間で掘り出し物を売買するイメージがあるので、「業者感」がある出品者は、敬遠される傾向にあります。もちろん業者であっても、安くて良いものを出品している場合も多々ありますが、買う側のイメージとして「業者=利益重視=掘り出し物じゃない」という感覚があるようです。

商品の売れる確率を上げるためにも、できる限り業者っぽく思われないプロフィールを書きましょう。

業者っぽく思われる書き方としては

「返品は承っておりません」
「〇〇以内に発送いたします」
といった、過度な敬語の使用。以下のように、もう少しライトな書き方でいいと思います。

「元からの不良以外返品はしません」
「昼間は仕事があるので発送に数日かかります」
という書き方に直しましょう。

本格的にメルカリで転売をしている方の中には、個人でも古物商免許を取得している場合もあると思います。信頼性を上げるために、プロフィールに古物商許可番号を載せている方がたまにいますが、そうなると業者感が出ます。というより、買う側から見たら、完璧に業者ですね。

古物商許可番号を載せることは逆効果になることが多いので、できれば載せないようにしたほうがいいでしょう。載せたところで、信頼性にはつながりません。古物商免許や許可番号について、理解できる利用者はほとんどいないと思いますので。

2.商品の写真を撮りなおす

メルカリ 商品 写真

写真は、メルカリで商品を売るために一番重要なポイントです。どんなにいい商品を安く出品していても、写真が悪かったらまず売れません。そもそも、商品を見てもらえるかどうかも怪しいです。

逆に言えば、きちんとした写真を撮れば、多少強気の値段設定でも商品があっさり売れることがあります。そんな写真を撮影するための3つのポイントを、ご紹介します。

(ⅰ)商品の情報をきちんと写真におさめる

人は、情報の多くを視覚で得ています。つまりメルカリでは、視覚、つまり写真で、商品の情報の多くを判断されるわけです。極端なことをいえば、商品説明が苦手で、あまりうまく書けなかったとしても、写真をきちんと撮っておけば、商品は売れる可能性があります。それくらい、写真は重要です
(もちろん、商品説明もきちんと書くことによって、商品はさらに売れやすくなりますが)

メルカリでは、商品の写真を最大4枚まで載せられます。

なので、

・1~2枚目はその商品のおすすめポイントの写真
・3~4枚目は汚れやダメージなどの気になるところの写真

を撮るのがおすすめです。

もちろん、商品の状態によって比率を変えても構いません。新品未使用や新品同様なら、3~4枚目もおすすめポイントの写真でかまいません。ジャンク品なら、2~4枚目の写真をダメージ個所のものにしてもよいでしょう。

大事なのは「良いところは1~2枚目にちゃんと撮る。そのあと悪いところもちゃんと撮る」ということです。そのため、写真は4枚すべて載せましょう。売りたい気持ちから、商品の良い部分だけを見せたくなるのも、わかります。

ただ、そうしてしまうと、売れた後にトラブルが起きやすくなります。「こんな悪い部分があるなんて知らなかった」という理由で、購入者が、あなたの評価を下げるかもしれません。

そうすると、他の商品の売れ行きが悪くなってしまうことも。いいところも、悪いところも、きちんと正確に撮って載せましょう。

(ⅱ)写真の修整は適度に

先ほどの話と重複しますが、いくら売りたいからといっても、いいところばかり出したり、ましてや悪いところを隠して出品するのはNG。何がいいたいかというと、写真を過度に修整してはいけません、ということです。メルカリを利用する場合、スマホで商品の写真を撮影して出品することが多いと思います。

スマホのカメラの性能は非常に高く、写真を切り取ったり、明るさを変えたり色味を変えたり…ひと昔前ではパソコンがないとできなかったような写真の修正も、思いのままです。

そのため、出品する商品の汚れを隠したり、色あせを修整してわからなくしたりということも可能です。

とくに写真の明るさは、簡単に変えられて効果が絶大。汚れも消えますし、全体的になんとなく綺麗に見えてしまいます。そのため、明るさを過度に上げて修整した商品を時折見かけます。

過度に修整すると、その商品はたしかに売れやすくなるかもしれませんが、それを買ったユーザーが不満を感じ、取引後のあなたの評価を「悪い」にするかもしれません。そうすると、今後の商品の売れ行きが、格段に悪くなります。たったひとつの商品を売るために、ほかの複数の商品が売れなくなるなんて、意味がないですよね。

写真の加工や修整は、ほどほどにしましょう。できれば、慣れないうちは、修整をまったくしないほうがよいでしょう。

(ⅲ)人が見て購入したくなるような写真か?を見なおす

人が見て購入したくなる写真を撮るためのコツについては、

・1枚目は全体像を載せて、なんの商品かわかるように撮る
・周りに何もない場所で撮る
・白い背景の場所で撮る

ことを意識して撮りましょう。

全体像を撮る理由は、メルカリでは商品が一覧で表示される際に、写真と値段しか表示されないからです。写真でなんの商品かわからない場合、誰も見てくれない可能性があります。なので、1枚目の写真は、商品が判断できる全体像を撮る必要があるのです。

周りに何もない場所で撮る理由は、生活用品が散らばった床と一緒に写った商品の写真だと、買う側が購入をためらってしまうから。いくら個人間同士の取引といっても、あまり生活感が見えると、買う側はためらってしまいます。生活用品ならまだしも、ゴミや食べかすが散らばった床と一緒に撮られた商品なんて、ほぼ確実に売れません。商品だけでなく、その周りの状況にも気を付けましょう。

また、背景も同様です。できれば白い背景で撮るのがベストです。白い背景で撮る理由は、生活感がなく、商品がきれいに撮れるからです。白い背景が難しいようなら、できる限り無地を背景にして撮りましょう。

くどいようですが、メルカリでは写真がすべてです。1枚目でユーザーの興味を引き、2~4枚目で納得させて、買ってもらうまでに繋げます。そのため、写真は絶対に妥協してはいけません。写真をすべて撮り終わってもそのまま出品せず、何度でも見直しましょう。

3.商品説明を丁寧に書く

先ほど、商品説明は写真の次に重要と書きました。それは、商品説明が、写真で興味を引いたユーザーの「買う気」を、最後にひと押しする要素だからです。その大事な商品説明が「あちこちに汚れ・使用感があります」としか書いてないと、買う側には様々な疑問が浮かびます。

「どこにどの程度の汚れなの?」
「汚れは目立つの?目立たないの?」
「使用感って、どのくらいなの?」
「タバコ臭かったり、汗臭かったりしない?」

これらの疑問が1つ程度なら質問するかもしれませんが、疑問が3つも4つもあれば、まず買いません。質問するのが、面倒だからです。よほど欲しい物でなければ、他の出品者のちゃんと説明が書いてある商品を買ったほうが、簡単で安心です。

新品未使用なら多少説明を省いても売れるかもしれませんが、中古だとそうはいきません。

商品説明A「中古です」
商品説明B「数回着て洗濯しました。あちこちに汚れがあります。」
商品説明C「着用回数は3回くらい。袖口にうっすらとした汚れがありますが、ほとんどわかりません。生地に多少毛羽立ちはありますが、全体的に綺麗な方だと思います。タバコを吸う人もペットもいない環境で、押入れ保管してあります。」

以上のように書かれていた場合、出品者Cから買いたくありませんか?

商品説明は、写真やタイトルと違って、長い文章を書かないといけませんし、手間もかかります。ですが、売れるための要素としては非常に大きいので、手間を惜しまずきちんと書きましょう。

4.商品の特徴がわかるようなタイトルをつける

メルカリ 商品 タイトル

以前、メルカリに出品されていた帽子の中に「古着」とだけ書かれている商品を見たことがあります。有名ブランドの帽子で、価格もわりとお買い得だったのですが、売れていませんでした。非常にもったいないですね。自分が売りたいものの商品の名前や、簡単な特徴くらいは入れておかないと、見た人が「この商品は、どこのブランドのどんな商品なの?」という疑問を抱きます。

その結果、「なんとなく面倒な出品者だな…」と思われてしまい、買う側は敬遠します。

商品と商品タイトルがマッチしていないと「商品をちゃんと説明できない人」という非常識な出品者だと思われてしまうことも。極端な話、街のスーパーで珍しい野菜が売っていたとして、そこに「野菜」って書かれていたらどう思いますか?気にはなるけど、わざわざ店員さんに聞いてまで買ったりする人は、少ないと思います。

このように、商品説明の不足は、買う側に心理的なブレーキをかけてしまうので、すぐに改善しましょう。誰でもトラブルは避けたいもの。できる限り常識的な人から買いたいと思ったときに、ちゃんと商品説明ができない出品者から買うことは、まずないでしょう。

帽子なら
「〇〇のニットキャップ 美品 送料込み ブラック」
くらいは、最低限でも書くようにしたいですね。

また、商品の特徴がわかるタイトルをつけることは、次に紹介する「検索」を意識することにおいても、非常に重要な要素です。

検索を意識した商品タイトルの付け方

メルカリには、膨大な数の商品が出品されています。星の数ほどある商品の中から、自分が出品している商品を見つけてもらうには、偶然に頼るしかないのでしょうか?そんなことはありません。

実は、あなたが出品している商品を必要としている人、つまり買ってくれる可能性が高い人に見つけてもらう方法があります。その方法とは、買う側が入力する「キーワード検索」です。

キーワード検索とは、買う側が欲しい商品の特徴であるキーワードを打ち込んで、メルカリ内で商品を探せる機能のこと。

たとえば
「シャツ 白」
「ジーンズ スキニー」
「アクセサリー リング」
といったように、キーワードを打ち込んで検索すると、そのキーワードが含まれる商品を表示してくれます。その検索にヒットするような商品タイトルを付ければ、出品した商品を見てもらえる機会が増え、売れる確率も高くなるのです。

たとえば、あなたが素敵な白いシャツを出品していたとしましょう。

その素敵な白いシャツの商品タイトルが「上着 中古」だったらどうでしょうか。

白い素敵なシャツを探している人は、おそらく「シャツ 白」「シャツ ホワイト」「シャツ 美品」といったキーワードで検索すると思います。すると、あなたの「上着 中古」は、検索結果に表示されません。

せっかく白いシャツが欲しい方がいて、ぴったりな商品をあなたが出品しているのに、検索結果に表示されないため、あなたの商品を見つけてもらえません。売れる、売れない以前に、商品の存在自体に気づいてもらえないのです。

このように、商品タイトルひとつ取っても売れ行きに影響しますので、商品タイトルを適当に付けていた場合は、ぜひいちど見直してみましょう。

5.出品して時間が経過したものは、再出品する

メルカリでは、出品してから時間がたった商品は、表示される順番がどんどん下がっていきます。これは、逆を言えば、「出品し直すと、新しく上に表示される」ということでもあるのです。

商品を出品しなおすと、カテゴリーの一番上に表示され、また大勢の新しいユーザーに見てもらえる確率が高くなります。前回の出品時に見てくれた方が買わなかったとしても、今回見てくれた方は買ってくれるかもしれません。このように、再出品というのは、メルカリで商品を売るための重要なテクニックです。

ただ、再出品は手間のかかる作業です。その手間を減らすためにも

・商品の写真は残しておく
・前回出品した古い商品データを消す前に商品説明をコピー&ペーストしておく

などをして、できる限り再出品の手間と時間を節約しましょう。手間のかかる再出品も、上記のテクニックを使うことで、慣れれば5分以内で完了します。

メルカリで再出品を検討する時期

では、商品を出品してから、どの程度の時間が経ったら再出品するべきなのでしょうか。これはカテゴリーによって違うので、一概には言えません。

「ファッション」などの人気カテゴリーでは、3日も経つと、その表示順位は、見つけるのが難しい位置まで下がってしまいます。

そして、1週間も経過すれば、誰にも見られないほどの位置まで下がってしまうでしょう。

そのため、人気のカテゴリーに出品した商品は、1週間に1度くらいの期間で再出品するのがおすすめ。逆にマニアックな商品で、出品者が少ない商品は、順位もすぐに下がりませんから、1週間~1か月程度そのままでもよいでしょう。

マニアックな商品は、偶然新着で見かけて買う人よりも、キーワード検索で最初からその商品を探しに来る方が多いので、新着に表示されているメリットは正直あまりありません。
ただ、もちろん新着に表示されているに越したことはないので、時間に余裕があれば再出品してもよいでしょう。

6.時期に合った商品を出品する

11月頃に「来年の夏に備えてサンダルを探すぞ」という方は少ないと思います。とくに女性は、毎年の流行があるので、来年に向けたアイテムを出品しても、まず売れません。

有名なハイブランドなら流行に関係なく売れるかもしれませんが、それでも時期外れのアイテムは、探す人が少ないので注目度も低いもの。来年に向けて「イイネ」されておしまいです。

商品には売れる時期というものがあります。それを考えずにやみくもに出品しても、なかなか売れないでしょう。ただ、シーズンオフだから出品するな、という意味ではありません。

シーズンオフでも、出品しておけば、売れる可能性はあります。安い価格にしておけば「この価格なら来年用に買おうかな」と思ってくれる方や、その商品のファンで探していた人が見つけて買ってくれるかもしれません。

ここで言いたいのは「出品する優先順位を考えましょう」ということです。売れにくいシーズンオフの商品よりも、先に売れそうな商品があればそちらから出品し、余裕があったらシーズンオフの商品を出品しましょう。

7.商品の価格を見なおす

価格の見直しは、単純でわかりやすく、効果も絶大な改善方法です。単純に値を下げるだけでも、売れる可能性はぐんと上がります。ですが、値を下げれば下げるほど、当然ながら利益は減ります。

本来5000円でも間違いなく売れる商品の価格を、2000円にまで下げて売ってしまった場合、3000円の利益を逃したことになりますよね。もちろん売れないよりはいい、と考える人もいると思いますが、できることなら1円でも高く売れてほしいと、ほとんどの人が思うのではないでしょうか。

値下げにはコツがあります。見た人が

「これ安すぎる!絶対買う!」
ではなく、
「この価格かあ…悩むけど間違いなくお得だし買うかな…」

と思うくらいの価格にするのがベストです。

(ⅰ)ただ値下げすれば良いということではない

価格を見直すと言っても、単純に値下げすればよいという話ではありません。単純な値下げをすると、場合によっては、商品が売れても赤字になってしまうことがあります。

送料を出品者負担として、1000円の商品を600円に値下げしたパターンで考えてみましょう。メルカリでは、商品が売れると、手数料として、販売価格の10%(60円)が差し引かれます。

売れた商品のサイズが大きく、宅急便でなければ発送できなかった場合は、メルカリ便を使っても、送料が600円かかってしまいます。

つまり、販売した価格は600円ですが、その商品を購入者に渡すための費用が、660円かかるということです。

利益と費用を計算すると、合計では-60円となってしまいます。

利益がゼロでも悲しくなるのに、赤字になってしまったら、何のために時間を割いて写真を撮ったり、商品説明を書いたり発送したりといったことをしているのか、分からなくなりますよね。このような状況を避けるには、商品の相場をきちんと把握して、赤字にならないような価格設定を行いましょう。

(ⅱ)商品の相場価格を知る方法

あなたが出品しようと思っている商品の相場を事前に把握しておくことで、

・安すぎる価格で買われてしまい、得られるはずだった利益を逃す可能性がなくなる
・高すぎて売れなくなる可能性が減る
・買われた後に実は赤字になってしまったという可能性が減る
・同じ商品を出品しているライバルの様子がわかる
といった、多数のメリットがあります。

やり方は簡単。あなたが出品しようと思っている商品を、メルカリで検索するだけです。カテゴリーよりもキーワード検索のほうが絞り込めるので、キーワード検索を利用しましょう。もっと詳しく知るなら「絞り込み検索」で、売り切れと販売中を切り替えて見ればOKです。

そうすると
「いくらからいくらの間なら売り切れるのか」
「いくら以上に設定すると売れ残ってしまうのか」
が簡単にわかります。

あとは商品を出品して、価格を
「売り切れていた価格の中で設定する」
だけです。

たとえば1000円~1900円で売り切れていた商品なら、その価格の中に収まる値段を設定すれば、売れる可能性は高くなります。売れている実績があるわけですからね。実は買う側も同じテクニックを使っていて、買う前にこうやって商品の相場を調べている方は多いです。

そのため、売り切れている価格帯の中から値段を設定することによって「相場としてはこんなものか」と思って買ってくれます。

もちろん1000円~1900円の価格帯だとしたら、1000円に近づければ近づけるほど、売れる可能性は高くなり、利益は減ります。高い利益の出る1900円で設定して売れるのをじっくり待つか、利益は低くても1000円で設定して即売ってしまいたいのかは、個人の考え方次第です。

また、相場を事前に知ることにより、赤字を防ぐ事もできます。送料が600円かかる大きな商品を出品する前に、相場を調べて、売れている相場が
「送料込みで600円~800円」だったら、出品しないほうが良いですよね。一番高い価格で売っても、100円~数十円程度の利益にしかなりません。

そうなってしまうなら、利益の少ない商品で時間をムダにせず、他の売れる商品を出品したほうが良いと思います。このように、適正価格に設定するためには、メルカリで検索して相場を知ることが一番です。

8.送料や配送までの日数を見なおす

メルカリには様々な配送方法がありますが、どれも特徴やメリット、デメリットがあります。配送方法の選択によっては、買う側がためらってしまうことも。

たとえば

(ⅰ)送料が購入者負担で着払い
(ⅱ)送料込みだが補償のない定形外発送で不安
(ⅲ)個人情報を知られたくないので、匿名配送じゃないと不安
といった場合です。

(ⅰ)送料が購入者負担で着払い

買う側からすると、購入代金がトータルいくらになるのかわかりづらいという理由です。というのも、送料は、発送された商品の大きさ(梱包資材の大きさ含む)と配送する距離によって、値段が大きく変わります。

配送業者のホームページを見れば計算方法などは載っていますが、わざわざそこまでして送料を調べる方はごくわずかです。しかも梱包を含めた商品の大きさなんて、出品者にしかわかりません。本当に正確な送料を知りたい場合は、その点もわざわざ出品者に確認しないといけないのです

たいていの人は面倒だと感じて、送料込みで出品されている商品を探すでしょう。

(ⅱ)送料込みだが補償のない定形外発送で不安

送料込みという部分はよいのですが、補償も追跡機能もついていない定形外発送に、不安を感じる方もいます。

定形外は安い発送方法ですが、商品が配送中に紛失しても、誰も責任を負いません。(だからこそ安価で送れるのですけど)つまり、商品に万が一の事態が起こった場合、買った側が泣き寝入りするしかないのです。

もちろん最低限の捜索依頼等はしてもらえますが、それでも見つからなければ、商品代金を支払ったのに、商品は手に入らずじまい。当然、買う側は不安になりますよね。

商品の単価によっては、利益を出すために定形外以外の配送が難しい場合があるかもしれません。しかし、一定以上の金額の商品は、できる限り補償や追跡機能のある配送方法が望ましいです。

(ⅲ)個人情報を知られたくないので、匿名配送じゃないと不安

女性の中には、出品者に住所や氏名などの個人情報を知られたくないという方も多いです。
出品者が男性なら、なおさらでしょう。「商品はほしい…でも男性に住所を知られたくない」という理由で、購入をためらう方もいます。

メルカリには「匿名配送」という機能のついた「らくらくメルカリ便」や「ゆうゆうメルカリ便」という配送方法があります。これを利用すると、出品者と購入者、お互いの個人情報が、お互いに非公開のまま取引を終えることができます。さらに、安価で補償も追跡機能も付いた、高性能なメルカリ独自の配送方法です。できることなら、これらをうまく利用して、買う側が不安にならない配送方法を選択しましょう。

配送までの日数も、できることなら短いほうが良いでしょう。ただし、実際は仕事で週末しか発送できないのに「1~2日で発送」と設定するのは、別のトラブルになりかねないので、やめましょう。

先ほど書いた「らくらくメルカリ便」や「ゆうゆうメルカリ便」は、24時間営業のコンビニからも発送できます。近くに対応するコンビニがある場合は利用し、できる限り発送までの日数を短縮する努力をしましょう。

9.コメントには、言葉遣いを含めて丁寧に返す

商品に来たコメントに対しては、絶対に返信するようにしましょう。コメント放置ぐせのある、いい加減な(と思われる)出品者から買う人は少ないと思います。素早く返す必要はありませんが、少なくともその日のうちには、返すべきです。

多少遅れても12~16時間以内の返信なら、ほとんどの方が「仕事終わりで返信したんだな」と思うはずです。その際はもちろん「返信が遅れて申し訳ありません」と、ひとこと添えてください。

本当に忙しく、24時間スマートフォンを触れないという状態の方は、ほとんどいないでしょう。(そういう人はメルカリをやらないと思いますが…)

そういった意味で、コメントには、24時間以内に返信します。24時間以上経った後でも、返信しないよりはした方がよいのですが、買う側の印象は悪いものとなります。来たコメントには、できる限り早く返信するよう心がけましょう。

また、コメントを返す際の言葉遣いにも注意が必要です。メルカリには色々なユーザーがいて、中には商品説明に書いてあることをよく読まずに質問をしてくる人もいます。ここで、そのコメントに対して「商品説明くらい読んでください!」ときつく返す方もいますが、そのような返信は絶対にNG。

メルカリは、商品に対するコメントすべてが、他の全ユーザーにも完全公開される仕組みです。つまり、きつく返したあなたのコメントは、他のユーザーにも見られています。そんなキレやすい出品者から買うのって、怖いですよね。そのコメントが残っている限り、その商品は売れなくなるでしょう。

ベストな対応としては、この場合も怒ったりせず、「コメントありがとうございます。その件に関しては〇〇となっています。ご検討宜しくお願いいたします。」と丁寧に返信するのがよいでしょう。

そういった対応をとり、そのコメントを残しておくことで「丁寧に対応している」というイメージを、他のユーザーにも与えることができます。なお、コメントにはなるべく返信するべきですが、例外として返す必要のないコメントもあります。

コメントをしてくるユーザーの中には、非常識な額の値下げ要求や、単なる嫌がらせ、女性の出品者に対するセクハラまがいなコメントをする人など、不快な質問やコメントをしてくる方も、一定数います。

こういった方は、メルカリに限らずどこにでもいるので、質問が来ても感情的にならずに、淡々と処理しましょう。コメントして来た人をブロックして、コメントを削除するだけです。

怒ったり言い返したくなる気持ちは十分わかりますが、先ほど言ったようにコメントは全部公開されてしまいます。

非常識なユーザーのコメントと、それに対してきつい口調で返す出品者。そんなやり取りがされている商品を、誰が買う気になるでしょうか。感情的になって言い返しても、損するのは出品者、つまりあなただけです。

もやもやするかもしれませんが、メルカリに限らず、ユーザーが多いサイトやアプリでは、わりとよくあることです。できる限り早く忘れてしまいましょう。

10.メルカリでのアカウント規制を防ぐためには

「ある一定の行為を繰り返す」と、アカウントに規制がかかるというお話をしました。メルカリのアカウントに規制がかかると、せっかく出品した商品が、新着に表示されなくなってしまうのです。

メルカリでは、アプリを立ち上げた際に、新着で出品物が表示されます。アプリを開いて、とりあえず気になった商品にアクセスするユーザーも多いので、そこから商品が売れていく事も少なくありません。つまり、新着で表示されないということは、それだけで売れる可能性が低くなってしまいます。

メルカリでアカウントが規制される一定の行為をおさらいしますと、

  • ・短時間で、多数(10件以上)の商品を出品している
  • 短時間で、出品と削除(再出品)を繰り返している
  • 50件以上の、購入されていない出品がある
  • 重複した出品がある(説明文や商品タイトル)

などです。

これらの行為に規制がかけられる事から、メルカリとしては「同じ商品を大量に出品する出品者を排除したい」という意思なのかもしれません。たしかに同じ商品がずらーっと出品されていると、他の出品者の商品が見づらくなったりして不快ですよね。そんなメルカリ側の事情もわかりますが、誤解されてアカウント規制をかけられてしまうのは防ぎたいところ。

このアカウント規制を避けるには

  • 出品は1時間に5件程度
  • 再出品も同様
  • 例え2つ持っていたとしても同じ商品は出品しない

以上の点に気を付ければよいでしょう。

出品は1時間に5件程度の根拠については、私の経験による判断です。私はそれ以上のペースで出品していますが、アカウントの規制を受けたことはありません。

そのため、1時間に5件程度の出品であれば、アカウントが規制される可能性は低いでしょう。

同じ商品に関しては、先に出品した商品が売れたら、あらためて出品するようにしましょう。出品数が多いことに関しては、どこまでが「多い」と判断されるのかわかりませんが、私は100件くらい出品していても、とくにアカウント規制されたことはありません。

普通に出品する程度なら、そこまで心配したり、気にしすぎたりしなくてもいいのではないかと思います。

メルカリで商品が売れない時に行いたい3つの対策

これまで、メルカリで商品が売れない理由を10個紹介してきました。商品の売れない理由が多すぎて「何から手をつければいいのかわからない」と、悩んでしまっていませんか?そこで、ここからは、先ほど挙げた10個の対策のうち、優先度の高いものを紹介します。

メルカリで商品が売れない時に、優先的に対策したい箇所は、以下の3つ。

  1. 商品の写真を撮りなおす
  2. 商品の価格を見なおす
  3. 商品説明を丁寧に描く

優先度の高い順に、解説していきます。

1. 商品の写真を撮りなおす

まずは、何をおいても商品の写真の確認からです。メルカリにおいて商品の写真というのは、売れる売れないを左右する重要なもの。逆にいえば、写真を変えただけで、次の瞬間売れてしまった、なんてこともあります。

メルカリに出品した商品が、なかなか売れない場合は、今回の記事で紹介した、

  • 商品の情報をきちんと写真におさめる
  • 写真の修整は適度に
  • 人が見て購入したくなるような写真か?を見なおす

という項目に注意しながら、商品の写真を撮り直しましょう。

2. 商品の価格を見なおす

次に優先するのは、価格です。メルカリは価格にシビアな方が多いので、相場に合わない高値にしておくと、いつまで経っても売れません。「いつか売れればいいや」と思っているなら高値でも構いませんが、なるべく早く売れてほしいと思うなら、価格の見直しが効果絶大です。

ただ、商品の価格を見直す時は、赤字にならないように、注意を払いましょう。

3. 商品説明を丁寧に書く

商品説明も、メルカリで商品が売れるために、大切な要素のひとつ。短い商品説明だと、買う側は不安になってしまいます。良い写真を見て、お買い得な価格を見て、それでも迷っているユーザーの背中を一押しするのは、商品説明です。ここもしっかり見直ししておきましょう。

  • 使用回数
  • 汚れや破損の程度
  • 使用環境や保管状況

これらの情報がしっかりと記載されていると、丁寧な商品説明が書けていると言えます。

上記の3点がしっかりしていれば、他の項目に多少不備があっても、メルカリなら売れるときは売れます。逆にこの3つがしっかりしていないと、メルカリでもなかなか売れません。そのくらいこの3つの項目は重要なポイントなので、まずは真っ先に見直しましょう。

売れた!メルカリで商品が売れた時の注意点は?

色々な改善をして、ようやく出品した商品が売れました!嬉しい気持ちはわかりますが、商品が売れただけでは、メルカリでの取引は終わりません。売れた商品を相手に届けて、評価をもらうまでが取引です。

商品が売れた後にもいくつか注意点がありますので、その注意点を確認しながら、最後まで気を抜かずに取引を進めましょう。

メルカリで商品が売れた後にやることは、主に以下の3つ。

  1. 相手より先にメッセージを送る
  2. 購入者のプロフィールや評価を確認する
  3. 売れた商品を再度確認

順を追って、紹介していきます。

1. 相手より先にメッセージを送る

売れた商品ページを開くと、取引相手にメッセージを送ることができます。どちらが先にメッセージを送るという明確なルールはありませんが、買っていただいた方に対して、できればこちらから先にひとこと、メッセージを送っておくのがマナーです。

送るメッセージは、購入していただいたお礼と、簡単な挨拶、発送までにかかる時間を伝えてあげましょう。

例文
「この度は購入ありがとうございます。短い間ですがよろしくお願いいたします。発送ですが、昼間は仕事をしているため、都合上発送までに1~2日いただきます。申し訳ありませんが今しばらくお待ちください。よろしくお願いいたします。」といった内容で送っておけば、問題ありません。

上記に加え、その他の事情や、商品の特徴によって文言を追加してあげてください。

ただし、プロフィールの書き方でもご紹介しましたが、あまり長く書きすぎると読むほうもツライので、ほどほどにしておきましょう。

2. 購入者のプロフィールや評価を確認する

次に、購入者のプロフィールと評価を確認します。購入者がどういった方か、確認するためです。購入者の中には、様々なユーザーとトラブルを起こしている方もいます。

とはいうものの、購入後のため、確認しても取れる対策は少ないのですが…たとえば、神経質そうな購入者には、いつも以上に梱包に気をつかうといった、ちょっとした対策なら取れるでしょう。

また、今まで取引をしたことがない方の場合、支払いや受け取り通知の遅延といった、様々な手続き上の不備があるかもしれません。
これもなにか対策が取れるわけではありませんが、「慣れていないし仕方がないか」というように思えることで、いくらか精神的な余裕が生まれます。

本当は購入される前に確認できると、色々とトラブルが防げるのですが…こればかりは即購入というメルカリのルール上、仕方がないのであきらめましょう。

3. 売れた商品を再度確認

メッセージを送って、購入者の評価も確認したらいよいよ梱包に入るわけですが…その前に、売れた商品をもう一度チェックしましょう。出品前に確認しているとは思いますが、時間が経ってあらためて確認する事で、前回気づけなかった点があるかもしれません。

保管中に汚れや虫食いなどが発生している可能性もあります。送ってから気づいては遅いので、商品を梱包する前に、発送する商品を再度確認しましょう。もしこの時点で問題に気づいたら、その事を正直に購入者にメッセージで伝えましょう。

発送前なら、お互い合意の上でメルカリ事務局に連絡して、取引を中止することもできます。その場合、当然商品は売れなくなってしまいますが、不良品を送って評価を「悪い」にされてしまった場合、後々他の商品が売れにくくなってしまいます。

送る前に売れた商品の状態などを再度確認することで防げるトラブルもありますので、軽く確認する癖を付けましょう。

メルカリで売れた商品の発送方法は?

いよいよ発送ですが、その前に、まず商品の梱包です。梱包から発送までの手順にそって、解説します。

梱包から発送までの手順は、以下の6つです。

  1. 商品を、袋かエアパッキンで包む
  2. 商品に対して、大きすぎず小さすぎない箱を用意
  3. 商品を箱に入れる
  4. 隙間に緩衝材(エアパッキン等)を詰める
  5. しっかりとガムテープなどで口を閉じる
  6. 「らくらくメルカリ便」か「ゆうゆうメルカリ便」で発送

1. 商品を、袋かエアパッキンで包む

袋を使う場合、できれば無地の袋が良いと思います。「〇〇スーパー」とロゴの入った食品の袋で衣料品などを送ると、気にされる購入者様もいます。エアパッキン(プチプチとか呼ばれているあの緩衝材です)はホームセンターなどで1ロール数百円で売っています。できれば1ロール買っておくと便利ですよ。

2. 商品に対して、大きすぎず小さすぎない箱を用意

小さい箱だと、商品がぎゅうぎゅうになって形が崩れますし、商品によっては破損の可能性もあります。逆に大きすぎると、隙間を埋めるのが大変ですし、サイズが大きくなればなるほど送料もかかります。送料があなた負担なら利益が減るだけで済みますが、万が一購入者様負担の場合、トラブルになる可能性があります。「もっと小さな箱に入れてくれれば送料が安くなったはずなのに!」と購入者様は思うはずです。

箱の代わりに厚手の紙袋を使用する方法もありますが、配送中につぶれたりする可能性がありますので、破損しやすい商品はきちんと箱に入れて発送しましょう。

3. 商品を入れる

商品を箱に入れるときは、商品がぎゅうぎゅうにならないよう注意してください。また、エアパッキンできちんと保護しておかないと、配送中に段ボールで擦れて傷やダメージになったりする可能性があります。

4. 隙間に緩衝材(エアパッキン等)を詰める

商品と段ボールの間に隙間があると、配送中にガサガサ動いてダメージになる可能性があります。受け取った購入者様のイメージもあまりよくありません。自分が購入者の立場で考えると、買ったものが届いたときに中で商品がゴロゴロ、ガサガサ動いた箱を渡されたら(中の商品大丈夫かな・・・?)と、一瞬不安になりますよね?

受け取り側の事を考えて、隙間もできる限り埋めるようにしましょう。こんな時も、先ほどのエアパッキンが活躍します。

5. しっかりとガムテープなどで口を閉じる

最後に、配送中にめくれないようにしっかりとガムテープで口を閉じて終了です。そのあと、送るものが複数あったり、似たような箱で同時に発送したりする場合は、箱にボールペンなどで小さく品名を書いておくと便利ですよ。
送るときにわからなくなると、ガムテープをはがして中身の再確認が必要になりますからね。

6. 「らくらくメルカリ便」か「ゆうゆうメルカリ便」で発送

「メルカリ便」は、メルカリが各運送会社と提携しているサービス。らくらくメルカリ便はヤマト運輸、ゆうゆうメルカリ便は日本郵便株式会社を利用できます。メルカリ便の特徴は、以下の4つ。

  1. 送料が全国一律で安い
  2. 様々なサイズに対応
  3. 全国のコンビニから24時間発送可能
  4. 追跡機能・補償も完備

1. 送料が全国一律で安い

通常、宅急便はサイズ×距離で送料が変わりますが、らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便はサイズで送料が決まり、距離は関係ありません。
そのため、送料計算も簡単でわかりやすいです。さらに、通常の宅急便で送るより、格段に安いです。

2. 様々なサイズに対応

メルカリ便には、商品のサイズに応じた、様々なサイズの発送方法があります。

らくらくメルカリ便の対応サイズや料金は、以下のとおりです。

名称 サイズ 料金
ネコポス 厚み2.5センチ以内、A4サイズ以下 175円
宅急便コンパクト ヤマト運輸の専用ボックスに入る大きさ 380円(別途、専用ボックスの65円が必要)
宅急便 60~160サイズまで 600円~1500円
大型らくらくメルカリ便 200~450サイズまで 4320~29646円

宅急便コンパクトの専用ボックスは、65円で販売されており、下記2種類のサイズがあります。

  • 縦25cm × 横20cm × 厚さ5cm
  • 縦24.8cm × 横34cm

 

ゆうゆうメルカリ便の対応サイズや料金については、以下のとおり。

名称 サイズ 料金
ゆうパケット 厚み3.0センチ以内、A4サイズ以下 175円
ゆうパック 60~100サイズまで 600円~900円

このように、メルカリ便は、さまざまなサイズの商品発送に対応しています。

3. 全国のコンビニから24時間発送可能

らくらくメルカリ便は、ヤマト運輸と提携しているファミリーマートから、ゆうゆうメルカリ便は、日本郵便株式会社と提携しているローソンから、24時間商品を送ることが可能です。
昼間仕事をしている方には、非常にうれしいサービスです。

4. 追跡機能、補償も完備

追跡機能や補償があると、送る側も、受け取る側も、安心です。

このように、らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便は、使わない理由がないほどお得な発送方法です。もちろん商品によっては、他の配送方法のほうが安く済んだりもしますが、追跡機能や補償がなかったり、サイズや重さに細かい条件があったりと、慣れていない方にはちょっと複雑です。

発送に慣れたきたら他の配送方法も覚えるといいと思いますが、最初はらくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便を使っておけば、まず間違いないと思います。
各種メルカリ便は、それくらい優秀なサービスです。

メルカリでの出品や発送については、以下の記事も参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?メルカリは、日本最大クラスの利用者がいるフリマアプリです。あなたの出品した商品が「誰にも見られていないから売れない」という可能性は、ほぼありません。

どんな商品でも必ず見られています。そして、売れる商品は数時間、早い時は、出品からわずか数秒で売れていきます。つまり、売れない商品には「売れない理由」があるのです。

その理由のほとんどが、今回紹介した「10個の売れない理由」にあるはずです。その中のひとつを改善するだけでも、圧倒的に反応が変わってくるでしょう。この記事を参考に、あなたが出品した商品が「10個の売れない理由」に当てはまっていないかどうか、もう一度確認してみましょう。

また、メルカリで商品を売れるように努力ができるのであれば、サイト運営でも結果を出せるかもしれません。あなたが持っている「努力できる」という素質と、インターネット集客で成功している人たちが知っている「秘密」を合わせることで、インターネットから思わぬ副収入を得られる可能性もあるでしょう。

\ その「秘密」は、こちらから! /

今月のオススメ記事BEST5



インターネットでお小遣いを稼ぎたいと考えているあなたにオススメ!
→ 月1万円以上は簡単!ネットを使ったお小遣い稼ぎの方法おすすめ20選

副業を考えているサラリーマンにオススメ!
→ サラリーマン副業ランキングTOP10!実際に稼げたもの限定【TV放映】

人生を変えたいあなたにオススメ!
→ 仕事のせいで家庭崩壊寸前だった私が18ヶ月後に独立できて、家族を笑顔にできたワケ

自宅でできる仕事をお探しのあなたにオススメ!
→ 【2018年最新版】自宅でできる仕事おすすめ40選!

フリマアプリのメルカリで高く売れるものを知りたいあなたにオススメ!
→ 意外!?メルカリで高く売れるものランキングベスト20!

\ SNSでシェアしよう! /

月刊副業の注目記事を受け取ろう

商品がメルカリで売れない10の理由と改善策

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

月刊副業の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

月刊副業編集部

月刊副業編集部

月刊副業は株式会社Catch the Webが運営しています。

弊社は日本で一番有料会員数の多いアフィリエイトスクール「AMC」を運営しており、AMCの会員は現在2500名以上、1年間の会員のアフィリエイト報酬額の合計は40億円以上という実績があります。

月刊副業では、アフィリエイターの裾野を広げるという理念の元、初心者の方でも分かりやすいよう、アフィリエイトの情報を中心に副業に関する情報を発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • アフィリエイトやるなら独学で!?初心者がおさえておくべき10の知識

  • アフィリエイトにデザインが必要だと思ってませんか?本当に大事なこと

  • アフィリエイトはコンサルで成功できる?商材・スクールと比較してみた【図解】

  • 【初心者】主婦がアフィリエイトをゼロから始めるには?体験談と稼ぐコツを大公開!

関連記事

  • メルカリで取引をキャンセルしたい!依頼から返金までの方法を全紹介

  • メルカリの買い方・購入方法まとめ!初心者でも安心の5ステップ

  • カンペキ!メルカリで商品を転売する方法まとめ【商品選定〜発送】

  • メルカリで見かける『専用』の意味とは?専用出品の断り方の例文も!

  • 初心者必見!せどろいどの基本的な使い方と仕入れ商品を選ぶ5つの判断ポイント

  • メルカリで確実に稼ぐ方法!仕入れから発送まで7個のコツを大公開!