1. TOP
  2. 写真を販売したい!写真の副業で稼ぐ方法とおすすめ販売サイト6選

写真を販売したい!写真の副業で稼ぐ方法とおすすめ販売サイト6選

「土日や空いた時間に趣味で取った写真をそのまま副収入に変えられたらいいのに……」そう考えているサラリーマンや主婦の人は多いですよね。でも、自分が取った写真が本当にお金になるのか不安でもあると思います。結論から言うと素人でも充分に収益を上げることができます。

今回は写真が売れる仕組みと取った写真を販売する手順、実際に写真を販売するためのサイトを分かりやすく解説していきます。これを読むことであなたもすぐに趣味を楽しみながら毎月のお小遣いを得ることができるようになりますよ。

写真販売の副業とは

写真販売とは

インターネット上でサイトに掲載されている写真は、巷には出回っていない質の高い写真が使われている場合も多いです。こうした写真は個人が撮影した画像を一定の基準で審査した上で販売している写真販売サイトから購入されていることが多いです。

写真販売という副業はデジタルカメラで撮った写真が販売サイトを通して購入されることで、売り上げの一部をコミッションとして受け取るという形で成り立っています。写真販売といってもプロ級の機材や腕前が必要な訳ではなく、最近のデジタルカメラの性能であれば普及版の機材であっても写真販売の素材にすることができますし、必ずしもプロが撮るような構図や被写体へのこだわりが必要とは限りません。

そのため写真販売の副業は誰にでも始められるのが大きなメリットです。ただし写真販売サイトに登録されている写真は既に飽和状態になっているともいわれていて、同じような写真が販売サイトに掲載されていれば自分の写真が売れる見込みも低くなってしまいます。ですから、どういった写真が売れやすいか、他の人には撮れないような写真を撮影するにはどうしたらいいかを考えるようにしましょう。

どんな人におすすめ?

写真販売は副業のなかでも比較的万人向けの副業ということができます。その中でも時間を有効活用したり、売れる写真が取れることを考えると特に以下に当てはまる人におすすめです。

・写真が趣味の人
・海外や国内などよく旅行に行く人

今までは思い出作りのために撮っていた写真を、販売サイトでのニーズや写真のクオリティを意識して撮影することでより売れやすい写真を撮影することができるます。もちろんオリジナリティの高い被写体は世の中にあふれていますからどんな人でも始めることは可能です。

どれくらい稼げるの?

写真販売の収益基準は販売サイトごとに異なりますが、基本的には写真が売れた分だけ稼ぎになります。時間をかければそれだけで収益が挙げられる訳ではないという点に注意しましょう。参考までに、PIXTAという写真販売サイトの単価を掲載しておきます。

国内大手のストックフォトサービスのPIXTAでは写真のサイズや撮影者のランクを考慮すると最高で1枚2,200円もの報酬を受け取ることができます。

一定の売り上げを達成するにはコンスタントに月間数百枚の写真を登録しつつ、しかも1枚1枚のクオリティを保つ必要があります。成功している人であれば1ヵ月で数万円から数十万円、トップクラスの方で100万円程度稼ぐ方もいらっしゃるようです。

逆になんとなく撮った写真を数多く登録するという手法では、せっかく何十時間もかけたのに写真が1枚も売れないということや、販売サイトの登録審査に落ちてしまう場合もあります。

写真販売で稼ぐ方法

写真を売る手順

写真販売の副業を始めるためのステップは2つだけです。

1.写真サイトへの登録
2.写真の登録

写真販売サイトへの登録は販売サイトの利用規約を読んだ上で行います。写真には著作権の問題が絡んでくることがあるためサイトによっては簡単なテストを受ける場合もあります。

写真登録の際はサイズ指定や登録拒否をされないように以下の点に気をつけて登録作業(撮影時の被写体選び)を行うようにしてください。

・サイズ指定
・テーマがはっきりしない写真
・使いみちが明確でない写真
・同じような写真がたくさん登録されている写真
・著作権物が写り込んでいる写真

以上が完了すれば、自動で売ることができるのでほったらかしでも大丈夫です。

売れるジャンルを選ぼう

さて、写真販売の副業で収益を挙げる上で重要なのが、売れるジャンルの写真を撮るということです。同じぐらいのクオリティの写真でも、ジャンルによって売れやすさがまるで違います。どのようなジャンルの写真が売れやすいのでしょうか?

・食べ物、料理の写真
写真販売サイトで根強い人気があるのが食べ物、料理の写真です。インターネットの記事などで食べ物、料理の写真を見本として掲載する場合に使用される傾向があるようです。

・季節素材の写真
クリスマス、ハロウィン、花見といった季節の素材は人気ランキングにも多数掲載される注目のジャンルです。その季節ごとの話題を挙げる際にテーマに沿う写真の需要があるため、売れやすい写真となっています。

・ビジネス素材の写真
スーツや革靴、バッグや腕時計といったビジネス素材の写真も需要があります。就職や転職、社会といったジャンルの記事はしばしば話題に挙げられるため、そういったイメージに繋がるビジネス素材も人気があります。

・インテリア系の写真
リフォーム系の記事や賃貸情報、インテリア情報のサイトに掲載される頻度が高いインテリア系の写真も売れやすいようです。ユニークな机やイス、ランプといったインテリアを持っていれば積極的に写真を審査にかけてみると良いでしょう。

他にも美容系の写真や自然風景の写真なども人気があるようですが、これらはリアルタイムでランキングが変動するので時期によってどのような写真が売れているのかという調査は欠かさないようにするとよいでしょう。また、サイトによっては自分の写真にキーワードやカテゴリを付けるといったSEOの知識が必要なものがあります。どういったキーワードやカテゴリを登録するかによって検索してきた人が自分の写真を見てくれる可能性というのが変わってくるので、検索者の気持ちを考えることも収益を挙げる上では重要といえます。

おすすめの写真販売サイト6選

1.PIXTA

 

国内最大手のストックフォトサービスのPIXTAは約850万点の写真作品が登録されていて、日本人の人物をはじめとした高品質の写真素材を低価格で購入できるのが特徴です。

クリエーター登録の審査は厳しめですが、報酬はランクによって販売価格(1枚540円~)の22%~58%を受け取ることができるので、写真の腕に自信がある方は挑戦してみたい写真販売サイトです。

2.Fotolia


アメリカのストックフォトサービスで600万人以上の会員と6,800万点という膨大な数の素材が掲載されている世界最大級の写真販売サイトがFotoliaです。写真の単価は安めですが、登録の審査も比較的緩やかといわれています。

写真の単価は1枚98円からで、報酬率は販売方法やクリエーターのランクによって20%~63%と幅があります。世界的な規模の写真販売サイトなので一般人からの利用も多数あるため、大きな収益を挙げられる可能性があります。

3.Shutterstock

 

アメリカのニューヨークに本社を置くShutterstockは約10,000万点(1億点)とダントツの素材があり、「ストックフォト業界の革命児」と呼ばれた写真販売サイトです。登録審査も厳しく、以前は写真を登録するのに10枚中7枚がパスする必要がありました。

今ではその基準は廃止されましたが、写真には高いクオリティが求められます。報酬率は販売価格の20%~30%ですが、多くの利用者からの購入が見込めるサイトです。

4.フォトライブラリー

PIXTAに次ぐ規模の国内ストックフォトサービスのフォトライブラリーは何といっても報酬率の高さが特徴です。最低でも40%という高額の報酬率なのに加えて、フォトライブラリーでは写真の単価を自分で決めることができます。

Sサイズの写真なら1,000円まで、Lサイズの写真であれば最大10,000円という単価を設定することができるため、写真の腕前に自信があればぜひ登録したい写真販売サイトといえます。

5.iStockphoto

カナダのサイトで760万点以上の素材が提供されています。iStockphotoのおすすめポイントは審査期間が短い点で、早ければ1日以内に結果が返ってきます。審査もあまり厳しくなく、サクサクと写真登録をしたいなら利用したいサイトです。

報酬率は固定で15%ですが、報酬が利用ユーザーのプランと月間ダウンロード数によって変動するようになったため、以前と比べて増加傾向にあるようです。

6.Paylessimages

 

東京都に本社を置くPaylessimagesの特徴は最初だけ写真の登録数でクリエーターのランクがアップすることです。他の写真販売サイトのほとんどは写真のダウンロード数でランクが変動するのですが、Paylessimagesではシルバーフェローと呼ばれるランクに写真を500点登録すれば到達できるので、最初のランクアップを目標にクリエーターとして無理なくステップアップすることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?手持ちのデジタルカメラで写真を撮って登録するだけという手軽さから人気の副業が写真販売です。それだけ手軽ということで競争率も高いのですが、人気のジャンルや写真の構図を研究するなどスキルアップすることで高額な収益を挙げることも可能です。

写真や海外旅行、アウトドアがお好きな方には趣味と実益を兼ねることができるので特におすすめできます。写真の登録を続けていけば、インターネットの記事や紙媒体の広告に自分の写真が載るかもしれませんよ。国内、海外を問わず多数ある写真販売サイトごとに報酬率の割合や写真の単価がかなり違うので、今回の記事を参考に写真を登録するサイトを検討してみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

月刊副業の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

月刊副業の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

月刊副業編集部

月刊副業編集部

月刊副業は株式会社Catch the Webが運営しています。

弊社は日本で一番有料会員数の多いアフィリエイトスクール「AMC」を運営しており、AMCの会員は現在2500名以上、1年間の会員のアフィリエイト報酬額の合計は40億円以上という実績があります。

月刊副業では、アフィリエイターの裾野を広げるという理念の元、初心者の方でも分かりやすいよう、アフィリエイトの情報を中心に副業に関する情報を発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ブロガーとは?ブログ収入の仕組みの徹底解説と有名ブロガー10選

  • パンダとペンギンアップデートの違いとは?対策・コンテンツ作成方法まとめ

  • 検索ボリュームを調べるためのツール13選とその特徴について

  • 【画像解説】Twitterの自動ツイート設定方法と使えるツール6選

関連記事

  • Facebookのボタンの設置方法を詳しく解説!活用のコツも伝授

  • ツイートをまとめて消すには黒歴史クリーナーとTwitoolsどっちが便利?

  • 初心者向け!ツイッターの楽しみ方11個の完全解説ガイド

  • Twitterがリムーブされたか通知で確認する方法と便利な無料アプリ6選

  • 黒歴史クリーナーは危険!?安全にツイートを削除する方法

  • 【画像解説】Twitterの自動ツイート設定方法と使えるツール6選