1. TOP
  2. 年収156万一人暮らしフリーターが1年で100万貯金した30個のコツ

年収156万一人暮らしフリーターが1年で100万貯金した30個のコツ

節約術
  101 Views

年収が低いと貯金ができないと思っている人はいませんか?

家賃を払ってご飯を食べたら1ヶ月の給料がなくなってしまう。

節約もしているつもりだけど、食べて行くだけで精一杯。節約なんてできるわけがないと思う人がいると思います。

しかし、節約の方法は数多くありそれを徹底的に実践するだけで貯金ができるようになります。

自分の貯蓄額が他人とどれくらい違うのか?他人と年収を比べてしまっている。

そんな不安を抱えながら生活していると思います。

人生において結婚、マイホーム購入、老後の貯蓄など大きなお金がかかるイベントは数多くやってきます。

なので今のうちから貯金をしておくことは重要なことであり年収が低いから難しいと言っている場合ではありません。

そこで今回は、年収156万円一人の暮らしフリーターが1年で100万円貯金した方法をお伝えしたいと思います。

一人暮らしの平均貯金額はどれくらい?

 

あなたの現在の貯金額はいくらですか?僕の場合は100万円を貯金することが目標でしたが、節約は期間毎に目標金額を設定して実行すればいいだけですから目標金額がいくらだとしても考え方は同じです。

まずは、平均貯金額を参考に目標金額を決めましょう。20代~40代一人暮らしの平均貯金額は以下のようになっています。

・年代別一人暮らしの貯金額

20代 40万円
30代 470万円
40代 500万円

20代はお金を稼いで遊んだり、自己投資にお金を使う年代のため平均貯金額が少なくなっているようです。

30代以降は平均貯金額が500万円ほどに上がっています。

ですから20代で100万円貯めていれば30代の貯金へのアドバンテージになります。30代、40代の人は自分の貯金額との差額を貯めてみるようにしてはいかがでしょうか。

僕が100万貯めるために実際にやったこと30選

1.買出しは半額の時を狙う

日々の食料品などの買い出しは閉店間際の半額セールを利用すると食費の節約につながります。

肉や魚などは半額になりやすい為、半額の時に買い込んで切り分けて冷凍しておけばいつでも使用できて食費がかなり抑えられます。

また、野菜の見切り品コーナーでは新鮮な野菜だけど大きさが小さかったり、少ししなびているけど2〜3日以内に食べれば大丈夫そうな野菜もあるのでまず

は見切り品コーナーを積極的に利用しましょう。

そして、冷凍食品の半額セールは最も狙い目です。冷凍食品は長期保存できるので半額セール時に買い込んでおくことをオススメします。

お弁当のおかずやちょっとしたおつまみに利用できます。

2.車に乗らない

車を所有して維持するにはお金がかかります。

しかもかなりの金額が掛かるので、その維持費を貯金に回せたら生活が変わります。

では車の維持費でいくらかかるのか解説していきます。

・ガソリン代:月平均5,000円〜10,000円
・自動車税:軽自動車 7,200円
1~1.5L:34,500円
1.5~2L:39,500円
・駐車場代:10,000~15,000円
・保険代:10,000~20,000円
・車検代:軽自動車 45,000円
小型車  65,000円
大型車  70,000円

となっており、車の維持費を月平均にすると10,000円〜30,000円くらいになります。

車を所有しているだけでこれだけの費用がかかっているので、車がなくても生活できる人は車を所有しないというのも一つの手です。

3.自動販売機は使用しない

自動販売機でジュースを購入すると1本120~150円かかります。

よくいる人が毎日仕事前に自販機で飲み物を買う人です。

毎日買うと月に多い人で5,000円もかかります。これを水筒に変えてお茶を入れていくだけでもかなりの節約になります。

お徳用のお茶の煮出しパックを買えば月500円くらいで済むので活用してみてください。

4.外食はしない

外食をするとランチだと1,000円前後かかります。

ディナーになると2,000〜3,000円かかり毎週外食に行っていると10,000円前後お金を使うことになります。

お昼はお弁当を作って、夜は寄り道をせずに家に帰って自炊することを心がけましょう。

もし友人などに誘われてもお金がないことを伝えることが大切です。

どうしても外食がしたいときはクーポンを利用するなど賢く外食を楽しむことが貯金を増やすコツです。

5.飲み会は断る

飲み会に参加すると1回で3,000〜5,000円を使うことになります。

その後、断りきれずに二次会、三次会と行ってしまうと1日で10,000円以上使うことになります。

また、飲み会の席だと多めに払ったり、割り勘したのにお金が返ってこないなどのトラブルも多いので、飲み会は断るようにしましょう。

6.電灯をつけっぱなしにしない

よく電灯を付けっぱなしで寝てしまったり、外出して帰ってきたら電灯が付いていた経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?

電球を使用する電気代はとても安いです。1日中つけていても40〜60円くらいですが、そういう日が何度もあり積み重なっていくと大きな金額になっていきます。

塵も積もれば山となるという言葉がありますが、小さな積み重ねが節約の第一歩になるのでこまめに電気を消すことを心がけましょう。

7.冬は暖房をつけずに衣服で調節

寒い冬は暖房を1日中つけていたりすることがあり、1ヶ月の料金明細を見ると1万円を超えていたという人もいると思います。

夏に比べて冬は暖房費がかさむので、暖房の使い方を改める必要があると思います。

暖房を使わなくても暖かい生活ができます。
・寝るときは湯たんぽを使う寝るときに湯たんぽを使用することで布団の中を暖かくすることができます。
・家の中でも厚着をしておく
家の中でもなるべく厚着をすることで暖房をつける回数を減らすことができます。

 

8.トイレの貯水タンクにペットボトルを入れる

タンクの中にペットボトルを入れておくとその分だけ、タンク内の水の量が減るので、流す水の量を、ペットボトルの容量の分だけ節約することができます。

9.お風呂はシャワーで済ます

お風呂のシャワーを約15分使用するのと、浴槽を貯めるのは同じ金額になると言われています。

なのでシャワーの時間を15分以下で使用することができれば節約できます。

シャンプーしているときや洗顔をしているときはシャワーを止めるなどして節約をしましょう。

特に、浴槽にお湯を貯めてシャワーも使っている人は考え直しましょう。

10.傷んだ食物は食べない(医療費をかけない)

節約をしていると痛みかけのものや少し時間が経って食べれるかわからないものまで食べてしまうことがあります。

もちろん節約には大切なことですが、万が一お腹を壊したり食中毒になったりしたら病院に行きお金を払って治療してもらわなくてはなりません。

こうなってしまうと本末転倒なので少しでも怪しいと思うものは食べないという心がけを持ちましょう。

11.同窓会や歓送迎会は欠席

同窓会や歓送迎会は普段よりもお金がかかることがあります。

同窓会でホテルなどで会食をしたりする場合は居酒屋などよりもお金がかかってしまい、二次会などにも参加してしまうとさらに出費が増えます。

また、歓送迎会では主役の人にプレゼントを買ったり、飲み代を折半して払わなければいけないので出費としては大きくなります。

なので参加はできるだけ控えるようにしましょう。

12.お金は絶対に借りない

まず、節約しているにしろ節約していないにしろお金を借りていいことはありません。

金融機関から借りた場合利子を払わないといけないですし、返済期間が長くなると利子を払う金額も増えていきます。

お金を借りなくてもいいように前もって節約できることは節約して、お金を借りるという方向には行かないようにしましょう。

13.なんとなくコンビニを利用しない

コンビニはスーパーやドラックストアなどに比べても商品の値段が割高なので、少し買い物したつもりでも1,000円を超えたりします。

買いたいものがあるときはコンビニには行かずにスーパーやドラックストアで安い商品を購入しましょう。

14.本は借りる、古本屋で買ってすぐに売る

本は新品で購入するのではなく、図書館や古本屋を利用しましょう。

図書館であれば無料で借りて読むことができますし、最近は最新の本も置いてあるので利用しましょう。

また、古本屋で読みたい本を買うのも一つの手です。

100円コーナーなどもあり種類も豊富なので活用していきましょう。

古本屋で購入した本を読んだ後はまた古本屋で売りましょう。そうすることで本1冊にかけるコストを減らすことができます。

15.家賃は交渉する

家賃は交渉次第では安くなる場合があります。

しばらく入居者がおらず困っている物件や日当たりが悪い物件、立地が悪い物件などは家賃交渉に応じてくれる場合があります。

まずは、物件をよく調査して家賃交渉を進めましょう。

16.お弁当を作る

お弁当を作るだけで食費がぐんと下がります。

ランチで外食をすると1,000円前後かかりますが、お弁当だと頑張れば200円くらいで美味しいものが作れます。

食費は節約の大部分を占めるので活用していきましょう。

17.衣服を買わない

現時点で着れる服があるなら使えなくなるまで着ましょう。

服は購入すると1着5,000円前後は当たり前なので、服は買わずに今の服で我慢しましょう。

18.夏はクーラーを付けない

夏のエアコン代は冬同様に高額になります。

ですので、窓を開けて扇風機を活用して部屋の風通しを良くしたり冷やしたタオルを首に巻いたりすれば夏も涼しく過ごせます。

19.売れるものは全て売りさばく

家にある使わなくなった物、または使用頻度の低い物はリサイクルショップやネットオークションで売りましょう。

自分には価値がないと思っても、意外と高く売れるものもあるので活用しましょう。

20.会社の残業を増やす

残業代はしっかり払われるのであれば進んで残業をしましょう。

最近ではしっかりと払われる時代になってきたので、残業を活用できます。

残業代は時給も良いことがあるので残れるときは全て残る気持ちで仕事をしましょう。

21.割引やポイントカードを使う

割引やポイントカードは節約をするときに強い味方です。

割引券の活用や最近ではネットでクーポンを手に入れることができるので、常にチェックをして安く購入できるクーポンを手に入れましょう。

また、お店を使用するときにポイントカードを利用してポイントを貯めましょう。

気づいたらポイントがたまっていて安くお店を利用できる場合があります。

22.支出を家計簿アプリで記録する

家計簿をつけることで、何にお金を使ったかが明確にわかります。

数値に現れることで無駄にお金を使った部分まで見えるので節約につながります。

最近では家計簿アプリなどもあり、簡単に家計簿をつけれるので活用していきましょう。

23.炭水化物は全て米を炊く

お米は安くて手に入る食材なのでお米を炊いて自炊することをお勧めします。

パスタなどもいいですが他の材料を買っていたら出費が増えていたということもありますし、お米は日本人がよく食べる主食なので飽きることは少ないです。

お米を活用して節約していきましょう。

24.買いたいと思ったら、一週間我慢して考える

買いたいと思って購入したけど使わなかったり、やっぱりいらなかったと後から後悔することはあるかと思います。

そこで、買いたいと思ったら1週間考えてから買うようにしましょう。

1週間考えても買いたいと思ったものは買うべきですし、いらないと思うものも出てくると思います。

その場の感情に流されずに賢く買い物をしましょう。

25.肉は買わない。豆腐で代用。

肉は他の食材と比べても値段が高いです。

購入するなら豆腐を買いましょう。

肉のように焼いたり煮たりできますし、肉に近いハンバーグまで作れます。

さらに豆腐はヘルシーで健康にもいいので豆腐を活用して節約しながら健康も手に入れることができます。

26.ふるさと納税を利用する

ふるさと納税は賢く活用すると格安で食料品が手に入ります。

2,000円寄付して4,000円分の食料が届いたりするので欲しいものがある場合はふるさと納税はチェックしてみて、日用品やお米などがある場合は申し込みをしてみるのも手です。

27.話題の格安SIMに乗り換える

スマホなどの通信費などの固定費を下げるだけで年間でかなりの節約ができます。

普通の携帯会社のプランだと8,000〜10,000円かかってしまいますが、格安SIMは1,000〜2,000円程度で済んでしまいます。

年間でいうと100,000円前後の節約になることもあるので格安SIMにしましょう。

28.ゆでたほうれん草をストックしておく

茹でたほうれん草をストック冷凍しておくことで、様々な料理に使えて栄養もあるので使い勝手が良いです。

パスタに入れたりおひたしにしたりとメニューの幅は広いです。

29.散髪は2ヶ月に1回にする

散髪の頻度を減らすことで節約につながります。

散髪に行くと1回で3,000〜4,000円はかかるので、1回の散髪で短くカットしてもらい次の散髪までの期間を長く取るようにしましょう。

30.思い切ってlineの連絡先を消す

LINEの連絡先を消すことで遊びや食事のお誘いなどを避けることができます。

遊ぶときにお金をよく使ってしまう友人などの連絡先はなるべく消しましょう。

まとめ

このように様々な節約法がありますが、どれもやろうと思えばできるものばかりです。

特に車や携帯代などの固定費を削ることでグッと生活費を抑えることができますし、食費も自炊を徹底すればかなりの節約ができるかと思います。

あとは、友人からの誘いを断る勇気をしっかり持つことができれば1年でかなりの貯金ができるかと思います。

貯金ができていればお金がかかる人生のイベントでも困らずに済みます。

この記事を見ているあなたも少しずつ節約を始めて見てはいかがでしょうか?

\ SNSでシェアしよう! /

月刊副業の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

月刊副業の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

gekkan24

この人が書いた記事  記事一覧

  • WordPressのディレクトリを変更したい!5分で分かる移動方法

  • アフィリエイトを始める人必見!よく使われるサーバー4つと一番のオススメ

  • 情報商材の作り方4つのステップと売り方まとめ

  • 家計の見直しを始めよう!ズボラな主婦でもできる15の見直し方法

関連記事

  • 家計の見直しを始めよう!ズボラな主婦でもできる15の見直し方法

  • 今すぐチェック!お金が貯まらない人の特徴はこの15個

  • パケット代のマル秘節約術6つ!毎月の通信制限を回避しよう♪

  • 通話専用の携帯で料金を最安値にするテクニック4選

  • スゴ技!26の生活の知恵と節約術

  • 手取り18万は少ない?貯金法5つと取るべき戦略