1. TOP
  2. 家計が苦しい!通信費を劇的に節約する5つの方法

家計が苦しい!通信費を劇的に節約する5つの方法

通信費 節約

スマホやインターネットなど、現在の通信費は様々な場面で消費されていきます。月々の通信費が平均1万円越えの方も多くいらっしゃいます。
全国平均の通信費は年々増加しています。ですが、通信費の平均額で、本当に適切な通信料を確認することはできるのでしょうか?

全国平均額を考慮することも大切ですが、様々なサービスのなかから、ご自分のライフスタイルに合った契約内容を見直すことで、劇的に月々の通信料を節約する方法を、5つに分けてご紹介していきます。

通信費でどれくらい損してる? 通信費でどれくらい損してる?

通信費 損

私たちが月々払っている通信費は年々増加傾向にあります。2017年の月々の通信費を、全国の平均額データからご説明していきます。

総務省統計局が作成した、2017年1月から3月までの消費状況調査の中から、携帯電話使用料金、インターネット接続料の全国平均額をご紹介します。

 

2017年1月~3月 移動電話料金・インターネット接続料統計(集計世帯数:全国 20,075件)
移動電話(スマホ・携帯電話・PHS)使用(月額) 10,559円(世帯人数2.35人)
インターネット接続料(月額) 3,204円(世帯人数2.35人)

総務省統計局:家計消費状況調査 調査結果 平成29年1~3月期平均

こちらの統計は、日本全国の全年齢が対象の調査となっています。被調査年齢にバラつきがありますので、通信費が比較的高額になりやすい35歳代から64歳代までの方は、平均通信費がさらに高額になります。

2017年1月~3月 移動電話料金・インターネット接続料統計(35歳~64歳:集計世帯数 9,550件)
移動電話(スマホ・携帯電話・PHS)使用料(月額) 14,708円(世帯人数2.88人)
インターネット接続料(月額) 4,147円(世帯人数2.88人)

世帯主の方や2人暮らしの方など、移動電話とインターネット接続料を負担される方は、月々の通信料が1万円を超えてしまう場合がほとんどというデータが出ています。

ですが、実際に月々の通信費は1万円以上の出費が必要なのでしょうか?

現在のスマホには、様々な機能が搭載されています。ですが、スマホを通話のみにしか使用されていない方や、インターネット観覧などは限られた場所でしかしない方など、スマホの全機能を使用する必要のない方もいます。

スマホが高機能携帯電話と同義語で、世間一般にまだ浸透していない2002年(平成14年)の携帯電話使用料金は、一人平均2,165円となっていました。

2002年度移動電話料金・インターネット接続料統計(集計世帯数:全国20,018件)
移動電話(携帯電話・PHS)使用料(月額) 7,078円(世帯人数3.27人)
インターネット接続料(月額) 413円(世帯人数3.27人)

総務省統計局:家計消費状況調査年報 平成14年

現在と比べ、普及率の低い家庭用インターネット回線は全国平均で見ますと413円と、普及率の低さが確認できます。

現在でも、スマホを使ったインターネット機能を使用されない方は、比較的多くいらっしゃいます。また、スマホに搭載されたWi-Fi機能を使用すれば、スマホでデータ通信用パケットパックに加入しなくとも、スマホでインターネットは使用できます。

スマホは2017年の現在でも、工夫をすれば2002年の平均使用料2,165円に近い形で、使用することも可能な方法があります。

 

スマホ関連の基礎知識

スマホの月々通信料金は

・音声通話の通話料金
・インターネットなどのデータ通信使用料金
・データ通信を使用するための基本使用料金
・端末破損の保険料などのオプション料

が必要です。それ以外にも、スマホを分割払いで購入されている方は、月々のスマホ端末料金が必要です。

インターネットなどのデータ通信は、パケットという単位で通信量が計られています。月々に使用したパケットの数(通信量)によって料金が決められていたり、いくらパケットを消費しても、定額が設けられているプランなどがキャリアには存在しています。

スマホでデータ通信を行う場合は、キャリアの回線を使用する機能とは別に、Wi-Fiという回線を使用する方法があります。

Wi-Fiは、キャリアの通信回線を使用しません。自宅用インターネット回線やその他の回線を使用します。この回線は、キャリアとまったく関係のない回線です。よって、いくらスマホでWi-Fi回線を使用しても、データ通信料はかかりません。

月々の通信費を節約す売る上で、ご自分のスマホ使用状況を把握して、必要のないオプションや契約、データ通信をする方法を見直すことが大切です。

具体的にどのようなことで、通信料を節約していくのかをご説明いたします。

通信費を劇的に節約する5つの方法

劇的 節約

 

1.格安SIMに乗り換える

格安SIM 乗り換え

格安SIMの魅力は、月々の低価格な基本使用料金になります。キャリアの月々通信料の平均は6,000~9,000円前後となっています。格安SIMの月々通信料平均は1,100~2,500円前後と、毎月の通信料を大幅に節約できます。

仕事の関係などで長時間、複数回通話を使用される方は、キャリアが提供している《~~し放題》プランが適正といえます。ですが、それ以外のスマホ使用者の方は格安SIMを使用して、月々の通信費を節約することを考慮してみてはいかがでしょうか?

かつての携帯電話キャリアは、市場の独占状態に近い運営を行っておりました。総務省は、独占状態の携帯市場を自由化することを目的として、三大キャリアが使用している通信回線の一部を、他の事業者に貸し出す指導を現在行っています。

各キャリアから貸し出される通信回線を使用する事業者は、通信回線を生み出すために必要なインフラ(設備)を新たに設置する必要がありません。さらに、これまでの設備に掛かった経費を考慮する必要もありません。

各キャリアに通信回線のレンタル料を支払えば、貸し出される通信回線を消費者にサービスとして販売できます。設備投資や回線品質はキャリアに依存し、サービスの提供のみ担当しておりますので、様々なプランや料金体系が存在しています。

キャリアから通信回線をレンタルしている事業者のことを、MVNO(Mobile Virtual Network Operator:モバイル バーチャル ネットワーク オペレーター:仮想移動体通信事業者)といいます。

MVNOが販売しているSIM(スマホの契約情報を記録する媒体)は、格安SIMと呼ばれています。格安SIMを使用して、MVNOと契約をすることで、スマホ使用者の都合に合った格安プランを契約することができるようになります。

格安SIMのメリットは

・スマホの月々の基本使用料を大幅に節約できる
・途中契約で違約金が必要な、2年間自動継続プランが存在しない
・様々な事業者が存在し、独自のサービスを提供している

毎月の通信料を大幅に節約できる格安SIMは、かけ放題プランや2年間継続契約、家族割りサービスなどのプランがなく、とてもシンプルな料金体系です。

通常キャリアで毎月の使用料金を節約するためには、通話プランを2年間継続契約する必要があります。この契約は2年間ごとの契約更新を自動で行い、途中解約した場合に違約金が発生する契約内容です。

格安SIMは、音声通話対応SIM、音声通話非対応SIMと分かれていて、音声通話対応SIMの場合は、契約開始1年間は同じ会社を使う必要があります。ですが、それ以外に契約期間を縛る内容はありません。

スマホを通話のみに使用される場合は、格安SIMを使えば1,000円台、2,000円台でスマホを使用することができます。さらに、格安SIMを提供しているMVNOによって、一部のアプリが使い放題など独自のサービスが展開されています。

月々のスマホ使用料金を大幅に節約できる格安SIMですが、クレジットカードを持っていない方は契約できなかったり、一部のアプリにできない操作があったりと、キャリアに比べるとサービス内容はあまり充実していません。

格安SIMのデメリットは以下のとおりです。

・スマホの初期設定を自分で行う必要がある
・音声通信契約は1年間契約する必要がある(1年後はいつでも解約可能)
・キャリア提供のメールアドレスは使用できない(@docomo.ne.jp,@softbank.ne.jpなど)
・家族割り、通話し放題などのサービスは行っていない事業者が多い
・スマホ本体と通信回線のセット販売は行っていない事業者が多い
・LINEの年齢確認解除ができない(キャリアに保存されたデータ参照が必要のため)
・口座振替不可、クレジットカード使用が必要
・格安SIMは30秒につき20円の通話料金が設定されている会社がほとんど

通話を多く掛ける方や、データ通信を多く使用する方、スマホの契約内容をきちんと把握できない方は、キャリアの《し放題プラン》がおすすめです。ですが、それ以外の方は上記のデメリットを考慮しても、格安SIMで契約するほうがスマホの通信料を抑えられます。

2.Wi-Fiを使うようにする

Wi-Fi 使用

スマホは、音声通信以外にもデータ通信を使用して様々なことができます。データ通信を行う場所をWi-Fi環境のみに制限できる方は、キャリアのパケットパックを解約することで大幅に月々の通信費を節約できます。

データ通信は、パケット通信やWi-Fi通信を使用して通信を行っています。パケット通信とは、キャリアの独自回線を使用してデータ通信を行います。パケット通信はキャリアの回線を使用しますので、通信したデータ量によって料金が発生します。

キャリアのパケットパックは、あらかじめ使用するデータ通信量を定めて、定額パックで契約する形をとっています。契約したデータ通信量をオーバーした場合は、極端に通信速度が遅くなります。

キャリアのデータ通信パックの値段は

・定額2GB/3,500円前後
・定額5GB/5,500円前後
・定額20GB/6,500円前後

という料金が設定されています。このパケット通信は、どこにいてもほとんどの場所で通信ができます。2GBという通信量は、動画を約3時間(高画質720P)から約11時間(低画質420P)視聴できるデータ量です。

キャリア契約しているスマホで、どこでもデータ通信をしたい場合は上記のパケットパックに加入する必要があります。

スマホには、各キャリアの独自回線を使用したデータ通信(パケット通信)以外にも、Wi-Fiという別の回線を使用したデータ通信を行う機能があります。

Wi-Fi通信は、自宅のインターネット回線などと同じネット回線を使用します。キャリアの独自回線は使用しませんので、データ通信量に料金がかかることはありません。

自宅にWi-Fi回線を契約していたり、無料Wi-Fiスポットや有料Wi-Fiスポットを使用することで、データ通信量によって料金がかかることがなくなります。

Wi-Fi機能はスマホにあらかじめ備わった機能です。使用するためになにかのプラン(契約)に加入する必要はありません。どことも契約していないスマホでも、Wi-Fi機能は使用することができます。

Wi-Fiのメリットは

・通信料金を節約できる
・通信速度が安定している
・通信速度が速い

Wi-Fiのデメリットは

・Wi-Fi環境がない場所では、パケット通信を使用する必要がある
・無料スポットのWi-Fiは、セキュリティレベルが低い
・重要な内容の通信は、自宅などの限られたWi-Fiで行う必要がある

となっています。無料で接続できるWi-Fiスポットは、不特定多数の方が同時に接続しています。そのような環境で銀行の口座番号やパスワードなどの大切な情報は、入力するべきではありません。

自宅などの個人契約をしている環境で大切な情報は管理しましょう。

町にあるWi-Fiスポットには、有料で使用できるものと無料で使用できるものがあります。有料のWi-Fiスポットを使用するためには、事前に有料Wi-Fiスポットを使用するための契約をして、パスワードを取得しておく必要があります。

au Wi-Fi、docomo Wi-Fi、Softbank Wi-Fiやwi2 300といったものが有料Wi-Fiになります。

無料のWi-Fiスポットは

・コンビニエンスストア
・チェーン店の喫茶店やカフェ
・カラオケボックス
・ファストフード店
・ビジネスホテル
・デニーズ(ファミレス)
・高速道路サービスエリア
・空港
・JRの駅や私鉄の駅(一部)
・東京都公営バス

などがあります。上記のすべての店舗が無料Wi-Fiスポットではありません。上記の店舗でも、無料Wi-Fiサービスを行っていない店舗も多くあります。

無料のWi-Fiスポットや自宅のWi-Fi環境を利用してデータ通信を行えば、キャリアの少ないデータ通信パックでも、十分にネット通信をすることができます。

出先でメールやインターネットをしない方ならば、データ通信パックに加入しなくても、Wi-Fi環境がある場所でインターネットを無制限に楽しむことも可能です。

インターネットやメールなどのデータ通信を、使用する場所を制限しても問題ない方は、キャリアのデータ通信パック(パケットパック)を解約することで、大幅に月々の通信料を節約できます。

3.電気とネットのセット割に申し込む

電力自由化によって、電力会社とインターネットサービスプロバイダーをセットで契約して、割引サービスを受けることができるようになりました。

例えば、電力会社の東京ガスとインターネットサービスプロバイダーのOCN、BIGLOBE、So-netのどれかをセットで契約した場合、毎月100~300円の割引を受けることができます。

ソフトバンクでんきとYhoo!BBをセットで契約しても毎月100~300円の割引、eo電気とeo光をセット契約して、毎月648円の割引など、様々な電気会社、インターネットサービスプロバイダーで電気とネットのセット割サービスが提供されています。

電気とネットのセット割りは割引サービス以外にも、月々の必要経費の引き落としを一本化できますので、支払いが簡単になるというメリットもあります。電気料金とネット料金をセットで契約して、毎月の出費を節約しましょう。

4.節約アプリを使う

節約アプリ

スマホのデータ通信は、通信するデータをアプリで圧縮することで、少ないデータ通信量で情報をやり取りすることができます。
スマホを使ってインターネットを観覧するときに、Google Chomeというブラウザを使ってネット観覧すれば、アクセスしたページを自動で圧縮して、少ないデータ通信量で表示することができます。

それ以外にも、Opera Max(オペラ マックス)というアプリは、スマホにインストールされているアプリが使用する、データ通信のすべてを圧縮して通信することができます。

節約アプリを使用しない場合と比較して、オペラマックスは最大50%ほどデータ通信量を削減できます。オペラマックスのインターネット観覧も、Google Chomeブラウザと同様に、圧縮したデータ通信でページを表示することが可能です。

スマホを使ってYoutubeなどの動画観覧や、インターネットで調べ物をするときは、オペラマックスなどの節約アプリを使用するようにしましょう。データ通信し放題パックでない方や、定額パケットパックの上限額に届かない方には有効な節約方法です。

また、音声通話をスマホでする場合に、LINEやSkypeといったSNSアプリを使用すると、Wi-Fi環境で無料で音声通話ができるアプリがあります。
キャリアや格安SIMの電話回線を使用するのではなく、LINEアプリやSkypeアプリのデータ通信を使用することで、音声通話ができるアプリです。

アプリを使った無料音声通話をするためには、電話を掛ける相手と受ける相手が、同じアプリをスマホにダウンロードしていて、アプリのアカウントを取得している必要があります。その他、受け手と掛け手がどちらもWi-Fi環境にいることが条件になります。

アプリを使った音声通話は、電話回線ではなくデータ通信を使用しますので、Wi-Fi環境でない場合は、パケット通信料が受け手と掛け手の両方に必要になります。

自宅にいて自宅にWi-Fi回線を引いていて、電話を掛ける相手も自宅Wi-Fiや会社のWi-Fiを使用できるような場合に、アプリを使用して無料で音声通話をすることができます。

インターネット観覧をするときは、オペラマックスなどのデータ通信節約アプリを使用して、データ通信量を節約しましょう。条件が整った場合は、LINEアプリやSkypeアプリを使用して無料音声通話をすることで、スマホの通話料も節約することができます。

 5.ポケットWi-Fiだけで通信する

Wi-Fi 通信

仕事などでポケットWi-Fiを契約されている方は、スマホのデータ通信もポケットWi-Fiを使用することで、スマホのパケットパックを解約して月々の通信料を節約できます。

ノートパソコンやiPadなどの機器を、インターネット接続することと共にスマホもポケットWi-Fiを使用すれば、スマホでパケットパックに加入する必要がなくなります。

ポケットWi-Fiを普段から持ち歩いていれば、どこにいてもスマホでインターネット観覧やメール送受信、アプリの通信を使用できます。
ポケットWi-Fiには、LTEとWiMAXという2つの通信方法があります。LTEは、屋内への電波がWiMAXよりも強い特性があります。また、LTEは全国各地で安定した通信速度を出すことができます。

ですが、LTEの無制限パックは、アドバンスモードという機能を使用する必要があります。
アドバンスモードを使用せずに通常通信(LTE通信)をしてしまった場合、合計7GBを越えた時点で、データ通信無制限パックでも128Kbpsの通信制限がかかってしまいます。さらに、アドバンスモードには専用の対応地域が設定されています。
LTEを使用したポケットWi-Fiを契約した場合は、データ通信無制限が適応されるのは、アドバンスモード対応地域内で、通信方法をアドバンスモードに設定した場合に限られています。

WiMAXは、WiMAX2+という新しいサービスを開始しています。WiMAX対応地域では、通信速度が遅くなりますが、各都市の主要地域は、WiMAX2+に移行している場合がほとんどです。

WiMAX2+の対応地域はこちらのページで確認できます。WiMAX2+は、比較的高速なデータ通信を行えます。月々のデータ通信量が多い場合は、通信方法をWiMAXにしたほうが、安全に快適にデータ通信が行える場合が多いです。

 

ポケットWi-Fiを提供している会社の一例は以下のとおりです。

無制限プラン 速度制限内容 月額料金
docomo × 無制限プラン無/通信困難な速度制限 3,696円/7GB
au 3日で10GB以上/通信速度1Mbps制限 4,380円
SoftBank × 無制限プラン無/通信困難な速度制限 3,696円/7GB
GMOとくとくBB 3日で10GB以上/通信速度1Mbps制限 4,263円
UQ WiMAX 3日で10GB以上/通信速度1Mbps制限 4,380円
Y!mobile(LTE) 3日で10GB以上/通信速度1Mbps制限 3,980円
So-netモバイルWiMAX2+ 3日で10GB以上/通信速度1Mbps制限 4,380円
Biglobe WiMAX 3日で10GB以上/通信速度1Mbps制限 4,380円
@Nifty WiMAX 3日で10GB以上/通信速度1Mbps制限 4,100円
BroadWiMAX 3日で10GB以上/通信速度1Mbps制限 3,411円
3WiMAX 3日で10GB以上/通信速度1Mbps制限 4,130円

docomoとsoftbankは、ポケットWi-Fiのデータ通信無制限プランが存在しません。データ通信量が契約内容をオーバーした場合、通信速度制限もかなり厳しい内容(128Kbps)になっています。docomoとsoftbankは、ポケットWi-Fiのデータ通信無制限プランが存在しません。データ通信量が契約内容をオーバーした場合、通信速度制限もかなり厳しい内容(128Kbps)になっています。

その他は、速度制限が1Mbpsと比較的ゆるい制限です。1Mbpsあれば、Youtubeの動画をスムーズに見ることも可能なレベルの速度制限になっています。
ポケットWi-Fiを提供しているプロバイダーは、様々なキャッシュバックキャンペーンを行っています。ポケットWi-Fiの使用料金が一番お得になるプロバイダーは、開催しているキャンペーンによって変化することがあります。

ノートパソコンやiPadを出先で使用するために、ポケットWi-Fiを契約している方は、スマホのパケットパックは解約してポケットWi-Fiを使用するようにしましょう。
また、自宅にインターネット回線を必要とされる方は、インターネット回線を契約するのではなく、ポケットWi-Fiを使用するようにすると、スマホのデータ通信パックに加入する必要がなくなります。

 まとめ

データ通信

携帯電話を使用してデータ通信をすることが一般的ではなかった時代の、月々の携帯電話通信料は平均2,165円でした。

現時のスマホには様々な機能が追加され、月々の使用料金は7,000前後、インターネット接続料も含めると1万円を超えてしまう場合が多いです。

ですが、現在でも工夫をすれば月々の通信料を節約することができます。インターネットなどのデータ通信は、Wi-Fi環境のみで行うようにして、音声通信のみの契約をすれば、1,000円台から2,000円台でスマホを使用することも可能です。

自宅のインターネット回線を電力会社とセットで契約すれば、必要不可欠な電気料金とインターネット使用料が割り引かれるサービスも存在します。
また、ノートパソコンやiPadを使用していて、出先でインターネット回線が必要な方は、自宅でインターネット回線を契約するのをやめて、ポケットWi-Fiを契約すると通信費が大幅に節約できます。

ポケットWi-Fiは、データ通信無制限で3,500前後から4,400前後で契約できます。3日間で10GBという通信速度制限がありますが、あまりインターネットを使用されない方で、様々な場所でインターネットをしたい方にはお得な方法と言えます。

現在、キャリアの定額パケットパックに加入されている方は、データ通信料を削減するアプリを使用することで大幅にデータ通信料を節約できます。
格安SIMなどの通話し放題プランではない方は、Wi-Fi環境で無料で音声通話ができるアプリを使用すれば、時間を気にすることなくスマホで通話ができます。

現在の月々の通信料平均はかなり高額になっています。ですが、スマホのお得な使い方や、電気料金、インターネット接続料の節約方法を学べば、昔のような格安料金に通信料を抑えることも可能です。

今回ご紹介した5つの方法を考慮するだけでも、大幅に通信料金は節約することができます。ご自分のライフスタイルに沿った契約を見直して、全国の平均通信料に惑わされない、節約方法を行っていきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

月刊副業の注目記事を受け取ろう

通信費 節約

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

月刊副業の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

月刊副業編集部

月刊副業編集部

月刊副業は株式会社Catch the Webが運営しています。

弊社は日本で一番有料会員数の多いアフィリエイトスクール「AMC」を運営しており、AMCの会員は現在2500名以上、1年間の会員のアフィリエイト報酬額の合計は40億円以上という実績があります。

月刊副業では、アフィリエイターの裾野を広げるという理念の元、初心者の方でも分かりやすいよう、アフィリエイトの情報を中心に副業に関する情報を発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • おすすめ画像検索エンジン一覧12選!類似画像検索もやってみた

  • Twitterアカウントを削除する方法と退会前に気になる7つの疑問

  • ライター直伝!Twitterのプロフィール設定と自己紹介の書き方

  • Twitterでアカウント登録せずに【見るだけ】で使う方法と注意点

関連記事

  • 年収400万円を徹底解剖!年収を増やす5つの方法とは

  • 節約料理レシピと1週間3,000円で過ごす買い物リスト

  • 家庭で簡単にできる水道代の節約術20選

  • 老後の貯金は60歳で3,000万円無いと生活できないってホント?

  • 転職はデメリット!?会社を辞める前に知りたい退職金の全知識

  • 手取り18万は少ない?貯金法5つと取るべき戦略