1. TOP
  2. 【節約術まとめ】快適な生活を送る!たった8個の節約方法

【節約術まとめ】快適な生活を送る!たった8個の節約方法

節約術
  110 Views

節約は、貧乏くさい節約より心豊かな節約を心がけたいですね。

無駄なことに使わないで、必要なことにお金を使う考え方は、心豊かな賢い節約ですが、切り詰める考え方の節約は苦痛を伴います。

今の生活や出費を見つめ直して無駄なお金の出費を省く節約が必要です。無駄使いしていたお金を蓄えれることができれば、資金の余裕ができ、生活に安心やゆとりができ、より快適に暮らせます。

また、時にはレジャーなどを家族で楽しめるようにできれば、家族にとって願ってもないことです。

無駄を省く方法として、何が無駄かを調べ、如何にすべきかを支出と生活の中のことに分けて考えてみました。

生活の中の支出の無駄のチェック

生活をより快適に送るための節約は、単なる出費の削減だけではなく、出費しなくてもよい項目を削減し、必要な項目の出費を確保することも考えることが必要です。

調べてみると、生活の中に意外と無駄遣いがあり、節約できることがあることに気付きます。お金の節約では、何が無駄で、どのように工夫したらよいのかを紹介します。

収入と支出のバランスと使い方

収入以上の支出にならないようにするために、収入額と支出額を把握し、赤字の家計を防ぐことが大事です。

これは、無駄なお金を使っている項目の一例です。

・賞味期限が切れているからと食材を捨てる
・ペーパー類やラップ類などをいつもポイ捨て
・チョコレートやお煎餅などの菓子類をついつい買ってしまう
・新商品が出るとすぐに買う
・嗜好品やアルコール類は買い込む
・必要以上に料理を作る
・今必要なもの以外のものも買い込む

まだまだありますね、意外と生活の中には無駄が多いものです。

このような、項目の節約は生活に影響を及ぼすことではなく、即実践でき、節約しても生活に支障ないことです。

収入を増やすことも生活の維持に必要なことですが、毎月の給与で家計を賄うことが大事です。

まず、出費を減らせる項目を探すことが、家計の維持と節約の第一歩です。

無駄遣いに気付けば、何にお金がどれだけ必要かを知ることができ、必要な項目とその額を決めることができます。

毎月の出費には、毎月出費が必要な項目と、不規則的に出費が必要な項目、何か月かに出費する項目に分類できます。

「○○さんの法事でまた出費!」、「○○さんが結婚ですって、またお金が出てしまう」などと、イライラしたり、時には八つ当たりしたりしたくなる思わぬ出費で、ケンカの種になっていませんか。

このように、生活には自分たちだけの出費以外の出費も含まれています。

節約イコール倹約で我慢して生活のレベルを下げる節約では、生活に疲れてしまい、家庭を崩壊をまねくかもしれません。

これでは、賢い節約とはいえません。限られた収入の中から如何にして貯蓄し、出費を確保するかの工夫が、家計を預かる主婦の腕の見せどころです。

節約に必見は支出の記録

節約ができることがあることに気付いたら、出費の実態を詳しく把握するために支出を記録します。

国家も支出の予算を前年の実績から立てるように、家庭でも支出の項目によって上限の額を決め、項目ごとに節約できることはないかを検討します。

生活費の記録は、食費・衣服費・住居費・水光熱費・医療・生活用品費・通信費・交通費・教養娯楽費・交際費・保険・税金・その他支出に大まかに分けて行います。

この項目の中で、毎月の支出が必要となることと、そうでもないことに分け、各項目の支出の上限額が設定すると、節約しなくて済みます。

まずは、我が家の支出状況を記録し、記録から節約できる項目やお金の運営の方法・法則を見つけ出します。

節約する目的をもつ

ところで、節約の目的は何でしょう。節約を成功させる方法は何でしょう。

意志だけで節約していても、やはり、疲れてしまい、無理です。

そこで、例えば、住宅購入の頭金を貯める、出産の費用の確保など次の生活に必要な資金やよりよい生活を叶える目的があれば、節約も気楽で楽しみを思い描きながら節約に取り組めます。

決して、節約、節約と締め付けないで、節約を楽しむ気持ちで取り組みたいものです。

節約で貯蓄する方法は

貯蓄の方法として、賞与のある家庭では、賞与は貯蓄し、レジャーや旅行などには使いません。

毎月の貯蓄を増やす方法は、いくらあってもお金は余ることはないものですから、給与が入った時にいくらか貯蓄の額を決めて先に貯えてしまいます。

節約で月末に貯蓄するより、この方法は貯えを増やしやすく、一定の額を確実に蓄えることができます。

また、思わぬ不祝儀や法事などの出費に備えて予備費と、レジャーや旅行などの資金を少額ずつ毎月別々に貯えます。

余裕の予備の蓄えは、これらの出費による家計のやりくりの痛手を緩和します。給与からこれらを差し引いた残金で、節約して一月の家計を賄います。

月末に残金があれば、それも別口で貯め、貯蓄や外食などの家族の楽しみ使うなどの使い方を家族で考えます。

つまり、貯えなければならないから節約、節約と毎日締め付けた暮らしより、先に蓄えて残りのあるお金を上手に使う暮らしは、気楽に節約が一月を賄うことができます。

家事の時間の節約も大事

何時も、節約の生活では息が詰まります。時には、ちょっぴりの贅沢をすることも盛り込んだ節約が、家庭生活には大切なことですね。

このような出費も考慮した節約ならば、節約の鬱積を減らすことができます。

ところで、毎日の家事の時間は何にどれくらいかかるかも考えてみましょう。何時も、何か家事をしていて、休む暇もない、ちょっと趣味に時間を使いたいなどと鬱憤を貯めていませんか。

ストレスを鬱積させれば、最悪の場合は医療費の出費をまねき兼ねないし、鬱積の解消に衝動買いなどの余分な出費をしてしまい、出費がかさばれば節約になりません。

少しは、自分の時間も持てるように家事の時間についても時間の節約を考えてみましょう。

生活の中でできる節約

記録から、各項目に節約できることがあることも気づいたら、節約の方法を考えます。生活の中で各項目ごとに、節約を紹介します。

食費の節約

食費は一番節約がしやすい項目ですが、家族の生活に大切な5大栄養素が摂れる食事を考えて節約しましょう。

特売品や割引品などを大いに活用し、料理で一工夫を凝らすと立派な献立ができますので、料理法の研究も怠らないようにしましょう。

台所は、立派な創造の無限の世界で、料理のアレンジは、安くても旨い我が家の自慢メニューが自由に展開できる楽しい所です。

台所仕事を発想の転換で、楽しい場にしてみては如何でしょう。時間もお金も節約できるメニューのアレンジに挑戦し、これをネットのコンテスト、例えば、暮らしのニスタ・レシピコンセントなどに応募すると、ラッキーならば賞金をゲットのチャンスがあるかもしれません。

料理の工夫が、ママの副収入をえる機会になれば一石二鳥です。

外食とデリバリーの活用より自炊

確かに、共働きの家庭では食事の準備の時間の確保が大変で、外食で済ませる家庭も多いでしょう。

外食の出費で主に占める費用は人件費で、食材は3割前後ですからちょっと工夫して家庭で作れば、節約に大いに貢献します。

家庭料理では、5大栄養素の確保、かさましなどの料理の工夫もでき、味の濃さの管理もでき、健康にも気を付けることができます。

外食の回数を、1週に1回に、あるいは1月に1回に減らすと、外食回数が減っただけ余剰ができます。

この余剰を貯蓄、旅行の費用、あるいは外食をちょっぴりリッチな外食などに転用することができます。

買い物術

共働きの買い物は、休日のまとめ買いか、スーパーなどの無料配達の利用がおすすめです。

無料配達の場合、鮮魚などの鮮度は期待できないかもしれません。都会のように便利な所では、帰宅途中に購入も可能かもしれませんが、遅くなると惣菜などを購入しがちですので気をつけましょう。

専業主婦は、毎日の買い物で特売日や各商品の値段などお店の情報を収集し、日中に出掛けることができる利点を活かし節約できます。

開店時間の買い物は、昨日の残りの割引や特売品が入手しやすいです。また、その他の割引される時間帯の活用も専業主婦はできます。

食費の買い物では、毎日の食材と毎日使う米や調味料に大きく分けられます。調味料などの購入策として、一月が使い切るものと月をまたがって使うものに分け、月をまたがって使うものはローテーションを組んで買うように計画すれば、毎月の出費の変動幅を小さくすることができます。

例えば、マヨネーズ・砂糖・小麦粉は1か月に1つ、酢・醤油・味噌・オイル・米は2ヵ月に1つとします。

毎月の調味料の額を決め、一月に使うものと酢・醤油・味噌・オイルを今月買い、来月は一月に使うものと米を買うというように月をまたがる物をローテーションで買います。

出費がかさんでしまうと、貯蓄などに回すお金が少なくなるか、毎日の食費を減らすかしなければなりません。

安いからとまとめ買いすると先払いになり、なかなか補填できませんので、これらの購入は、毎月の出費額を決め、その金額内で買うようにします。

安いからといって買いだめをすることは、つまり出費の浪費につながりやすいのでおすすめできません。

買いだめは、1週間のメニューを考えて、その週に使う食材を一括してまとめ買いしてよい食材におすすめします。

例えば、人参、ジャガイモ、玉ねぎ、蒟蒻、キャベツ、大根などがまとめ買いできる食材です。

共働きの場合も専業主婦の場合も、郊外の道の駅などを利用するときは、1・2週間の食材のまとめ買いをおすすめします。

一ケ月分の消耗品の購入も安い郊外で買うことも考え、リストを作っておきます。この時のドライブの費用は、食費に含めるか、交通費に含めるかも決めておきます。

できたら、弁当持参でドライブも兼ね、家族の気晴らしの一時になるようにすれば、一石二鳥です。

買い物に行く時間がない場合、デリバリーで食材を買うことができる地域では、無料配達金額の(1980円から無料のスーパーもありますが、各店舗に問い合わせてください。)の買い物の方法が、時間の節約になります。

さらに、2017年の冬のように災害で高騰した時に、生協などの利用も一考です。

調理法

料理が出来るだけ簡単にできる工夫と、手抜きが分からないようにすることも食べる側の配慮として必要です。

1週間のまとめての下ごしらえは、多忙な共働きの主婦にとっても育児に多忙な主婦にとっても毎日の調理時間が少なくて済みます。

例えば、1週間のまとめ買いで、肉を買ったとします。1つの料理に使う量に小分けし、それぞれの料理に合わせて下味をつけ、冷凍します。

冷凍保存中に下味が肉に浸み込み、取り出して使う時は加熱するだけ済みます。

肉じゃがならば、肉に味付けをして冷凍し、野菜の準備の前に肉を摂り出して、ジャガイモなどの野菜を切りレンジにかけ、鍋に移して肉と合わせて煮ます。

このように、下ごしらえをした料理は、火にかければよい状態で冷凍ですから毎日の多忙で作る面倒が軽減されます。

調理の時間のかかるメニューから作り始めることもおすすめします。

例えば、煮込み料理のシチューの場合、先にシチューをコンロにかけて煮込んでいる間に、サラダやみそ汁などの手間のかからない他の料理が作れ、料理が同じ頃に出来上がり、時間のロスも少なくなります。

調理の時間のかかるメニューにグラタン・ドリア、蒸し物の茶碗蒸しや蒸しおこわなどもあります。

また、例えば切る作業があるメニューがいくつかあるならば、一緒に切る作業を行うと、時間の節約になります。

1週間のメニューと材料

1週間の食材のまとめ買いをするときは、大まかなメニューと材料をメモしましょう。必要な材料のみを買う習慣をつけると無駄遣いが少なくなり、節約につながります。

この頃は、養殖が盛んになり魚類も旬が分からなくなっていますが、野菜や魚はできるだけ旬のもので、格安の食材をピックアップしましょう。

また、比較的大きな魚を丸ごとで購入すると、割安になり、節約につながります。例えば、中鯖1匹¥298、はまち1匹¥398とし、2人分の料理をするとします。

中鯖は4切れで使うとすると、1つの料理に¥149かかります。はまちは、あらと片身4切れで使うことができるはずです。

あらは大根と炊き合わせ、切り身はムニエル・照り焼き・ホイル焼きなど色々に使え、はまち1匹で5つの料理が作れ、¥80で1つの料理ができ、節約になります。

毎食に使う量に購入した材料を小分けし、下味をつけて冷凍保存します。野菜は、原産地気候に近い環境で保存します。

大半の根菜類は常温で風通しの良い所で保存できます。キャベツは、芯をくり抜き湿らせたキッチンペーパーをくり抜いた芯部に入れ、ラップをして冷蔵庫で保存します。

それぞれの野菜の保存方法がありますので、一例として下記のURLを参考にしてください。
http://www.kewpie.co.jp/yasai/hozon/yasai_spring/cabbage.html

かさましの料理の方法も節約によい方法です。例えば、ハンバーグ、肉団子、餃子などの料理では、動物タンパク質と植物タンパク質の両方のタンパク質が摂取できるおからパウダーを使うと、かさましになり家族に満足感があり、節約もでき有効です。

このように、量と質を確保できる工夫も、家庭料理では大切なことです。

水道光熱費の節約

水道光熱費は、食費の次に節約しやすい項目です。普段の使い方を紹介します。

水道の使い方

水道の蛇口をいっぱいに開けて使っていませんか。シャワーや流し、歯磨きで流しっぱなしの使い方をしていませんか。
水場別の節約を紹介します。

・台所
茶碗などは洗い桶を使い浸け洗いをおすすめします。油ものをもった器は、ペーパーで油をふき取ると洗剤の使用量が減ります。

すすぎのみ、蛇口の水を使います。桶の水を流すとき、シンクをこすってから、一度に流せば、シンクも洗浄でき、排水口の汚れにも有効です。

米のとぎ汁は、床拭きの水に使い、そのあとは鉢の水やりに使えば節約できます。

・洗面台
歯磨き中は、水を止めておき、口と歯ブラシを濯ぐとき、排水口を閉めて水を使い、使い終わったら排水口を開け、水を流すと一度に流れる量が多いので排水口が詰まりにくいです。

・シャワー・お風呂
シャワーを出しっぱなしのまま体を洗ったりすると、水の無駄遣いになりますので、節水を心がけましょう。節約をしている家庭では、お風呂の湯を2日使い、洗濯に使用する家庭が多いようです。

湯船に入る前に、石鹸で体を洗ってから入るようにすれば、湯が濁りにくいので家族が気持ちよく湯が使えます。

食器の洗い方の工夫

食器を洗うとき、洗い桶を使い、油ものを入れた食器や魚を盛った食器は後で洗うようにすると、洗い桶の水を変えなくて済み、節水できます。

コンセントはこまめに抜く

コンセントもこまめに切ることはなかなか実行が伴わないですが、目的のための節約と敢えて心がけましょう。

テーブルタップに切り替えがついているコードを買えば出費ですから、買わなくてもできるコンセントを抜くことを心がければわずかなお金でも節約の効果があります。

節電のできること

使わないコンセントは抜く、必要な電灯だけつけ、不要の電灯は消すなどこまめに節電しましょう。

LEDに電灯を変えるお金もかさみますので、余分な出費になりますので、徐々に計画的に換えるようにしましょう。

一番多くの電力を消費するエアコンは、コンセントを抜くことと、こまめに掃除するようにしましょう。

掃除機を使用する場合、部屋を片付けてから掃除機をすると、電力を多く消費するのはスイッチの切り替え時ですから、節電できます。

できれば、細かい所も手入れがしやすい昔流の箒と拭き掃除をおすすめします。

ガスの使用は複数の火口を使う

ガスは複数の火口を一度に使うようにすると、一つ一つの火口を使って調理するより効率的で、火力が強く使え、節約できます。

必要量の水を大きめの鍋で中火にかけるが経済的なガスコンロの使い方です。

日用雑貨の激安の利用と購入計画

日用雑貨は、一月に必要な量を月初めの激安を利用して購入しておきましょう。トイレットペーパーが月の途中でなくなったでは様になりません。

いくら激安でも一ケ月分の給与から買いだめすると、他の品を買うことができなくなり、貯金を崩す羽目になりますので、おすすめできません。

ポイントや金融機関の利用の仕方

毎月の支払いをカードですると、各金融機関がポイントのサービスがあります。金融機関の支払いのカードは、端数でポイントにならない額を少なくするため、一つにまとめることをおすすめします。

少ないようでも、消耗品などの購入に充てることができますのでポイントの活用も忘れないようにしましょう。

ファッションや美容の節約

この頃は、ファッションもレンタルの利用ができ、便利になりました。割高感はありますが、収納や洗濯などの手間を考えるとこの利用は一案です。

また、流行を追わないこともおすすめします。

化粧水を家庭で作ると安上がりで、自分の肌に合った化粧水が使えます。焼酎とグリセリンとレモンやドクダミなどで作れます。

住宅ローンを少なくする策は

住宅ローンを組んだ場合、保証金の別払いの有無や公共団体の利子補給制度がある団体があります。最終の利子支払い総額などの情報の説明を聞き、支払額を少なくしましょう。

ちなみに、東京都の利子補給制度では、都が10年間、1%の利子補給してくれるので、月の支払いが1万円ほど補填されます。

住宅ローンを考えるとき、このような制度のチェックにも気をつけましょう。

住宅ローンを組む時に気をつけることは、家計の計算から支払い可能額の7~8割くらいがローン額になるように計画し、余剰金を貯蓄することをおすすめします。

いつ災難が起こるかわかりませんので、予備費を確保しておきましょう。

文化・教養・運動は公共機関を活用

本や講演会・運動などは、公共機関の施設を利用することを考えましょう。無料で使える公共機関の利用は、支払っている税金で賄われていますので大いに活用しましょう。

生活の節約がリッチを生む

節約は、人に迷惑をかけることではないので、大いにしましょう。節約で得られたお金の使い方が生活をリッチにもし、鬱積の種にもなります。

給与から先に貯蓄をしておくと、節約で得られたお金は、色々と使うことができる資金になり、より快適な生活のために使える資金にもなります。

ただ毎日を節約と締め付け、我慢を強いる生活をするのでは家族もまいってしまい、家族崩壊を引き起こしやすくなり、決して節約にはなりません。

賢い節約は、必要なものには支出をするです。だって、誰しもちょっぴりリッチを感じることも精神的に必要です。
節約は、家族にも自分にも楽しみがなければ続きません。

貯蓄は先にして節約でえたお金は家族に有効的に使う

支出から貯蓄が無理でもとにかく給与日に毎月一定額を貯蓄すると蓄えは増やすことができます。貯蓄と予備費・レジャー費を蓄え残りのお金で今月の使い方を工夫して賄い、節約でいくらかの残金があれば、塵も積もれば何とやらで、別口で貯えます。

突然の思わぬ出費のお金も予備費として計画的に毎月いくらか貯めると、最初は別口に貯めたお金を使わなければならないかもしれませんが、数カ月すれば貯えもでき、毎日の賄に負担が少なくなり気が楽になるはずです。

節約で得られたお金の使い方を家族の話し合いで取り組み、家族そろっての楽しみを夢見る節約作戦が、リッチを生みます。

ポイントは、貯金は給与を受け取った時点で貯金、項目ごとにお金を小分けして使い、月末に残ったお金を別口で貯め家族や自分のちょっとリッチな気分も楽しめるように使うことも考え、突然の出費の予備費もコツコツと貯めることが、少額の給与でも賄いができる方法です。

健康にはお金を倹約しない

健康には、体と心の両方が必要です。節約で、病気になり医療費の出費が増えれば、節約も台無しです。

また、医食同源の言葉どおり、食は生命維持や活力に大切です。毎日の食は、家族の体の健康と食の満足感を担っていることを肝に命じ節約の策を立ててください。

いくら節約といえ、体に必要な食事はきちんと家族が取れる毎日でなければ、医療費の出費と心配は増え、賢い節約にはなりません。

余分な出費を増やさない節約の策は、高い品を買うのではなく、安価な食材を有効に使い、食を満たす節約の工夫が大事です。

もしも、入院となった時、緊急の入院の場合はこのメリットが期待できませんが、健康保険の「高額医療費支払制度」では一月の医療費が限度額を超える場合超過分が戻りますので、月初めに入院して月内に退院できるようにすると、高額医療費の自己負担額が軽減されるメリットがあります。

医療機関で医療費の支払いについての説明を聞きましょう。

時にはアクセントのリッチやトラベル

賞与を使わないように、レジャーの費用も毎月の給料の中から積立てて、計画的に楽しむ旅行を考えましょう。

節約で得られた資金とあわせれば少し余裕のある旅行ができるでしょう。

節約の一部は、ちょっとリッチな外食とかトラベルに使えるように計画することは、家族にとって必要なことです。

家族の誰しも節約ばかりでと鬱積することはごく当たり前のことですから、楽しみを生活に組み込むことは家族の協力を得るためにも家族崩壊を引き起こさないためにも大切なことです。

まとめ

入るお金は増えることが期待できかねる今日この頃です。よりよい快適な生活のための節約のポイントは、このようにまとめられます。

①まず現在の出費状況を把握し、費用を減らせる項目を見つけることと家計簿を記録する

月初めに必ず一定額の貯蓄を続けることと賞与は使わない

貯蓄を差し引いた残金を項目ごとに設定した金額に小分けして使い、月末に各項目の残金を別口に集めて蓄え、使い方を家族で話し合う(貯蓄、レジャー、外食など)

④月をまたいで使う調味料や日用品は月平均額を計算しその金額内での買い物のローテーションを組み、買いだめは貯蓄を崩すことになるのでしない

⑤特別の出費のお金もレジャーのお金も月々わずかずつ貯え、貯蓄を崩さないようにする

生活の中で水道光熱費の使い方や買い物方法及び調理の仕方を工夫する

⑦食は、特売品や割引品などを用い栄養不足にならないようにし、医療費の出費を出さない生活をする

⑧節約と貯蓄の必要なことを家族に理解してもらい、節約の協力が得られるようにする

生活するのは苦しい収入でも、月初めに貯えを取ることが大事で、不足の残金のやりくりで節約します。
節約で得られた月末の残金を蓄え、家族の楽しみにも使い、節約でより快適な生活を創出してください。

\ SNSでシェアしよう! /

月刊副業の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

月刊副業の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

gekkan24

この人が書いた記事  記事一覧

  • 派遣社員は副業禁止?派遣と副業を両立する方法を紹介

  • WordPressって何?CMSを導入したい人と企業におすすめの理由を解説

  • 黒歴史クリーナーは危険!?安全にツイートを削除する方法

  • WordPressで関連記事を表示する方法13選!おすすめプラグイン

関連記事

  • 貯金の方法を詳しく解説!1年で100万円貯める方法とは?

  • 年間貯金額はいくらが理想?貯金の成功に大切なこと3つ

  • パケット代のマル秘節約術6つ!毎月の通信制限を回避しよう♪

  • 今すぐチェック!お金が貯まらない人の特徴はこの15個

  • 食費が激減する20の節約術!健康と節約の両立を叶えるコツとは?

  • 年収156万一人暮らしフリーターが1年で100万貯金した30個のコツ