1. TOP
  2. ボーナスはいくら貯金する?将来を見据えた貯金の考え方8つ

ボーナスはいくら貯金する?将来を見据えた貯金の考え方8つ

節約術
  32 Views

せっかくもらったボーナスだ!パァーッと使ってしまいたい!もちろんそういった気持ちもわかります。しかし、昔も今も「とりあえず貯金が一番の使い道かな」という人が最も多いようです。

一方で、お金が貯まらないという言葉もよく聞かれます。ボーナスは貯金する堅実な人が多いにもかかわらず、お金が貯まったと思える人は少ないようです。

お金をただ貯めるだけでは、目標金額に届かずに終わりかねません。目的意識を持って貯める事が大事です。そもそも貯金は人生を通して、大きなイベントごとの出費に使えるように貯めるべきです。今後の出費の予想がついていなければ、効率的に貯金できません。

そのためにも本文中では貯金の考え方を示し、ボーナスの効率的な貯金の仕方を考えます。

ボーナスの貯金額と使い道はどうしてる?

国税局の標本調査の結果(2015年度分)からは、ボーナスは平均64.8万円でした。男性が83.6万円、女性は37.6万円です。これは一年間以上働いている人の数字を挙げています。

もちろんボーナスは職種や年齢の環境を大きく受けます。これはあくまでも全国、全業種の平均となります。

民間の調査結果は大企業だけを取り上げることも多く、「夏のボーナスだけで90万!」などと報じられますが、政府の調査結果からは調査対象の事業所が支給した年間のボーナス額平均は64万円となりました。

このようにボーナスの支給額は人によって大きく差があります。この本文中では基本的にボーナスやお給料、生活費などは政府調査の平均額を基にして、「どれくらい貯金すれば良いのか」、「何の目的に貯金すれば良いのか」などを考えていきます。

ボーナスの使い方と割合(2017年消費者庁調べ)
2017消費者庁調べでは、ボーナスを貯金する人が最も多かったです。実際のボーナスの使い方や割合は次のとおりでした。

1位 貯蓄43.3%
2位 旅行22.8%
3位 ローンの支払20.2%

およそ4割の人がボーナスは貯金すると考えています。民間の調べ(マイナビなど)でも似た傾向です。他には生活のお金や両親・家族へのプレゼント、服飾にボーナスを使うようです。

生活費やローンの返済をはじめ、必要不可欠なものにボーナスを使うことが多いようです。
生活の維持のためにお金を使う事も多く、貯金と本質は同じものでしょう。結局は自身の生活を支えるために使う人が多いのです。

もちろんすぐに使う要件がある場合は使うべきですし、ときには娯楽にお金をかけるのも間違っていないでしょう。しかし、それ以外の時は貯金をすることが正しい行為と言えます。

今の日本では預貯金の利子はたかが知れています。どのみち貯金の行き先は生活費や人生の転機ごとの出費、ローンの頭金などです。そのときにいきなりお金は用意できません。目的別にプールしておくための貯金という認識が重要です。

ボーナスはみんないくら貯金している?

ボーナスを貯金している人が圧倒的に多いようですが、いくら貯金にまわしているのでしょうか?ここでは参考に、総務省の家計調査(2016)をもとに貯金額を考えてみます。1回のボーナスあたり貯金額は公表されていませんが、毎月の預貯金の増加額についてはデータがあります。

世帯人数が2人の場合、月ごとの金融資産純増は平均9.2万円です。金融資産純増とは預貯金や保険、有価証券の購入などを表します。

しかし、正直なところ毎月9万円も貯金や保険に使っているとは考えにくいです。ボーナスを貯金している影響が平均に反映されているのでしょう。

実際に月ごとの家計調査では、黒字だけではなく赤字の時さえも確認できます。黒字も大きくて5万円くらいです。やはり、金融資産純増にはボーナスの影響が大きいようです。

仮に、毎月の貯金などをまるで行っていない場合は、月ごとの金融資産純増9万円×12にあたる108万円をボーナスから貯金と有価証券の購入などを行う計算になります。

この数字自体は参考の値です。重要なのは、年間で金融資産純増が100万円を超える計算になるということです。必要な保険料の支払いなどを除いても、100万円近くを年間貯金する意気込みでいきましょう。

家計調査からは年間を通して預貯金純増は年85万円くらいですが、もう少し上乗せが必要です。多くの家庭では平均に届いていないというデータがあるからです。

また、これまでの数値からは夫婦の夏と冬のボーナスの大部分を貯金すれば、毎月の貯金をしていなくても達成できると考えることも出来ます。

ボーナスはローンの支払いや生活するのに不足がなければ、基本的に貯金すると考えるべきでしょう。それも、将来を見据えた貯金の仕方が必要です。

将来を見据えた貯金の考え方8つ

目的別の口座を用意するのがいいかもしれません。人生の重大な転機やイベントに備えるために貯金をしていきます。ここでは、どのような目的で貯金をするべきか、あるいはどれくらいの金額が必要になるのか説明していきます。

以下の8つの考え方を示します。

1.生活費
2.結婚費用
3.マイホーム購入(頭金)
4.車を購入
5.子供の学費
6.親の介護
7.親の葬儀
8.老後の生活費

これらは同時に貯めていくものではありません。ライフプランや実際の家族状況などと相談して優先順位が決まります。その優先順位を決めるためにも、以下に想定される費用をもとにした目標貯金額を示していきます。

1.生活費

生活費の半年分は何もなくても貯金しておくようにしましょう。

緊急時に利用できる予備資金を用意しておくべきです。何らかの理由で通常の生活ができなくなったときの備えにもなります。

例えば、半年分の生活費があれば、転職や失職などで一時的に収入が途絶えても、状況が好転するまでの生活費として利用できます。

他には病気やけがの治療費など突発的な出費に備えることができます。同じように地震や津波などの自然災害時にも、生活を営む助けになります。

一ヶ月の生活費の平均値は以下の通りです。この数値は総務省の家計調査(2016)を参考にしています。実支出から預貯金+保険を抜いた消費支出を生活費と考えました。

・単身世帯:およそ17万円
・2人以上の世帯:およそ28万円

この調査では子供の有無や人数はわかりません。しかし、子供がひとり増えるごとにおよそ3万円前後の生活費が多く必要になると考えられます。

以上より、単身者なら半年分およそ100万円の貯金を万が一の生活費として貯金しましょう。同じく子供がいない家庭はおよそ170万円、そこに子供一人につき18万円以上の上乗せをすると考えておけば大丈夫でしょう。

2.結婚費用

結婚費用を貯金する時は結婚式と新婚生活のために貯金することになります。

リクルート・ブライダル総研「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」の結果より、結婚式には359万円必要です。しかし、ご祝儀232万円が入ってくると見込まれます。

その他に発生する衣装代などの金額を計算し、挙式全体の自己負担は約200万円になるようです。

また、同じく「ゼクシィ新生活準備調査 2016」によると、新婚生活のために72万円くらいかかるそうです。新居の準備や家電の購入などが考えられます。

結婚式費用は総額200万円くらいを見積もっておくといいでしょう。また新生活のスタートのためには70万円くらいが必要です。

さらに3ヶ月分の生活費も一緒に貯金できていれば、新生活の備えも最低限は整うでしょう。このとき60万円から90万円くらいが必要です。

計すると400万円近くなります。ただし両者が働いていた場合は、自力で貯めるのは半分でも良いといえます。また挙式や新婚生活にあたっては、家族などからの援助も見込めます。

まずは200万円を目指して貯金し、できれば400万円の貯金を貯めればよいでしょう。実際に結婚する場合は、親の援助は遠慮せずに受けて、新生活のスタートに向けてお金を手元に残すことを考えましょう。

3.マイホームを購入する

マイホーム購入を目的に貯金をする場合は、ローンの頭金を用意するという考え方でいいでしょう。一括で払うことを考えるのは、多くの人にとって収入面で厳しいでしょう。

住宅金融支援機構と民間金融機関とが提携しているローンに「フラット35」があります。提供するローンは最長35年の全期間固定金利型住宅ローンで人気があります。

このフラット35で行われた直近の調査から、物件購入時の手持ち金(=頭金)の平均がわかります。

・購入物件と手持ち金について

購入物件 注文住宅 土地付き注文住宅 建売住宅 マンション 中古戸建 中古マンション
手持ち金 682.3万円 461.5万円 313.1万円 739.8万円 212.7万円 319.5万

流石に高額な買い物だからか、最低200万円以上と頭金も高くついています。購入物件によって、頭金も大きく変化するのがわかります。

「平均いくら貯めるのが良い」とは言いにくいです。そもそもマイホームの購入は出費以上にライフプランへ大きく影響を及ぼします。

家族の人数や通勤先への距離、周辺環境に子供の有無によっては教育環境、親との同居などの要素を考えなければなりません。個人で悩んで購入するものでもないので、専門家に相談するのがいいでしょう。

住宅ローンを用いて購入した場合、ローンの返済の必要があります。このローンを安定して払っていくことが大切です。ローンの支払が生じている期間はボーナスの使いみちも貯金よりもローンの支払いになるでしょう。

マイホームの購入には購入動機と家族の状況、頭金とローンの支払いをバランス良く総合的に判断することが必要です。

ただし、貯金の全てを使ってしまってはいけません。現金はある程度以上の額を手元に残せるようにしましょう。

4.車を購入する

車の購入に向けて貯金する場合、一括で購入するのか、ローンを組むのかは重要な選択です。

一般的にローンを組むには頭金を用意しなければなりません。ベターなローンの組み方は、頭金を支払い総額の2割?3割程度を目安に用意することです。

車の購入金額を考えなければなりません。特別なこだわりがなければ、年収の半分くらいが無理のない金額と考えられます。

ここでは例として総務省の家計調査より2人以上の世帯における月収を示します。月収は平均で52.7万円です。年収約600万円、無理のない購入金額は300万円くらいになります。ここではローンを組むなら頭金として、60万円から90万円用意できればよいでしょう。

家族の状況次第で欲しい車の値段も違うでしょう。ここで示しているのは、あくまでも一例です。車の購入に向けて貯金するなら、上記の考え方を参考にしてください。

5.子供の学費

子供の学費のための貯金はまず500万円が目安になります。ただし、大学入学だけを考えた貯金は失敗します。

文部科学省の子供の学習費調査年額からは、以下のような表を作成できます。

教育施設と年間の学費の関係

教育施設/年額 公立の金額 私立の金額
幼稚園 22.2万円 49.8万円
小学校 32.2万円 153.6万円
中学校 48.2万円 133. 9万円
高等学校 41万円 99.5万円

仮に小学校に公立で通った場合の必要額は6年間で200万円くらいです。貯金は入学前から始めておきたいところです。

今度は大学の学費を考えます。いくつかの調査の結果をひとつの表にまとめてみます。

用いた調査は「1年私立大学等の平成26年度入学者に係る学生納付金等調査結果」、
「平成28年度学生納付金調査」、「平成22年度国立大学の授業料、入学料及び検定料の調査結果」です。

年代が異なるため厳密には精度に欠けるかもしれませんが、参考として用います。

各大学と年間の学費の関係

1年あたりの学費 授業料 入学料 施設整備費 合計
私立大学 864,384 261,089 186,171 1,311,644円
公立大学 537,809 393,426 学校によります 931,235+α円
国立大学 535,800 282,000 学校によります 817,800+α円

子供が生まれるまでにはおよそ500万円の貯金とは、高校卒業までの費用(公立)と同額です。さらにこの間に、最もお金がかかるとされている大学進学へ向けた貯金をします。

際には奨学金や教育ローンの利用も検討してください。もし、それらを利用しない場合は大学の学費だけで4年間300万円から500万円は必要になります。他にも遠方である場合は、1人暮らしの資金などが必要になってきます。

学費用の貯金はまず高校までの分として500万円あること、さらに300万円から500万円貯金し、大学進学に備えることが必要です。ただし、私立なら倍は用意しましょう。

6.親の介護

親の介護に向けて貯金するなら、同居している場合は月々約7.9万円かかると覚えてください。

これは生命保険文化センターが行った調査「生命保険に関する全国実態調査」(平成27年度)を参考にしています。過去3年間に介護経験がある人を対象にした調査です。

この調査からは介護を行った期間が平均59.1カ月(4年11カ月)であることがわかります。また、介護費用は一時費用の合計金額が平均80万円(住宅改修や介護用ベッドの購入)と、月々の費用として平均7.9万円が必要となっています。

ここから計算すると、まずは一時費用として80万円が必要、プラス8万円×59ヶ月が必要、結果として552万円必要です。

世間では1人あたり最低300万円の貯金が必要と言われている中で、高額の計算結果になりました。

また、実際には介護保険が利用できたり、逆に比較的軽い状態であったりと人それぞれ介護費用が必要になる度合いが違います。

しかし、介護期間はいつまでと設定できるものではありません。使わない場合はともかくとして、貯金は300万円から600万円を目指しましょう。

7.親の葬儀代

葬儀代を1人で負担する場合は約196万円です。これは日本消費者協会の調査を参考にしています。

しかし、完全に1人で負担する状況はあまりないでしょう。そもそも親が残す保険や貯金などがあったりします。それを見込むのも抵抗がある場合は、各葬儀に掛かる金額を覚えておくといいでしょう。

一般的な葬儀は120万円ほどで出来ます。冒頭の196万円はそれなりにオプションを付ける人が多いということでしょう。また、家族葬なら50万円ほど、火葬式(通夜などなし)は30万円ほどです。

自身の家庭に合う葬儀を選択するのが良いでしょう。何を選択しても200万円ほど貯金できれば、自分1人で負担する場合でも満足な葬儀をできるでしょう。

8.老後の生活

老後の備えとして貯金することが、全世帯を通して最も多い貯金の動機でしょう。人生で最後に使うお金とも言え、なんとなく貯金をしてきた場合もこのお金として使われることが多いです。

さて、生命保険文化センターの意識調査では、夫婦ふたりが老後生活を送るのに必要な最低生活費は月額22万円と回答されています。また、ゆとりある老後生活は34.9万円必要であるとの回答がありました。
老後は年金生活です。年金では足りなくなる出費を、貯金を切り崩して補っていくと考えられます。

ここでは総務省の家計調査から60歳以降の無職世帯を取り上げます。この調査からは、60歳以降無職の世帯では毎月4万円から7万円くらいの貯金を切り崩すと見て取れます。

仮に7万円を毎月切り崩すとすると、1年で84万円です。これを20年続けた場合の必要な貯金は1,680万円になります。

「いくら貯金するべきか?」は年金額次第です。意識調査より夫婦ふたりが老後生活を送るのに必要な最低生活費は月額22万円です。

また、ゆとりある老後生活は34.9万円必要でした。これらの金額と年金額を比較し、必要な差額を補えるように貯金しましょう。

ボーナスはいくら貯金すべき?

いざという時の生活費から老後の資金まで8種類の貯金における考え方を見てきました。実際にいくらボーナスを貯金していくかを考えるときの注意点として、全て同時に貯金していくわけではないということがあります。

例えば、いざという時の生活費であれば、勤め始めから貯金しておくべきでしょうし、家族や子供にかかるお金は、結婚してから考え始めるものでしょう。

実際にはなんとなく貯金している人も大勢いますが、今の自分が何に向けて貯金するべきなのかを認識しないと失敗するかもしれません。

ここでは、それぞれの世帯や家庭状況をからいくつかのケースを取り上げ、いくらの貯金をしていくべきかを考えていきます。

就職から結婚までの貯金

この時期はできれば300万円から400万円くらいを貯金することを目指しましょう。まだ一人世帯であり多くの収入を自分のために使える時期です。貯金の感覚をつかむチャンスです。

まずは「もしものための生活費」を半年分貯金できるようにしましょう。上でも書いたように100万円を目安にします。人生がまだどうなっていくのか、予想がつかない時期です。この貯金は転職などの選択肢を考える上でも重要になります。

さらに、結婚式と新生活に向けた費用も貯めていきます。カップル2人あわせて400万円くらいです。1人あたり200万円分を見込んでおけばよいでしょう。

両親や親族からの援助も考えられますが、援助があったらラッキー程度の気持ちでいるのが得策です。

先にも書きましたが、この時期はできれば300万円から400万円くらいを貯金することを目指しましょう。

この時期は生活費と相談した上で、できればかなりの割合をボーナスから貯金しておきたいです。お金が自由になる時期だからこそ、少なくても貯金を進めましょう。

結婚から子供の誕生までの貯金

子供を産むという前提の場合、この時期に必要な貯金は子供の学費です。他の候補もあるでしょうが、この場合の正しい優先順位としては、家族の人生に直結するお金を優先するべきです。

いくつもの貯金を並行できる場合は問題ありませんが、一つを目的にするなら、まずは子供の学費を貯めることを考えましょう。昨今の教育や学歴の重要性を考えると、十分なお金を用意したいところです。

子供が生まれる前に500万円貯金できれば、公立であれば高校までの教育費は確保できます。さらに、子供が誕生してから300万円から500万円を大学進学費用(国公立)として貯金したいところです。

実際にはここまで決まった配分でなくても、子供が入学前まである程度は貯めておき、出費のピークとなる大学進学時に困らない金額を貯金しておきます。

さて、この子供の学費貯金を始めるのは、だいたい30代に当たります。収入も増えますが、それよりも出費が圧倒的に増えます。このような状況下で、ボーナスを貯金以外のことに使う余裕はなさそうです。

さらに収入と収支が安定し、学費にめどが付いたらマイホームや車など、自身の家族が必要とするものに向けた貯金を始めねばなりません。

マイホームなどを購入するための貯金

今の生活が安定し家族の状況が変われば、それにあった環境に移行するのが得策でしょう。マイホームを考える時期です。

マイホームを購入するなら、まだ子供は在学中のことが多いでしょう。子どもが家を出たあとにマイホームを立てる人もいますが、基本的には珍しいです。つまり学費の貯金と同時進行になりやすいです。

そこにマイホームを購入するのであれば、間違いなくローンが必要です。それは既に「マイホームを購入する」にも書きました。そのために最低200万円くらいの頭金が必要ではないかと述べました。

ローンを組んだ時に毎月きちんと返済ができるのであれば、現金をより多く残す方針にしましょう。30代から40代あたりの話になりますが、ここから先はボーナスを全て貯金に回すということは難しくなります。毎月のローンの支払いに充てたり、生活費の補充に回したりする必要が出てくるでしょう。

あわせて車の購入についても考えなければなりません。購入代金は年収の半分までにすると、ローンを組んだときに余裕を持って返済できると考えられます。ローンを組む時は頭金として購入代金の2割から3割用意できればよいでしょう。

貯金に回すお金よりもローンの支払いや生活費に回す額のほうが多くなる時期です。毎月返済が順当ならボーナスは貯金に回すべきでしょう。しかし、毎月の返済が順調に行かない時は、ボーナスから補填することになるでしょう。

支払いが当然優先です。ボーナスをローンに使う人も貯金に次いで多いのも当然です。

マイホームを購入したらローンを払いながら、学費の貯金を継続しましょう。

親のために貯金

40代後半になれば、子供が就職し独り立ちし始めます。ここからの貯金の目的は親の介護や親の葬儀などを見据えたものになります。

既に書いた計算ではあわせて500万円から800円貯めれば良さそうです。葬儀はともかく介護はそもそも必要になるのか、何年必要になるのか、見通しはたちません。

「貯めておいて損はない、余剰資金がでたら老後の貯金にしよう」くらいの気持ちで貯めておくといいでしょう。

ローンが残っているかはわかりませんが、残っていなければ、ボーナスの使用目的は再びローン支払いの割合よりも貯金の割合が大きくなります。

老後に向けて貯金

上述した必要最低限の貯金は1,680万円でした。年金を貰っていても貯金を毎月7万円切り崩す家庭があることをもとに、年金生活を20年と見積もって算出しています。

実際にはもっとゆとりのある生活をしたければ、さらに貯金するべきです。世間では老後は3,000万円あると余裕が持てると言われています。実際の調査では60代の貯金は1,300万円くらいが平均になります。なかなか余裕を持って3,000万円貯めるとはいかないです。

意識し始めるのは40代後半から50代でしょうか。リタイア後の人生に向けて、普通の貯金ペースでは最低限の貯金がやっとであることが調査から見て取れます。

一方で、家計調査からは年100万円以上は貯められるようです。40年働いたとしたら、4,000万円貯金できます。個人差はあると思いますが、この数値を参考にすると、実はボーナスを全て貯金したら、最低限の結婚費用や学費、老後の費用は賄えそうです。

もちろんマイホームのローンや学資ローン、車のローンなどがある場合は貯金が遅れていきます。貯金のペースも額も計算のように一定にはならないでしょう。

しかし、結局のところ「ボーナスは貯金」が基本です。特にローンの影響があまりない若い時と高齢が近づいてきたときは、ボーナスをほぼ貯金するつもりで行きましょう。

毎月の貯金を考慮しなくても、ボーナスからの貯金でトータル4,000万円以上貯金したいところです。もちろん紹介して来た通りに目的別に行います。

まとめ

ボーナスを貯金するときの考え方について紹介してきました。貯金の考え方としては、万が一に備えた生活費や子供の学費、老後の資金などの8つの考え方をあげました。

これらは目的別に貯金する意識が必要です。必要な分の貯金をして、次に優先順位が高い貯金をまた始めること、これの繰り返しが定年まで続きます。

毎月の貯金が難しくても、ボーナスからの貯金だけで老後のお金を賄えるのではないかと計算しました。

しかし、その都度その都度、適当な貯金からお金を引き出していては、貯まるものも貯まりません。目的意識がなければ浪費につながります。

もちろん全てが貯金だけでは味気がないでしょう。家族サービスや自分へのご褒美などは必要です。これを忘れてしまうと生活からの彩りが忘れてしまいます。それらを問題がない程度差し引いて貯金しましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

月刊副業の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

月刊副業の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

gekkan24

この人が書いた記事  記事一覧

  • WordPressが遅い!1秒で表示させるための高速化テクニック12選

  • 高すぎる車の維持費を節約する10個の方法

  • Seesaaブログアフィリエイトで毎月3万円がっつり稼ぐ方法

  • 【図解】WordPressのテーブル・表作成で必要な8つの手順を紹介

関連記事

  • 家計簿の付け方を徹底解説!お金が貯まる家計簿の5つの条件とは

  • 貯金0円から1年で100万貯めるために節約するポイント9個

  • 貯金額の目安っていくら?年収・年代別に貯めるべき金額を解説

  • 主婦必見!今すぐできる節約術を22個厳選して紹介

  • 貯金ゼロからのスタートでまずは100万円!必ず貯まる7つのテクニック

  • ズボラでOK!1週間3,000円で過ごす買い物リストと節約料理レシピ