1. TOP
  2. 貯金ゼロからのスタートでまずは100万円!必ず貯まる7つのテクニック

貯金ゼロからのスタートでまずは100万円!必ず貯まる7つのテクニック

節約術
  46 Views

「全く貯金がなくて不安、だけど毎月なんとかなっているから大丈夫」と思っている方もいらっしゃると思います。

その考えは甘いです。今すぐ貯金モードに入りましょう。

ある程度貯金が貯まってくると、銀行口座の残高が増えていくこと自体がゲームのように楽しくなってきます。

目標に着実に近づいているという意識が達成感につながってくるからです。

今回は『貯金ゼロから始める100万円を貯金する方法』をご紹介したいと思います。

貯金ゼロの人はまず100万円から

なぜ100万円を貯めるのか?

100万円あれば当座の危機はしのげるからです。生活費であれば(人にもよりますが)4~6ヶ月くらいは仕事をしなくても生活できますし、突発的な病気にかかったとしても少しはまとまったお金があるので安心して治療に専念することができます。

私は20代の頃、ほとんど貯金がありませんでした。おそらく数万円くらいしかなかったと記憶しています。ほぼゼロに近いと考えていいでしょう。

生活するのに全く貯金がないと、将来のことを考えすぎて不安になります。

しかも、不安になったところでその解決策は「実際にお金を貯めること」なので、考えてもしょうがないのです。

考える時間があるならばひたすら節約方法とお金を増やす方法を考えて行動した方がずっと良いです。

また、自分一人ならまだしも家族が病気にかかったらということを考えると、貯金なしでは心もと無いですよね。

貯金をすることは何が起こるかわからない将来に備えるという意味で非常に大切なことです。

なんとなくお金を使っているだけでは手元に何も残らず、何の役にも立ちません。

また叶えたい夢があってそれに費用がかかるのであれば、すぐにでも貯金を始めましょう。

私は100万円を貯めるモチベーションとして「海外へワーキングホリデーに行くこと」がありました。

貯金したい人におすすめする超簡単なお金を貯める仕組み

貯金をするのが得意な人は自分で決めたことをやるという習慣づけができています。

一旦そのしくみ慣れてしまえば貯金は決して難しいことではありません。

無駄遣いを徹底的になくし、収入を増やせるものなら増やし、決まった金額を貯金に回す』というシンプルなことを繰り返しています。

しかも、一旦貯めたものを途中で崩したりしないので、どんどん溜まっていくというわけです。

ちなみに、100万円を1年間で貯めるためには毎月84,000円の貯金が必要です。

84,000円というと大きな金額ですが、もし実家で暮らすことができるのであれば生活費は親が払っていると思うので、決して不可能な金額ではありません。

生活費をうまく抑えれば貯金に励むことができるので、ここは親に甘えてしまいましょう。

私は実家で暮らすことができず一人暮らし用のアパートに住んでいましたが、家賃だけで4万円程度、その他水道・光熱費で1万円くらいかかっていたので、計5万円。

もしこれを貯金に回すことができればもっと早く目標達成できていたと思います。

一度口座に預けてしまったら簡単にお金を下ろせないように、以下の2点を行うことでより効果が上がります。

①銀行のカードは作らない
②銀行の定期預金に入る

「お金を気軽に下ろせる仕組みをなくす」ことがポイントです。

私が生活を立て直して実際に効果があった7つのこと

100万円を貯めるために効果的な方法は7つありました。実際に私がどのようなことをしたのか、7つの方法をご紹介していきたいと思います。

1.家中にあった売れるものは全て売却する

私は物を溜め込む癖があり、どこに何があったかわからなくなるということがよくありました。

しかしそういった習慣が全く自分にとって良くなく、それどころかマイナスでしかないとはっきり意識するようになってからは整理整頓を心がけるようになりました。

貯金できない人は物を溜め込むという不思議な共通点があります。

家の中のどこに何があるか把握できていないため、すでにあるものをまた購入してしまうのです。

また、物を溜め込むタイプの人は似たようなデザインのものを買っていたりもします。

似たような物があるとそれだけ収納スペースを圧迫しますし、物がある場所を把握できなくなる原因にもなります。

これを踏まえて、家の中にある不用品をことごとく整理し売りさばいていきましょう。

服だとすると、トップスは○着まで、スカートは○枚、パンツは○着まで…といった具合に、自分が着まわせる服やバッグを厳選することから始めます。

選り分けた後のものは使い物にならないものであれば容赦なく捨てます。

ブランドものであればとりあえず取っておきます。

そしてまだ使えそうなもの、ブランドものは片っ端からヤフオクやメルカリ、質屋などで売っていきます。

それほど大きな金額にはならないかもしれませんが、少しは貯金の足しになります。

私の場合プレゼントで高級グラスやお皿をいただいたのですが、全く使わずスペースも取っていたので質屋で売りました。

3点で8,000円くらいになったので、そのまま貯金に回しました。

2.必要ない月額制サービスは全て解約

クレジットカードの明細やスマホの月額料金を確認すると、漫画や映画を見るための利用料金だったり、スキルアップのためと自分に課して全く利用していないe-ラーニングの利用料金だったりします。

私は当時携帯の利用料金にプラスして携帯で見ることができる漫画や月額1,000円程度を払えば見放題になる映画配信サービスに登録していました。

また英語の勉強のためにビデオで英語を勉強するe-ラーニングにも登録していましたが、全く使っていませんでした。

「読み放題、見放題のプランだからいいや」と思って使っているかもしれませんが、まったく利用していなかったりしませんか?

もしくはほとんど利用しないために全く元が取れてなかったりしませんか?私は残念なことに全く元が取れない使い方をしていました。

利用していないのに数ヶ月にわたって月額使用料を支払っているものがあったらすぐに休止か解約の手続きをしましょう。

利用していなものにお金を払い続けるくらいだったら貯金したほうがよっぽど意味があります。

月額制サービスを組むよりは、CD・DVDショップで都度レンタルした方が安上がりで済むこともあります。

3.仕事を沢山いれて収入を増やす

空いた時間をスマホやテレビに充てていたりしませんか?ダラダラ過ごしているとあっという間に時間が経っているのに愕然とするのは誰でもあると思います。

そのような時間はただ時間をドブに捨てているようなものですので、やめたほうがいいでしょう。まったく自分のためになりません。

本業の他に副業ができる余裕があれば、ダブルワークで効率良く目標の100万円を貯金していきましょう。

仮に時給800円で1日4時間、週3日でも働けば、月4万円近くのお給料になるわけなので、本業から充てている貯金にプラスして貯金できます。

もちろん本業で8万円以上貯められるのであれば、この4万をプラスするともっと早く100万円の目標に到達することができます。

私の場合ですが、本業が終わった後に副業をして、本業の給与からも合わせて月に8万〜10万円くらいは貯金していました。

4.一ヶ月の収支を記載した家計簿を作った

自分の支出を見直すことも大事です。

節約を徹底しているつもりでも、やはり忙しい時は時間を節約するためにちょっとコンビニで食事を買ってしまったりしています。

緊急事態であればしょうがないですが、中には「今日は疲れているからご飯を簡単に済ませたい」という気持ちで購入してしまったりすることもありますが、これが積み重なると案外大きな支出となってしまいます。

私は一旦怠け癖が出てしまうと、「今日も何かご飯を買っていこう」と買い物してしまっていました。

一回やってしまうと、堰を切ったように「今日も」「また今日も」という風に繰り返してしまっていました。

家計簿に記録する習慣はなかったのですが、貯金をしようと意識してから家計簿を作ってみたところ、食費が2〜3万円近くになっていたので愕然としました。

食費は一番削れるところでもあったのでまずここから節約していくことに。

結果、1万円+少しくらいでおさまるようになり、節約できているという意識から料理をするのも楽しくなりました。

携帯でレシピサイトを参考にして、食材を使いまわして違う料理を作れるようになるので、わざわざ料理教室に通う必要もありません。

病気といった突然の出費についてはしょうがないですが、食費と交友費は削れるところです。

食費については疲れた時にでもすぐに何か食べられるようにそばやうどんなどの乾物(作るのが面倒な人はカップ麺でもいいです)を買い溜めしておくとか、余ったおかずを気持ち多めに冷凍保存しておくことで無駄遣いを抑えることができます。

冠婚葬祭などでは必須の支出として出すべきですが、そうでない普通の遊びについては本当に行く意味があるのか良く考えて行く方が良いと思います。

5.1週間の食費を決めて、決められた金額のみ持ち歩く

食費に月数万の支出がある人はこの方法を最初に試した方がいいです。

私は食費を月1万円と決めていました。週に換算すると2,500円しか使えません。

こまめにスーパーへ行くのではなく、なるべく1週間分の食材を買い込みます。その買い込んだ食材をうまく組み合わせて料理をしていました。

もちろん会社に持っていくお弁当も作っていました。飲み物も水筒持参です。

日曜日に1週間分のおかずを何品か作って、冷凍保存。おかずを作るのが面倒な時は出来合いのお弁当用の冷凍食品もうまく取り入れていました。

ご飯も一回で多く炊いてラップに包んでこちらも冷凍保存していました。朝はそれらを解凍して詰めるだけというお手軽なものでした。

これだと正味10分くらいでお弁当の準備ができます。

昼食に何か買って済ませようとすると最低でも1回で500円はかかってしまうので、これが積み重なると月に換算して1万円です。

500円で済むことはまずないので、毎日これを繰り返していると実際の出費はそれ以上ということになります。

1000円のランチを毎日のようにとっていれば2万円です。

6.人に会わないようにする、必要ない連絡先を消す

友人からの誘いに毎回乗っていると交際費も馬鹿になりません。

全ての交際費を0にとは言いませんが、遊ぶ時は「誘われたから、なんとなく」で決めてしまうのではなく、「交際費は月に○円まで」「月に○回まで」といったように上限を決めるのがいいでしょう。

またプライベートでも仕事でもそうですが、積極的に関わりたくない相手からの連絡先は消してしまったほうが、お金と時間の節約という意味でもいいです。自分にマイナスの影響を与えてくる人としょうがなく付き合って時間とお金を無駄にするよりは、プラスになる人と付き合ったほうが何倍も自分のためになります。

遊ぶ時にダラダラと相手の愚痴や恋愛話を聞くだけというのももったいないので、よっぽど仲良くもない限り理由をつけて断った方が良いでしょう。

7.健康に気を使って医療費をかけないようにする

突発的な病気は医療費がかかる原因になります。病気にならないために栄養バランスの良い食事をすることと運動することが大事です。

上記の一週間の食費でも述べましたが、決まった金額の中で食材を購入する時になるべく野菜を多めに買って料理すると良いでしょう。

栄養が偏らないように、肉や魚・大豆製品などのたんぱく質や炭水化物などを意識して買い物をしましょう。

買った物は一気に調理して何日分かを冷凍保存でも良いです。

運動も適度に取り入れて日頃の運動不足も解消しましょう。

私の場合は一日中パソコンの前に座っているような仕事をしていたので、普段の生活ではバスをなるべく使わず徒歩で行くとか、エレベータを使わないようにしていました。

小さな努力ですが、しないよりマシなのでコツコツと取り組むことが大事です。私はダイエットも兼ねていました。

これに加えて日々の手洗い・うがいも病気の予防という点で非常に大切なので、習慣づけを行うと良いと思います。

まとめ

いかがでしたか?

100万円を貯めるには何事もコツコツと行うことが大切です。宝くじでも当たらない限り、一朝一夕で貯金することはできません。

私の場合、貯金額が50万円くらいになってくると毎月の目標貯金額を銀行口座に預金した時の爽快感が最高でした。目標額以上の金額だとなおさらそう感じます。

目標を達成することでさらに「私は目標を達成できる人間だ」というふうに満足することができます。これは貯金だけでなく、日々の勉強や自分磨きなどにも共通して言えることです。

小さな目標を達成していくことが大きな成功への確実な道なのです。

たった7つのことを意識して行動するだけで100万円はするすると溜まっていきます。

100万円の大台を越えると、その頃には自分が貯金マスターになったような気分になります。

100万円貯金した人は、その後の貯金も難しく感じなくなると言われていますので、100万円を貯金したあとはぜひ200万、300万と貯金に励んでみてはいかがでしょうか。

転ばぬ先の杖ならぬ、転ばぬ先の100万円です。

コツコツとやっていきましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

月刊副業の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

月刊副業の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

gekkan24

この人が書いた記事  記事一覧

  • 派遣社員は副業禁止?派遣と副業を両立する方法を紹介

  • WordPressって何?CMSを導入したい人と企業におすすめの理由を解説

  • 黒歴史クリーナーは危険!?安全にツイートを削除する方法

  • WordPressで関連記事を表示する方法13選!おすすめプラグイン

関連記事

  • 老後の貯金は60歳で3,000万円無いと生活できないってホント?

  • 年間貯金額はいくらが理想?貯金の成功に大切なこと3つ

  • 【節約術まとめ】快適な生活を送る!たった8個の節約方法

  • 貯金の方法を詳しく解説!1年で100万円貯める方法とは?

  • 継続力で差がつく!お金がたまる24の方法

  • 明日から実践できる!お金を貯める50のコツ