1. TOP
  2. 貯金の方法を詳しく解説!1年で100万円貯める方法とは?

貯金の方法を詳しく解説!1年で100万円貯める方法とは?

「今月も金欠で遊びに行けない…」「会社の飲み会があるのに困った…」といった経験や、クレジットカードの支払日に残高不足で引き落としが間に合わず、カードの使用を止められてしまうなどの経験はありませんか。

お金をある分だけ使ってしまう方にとっては、貯金をすることはかなりハードルが高いことのように感じているかもしれません。

しかし、みなさまが思っているよりも至って簡単な方法で貯金をすることが可能なのです。

1年で100万円貯めることも夢ではありません。その為には、一度ご自身のお金の使い方について振り返ってみることが重要になります。

この機会に是非、お金の使い方について改めて考え直してみましょう。

お金が貯まらないのは何故?

お金がなかなか貯まらない理由について、どうしてなのかと考えたことはありますか?その理由には、「無駄遣い」が大きく関係しているのかもしれません。

と言っても、何が無駄なのかを判断することは難しいものです。手始めに、それを自己管理することから始めてみましょう。

お金の出入りを把握する

自分が「何に」「いくら」使ったかを、みなさまは把握していますか。それを知ることでお金の流れを把握することができます。

また、そうすることで過去を振り返ることができ、自分の「無駄遣い」を確認することもできるのです。

無駄遣いをしていたことを認識できると、必然的に「気を付けよう」という気持ちが芽生えて意識してお金を使うことができるようになります。

無駄遣いを無くす切欠になるのです。では、実際にどのような方法があるのかご紹介していきましょう。

【口座を分けて管理をする】

みなさまは毎月の給料をどのように管理しているでしょうか。貯金ができないタイプの方は、ひとつの口座でやり繰りしている場合が多く見られます。

ひとつの口座で管理できるならば良いのですが、一番分かりやすい方法は生活費」「貯金」「おこづかい」などのように、給料が振り込まれてすぐに別口座へ振り分けてしまう方法です。

そうすることによって、毎月必要なお金と自由に使えるお金の区別がつけられるようになります。

自分で自由に使える金額はいくらなのかを把握することができると、使いすぎて翌月の給料日までに金欠になってしまうという事態を防ぐことができ、尚且つ貯金も毎月欠かさず行うことができるのです。

【家計簿をつける】

日々の支出を把握するには、家計簿をつけることが一番便利です。日頃のお金の出入りが把握できるようになり、「翌月はもう少し抑えよう」と考えることができます。

家計簿の種類は様々ですので、ご自分に合った方法で長く続けていけるものを選ぶと良いでしょう。具体的には以下のようなものがあります。

・家計簿アプリを活用する

現在は家計簿アプリやお小遣い帳アプリといった簡単にできるものが多数出回っています。

スマートフォンで活用できるアプリならいつでも手元にあるので、気づいた時に入力することができますね。

まずは手軽に始められるものから手をつけてみて、癖づけることから始めてみても良いでしょう。

・ノートを使って自分専用の家計簿を作る

書店でも家計簿は販売されています。または、ノートにご自分で一から作成するのも愛着がわいて良いと思います。

手書きの家計簿の良い所は、自分の好みで自由に書き込むことができる点です。書くことが好きという方や、几帳面な性格の方にはこの方法をおすすめします。

・Excelで簡単家計簿

パソコン操作が得意な方はこちらで試されてみてはいかがでしょうか。関数を使えば簡単に数字を割り出してくれるので、手書きよりも時間短縮になり忙しい方にもおすすめです。

また、ノートと違ってデータで管理するため、かさばらないというメリットもあります。

・飽きっぽい人におススメな方法もあります

長続きさせることが苦手な方には、レシートを貼り付けて管理するだけの方法もあります。

日ごとにレシートをまとめておくだけでも、意識付けには十分役立つのでご安心ください。または、ご自分のスケジュール手帳にその日に使った金額を書き込んでいくだけでも良いと思います。

大切なことは、お金の使い方を「意識」することと「続ける」ことです。一般的な家計簿は項目が多くて「こんなにたくさん…」と思うと、次第にやる気が損なわれてしまいますよね。

ストレス無く継続していくことが第一ですので、自分の生活にあった項目のみに絞り、できるだけ記入する項目を少なくすることも良いと思います。

お金の使い方を見直す

普段の生活を振り返ってみると、意外な所で無駄遣いをしている可能性があります。まずは毎月必要になる生活費を見直してみましょう。

固定費の見直しをする必要性

通信費、保険料、自動車関連費用などの毎月決まった額が必要になる費用のことを「固定費」と言います。

毎月の費用が決まっているので無駄遣いはないと思われがちですが、見直してみるともう少し安いプランがあったり使い方に合う内容が見つかる場合があります。

長い目で見ると大きな節約になるので、貯金額を増やすためには有効的な方法だと言えるでしょう。

【光熱費を見直してみる】

まずは生活をするのに必ず必要になる水道光熱費を改めて振り返ってみましょう。総務省により2016年の統計では、2人世帯で年間平均223,764円(1月あたり平均18,647円)かかっていると発表されています。

数字にしてみると大きな支出だということがご理解いただけましたでしょうか。

この水道光熱費を減らすことができれば、大きな節約になり、貯金の手助けにもなってきます。では、具体的にどのように節約をしていけば良いのでしょうか。

・電気代の節約方法

みなさまの自宅にある家電製品はいつから使用しているものですか。というのも、古い家電の場合は電気代が余分にかかってしまっているのです。

買い替えるためには最初に大きな出費となってしまいますが、新しいものにすることで電気代を節約することができます。

年単位で考えればお得と言えるでしょう。また、電気料金のプランごとに電気代の割安時間や割高時間が設けられています。その時間帯に洗濯機を使用するなど使い方を変えることで、電気代を大幅に抑えることが可能です。

エアコンの場合は、夏は28度、冬は20度を目安に設定することで節電になります。また、こまめにフィルターの清掃を行うことも大切です。

テレビの使い方にもコツがあり、見ていない時には電源をこまめに切ることはもちろんですが、テレビの明るさを調節することでも節約可能です。

電気の自由化も進んでいるので、住んでいる地域やご自分の使い方に合ったプランのある電機会社へ変更することも良い方法だと言えます。

・ガス代の節約方法

風呂や料理などで使用するガスは、使い方を見直すことで節約することが可能です。

入浴時には、湯船の蓋をこまめに閉めるようにしましょう。こうすることで保温時間が長くなり、追い炊き回数を減らすことができます。

または、家族で間を空けずに入浴するといった強力も必要かもしれませんね。そして、シャワーを出す時間を1日1分でも短くすることでも、年間を通せば大きな差が生じます。

料理の際には、蓋や落し蓋を利用しましょう。加熱時間を減らることができます。

また、なべ底についた水滴をきちんと拭き取ってから火にかけるようにすることも、小さな違いですが節約になります。電気と同様、ガスも自由化が始まりました。こちらも検討されてみてはいかがでしょうか。

・水道代の節約方法

水は私たちにとって欠かせないものですが、少しだけ気を付けて使用するだけで大きな節約になります。

食器を洗う際は、食器洗浄機が省エネです。資源エネルギー庁の調査によると、年間約36.65㎥の水が節約できると言われています。また、洗濯機の使い方を見直すことでも水道料を抑えることができます。

少量ずつ毎日洗うのではなく、まとめて洗うようにしましょう。入浴時にもシャワーは出しっぱなしにせず、こまめに止めるようにすることも大切です。

高い携帯代は格安SIMに変更

格安SIMにすると、月々の携帯代が2000円ぐらいで収まります。毎月の支払いが7000円や8000円だった方は、年間で7万円以上の節約になります。

これは大きな節約になりますよね。電気代とは別に、格安SIMにすればメリットがあります。格安SIMには年間契約というものがありません。

多くのキャリアでは2年契約が通常で、その契約更新期間内に他社へ移るなりをして新しい機種を入手することが可能になり、キャッシュバックとして数千円貰えるシステムがあります。

ですが、手続きにかかる事務手数料なども引かれますので、プラスマイナスゼロということがほとんどのようです。

格安SIMの場合は一度契約すればそのままで、特に何をする必要もありません。わずらわしい手続きやシステム、高い携帯料金を考えると、格安SIMへ乗り換えることをおすすめします。

安い家賃の物件へ引っ越す

家賃の目安は1ヶ月の給料の1/3と言われていますが、みなさまは身の丈に合った住まいを選べているでしょうか。

なるべく短期間で多く貯金をしたいとお考えでしたら、安い家賃の物件へ引っ越すことも考えるべきでしょう。

その際は、安さばかりに重点を置かず、自分が最低限許容できる範囲で探していきましょう。せっかくの住まいがストレスの元となってしまってはいけません。

物件を探す際のコツとして、駅から少し離れている物件や築年数が20年以上の物件は穴場なのでおすすめです。

駅から離れている場合でもバスが通っていれば不便はないでしょうし、駅までの道のりが平坦であれば徒歩や自転車でも移動は可能です。

また、築年数が古いアパートやマンションは、安い割に部屋数が多い場合があります。現在ではリノベーション済み物件も増えているようですので、探してみてはいかがでしょうか。

食費の管理方法を見直す

固定費とは違い、食費はその月によって差が生じてきてしまうものです。食費を抑える方法は様々ですが、何でもかんでも節約すれば良いというものではありません。

食事は私たちにとって栄養を摂取する大切な役割を持っています。食費の節約についての基礎をしっかりと理解した上で行うことで、より意味を成すものになります。

・外食を減らす

一番簡単な方法は外食を減らすことです。コンビニでお弁当を買ったりファミレスなどで食事をするよりも、自分で食材を買って調理をしたほうが安く済ませることができます。

・小銭も大切に

外食の時と同様に、コンビニよりもドラッグストアやスーパーで購入したほうが安い商品がほとんどです。多少の金額の違いでも、後々大きな差が生じてきます。

また、コンビニATMを利用する際にも手数料が発生する時間帯があり、その積み重ねは大きな支出となってしまいます。

時間がある際は面倒くさがらずに、スーパーや店舗ATMを活用するなど、意識的に気を付けていくことも大切です。

・衝動買いを辞める

人には「買って満足したい欲」と「買わずにストレスを感じる」という感情があります。

それらを満たしたいがために、衝動買いをしてしまうのです。しかし、それらを振り返って考えてみると、その時に欲しいと感じたものをすぐに購入することは、後々自分の首を絞めてしまっている場合がほとんどではなかったでしょうか。

毎月カツカツの生活だと、貯金をしたくてもできなくなってしまいます。また、衝動買いにはデメリットが多い場合があります。

よく考えてみたら似たようなものを持っていたり、使用回数が滅多になかったりしたご経験はないでしょうか。

このような失敗を繰り返さないためにも、何より貯金を第一にと考えるならば、購入する前に一呼吸置いて考える時間を作るようにしましょう。

このような方法で自分のお金の使い方を見直していくと「もう少し節約できるかもしれない」と思える項目が見つかるものです。

例えば、毎月5万円を貯金すると決めて貯蓄用口座へ分けておきます。あとは食費や生活費で料金を2~3万円ほど抑え、余った分を貯金へ回せば1年で100円貯めることもそう難しくないことなのです。

具体的に金額にして表すと、夢ではないということがお分かりいただけると思います。

それでもなかなか貯められない方は、最終手段!積立貯金

手元にお金があるとやはり難しいという方もいらっしゃると思います。その場合は積立貯金をおすすめします。

これは、毎月の給料日などお金が入金される日に積立貯金の設定をし、自動的に預金口座から定期預金へと積み立ててくれるシステムです。

定期預金はお金を引き出すことができないことや簡単に解約することもできないので、どうしても自分だけでは貯金ができないという方には向いている方法だと考えられます。

自由に使えるお金が減ってしまうのは不安に感じてしまうかもしれませんが、残ったお金だけでやり繰りしようと思えば案外できるものです。

いきなり大きな金額を預ける必要はないと思うので、自分の給料と生活費を考えた上で打倒である貯金額を設定してみてはいかがでしょうか。

気付いた頃には「貯金がこんなに!?」という未来は、そう遠くはないかもしれません。

定期預金でコツコツ増やす

貯金ができたお金は、基本的には手を付けずに置いておくものですよね。それをそのまま利息の低いところで保管するのは非常に勿体ないことです。

貯金をしながら更にコツコツと増やしていけるとしたら、素晴らしいと思いませんか。そんな方には、定期預金がおすすめです。

定期預金とは?

通常、給料の振込がされているような口座は「普通預金」と呼ばれており、いつでも預金を現金として引き出すことのできるタイプのものです。

「定期預金」とはその反対で、一定期間預けることにより金利を受け取ることできる銀行の預金商品になります。

定期預金へお金を預ける際は、ある程度心構えが必要です。その理由は、預けたお金は満期になるまで引き出すことができないからです。

金利を受け取るには、原則として満期まで解約しないということが基本になります。途中で解約することもできるのですが、その場合は違約金利(通常よりも低い金利)が適用されてしまいます。

また、中途解約が禁止とされている銀行もあるようですので、預ける前には十分に確認することをおすすめします。

「今は金利が低いし、預けてもあまり意味がない」と良く耳にしますが、長い目で見た時に少しでも増えていればそれに越したことはないと思います。

そのためには、少しでも金利の良い銀行口座へ預けることが重要です。では、実際に現在の金利状況はどうなっているのか見ていきましょう。

【普通預金の金利情報】

2017年04月15日現在の調べでは、普通預金金利上位3位が以下の通りです。

・「イオン銀行」利息入金時期:2月・8月 金利:0.120%
・ 「楽天銀行」利息入金時期:3月・9月 金利:0.100%
・「楽天銀行」利息入金時期:3月・9月 金利:0.040%

ネットバンクの金利利息が上位となっているようです。口座開設も銀行へ出向かずともできるので、試してみる価値は十分にあると思われます。

大きな金利ではありませんが、長期的に継続して貯金をしていくことで、少しずつ貯蓄を増やしていくことができます。

【定期預金の金利情報】

定期預金では、1,000,000円を預けた際の1年後の金利で見た場合、上位3位が以下のようになっています。

・「あおぞら銀行」最低預金額:500,000円 1年後の金利:0.180%
・「関西アーバン銀行」最低預金額:1,000,000円 1年後の金利:0.150%
・「オリックス銀行」最低預金額:500,000円 1年後の金利:0.120%

こちらも普通預金と大差はありませんが、積み重ねで貯蓄を増やすことができるでしょう。

このような銀行口座で貯蓄をコツコツと賢く増やしていくのも、一つの方法だと言えます。少しずつでも貯金額がアップするのであれば、試してみる価値は十分にあると思います。

・預ける時期は十分考慮しましょう

定期預金へお金を預ける際には、時期にも十分に配慮することが必要になります。

入金時に金利が低い場合は、その後金利が高くなっても低い金利がそのまま適用されることになってしまうので、損をしてしまいます。

その逆で、金利が高い時に預けた場合、その後に金利が低くなってしまっても高い金利がそのまま適用されますので、効率よく貯蓄を増やすことができるでしょう。

ボーナス時期にはキャンペーン金利を活用

正規雇用者にとっての特権であるボーナスですが、ボーナスが貰える時期になると銀行の定期預金金利が高くなる傾向があります。

金利が高くなったタイミングで定期預金にすれば、元手となる金額が多いのでその分利息も多くなるのです。日頃から貯金の努力をし、金利が上がった際に手続きをすれば更に貯金額が増えると思うと、頑張る気力へも続くのではないでしょうか。

一番手軽な貯金箱

幼少期に貯金箱を使用していたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

我々にとって大変馴染みのある貯金箱ですが、一番手軽で地味に成果がある方法なのでおすすめです。500円玉貯金といった方法も良く耳にしますが、ゲームや勝負事が好きな方にはポイントを貯めていくような感覚で、貯金箱での貯金方法はやり甲斐を見いだせるかもしれません。

方法は至って簡単で、貯金箱を用意するのみです。買い物の際のつり銭や、夫のポケットに入っていた小銭など、ジャラジャラとかさばる小銭は思い切って貯金箱へ入れてまとめてしまいましょう。

見つけた時にすぐ入れられるよう、各部屋ごとに置いておくのも良いかもしれません。こういった代物は気が付いたら貯まっていたりするものなので、ふと気が付いた時に金額を確かめて嬉しくなり、それがやる気に繋がるかもしれません。

また、日常生活でも貯金箱があると便利な場面が様々です。「あと10円足りない」という場合には、貯金箱から小銭をパパッと用意することができますし、自宅近くの自動販売機で飲み物を買いたいけれど小銭がないという場合にも役立ちます。

すぐに取り出せてしまうという面はデメリットにもなりますが、意思をしっかりと持ち、コツコツと継続していくと良いでしょう。

無理のない程度で頑張りましょう

いかがでしたでしょうか。様々な貯金方法をご紹介しましたが、ご自分に合いそうな方法は見つかりましたでしょうか。

まず最初に大切になってくることは、ご自身のお金の出入りを把握することでしたね。そうすることで、お金の使い方を改めることができます。

無駄遣いを見直して毎月の貯金額を決めましょう。そして、貯金額は自由に使えるお金と分けて管理してしまうことが一番確実な方法でしたね。

口座での管理をおすすめしましたが、袋に分けておくなど、ご自分がやりやすく継続しやすい方法で行うと良いでしょう。最終手段には積立貯金や定期預金といった方法もあるので、どうしても難しい方や確固たる意志で貯金をしたい方には大変おすすめです。

貯金をすることは、将来の不安要素を少しでも減らすことができたり、いざという時に役に立ちます。そういった意味で貯金はとても大切なことなのです。

そして、何よりも一番大切なことは「無理をしない程度に頑張る」ことだと思います。貯金を頑張ることはとても良いことですが、真面目な方は節約をすることに意識が強まり、外食を控えるために交友関係が狭まってしまうこともあるかもしれません。

我慢をしすぎたりするとストレスを感じてしまいます。そうなってしまっては元も子もありません。貯金は長く継続して成果を表すものなので、少しでも楽しみを見つけながら行っていけると良いと思います。

我慢をするシーン・自分へのご褒美とするシーンなどのように、メリハリをつけて貯金をしていけば、きっと成功への道はけわしいものではないはずです。是非、お試しになってみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

月刊副業の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

月刊副業の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

月刊副業編集部

月刊副業編集部

月刊副業は株式会社Catch the Webが運営しています。

弊社は日本で一番有料会員数の多いアフィリエイトスクール「AMC」を運営しており、AMCの会員は現在2500名以上、1年間の会員のアフィリエイト報酬額の合計は40億円以上という実績があります。

月刊副業では、アフィリエイターの裾野を広げるという理念の元、初心者の方でも分かりやすいよう、アフィリエイトの情報を中心に副業に関する情報を発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ブロガーとは?ブログ収入の仕組みの徹底解説と有名ブロガー10選

  • パンダとペンギンアップデートの違いとは?対策・コンテンツ作成方法まとめ

  • 検索ボリュームを調べるためのツール13選とその特徴について

  • 【画像解説】Twitterの自動ツイート設定方法と使えるツール6選

関連記事

  • 主婦必見!今すぐできる節約術を22個厳選して紹介

  • 貯金ゼロからのスタートでまずは100万円!必ず貯まる7つのテクニック

  • 安い部屋で暮らしたい!家賃を安くする考え方4つと家賃交渉のコツ7つ

  • 家計が苦しい!通信費を劇的に節約する5つの方法

  • 今すぐチェック!お金が貯まらない人の特徴はこの15個

  • コンビニで節約!徹底的に活用するための7つの方法を紹介