1. TOP
  2. PPCアフィリエイトで稼ぐための5ステップと利益を伸ばす4つのポイント

PPCアフィリエイトで稼ぐための5ステップと利益を伸ばす4つのポイント

正しい方法で取り組めば成果を伸ばせる一方で、一歩間違えると大赤字になってしまう危険性もあるPPCアフィリエイト。

PPCアフィリエイトで稼ぐための5つのステップと利益を伸ばす4つのポイントについて解説します。

PPCアフィリエイトとは

 

PPCとは”Pay Per Click”の略。広告費を支払い、あなたのアフィリエイトサイトに集客する手法です。

成約ベースではなく、1クリックごとに広告費が必要になるので注意しましょう。

クリックの単価はキーワードのよって異なりますが、競合の多いキーワードだと当然クリック単価は高くなります。

報酬額が広告費を上回るように計算しないと赤字になってしまいますので、資金力に余裕がない人やアフィリエイト初心者にはハードルが高いかも知れません。

PPCアフィリエイトの種類

PPCアフィリエイトの種類について解説します。

検索連動型広告

ユーザーが検索エンジンを使ってあるキーワードで検索した時に、そのキーワードに連動して応じて表示される広告のことです。

1クリックあたりの課金制で、自分でクリック単価を決めることが出来ます。

好きなキーワードを選んで出稿することが出来るので、購買意欲の高いユーザーを狙い撃ちすることが出来るでしょう。

ただし、商品名単体などの非常に購買意欲の高いキーワードに関しては、すでにライバルで埋まってしまっている可能性があります。

また、商品名や会社名など、それを含むキーワードでの広告を禁止している広告主も少なくないため、利用規約をしっかりと確認するようにしましょう。

PPCアフィリエイトを始める人は検索連動型広告から入る事が多いため、非常に多くの参入者がいます。

Yahoo!のスポンサードサーチ広告(SS)とGoogleのAdWords広告があり、その多くはテキスト広告での出稿になるので、相手の心に刺さるキャッチコピーの作成が非常に大切になるでしょう。

ユーザーの悩みなどの商品名以外のキーワードで出稿する場合、ある程度データを貯めないと黒字化出来ない可能性が高いです。ユーザーから検索のあったキーワードが分かるようになっているので、最初のうちは赤字でも調査と思って耐える必要があると言えるでしょう。

当記事で紹介している内容は、特に断りが無い場合を除き、検索連動型広告に関するものだとご理解下さい。

ディスプレイ広告

Yahoo!ニュースやYahoo!知恵袋などと連動して表示されるYDN広告(Yahoo! Display Network)や、Googleのパートナーサイトに広告を出稿出来るGDN広告(Google Display Network)があり、それぞれリーチできるユーザーや配信できる広告にタイプなどに違いがあります。

購買意欲の高いユーザーを狙うことが多い検索連動型広告に対して、それほど購買意欲の高くないユーザーを狙うディスプレイ広告で成果を出すためには、相手の興味を引き付けるような画像や文章が必要不可欠。

その代わりにリーチできるユーザーの数が圧倒的に多いというメリットもあり、検索連動型広告ほどライバルも多くないため、先行者利益で大きく稼いでいるアフィリエイターも少なくないでしょう。

アド広告(SNS広告)

facebookやTwitter、InstagramなどのSNSユーザーに配信されるアド広告。系統としてはディスプレイ広告と似ており、さほど購買意欲の高くないユーザーをその気にさせる必要があります。

SNSの種類によってユーザー層は異なり、売れやすい商品も当然変わってきます。新しいSNSが流行ればそれに付随して広告が出稿出来る可能性もありますし、あまりライバルが多くないような媒体を見つければ一人勝ち出来るかも知れません。

PPCアフィリエイトのメリット・デメリット

PPCアフィリエイトのメリットとデメリットについて解説します。

PPCアフィリエイトのデメリット

・広告費が必要になる
・損益をしっかりと管理する必要がある
・広告出稿が出来ない案件がある(出会い系、アダルト系など)
・広告が停止される恐れがある
・アカウントを削除されるリスクがある
・資金が回転しなくなる恐れがある

多くの場合、アフィリエイト報酬が手元に入ってくるのは2ヶ月~3ヶ月後。支払いサイクルの早いASPもありますが、利用できる広告が限定されてしまう恐れもあるので、ある程度資金に余裕がある人でないと不向きだと言えます。

そうでなくても、最初は数万円から数十万円の赤字を覚悟し、トライ・アンド・エラーを繰り返しながら収益を伸ばしていく事が多くなる手法なので、初期投資金額が用意できない人は安易に脚を踏み込まないほうが良いかも知れません。

広告費と報酬を厳密に管理する必要があり、どんぶり勘定をする人には圧倒的に不向き。計算やデータ分析が苦手な方は利益を上げることは難しいでしょう。

PPCアフィリエイトのメリット

・報酬発生までのスピードが早い
・簡単なサイトでも収益に繋がる可能性がある
・必要とされるスキルが少ない
・潜在層にも、顕在層にもアプローチ出来る
・仕事を外注化しやすい
・データ分析のスキルが身につく

取り組み始めたその日から膨大なアクセスを呼ぶことも可能なPPCアフィリエイト。そのスピード感と爆発力は大きな魅力で、ディスプレイ広告やアド広告を利用すれば、商品やサービスに対して潜在的なニーズを持っているユーザーにもアプローチを仕掛けることが出来ます。

シンプルな作業を複製することで収益に繋げられますので、外注やアルバイトスタッフを使ってPPCアフィリエイトに取り組む企業やトップアフィリエイターも少なくありません。それだけ大きな可能性と魅力を秘めたビジネスだと言えるでしょう。

PPCアフィリエイトで結果を出す5つのステップ

PPCアフィリエイトで結果を出すための5つのステップを解説します。

1.商品選定

まずは商品選定です。広告出稿可能な案件を選ぶのはもちろんですが、以下のような点に注意しましょう。

・申込みしやすい案件
・成果地点が近い案件
・承認率が高い案件
・承認期間が短い案件
・モデルや芸能人とタイアップしている案件
・報酬額が高い案件

一言で言えば”売れる案件”ということになりますが、PPCアフィリエイターに取って承認期間や承認率は死活問題にもなりかねませんので事前に確認しておきましょう。

芸能時やモデルを使っているような資金力に余裕のある会社の案件は売れやすいと言えますが、芸能人名やモデル名は広告出稿の際には使えない事もあるので、注意が必要。

報酬額が高い案件を狙いたくなる気持ちは分かりますが、特にディスプレイ広告やアド広告の場合、高額の商品になればなるほど売れにくくなります。例え報酬額が劣ったとしても、申込みまでのハードルが低い案件を扱ったほうが成果は出やすいでしょう。

一つの案件に絞り込むのではなく、案件選定の段階でいくつもの案件をピックアップしておいた方が効率的でしょう。

2.サイトの作成

アフィリエイトする案件が決まったらサイトの作成に移ります。どれくらいの広告費でどれくらいのアクセスが集められるかは、出稿してみないと分からない部分があります。

そのため、初期段階からサイトは作り込み過ぎないほうが良いでしょう。需要がありアクセスを集められると分かった案件から、サイトのクオリティにこだわったほうが効率的です。

商標キーワードで出稿する場合はペラサイトで十分でしょう。余計な情報は入れずに、とにかく数を作ったほうが効率的です。

ジャンル系のキーワードで狙う場合は比較系のサイトがおすすめですが、多くの商品を紹介しすぎるとユーザーの混乱を生みます。3商品から、多くても5商品までを一覧で並べる形に留めたほうが良いと言われています。

悩み系のキーワードで出稿する場合には、ある程度のコンテツンツを作る必要があるでしょう。

ライバルが少ないというメリットはありますが、サイトの構成を練らなければ成果にはつながらないので、まずは商標系キーワードやジャンル系キーワードで収益を増やすことをおすすめします。

GoogleAdWords広告の場合はペラページでの出稿を制限しているため、商品名での出稿を行う場合はYahoo!プロモーション広告を利用する必要があります。

3.キーワード選定

キーワード選定とサイト作成は表裏一体。選定したキーワードに応じてサイトを作りますので、理想を言えばキーワードの数だけサイトを作ることになります。

現実的に考えると、検索意図からキーワードをグループ化し、その意図にあったサイトを作っていくという形になるでしょう。

ディスプレイ広告の場合は特に、言い換えや連想ゲームのような要素が求められます。その分難易度も高くなるので、まずは商標系やジャンル系のキーワードで、検索連動型広告での出稿から経験を積むことをおすすめします。

4.広告出稿

Yahoo!プロモーション広告、またはGoogleAdWords広告から広告を出稿します。出稿の際には審査が必要になりますが、早ければ数時間後には広告出稿がスタートするでしょう。

GoogleAdWords広告の方が審査は厳しく、ペラページは負荷などの独自の審査基準があるので、まずはYahoo!プロモーション広告からスタートするのがおすすめです。

・1日あたりの予算額を設定すること
・広告費を手動入金にすること

上記の2点を必ずチェックしましょう。上記を忘れて広告を出稿してしまうと、1日で何十万円もの赤字が出てしまうかも知れません。

赤字が出るのが悪いわけではなく、赤字を食い止められないのが問題ですので、予算設定と広告費の入金方法は必ず変更しておきましょう。

健康食品などを取り扱う場合、薬事法の関係で突然広告が停止させられる事も少なくありません。サポートに電話すれば親切に対応してくれますが、Yahoo!側の都合で突然広告が止まってしまう事があるという危険性は理解しておきましょう。

5.効果測定とメンテナンス

無事に広告が掲載されたら、効果測定とメンテナンスを行います。

・広告のクリック単価を調整する
・サイトの質を高める
・アクセスのあったキーワードを拾い出稿する

主にこの3点で露出の強化と収益の拡大を狙います。PPCアフィリエイトのキモはメンテナンスにあり、広告を出したら終わりというものではありません。クリックはされるけど商品が売れず、赤字になってしまっているなら問題外ですし、いくらメンテナンスしても黒字化出来ないような広告ならPPCで取り組むのを諦めなければならないかも知れません。

広告の承認率も加味した上で計算しないと大変なことになりますし、楽観的に考えずに、損益は早目に食い止めるようにしましょう。

PPCで利益を伸ばすための4つのポイント

PPCアフィリエイトで利益を伸ばすための4つのポイントを解説します。

1.キャッチコピーを磨く

PPCアフィリエイトにおいて、キャッチコピーの力は絶大です。同じ広告費でも集められるアクセス数に違いが出ますし、その後の精読率、ひいてはアフィリエイトリンクのクリック率にまで影響を及ぼすでしょう。

本文の内容とかけ離れたキャッチコピーは問題ですが、ありきたりな広告文よりも、思わず人目を引いてしまうようなコピーの方が成果に繋がりやすいと言われています。ジャンルによっても、案件によっても適したコピーは変わってきますので、試行錯誤を繰り返しながら徐々に精度を上げていって下さい。

2.サイトをブラッシュアップする

訪問者の行動が分かるヒートマップツールを入れて、文章の精読率やアフィリエイト広告のクリック率を計測する。大きく稼いでいるアフィリエイターなら間違いなくやっていることですし、そのようなブラッシュアップを繰り返すことで、少しずつ利益を大きくしていく必要があるのです。

サイトのブラッシュアップの際には、一度に何箇所も変えないように気をつけましょう。サイト修正の効果測定がしにくくなってしまうので、修正するのは1箇所ずつです。また、十分な量のサンプルが無いと効果測定の信頼度が落ちるので、少なくとも300アクセスほど流した上で効果を計測するようにしましょう。

3.広告の単価交渉を行う

PPCアフィリエイトでの収益を伸ばす一番簡単な方法は、特別単価をもらうこと。少しでも高い単価を用意してくれるASPを探すとともに、単価の交渉を行いましょう。PPCアフィリエイトにはお金がかかるということは、ASP側も理解してくれています。

特別単価に関しても前向きに検討してくれる可能性がありますし、獲得が増える前から、特別単価の交渉をしてしまっても良いくらいだと思いますよ。

4.既存のプラットフォームに依存しない

この記事では主に検索連動型広告に関する話をしましたが、ライバルの数が少なければそれだけ大きなチャンスもあります。

ディスプレイ広告やfacebook広告に取り組むアフィリエイターも増えてきていますが、検索連動型広告に比べればまだまだ少ないでしょう。

Instagram広告やTwitter広告に取り組んでいるアフィリエイターはもっと少ないでしょうし、検索連動型広告で広告出稿やサイト修正の流れが分かったら、思い切って飛び込んでみてはいかがでしょうか?

先行者利益で大きな金額を得られるかも知れませんし、予算をしっかりと決めた上で参入すれば、そこまでのリスクは無いでしょう。既存のプラットフォームに依存しないで、新しい広告媒体に挑戦するという選択肢も、一度考えてみてください。

PPCアフィリエイトをおすすめする人・しない人

PPCアフィリエイトをおすすめする人としない人について解説します。

PPCアフィリエイトをおすすめしない人

・細かい計算が苦手な人
・データ分析が苦手な人
・予算に余裕がない人
・損切りが出来ない人

以上のような人はPPCアフィリエイトにはあまり向かないでしょう。広告費と利益をしっかりと計算する。余計な感情を排除して、損切りする時はしっかりと損切りする。

後天的な努力で身につけられる部分もあると思いますが、向いていない人はどんなに努力しても難しいと思うので、別のビジネスに取り組んだほうが良いでしょう。

PPCアフィリエイトをおすすめする人

・分析力がある人
・単純作業が得意な人
・ある程度資金に余裕がある人
・外注化を検討している人
・物事を数字で割り切れる人

このような人はPPCアフィリエイトに向いていると思います。これらの要素があるから必ず稼げるという訳ではありませんが、試行錯誤を積み重ねていけばいずれは黒字化出来るはずです。

PPCアフィリエイトについてまとめ

SEOアフィリエイトと似ている部分もあれば全く違う部分もあるPPCアフィリエイト。どちらが良いというものでも無いので、自分が向いていると思う方に取り組んでみてはいかがでしょうか?

SEOアフィリエイトで成功してからPPCアフィリエイトに取り組むという人も多いということは、それだけ魅力のあるビジネスだという証拠です。

どんぶり勘定にだけはくれぐれも気をつけて、PPCアフィリエイトを始めてみましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

月刊副業の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

月刊副業の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

月刊副業編集部

月刊副業編集部

月刊副業は株式会社Catch the Webが運営しています。

弊社は日本で一番有料会員数の多いアフィリエイトスクール「AMC」を運営しており、AMCの会員は現在2500名以上、1年間の会員のアフィリエイト報酬額の合計は40億円以上という実績があります。

月刊副業では、アフィリエイターの裾野を広げるという理念の元、初心者の方でも分かりやすいよう、アフィリエイトの情報を中心に副業に関する情報を発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ブロガーとは?ブログ収入の仕組みの徹底解説と有名ブロガー10選

  • パンダとペンギンアップデートの違いとは?対策・コンテンツ作成方法まとめ

  • 検索ボリュームを調べるためのツール13選とその特徴について

  • 【画像解説】Twitterの自動ツイート設定方法と使えるツール6選

関連記事

  • アフィリエイトで月5万円!日本最大級のアメーバブログで戦略的に稼ぐ

  • アフィリエイト広告とは?仕組みと活用法を徹底解説

  • アフィリエイトは本当に稼げない?稼げない8つの原因と対策

  • 本気のアフィリエイト 始め方講座

  • 検索上位連発?アフィリエイトで稼げるキーワード選定法6ステップ!

  • メルマガアフィリエイトで月10万円以上を稼ぎ続ける方法