アフィリエイトは儲からない?儲かる?平均収入や個人ブロガーの将来性

アフィリエイトは儲からない?儲かる?平均収入や個人ブロガーの将来性

アフィリエイトは儲かる?儲からない?平均収入や個人ブロガーの将来性

アフィリエイトで月100万円!という夢のある話を聞くこともありますよね。
実際のところアフィリエイトはまだ儲かるのでしょうか?「まだ」というのは、2019年現在、アフィリエイト業界が儲けにくくなっていると言われはじめた現状があるからです。

今回の記事ではアフィリエイターやブロガーとしてどれくらい儲けることができるのか、または、稼げるジャンルは存在するのか解説していきます。アフィリエイトをやってみたいけど稼げるのか不安な場合はぜひ最後まで読んでみてください。

アフィリエイトは儲からない?平均収入の割合はどれくらい?

アフィリエイトマーケティング協会が2019年に実施した調査によれば

月の収入が

・ゼロの人の割合は29.7%
・5,000円未満の人の割合は54.6%
・100万円以上の人の割合は6.7%

という結果が出ました。

およそ半分のアフィリエイターが月5,000円も稼げていない状況だそうです。

半分と聞くと、やっぱりアフィリエイトは稼げないんだ・・・と思うかもしれません。
ただ、90%が月に5,000円稼げていないと言われていた時代もあったので、全体的な収入状況は改善したと言えるでしょう。

また、この調査データを元に算出したアフィリエイターの平均月収は「約13万3,389円」です。

さらに詳しくアフィリエイターの月収について知りたい場合は、以下に記載しています。

アフィリエイトの平均収入の実態とは?月100万以上稼ぐ割合も公開

分布に偏りがあるものの、平均金額で言えばアフィリエイトは月13万円くらい稼げることになります。

この金額の捉え方は人それぞれかもしれませんが、月13万円の安定収入が入ってくるのであれば、アルバイトをがんばった時の月収くらいにはなりますから、アフィリエイトは「儲かる」と捉えてもよいかもしれません。

さらにいえば、月収50万円以上の収入を得ている方が220名以上いるので、いまの収入にプラスして、月50万円以上のお金が入ってくるというのは夢がありますね。

会社で働いても昇給だけで月50万円以上の収入を増やすのはかなり難しいと思いますが、アフィリエイトでは、現実として達成可能になります。

アフィリエイトが儲かると言われてきた理由と仕組み

アフィリエイトが儲かると言われてきた理由と仕組み

これまで、アフィリエイトは儲かると言われてきたネットビジネスでした。
まずはその理由をお伝えします。

アフィリエイトが儲かる4つの理由は、

  • 市場規模の拡大
  • 利益率の高さ
  • 自動化できる
  • 参入ハードルが低い

といった特徴をもつビジネスだからです。

1.市場規模の拡大

2018年の国内アフィリエイト市場は前年度比112.2%の2,933億円の見込みでした。2019年度は同116.2%の3,408億円まで成長すると予想されており、2022年には5,368億円規模にまで市場が拡大すると予測されています。

(参照記事:矢野経済研究所)

・成果報酬型のアフィリエイトを積極的に取り入れようとする広告主が増えたこと
・EC市場の拡大
・スマートフォン普及率の上昇
・大手ソーシャルメディアのアフィリエイト参入の可能性

以上のような背景でアフィリエイト市場は拡大しており、アフィリエイター一人一人が獲得できる報酬額も大きくなる見込みが高いです。

市場が拡大しているビジネスに取り組んだ方が成功できる確率が高いということですね。

2.利益率の高さ

アフィリエイトは利益率が高いビジネスとして有名です。

月100万円の売上があります!と言っても90万円の経費がかかりました・・・という場合だと、結果的に利益は10万円です。
飲食店などのリアルビジネスや転売では、どうしても支出がなくなりません。

それがアフィリエイトの場合、毎月の出費は基本的にサーバー代とドメイン代の維持費のみ。月の出費が数千円で、数十万円の収入が得られるのであれば低コストで安心ですよね。

他のビジネスと比較しても、アフィリエイトが利益率の高いビジネスであることがわかるでしょう。

3.自動化できる

サイトアフィリエイト、ブログアフィリエイトでは一度稼げるWEBサイトが作れてしまえば、放置しても自動で収入が入ってきます。

この不労所得に魅力を感じる人も多いのと同時に、時間が空くことで、その時間を次のWEBサイト作成などの作業に当てて、より大きく報酬を伸ばすことができます。時給制の仕事では毎月の収入に上限がありますが、アフィリエイトでは「自動化」できることによって収入を積み立てることも可能ということです。

4.参入障壁が低い

アフィリエイトの特徴は、

・資本金不要で低額で参入できる
・学歴や職歴に関係なく取り組める
・プログラミングやHTMLの知識がなくてもツールで手助けしてもらえる
・自分の商品を用意する必要がない
・従業員を雇わずに個人で始められる
・事務所を借りずに自宅で始められる
・資格を取らなくても始められる
・会社を辞めなくても副業で取り組める

といったように、非常に参入障壁の低いビジネスです。だからこそ新規参入者は多く、すぐに挫折してしまう人も多いビジネスになります。

ただし、始めるために様々な成約・条件があるビジネスよりも、はるかに取り組みやすいですし、稼ぎやすいのでは無いでしょうか?

いくら稼げるビジネスだったとしても何千万円もの初期投資が必要だったら成功者はごくわずかですし、特別な知識やノウハウがなくても、正しい努力さえ続ければ稼げるアフィリエイトは非常に稼ぎやすいビジネスだと思います。

思い立ったら今日にでも始めることが出来ますし、早く始められるということはそれだけ多くの経験を積めるということ。

どんなビジネスも一朝一夕で成功することはできないことを考えると、参入しやすいということは稼ぎやすいこととイコールだと言っても良いのではないでしょうか。

アフィリエイトの仕組みがわからない人は以下にまとまっているので参考にしてください。

アフィリエイトとは?報酬獲得の仕組みと用語の意味、やり方が初心者も図解で簡単にわかる

こうした理由からアフィリエイトは大きく稼げるビジネスとして有名でしたが、2019年から、アフィリエイトの状況は変わり始めています。ここからは、今後もアフィリエイト市場が稼ぎ続けることができるのか考察していきましょう。

アフィリエイトがいまから儲かるのは嘘?

アフィリエイト報酬はサイトの閲覧数に大きく依存します。そしてサイトの閲覧数は、ページの検索順位に影響しているのです。

また、この検索順位を決定するアルゴリズムは、定期的にアップデートされます。
たとえば、2019年3月ごろに大規模なGoogleアップデートがありました。この頃からアフィリエイトは厳しいと言う声が出てきています。

また、まとめサイトのtogetterにあるツイートを確認してもSEO以外でも、逆風となる要因があるようです。

以下からtogetterにあったGoogleアップデートの影響に関する内容を、いくつかピックアップしてお伝えします。

□Googleのアップデート

あげたいワードからアフィサイト消えてるんですけど、、、。

アフィリエイトサイトはほぼ全サイトめっちゃ食らってます。

アプデ影響なかったとか言ったけど、1月からのアクサス見たらアプデ後は右肩下がり( ;?ω?)

□ヤフーリスティング

やっぱりヤフーリスティングは6月3日でオワコンな模様です(`・ω・´)

Q.今後アフィリエイトサイトは掲載できなくなるのですか?

A.はい、掲載できなくなります。

おぉ?Yahoo!ではアフィリエイトサイトの広告を出稿できなくなるのか。PPCやってる人にはけっこうな打撃では……。アフィリエイトはオワコンやのう。

□薬機法

アフィ:薬事法の警告が初めて直接電話で着て肝を冷やしました、調査会社を使って調べたと思われます。アクセスがほぼ無いサイトの件だったので記事を丸ごと消しました。博士号持ちの専門家の記事ですが、それでも問題があったようです。精神の平安の為にも健康系はもう手を出さない、と誓いました

個人の情報発信なので、真相はわかりませんが上記のように

・SEOのアップデート
・広告出稿
・法律関係

など数多くの面で厳しい状況になっているという声が見受けられます。

これらの連続的な変化は一時的なものである可能性もゼロとは言いません。しかし、アフィリエイト業界の傾向として、昔のように大きく稼ぎにくくなったと言えるでしょう。

「個人」アフィリエイト・ブログは儲からない時代へ?

これまで、アップデートの対象ジャンルとして「YMYL(健康やお金に関わること」ジャンルでの変化が大きいと言われてきました。しかし、2019年からのアップデートではYMYL以外のジャンルでもアップデートの対象となるサイトが増えています。

個人サイトやブログは、企業サイトと比べると、サイトの質、運営情報の信頼性などでペナルティの対象となりやすいです。個人の場合は、予算や人的工数を割けないことも多いので、せっかく作ったブログ・サイトが報酬を上げられない可能性が昔よりも大きくなっているのでしょう。

個人で参入し、アフィリエイトで大きな報酬を上げるのが、昔よりも難しい時代となったことは間違いありません。

アフィリエイトはジャンルしだいで儲かるか

アフィリエイトはジャンルしだいで儲かるか

アフィリエイトで大きく稼ぐことが昔より難しくなったことは確かです。でも、医療や健康ジャンルの情報発信が厳しいということであれば、他のジャンルであればまだ稼ぐことができるのでしょうか?

ここからは、個人アフィリエイターとして生き残る方法を考察していきましょう。

アフィリエイトで稼げるビッグジャンルとは?

アフィリエイトで稼げるジャンルは数え切れないくらいあります。一般的に稼げないと言われているビッグジャンルを以下に一覧で紹介します。

・キャッシング
・脱毛
・求人
・クレジットカード
・美容系商品
・育毛剤
・ダイエット商材

これらのジャンルはトップに出れば100万、200万では済まないほどの収益が見込めた一方で、多くのアフィリエイターがしのぎを削り合っていた激戦ジャンルでした。

真っ向から挑んでも、アフィリエイト初心者が成果を出すのは難しいことに加えて、2019年からのアップデートでさらに厳しさが増しているので、初心者のうちにこれらのジャンルへ参入するのは避けたほうがよいでしょう。

今からでも儲けられる穴場ジャンル

上記で説明したビッグジャンルで月100万円、月200万円を当てることはかなり難しくなりましたが、これからも稼げるジャンルや手法は存在します。例えば、以下のような手法やジャンルがあります。

①商標アフィリエイト

「商品名」で露出するサイトを作ります。商品はサプリやコスメなどで取り組むのが一般的です。

アップデートで圏外に飛ばされる可能性もありますが、商品は常に新しいものが発売され続けるため、サイトが飛ばされることも想定したアフィリエイトが可能です。

新商品であれば、初心者も経験者も同じスタートラインからサイト作成が始まります。また商品名での検索は購買意欲も高いため、成約しやすいことでも知られていますね。

実際に、弊社のスクール「AMC」の参加者でも、この商標アフィリエイトを実践して、いまでも月100〜200万円を稼ぎ続けている方はいらっしゃいます。

②アフィリエイト以外のジャンルでアドセンス

アフィリエイトのビッグジャンルは年々、競争が激化したり、アップデートが厳しくなったりしています。

しかし、アクセスを集められるジャンルはアフィリエイトジャンルだけではありません。検索需要は、無数にあります。アクセスさえ集まれば、アドセンスというクリック課金型の広告で報酬に変えることが可能です。

アフィリエイト以外のジャンルであれば、SEOやアップデートの影響が少ないことも多いので初心者でも稼ぎやすいです。

③TwitterやFacebookアカウントを育てる

Googleの検索エンジンに頼らなくても、TwitterやFacebookのフォロワーが集まればアフィリエイトに使用することもできます。

SNSアカウントを育てることができれば、これからもアップデートの影響を受けずにアフィリエイトが可能ということです。

さらに詳しく稼げるアフィリエイトジャンルについて知りたい場合は、下記の記事を参考にしてください。ASP担当に直接聞いて、初心者が知るべきジャンルを67個もまとめています。

【2019年最新版】アフィリエイトジャンル全67選!ASP担当監修

副業アフィリエイトが最強!初心者が月1万円儲けるならスクールへ

上記のことからアフィリエイトは今からでも儲けることができます。
ただし、これからは以下のようなポイントを頭にいれておいたほうが良いでしょう。

1.月数万円~十数万円程度を目標にする
2.副業として本業の給与と合わせて考える

個人ブロガーが、いきなり月100万円を目指すようなことは避けた方が良いでしょう。

初心者がゼロから始めるのであれば、月数万円の収入を本業の収入に+しながら、家計の足しや毎月のお小遣いを稼ぐことが賢い選択です。

もちろん数万円を稼げるようになったら、数十万円、数百万円というステージを目指しても良いでしょう。

そして、前述でも説明しましたが、アフィリエイトは低コストで始められて利益率の高いビジネスです。
これからも、副業として魅力的なビジネスであることは変わりません。

また、弊社ではアフィリエイトのスクールを運営しています。以下で実際に稼ぐことができている人の事例と金額を見てみましょう。

実際に儲かっている人の収益報告と事例

実際に稼ぐことが出来ている人の収益報告と事例

実際に弊社のアフィリエイトスクール「OMC」で実績を上げている方の収益の一部を紹介すると、

・1年かけてオウンドメディアを構築して月150万円~200万円のアフィリエイト報酬
・たったっ一つのオウンドメディアで月650万円の報酬
・副業でオウンドメディアを構築して月300万円

と言った実績が挙げられます。

そんな実績を出しているOMC参加者から感想をもらっているので、事例としていくつか紹介していきますね。

OMCの事例:Mさんの場合

サラリーマンとして副業でアフィリエイトに取り組んでいるというSさん。


最初の半年くらいはとにかく記事更新し続ける下地作りの期間でしたが、いざ収益化に取り組み始めてから、短期間でここまでの報酬が得られたのには正直、驚いています。

サラリーマンとして会社から受け取る給料よりもオウンドメディアからの収益が大きく上回ったので会社を退職して、自分の会社を創りました。

オウンドメディアの構築に取り組んだことで僕は本当に人生が変わりました

OMCの事例:Hさんの場合

10億円メディアを作ってメディア売却を目指しているHさん。


公開から半年ほどかけて100記事になったあたり、月間10万PVを越えたところでAdSenseを申請し、マネタイズを開始。

当初はアフィリエイトがうまくいきませんでしたが、Catch the Webさんの他の商材でも勉強して、いまはAdSenseよりもASPからの報酬が上回っています。

私もメディアを10億円で売ろう、売れるようなメディアを作ろうと思って取り組みはじめました。

まだ10億円には遠いですが、それまで経営してきた事業を一部売却し、メディア運営を主力の事業にすることにしました。

この仕事は、時間と場所の自由さが最高ですね。

アフィリエイト実績:Tさんの場合

ゼロからメディア運営を実践したTさん。

ゼロからメディアを立ち上げて、ちょうど1年で100万PVを達成。

上位表示していた記事にテコ入れをしたらあっという間に収益が跳ね上がりました。

私自身も会社員の頃からスタートし、3ヶ月後に背水の陣で独立、個人事業主を経て株式会社を経営するに至っています。

自分で育て上げたメディアは、本当に大きな価値になりますので、本当におすすめですよ。

インターネット上に資産を構築することができればあなたの人生は確実に豊かなものになるでしょう。弊社ではそうした資産を構築するためノウハウを無料で提供しています。

少しでも興味がある人は以下のバナーから無料講座の詳細を確認してみてください。

\ 簡単1分の登録でアフィリで稼ぐコツがわかる/

またアフィリエイトの始め方は以下に詳しくまとまっているので、興味があれば参考にしてください。
アフィリエイトの始め方|ブログ初心者でもASP登録やサイト開設の手順が簡単にわかる

アフィリエイトを本で学びたい場合は、下記の記事を参考にしてください。
アフィリエイト初心者におすすめの本10選!アフィリ企業が本気で厳選

まとめ

正しい努力を続ければ、アフィリエイトは儲かるビジネスです。稼げない理由をあれこれ考えるのは意味がないですし、時間がもったいないです。

稼げない理由を考えるのに時間を使うよりも、アフィリエイトで成果を出すと決めたのであれば、一日でも早く取り組んでみることをおすすめします。

まずはとにかく自分でやってみるという姿勢のほうが、成功する可能性ははるかに高いです。

アフィリエイトで成果を出すために参考にしたいお手本サイトは、以下の記事にまとめています。興味があれば参考にしてください。
→ アフィリエイトサイトの見本26選と初心者におすすめの作り方

今月のオススメ記事BEST5