サラリーマンの副業アルバイト厳選8個!会社バレも詳しく解説

好きなものを食べたり、友達と遊びに行ったり、老後の貯蓄を始めたり……
お金の使いみちはたくさんあっても毎月の収入は限られていますからどうにか増やしたいですよね。

「毎月、あと5万円自由になればなぁ」って思いませんか?そんなサラリーマンにおすすめしたいのが副業で取り組むアルバイトです。

副業で紹介されることが多いアフィリエイトや株・FXと違い、働いた時間の分だけ必ずお金がもらえるのが副業アルバイトの良いところです。

今回は副業でアルバイトを始めたいサラリーマンのためにおすすめのアルバイトを9個厳選して紹介します。

サラリーマンにオススメのアルバイト8個

数あるアルバイトの中から給料や拘束時間、シフトなどを考慮してサラリーマンにこそオススメしたい副業アルバイトを選びました。

1.運転代行・夜間タクシー

夜にドライブをするのが好きな人は運転代行や夜間タクシーがおすすめです。運転代行とはお酒を飲んだ人の代わりに運転を行うことです。

2人組で現場に向かい1人がお客様の車を運転しもう1人は随伴車で並走します。夜間のため時給は高く1,000円~2,000円になります。

ただし、仮眠をとることができないので寝不足にならないように注意して下さい。

夜間タクシーは飲食店やパブのスタッフの送迎を行います。時給も高めで、経験を積めば時給は2,500円程度まで上がります。

夜間タクシーに限らずタクシーを運転するには第二種免許が必要になりますが、最近では免許の取得を補助してくれる会社もあります。

「な~んだ、泥酔者乗せてお金もらえばいいんでしょ?」と思って勝手に運転代行やタクシー行為をするといわゆる白タク行為にあたり違法になりますので気をつけて下さいね。

2.宿直

睡眠時間を確保したい人は宿直がおすすめです。

宿直とはホテルや病院、福祉施設、半導体の研究所など24時間体制の施設で夜に泊りがけの番をすることです。

夜勤と似ていますが、夜勤は法定時間内の勤務であるのに対して、宿直は法定時間外の勤務のため寝る場所が確保されています。

そのため宿直は緊急時には起こされることもありますが6時間の仮眠時間が与えられているので運転代行や夜間タクシーと違い睡眠時間を確保することができます。

仮眠つきで給料は1日で12,000円程ですからサラリーマンにとってはありがたい職種です。

ただ、17時~翌朝9時までの勤務が多く、本業との両立ができる人は限られて来るのが難点です。

また、職場によっては意外と起こされる、いつ起こされるかわからなくて眠れないなどもあるようなのでどんな環境かは職場によります。

3.治験

治験とは市場に出回っていない新薬を試すことで、厳密に言うとアルバイトでは無くボランティアに該当します。協力費は、高額になることもあるのでオススメです。

危険だと思う人もいますが、安全性の確認が最終段階の薬が治験に回されるため問題はほぼ無いと考えていいでしょう。

もし安全面で不安な人はサプリの治験も存在していますから、健康食品に分類されるサプリの治験がオススメになるので探してみて下さい。

給料は通院タイプの治験で1日1万円、入院タイプの治験で1日2万円程です。スケジュールは土日にガッツリいれて1日3食付きのものから普段通りに生活して週一回検査をするものまで日程は様々です。

中には1ヶ月の長期入院の場合もありますので、チャレンジしたいと考えているサラリーマンは就業時間に合わせた治験を探しましょう。

4.試験監督

学生の模試や国家資格の試験を監督する仕事です。仕事内容は机やイスの搬入や、受験生に対して注意事項の説明や不正行為のチェックなど監督以外も行います。

しかし基本的に試験中は何もすることがありません。

給料は時給1,000円~2,000円で少々時給が高いです。楽な仕事として人気があり競争率が高いですから、面接を通過できない可能性もあります。

ただ試験の時間に合わせての仕事になるので労働時間は5時間程になるためガッツリ収入を得ることは出来ません。

その代わり時間を有効活用したいサラリーマンにはおすすめです。

5.交通調査

路上にイスを置き通行人や車両をカウントする仕事です。単純作業で体力を消耗しないのでオススメです。

ただ、拘束時間は12時間~24時間にもなり一度仕事を入れれば1万円から最大で3万円の収入を得られる場合もあります。何もない時間が好きな人にはおすすめです。

寒さが厳しいことが多いのでサラリーマンは体調を崩して本業に支障をきたさないようにしましょう。

作業内容は椅子に座って、目の前を通り過ぎる通行人や車の数をカウントするだけで誰とも絡むことはありませんから、バイト仲間に馴染めるか不安というサラリーマンは適しているかもしれません。

6.Webライター

在宅ワークとして主婦やOLにも人気の高いWebライターは自由な時間に作業ができるためサラリーマンにはおすすめです。

報酬は1本1,000円~3,000円の記事が多いです。

1記事2時間で書き上げるとして時給は500円から1,000円になります。

初めは単価の低い案件で経験を積み徐々に単価を上げるのが王道ですが、慣れてきたら自分の得意ジャンルや仕事で関わっているジャンルなど専門的な案件を見つけてくると報酬は上げやすくなります。

またライティングにも恋愛系、医療系、映画のあらすじなどジャンルは色々あるので自分の得意・不得意を把握しておくことも大切です。

7.看板持ち

路上や建物の前で看板を持って立っているだけのバイトです。屋外に広告を設置するには屋外広告物法にもとづいて、都道府県知事の許可を得る必要があります。そのため通常の企業が屋外に広告を出す際には、人を雇って看板を持たせるようにするのです。

交通調査は手元のカウンターで車両を数える作業がありますが、看板持ちは何もせずにただそこにいることにバイト代が支払われます
時給は1,000~1,200円程度、日給は8,000円程度になります。立っていることが苦にならない人であれば、土日などに看板持ちのバイトを組み込んでも良いかもしれません。

8.文字起こし

インタビューなど録音データを日本語の文字に起こしてテキストファイルにする作業です。
録音内容は講演会や医学学会など様々で、パソコン一台あって、聴力に問題が無ければ誰でもすぐに始めることができます。

ただ何を行っているか聞き取りにくかったり、高いヒアリング能力や国語力が必要になったりします。
機械的に作業することができるので、単純作業が好きな人やバイト経験の浅い人にオススメです。

また、アルバイト以外にも、会社員ができる副業はいくつもあります。それらを以下の記事にまとめてありますので、こちらも参考にしてみてください。

サラリーマンにオススメできないアルバイト(人によっては検討の価値あり)

全員におすすめではありませんが、人によってはマッチする可能性のあるアルバイトを7つ紹介します。

新聞配達

高校生が始めるイメージの新聞配達ですが、年齢層は幅広く60代以上もけっこういますが、深夜~早朝の勤務になるので、日中働いているサラリーマンには正直過酷すぎると言えます。

時給は1000円ほどですが、経験を積むことで1,600円程までアップします。短時間で効率よく収入を得られるので、早朝労働が得意な人はチャレンジしてみてください。

毎朝3時に規則正しく起きられるようになることもメリットと感じる人もいるでしょう。

開始時間は地域により全く異なるため深夜1時から始まるエリアもあります。そのため勤務体制をよく確認してから応募しましょう。ある方は睡眠時間は平均3時間で身体がボロボロというお話です。

塾講師のバイト

一コマ一コマが短いので夜間など副業でシフトを組むことが可能なので、学力に自信があるサラリーマンの方であれば、検討されている場合もあるかもしれません。ただ、実は指導形態によって、実質の時給が安くなってしまうこともあるので無条件にオススメはできません。

塾講師のバイトは大きく分けて集団と個別の2種類があり、給料は個別授業が1,000円、集団授業が1,600円くらいです。

給料が高い集団授業ですが仕事の難易度も個別授業に比べて格段に高くなっており毎回数時間は準備の時間がかかります。

準備の時間は給料が発生しないことも多く、移動時間なども含めて平均すると時給は割りと安めで800円程の計算になります。

もし塾講師のバイトをするなら主要教科である英語・数学から始めるのがおすすめです。応募を検討している人は実際の時給がどのくらいになるか計算するようにしてください。

8.深夜コンビニ

給料が高くなることで有名な深夜コンビニは時給は1,000円~1,400円になります。ただし夜間は未成年がタバコを買いに来たり接客のトラブルが発生することが多いようなので、人によって向き不向きが分かれると言えます。

シフトが一人の場合は業務が終わらないことも多いようで、かなり過酷な作業になるケースもあります。睡眠時間が短くても大丈夫という人であれば、オススメですが、サラリーマンは本業に支障のない程度にシフトを入れるようにしましょう。

ちなみに、業務内容も通常の業務と変わらずに什器の洗浄や商品や雑誌の検品・棚出しなどシフトに人数が多ければマニュアル通りにこなせる仕事ばかりです。

個人家庭教師

家庭教師は時給が高いこともあり、就業後や休日などに検討している方もいるかもしれません。時給は2,500円~3,000円になることもあり高時給に思えるのですが、実は、実務以外にも”授業の準備”や”生徒の進捗報告など”などで業務時間外に時間を取られることや、自宅と生徒宅の”移動”に時間が取られることが多いので実際の時給は低くなる場合があります。

また、個人家庭教師のデメリットとして継続的な収入が約束されない点が挙げられます。生徒が受験に合格すれば、当然、契約が終了となります。さらに自分のスケジュールと生徒のスケジュールが合わなくなることもあり、授業をすることができなくなり、収入が0になってしまうこともあります。

ただし、スキマ時間を利用して収入を得たい人には向いていると言えます。登録の際は、トライなどの大手斡旋会社ではなく、地域密着型の会社に登録するほうが時給が高いケースが多いです。

営業代行

営業活動に関わる一連の行為を受け持つ仕事になります。注意点は、ただ成果を上げればいいというのではないという点です。営業代行は営業行為に関わる全て、もしくは一部の業務を受け持つことになります。つまり、その会社の業務をお手伝いするようなイメージになります。業務内容が多いので人を選ぶ職種であると言えるでしょう。

給与形態としては固定報酬型と成果報酬型がありますが、受注やアポイントの獲得など定められた成果に応じて給料をもらう成果報酬型である場合が多いの方が多いです。一件あたりの報酬額は募集によって大きく異なり、大型の契約になると1件あたり50万円ほどになる場合もあるので、営業が好き、営業スキルが高いサラリーマンにオススメです。これとは対照的に単純に販売だけをすればいい販売代行やディストリビューターと呼ばれる職種も存在します。

データ入力

企業に赴いてデータを入力する仕事です。

作業はコールセンターなどで電話対応をしつつ顧客データを入力する場合や事務の仕事の一環としてデータ入力など単に与えられたデータを入力するだけという仕事は少ないです。

タイピングの速さと正確さが求められるため初心者は時間がかかります。

時給は1,000円~1,200円で、スキルが求められる場合は1,600円ほどになります。ただ、サラリーマンよりOLが行っています。

イベント会場の解体

10代か20代前半の学生バイトが多いです。サラリーマンで参加している人はあまりいないので馴染みにくいと感じる人がいるかもしれません。

会場によっては作業が早く終わってしまう場合もあり、当日に時間を確保しておいても実働は少ない場合もあります。

時給は900円~1,000円ほどですが実働の分しか給料はもらえないので、給料が安定しません。

アルバイトは住民税で会社にバレる!副業禁止の会社は要注意

副業が会社にバレる経路の1つとして住民税の増額が会社の経理担当に知られてしまうことが上げられます。

これを防ぐ方法として住民税の納付を自分で納付する方法が紹介されています。

しかしここで勘違いしてはいけないのが、自分で納付を選択できるのは給与所得以外の所得にのみという点です。

そのためアルバイトは給与所得になりますので住民税を自分で納付することはできません。

法律では副業を規制できないことになっていますが、解雇や減給をされた後に訴訟を起こすのにもコストがかかりますし、その後の社内の人間関係も穏やかではないでしょう。

ですからまず就業規則を確認してから副業に取り組みましょう。

また裁判所では本職の競合他社の場合や長時間労働や肉体労働で本業に支障をきたしてしまう場合などはそもそも副業としてNGであるという見解も示しています。

まとめ

いかがでしたか?今回は副業をしたいサラリーマン向けにおすすめのアルバイトを9個紹介しました。

サラリーマンは時間がありませんからアルバイト選びは時給が高いものや本業との兼ね合いが上手くいくようにシフトを選びたいですね。

また、アルバイトは給与所得になるため確定申告では副業バレを防ぐことができません。あらかじめ就業規則は確認しておきましょう。