アフィリエイトで稼ぐための記事数は?最短本数で成功する4つのコツ

アフィリエイト 記事数

アフィリエイトで稼げるようになるためには、とにかく記事を100本書け!と言われることが多いです。果たしてこの数字を達成すれば本当に稼げるようになるのでしょうか?

アフィリエイトで稼げるようになるための記事数は、稼いでいるアフィリエイターやメディア運営者の話を参考にするのが一番です。

今回の記事では実際の成功者の情報を元に、本当は何記事書けば稼げるようになるのかを考察します。
また、最少の記事数で成果を出すコツも合わせて紹介しますので、ぜひ記事作成を始める前や行き詰まった時に読んでください。

アフィリエイト初心者は30~100記事書くべき

記事数 100
アフィリエイトの成功と一口に言っても色々あります。

一般的なサラリーマンの給料から考えて、月収30万円稼げれば成功者。切りよく月100万円稼げれば成功者。

いやいや、それ以上稼げないと成功者とは言えないよ!
という人もいるかも知れませんし、逆に月に10万円稼げれば成功だという人もいるかも知れません。

人によってアフィリエイトの”成功者”定義は違うと思います。そんな中で、初心者がある程度結果を出して成功者の仲間入りを果たすためには、少なくとも30~100記事を書くべきでしょう。

この数字は成功者の事例を読み解くことでかなり確からしいものであることが分かります。

合計1万記事書いた月収1,000万円のアフィリエイター

アフィリエイト業界には、普通の人が考えられないような大きな成功を上げている人が大勢います。筆者は月に1,000万円の報酬を稼ぎ出すとんでもない成功者に会ったことがあります。

その人は「稼げるようになるまで1万記事は書いた」と言っていました。その時、圧倒的な努力が月収1,000万円というすさまじい結果を生むのだと感じたものです。

記事目標は、あくまで通過点として考えるべき

こうした話を聞いて、お金稼ぎのためにブログ・サイトを始めた人は「1万記事なんて書けないよ!」と思った人もいるかも知れませんし、そもそも「1,000万円なんて考えてません」という人もいるでしょう。

でもだからこそ、他人を圧倒する熱量を持って練習を積んだ人が大きな成功を手にできるのです。低いモチベーションで取り組んでも、高いモチベーションで取り組んでも同じように時間を消費します。

ですから大前提として、アフィリエイトで成功するために、記事目標はあくまで”目標”として捉えるようにしましょう。失敗しても、失敗しても記事を書き続ける姿勢こそ、不動の成功を生み出します。

30記事で数々のビッグワードで1位を獲得した伝説的なメディアサイト

では、ただ記事数をたくさん書けば良いのかと聞かれると、答えはNOです。

アフィリエイトは成果が出るまで時間がかかるビジネスだと言われています。その中でも時間は有限ですから、できるだけ少ない記事数(作業時間)で成果を出せるように頭を使っていかなければいけません。

Webマーケティング業界で有名な株式会社ウェブライダーが実験的に作成した美味しいワインは30記事という少ない記事数を投稿したメディアです。

その結果、1年足らずの運営でワイン、赤ワイン、白ワインなどの数々の検索数の多いキーワードで1位を獲得するという大きな成功を収めています。

もちろん、この30記事は1記事、1記事がかなり作り込まれています。投稿後に修正・改善が繰り返されています。

少ない記事数でも成功はできる!

記事数目標の目安を知りたい人の中には、”練習”期間というイメージ人もいるかも知れません。

上で紹介したメディアのように一記事一記事を戦略的に作成することで、少ない記事数でも報酬を上げて”資産”を作っていくことが可能です。

最近では、ミニサイトと呼ばれる30記事程度で完結する小規模サイトもあります。初心者は目標記事数を掲げると同時に、より少ない記事数で結果を出せるように頭を使いながら記事作成をして行きましょう。

ここまでの話をまとめると、初心者がアフィリエイトで成功するためには30~100記事の間で記事目標を立てるようにすると良いでしょう。

もちろん人によって、取り組むジャンルやライティングスキルが違いますから記事目標は自由に決めてももちろんOKです。

アフィリエイト初心者が記事を書き始める時の注意点

アフィリエイト 注意点
記事目標が決まったら、記事を書き始めましょう。ここでは、記事作成の初心者が陥りやすい注意点を紹介します。記事を書いたことがない場合は、ここで紹介する注意点をあらかじめ確認しておきましょう。

記事数目標を達成できるか考えよう

「これからアフィリエイトを始めるぞ!」とモチベーションの高いうちは無茶な目標を立てがち。やる気に溢れているのは良いことですが、あまりに現実離れした目標を立ててしまうと結局、目標記事数を達成できなくなってしまい、結果としてやる気がなくなるという事態を招きかねません。

ですから、記事目標を立てる時はその目標が実現可能かどうかシミュレーションをしてみましょう

例えば「とにかく2000記事書くぞ!」という目標を立てるとすると、1日1記事書いたとしても6年程度の年月がかかることが分かります。6年間と言えば、小学生が入学してから卒業するまでのとてつもなく長い期間です。

しかも毎日1記事書き続けるというのもなかなか大変なことなので、途中で挫折してしまうこともあるでしょう。
会社勤めをしている人は、記事作成に充てられる時間も限られてきます。そして1記事を書き上げるのにも時間がかかりますから、勢いで無茶な目標設定をしないように気をつけましょう。

記事数で安心感を得ようとしない

記事作成が辛くなってくると、とにかく目標数を達成しようとして“自分の中での記事数稼ぎ”を始めてしまうことがあります。

「とにかく記事数を稼がなくては・・・」「早く記事を書き終わらなければ・・・」という考え方になってしまい、結果として記事の質を落とすことにつながります。

ここで思い出して欲しいのが、記事数目標はあくまで、便宜的に、あなたが立てた目標であるということ。その目標や達成のスケジュールを遵守するか、臨機応変に変えていくのかはあなた次第です。

自分で立てた目標のせいで、アクセスやアフィリエイト案件の成約に繋がらない記事を量産する結果となってしまっては本末転倒。そうならないように、記事数目標やスケジュールが実現できなそうな時は、目標やスケジュールを易しくしてみる戦略も必要です。

アフィリエイトを最短記事数で成功させる4つのコツ

アフィリエイト コツ
先ほど「アフィリエイト初心者は30~100記事書くべき」と紹介しました。
しかし、アフィリエイトを始めたばかりだと、100記事も書くのは意外と大変です。
そこでここからは、アフィリエイトを最短記事数で成功させるためのコツを紹介します。

1.参入ジャンルを意識すべし

最短記事数で成功するためには、参入ジャンルを絞ることが大切です。参入ジャンルを決定するポイントは以下の2つ。

・競合が弱いジャンルに参入する
・需要があるジャンルに参入する

アフィリエイトで大きく稼げる市場は、常に強豪アフィリエイターが参入する激戦区になります。初心者は、そうした市場を避けてできるだけライバルの少ないジャンルに参入することが無駄な競争を避けて、最短で成功する鍵です。

ただ、あまりにニッチな層を狙いすぎると需要そのものがなくなってしまいますから、競合が少なくて一定の需要がありそうな、ちょうどいいジャンルを見つけられるようにしましょう。

2.キーワード選びを意識すべし

検索エンジンで集客を行う人は、記事のテーマを工夫することで購買意欲の高いキーワードに露出することが可能になります。記事を書く際は、あらかじめ狙うキーワードを検索エンジンで検索し、上位に表示されているライバルの状況をチェックするようにしましょう。

3.コンテンツを意識すべし

実際に、記事を書く時は”コンテンツ”を意識しましょう。検索者の悩みをしっかりと想定し、それに答えるコンテンツを意識することで多くの読者に評価され、結果としてさらに多くの読者を集める記事になります。

4.徹底的にリライトすべし

ブログ・サイトの良いところは一度書いた記事を何度でもリライトできる点です。記事は、書きっぱなしではなく何度も書き直して改善するようにします。

そうした徹底的なリライトが、少ないアクセス数での高い成約率や、少ない記事数での大きなアクセスを呼びます。

こうした、メディア運営の考え方は独学で身につけるのが難しいと感じられる人もいるかも知れません。弊社の運営するアフィリエイトスクールであるオウンドメディア構築塾(OMC)では、オウンドメディアを構築していくための具体的なノウハウを教えています。

興味のある人は以下のバナーから無料のメルマガ講座を受講してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?今回はアフィリエイトで初心者が目標とすべき記事数について考察しました。これから記事を書き始める人は、目標を立てることも大切ですが、それと同時に“成果を出すまで諦めないこと””少ない記事数でも結果を出せるように工夫すること”を意識して記事作成に取り組んでみてください。