【画像解説】Twitterの自動ツイート設定方法と使えるツール6選

Twitterで情報を発信したいけど、いちいち手動で発信するのって大変ですよね?しかも、大切な伝えたいことがあっても、一度ツイートしただけでは、タイムラインの流れに埋もれてしまいがち。

かといって、ツイートを何度も手動で投稿するのも、やっぱり大変で、面倒です。

そこで使いたいのが、ツイートを自動で行ってくれる自動ツイートツール。今回ご紹介するTwitterの自動ツイートツールなら、あらかじめ内容を決めたツイートを、時間指定で定期的にツイートできます。

もちろん、利用料金は無料。今回は、自動ツイートができる6つのツールと、自動ツイートを投稿するための設定を、画像手順つきで紹介していきます。自動ツイートに挑戦してみたかったあなた。これから一緒に、Twitterの自動ツイートを設定していきましょう!

自動ツイートのメリットとデメリットまでお伝えしていくので、必見の内容となっています。ぜひご覧ください!

自動ツイートが投稿できるツール6選とその特徴

自動 ツイート ツール

Twitterに自動でツイートを投稿するツールは、いくつかあります。あなたにとって使いやすい自動ツイートツールを見つけましょう。ここからは、自動ツイートが投稿できるツールを6つ、機能や特徴とともに紹介していきます。

1. twittbot(ツイボット)の機能と特徴

twittbot ツイボット
URL:http://twittbot.net

twittbot(ツイボット)は、700件ものツイートを、最短30分間隔の自動ツイートとして登録できます。通常のツイートのほか、時間指定のツイートも200件まで登録可能。合計900件ものツイートを、自動でつぶやけます。

また、twittbotは、シンプルながら高機能で、使いやすいと評判。Twitterのアカウントのみで自動ツイートが投稿できるのも、嬉しいポイントです。

筆者が実際に使ってみても、とても使いやすい自動ツイートツールでしたので、後に紹介する自動ツイートの設定では、このtwittbotを使って解説していきます。

2. MAKEBOT(メイクボット)の機能と特徴

MAKEBOT メイクボット

URL:http://makebot.sh/

MAKEBOT(メイクボット)は、定期ツイートや時間指定ツイートといった基本的な機能がしっかりと搭載されており、かつ、最短5分間隔でのツイートが可能です。自動でアイコンを変更できるというユニークな機能も付いています。

高機能な自動ツイート投稿ツールですが、欠点としてはこのツールのアカウント登録をしなければならないことが挙げられます。twittbotではTwitterアカウントのみで自動ツイートの設定ができましたが、MAKEBOTでは、MAKEBOT自体のアカウントも登録しなくてはいけません。

この点が、少し面倒ではあります。

3. Botbird(ボットバード)の機能と特徴

Botbird ボットバード

URL:http://botbird.metabirds.net/

Botbird(ボットバード)の特徴は、登録できる定期ツイートの多さにあります。なんと、定期ツイートの登録可能件数は、驚異の2,000件!iphoneとAndroid用のアプリもあるため、スマホからでも高い操作性で自動の定期ツイートを設定できます。

欠点としては、先ほどのMAKEBOTと同じくBotbird専用のアカウント登録が必要なことが挙げられます。また、複数のツイートを登録する機能もありますが、使い方がわかりづらいとの評判もあります。

4. 楽ボッツの機能と特徴

楽ボッツ

URL:https://rakubots.kissa.jp/

楽ボッツの特徴としては、Twitterアカウントのみで自動ツイートが設定できることと、初心者向けということ。公式サイトでも紹介されていますが、わかりやすいシンプル設計が最大の特徴です。

欠点としては、シンプル設計ゆえに機能が絞られており、自動的にツイートできる機能としては、

・1時間に1回の登録されたツイートをつぶやく機能
・ランダムツイート機能
という2つの機能しかないようです。

5. twiRobo(ついろぼ)の機能と特徴

 twiRobo ついろぼ

URL:http://twirobo.com/ (2018年2月より長期メンテナンス中)

twiRobo(ついろぼ)の特徴は、ツイッターアカウントのみで自動ツイートが設定できるという手軽さにあります。また、キーワードを検出して自動リプライができるのも、twiRobo(ついろぼ)の特徴のひとつ。

twiRobo(ついろぼ)に関しては、公式サイトで使い方の解説動画がアップロードされています。

管理画面も見やすそうですね。ただ、自動ツイートの全てに日時と時間を設定するため、ランダムにツイートさせるという機能を使いたいという場合は向いていないツールです。

6. AutoTweet(オートツイート)の機能と特徴

AutoTweet オートツイート

URL:http://autotweety.net/connect.php?from=indexno2#

AutoTweet(オートツイート)の特徴は、Twitterアカウントだけで自動ツイートが設定できる手軽さにあります。しかし、自動ツイートの設定可能件数が24件と、他の自動ツイートツールと数値で比較してしまうと、機能的に乏しいと言わざるを得ません。

ただ、自動ツイートというものがどんなものか、試しに使ってみたいという時は、検討しても良いツールかもしれません。

Twitterに自動でツイートを投稿する設定方法

Twitter 自動ツイート 設定

それでは、Twitterに自動でツイートを投稿する設定方法をご紹介していきます。Twitterに自動でツイートを投稿するには、先に紹介した自動投稿のためのツールを使う必要があります。

今回は、それらの中でも設定が簡単で、かつ機能も豊富な「twittbot」を使って、自動でツイートを投稿する設定方法を画像つきでご紹介していきます。

twittbotで自動ツイート投稿を始めるには?

まずは、自動ツイートを行いたいTwitterアカウントで、Twitterにログインします。なお、Twitterのアプリではなく、GoogleChromeなどのインターネットブラウザーの方でログインしておいてください。

ログインしたままの状態で、以下のtwittbot公式URLにアクセスしましょう。
twittbot公式URL:http://twittbot.net/

 

すると、以下のような画面が表示されますので、「LOGIN」というボタンをタップ。
twittbot ログイン

 

すると、認証画面が表示されます。以下の画像の赤枠部分をタップし、表示されている数字を選択しましょう。

お使いのスマホにもよりますが、数字を選択した時点で、画面が切り替わります。画面が切り替わらない場合は、「送信」のボタンをタップしましょう。
twittbot 送信

再び「LOGIN」のボタンがある画面が表示されるので、再度「LOGIN」というボタンをタップしましょう。
twittbot 再度ログイン

 

「LOGIN」をタップすると、Twitterのページに移ります。アカウントの利用を許可してよいか尋ねられるので、「連携アプリを認証」をタップしましょう。
twittbot 連携

正しく認証されると、twittbotのユーザー登録が完了します。twittbotで自動ツイート投稿を始める準備ができました。
twittbot 登録

twittbotで時間指定の定期ツイートを投稿する設定

ここからは、Twitterの自動投稿で良く使うと思われる、時間指定の定期ツイートを投稿する設定をご紹介します。「メニュー」というボタンをタップしましょう。すると、twittbotで使える機能の一覧が表示されます。

時間指定の定期ツイートを投稿するには、一覧の中の「時間指定」をタップします。
twittbot 時間指定 ツイート

すると、時間指定のツイートを自動投稿する画面が表示されます。今回は、木曜日の14:30分に自動でツイートを投稿する設定をしてみましょう。

日時の指定ではなく曜日と時間での指定なので、「曜日指定」をタップ。自動でツイートしたい曜日を、タップで選択します。続いては、曜日選択の下にある時間の指定です。時と分の横のボックスをタップし、時間を指定します。

最後に本文を入力し、「つぶやき追加」をタップしましょう。
twittbot つぶやき追加

画面下に、先ほど入力したツイートが表示されています。これで、時間指定の定期ツイートが設定できました。

なお、時間指定のツイートは200件まで登録可能です。無料なのに、充分な数の登録数だと思います。

twittbotで自動フォロー返しを設定する

twittbotなら、フォローしてくれたユーザーに対して、自動でフォロー返しをすることも可能です。ここからは、twittbotでの自動フォロー返しの設定方法をご紹介していきます。

まずは、twittbotの「メニュー」をタップし、機能の一覧を表示させます。続いて、「詳細設定」をタップしましょう。twittbotの詳細設定画面が表示されますので、下にスワイプしていきます。「自動フォロー返し」という項目がありますので、右側のチェックボックスをタップしてチェックを入れましょう。

最後に「設定を更新する」をタップして、自動フォロー返しの設定も完了です。

twittbot 自動フォロー返し

twittbotでつぶやきのデータをバックアップする方法

自動ツイートの設定をすれば、基本的には指定した曜日や時間に自動でツイートしてくれます。しかし、twittbotは無料のツールですので、万が一ですが、データが消えてしまう場合も考えられます。

いくつもの自動ツイートを登録していると、どんなツイートを登録していたか、忘れてしまうこともあります。そこでtwittbotに搭載されているバックアップ機能を使い、登録したツイートのデータをバックアップしておきましょう。

ここからは、twittbotでツイートのデータをバックアップする方法についてご紹介していきます。twittbotには、5つのツイートのタイプがあり、バックアップをする時は、それぞれのタイプごとにバックアップする必要があります。この点は、ご注意ください。

今回は、時間指定のツイートを追加したので、時間指定のツイートについて、バックアップをしてみましょう。

まずはメニューをタップし、機能の一覧から「時間指定」をタップ。「全ての時間指定つぶやきをダウンロード」という項目があるので、ここをタップしましょう。すると、自動でバックアップデータのダウンロードが完了します。

twittbot バックアップ

 

これで、自動ツイートのバックアップができました。バックアップのファイル形式はテキスト(拡張子が.txt)です。バックアップデータをtwittbotにインポートするには、「複数行入力」で行います。

バックアップのデータをそのままコピペすれば、今までの自動ツイートを復元することも可能だそうです。

twittbot 復元

以上でtwittbotを使った自動ツイート設定方法と、時間指定のツイート、バックアップのご紹介は終了です。twittbotには、他にもいくつかの設定がありますので、イロイロと試してみるのも面白いと思います。

Twitterに自動でツイートを定期投稿する3つのメリット

Twitter 自動ツイート メリット

1. Twitterでの情報発信が簡単

自動ツイートは、文字通り「自動」なので、一度設定してしまえば、発信したい情報を手間なく簡単に発信し続けられます。決まった日時に決まった情報を発信できるので、発信する情報の属性に合った時間帯などで自動ツイートを設定しておけば、簡単に効果的なツイートをつぶやけます。
(サラリーマン向けの情報なら、午後の6時以降など)

自動ツイートツールによっては、ランダムにツイートする機能もあり、フォロワーに飽きられない情報発信ができるという点もメリットですね。

2. タイムラインに埋もれにくい

自動ツイートツールを使えば、同じ内容のツイートも自動で投稿できます。
曜日などを指定さえすれば、毎回同じ時間に自動でツイートが投稿できるので、あなたの発信したい大切な情報がタイムラインに埋もれてしまう確率が減ります。

定期的に発信したい大切な情報がある場合は、非常に大きなメリットです。

3. 自動で集客ができる

Twitterで自動ツイートを定期投稿していると、面白さを感じたユーザーがフォローしてくれる場合があります。また、自動ツイートツールによっては、自動でフォロー返しもできるので、フォローしてくれたユーザーへ、ある程度の配慮もできます。

あなたが本当に集客したい媒体がある場合、定期的に投稿するツイートの中に、あなたのウェブサイトなどへ集客するためのツイートなどを織り交ぜれば、自動で集客をすることも可能です。

Twitterに自動でツイートを定期投稿する3つのデメリット

Twitter 自動ツイート デメリット

1. 最初の設定作業は、手動でおこなう必要がある

自動ツイート投稿と言っても、最初の設定作業は手動で行う必要があります。仮に100件の自動ツイート投稿をしていきたい場合、最初に100件分の設定作業が必要です。

自動ツイートツールでTwitterに自動投稿できるのは非常に便利ですが、最初の設定は手動で行う必要があることは認識しておきましょう。

2. 固定のファンが居た場合、離れてしまうことがある

あなたのTwitterアカウントに、既にリプライやリツイートなどを行ってくれるファンが居る場合、自動ツイートツールを使って同じ情報ばかりを発信してしまうと、固定のファンが離れてしまう場合があります。

自分の立場に置き換えるとわかりやすいと思いますが、同じような情報を発信するアカウントをチェックしたいと思いますか?

よほど有益な情報ならファンの減りも少なくなるとは思いますが、あまり有益でない同じような情報を発信してしまうと、ファンは「つまらない」と感じて、ミュートやフォロー解除という対応をされてしまう可能性があることも、認識しておきましょう。

3. Twitterアカウントの凍結

自動系のツールを使っていると、アカウントが凍結される場合があります。しかし、Twitterアカウントが凍結されてしまう頻度が多いと言われているのは、自動で何人もフォローしていくようなツールを使った場合です。

ただ、今後Twitterの規約が変わる可能性もありますので、自動ツールを使っている以上、Twitterアカウント凍結のリスクも認識しておきましょう。

月刊副業では、学生さん・サラリーマン・主婦と幅広い年齢の方に向けて節約や副業をご紹介しています。

今の現状を変えたい・収入をもっと増やしたいなど何をしていいか分からい人はまず知ることが大切です。

あるサラリーマンはこれで、人生が大きく変わりました。

 

まとめ

今回は、Twitterの自動ツイートに使えるツールを6つと、自動ツイートの設定方法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した手順に沿って作業をしていけば、自動ツイートを設定することはさほど難しくはないでしょう。

自動ツイートを設定すると、最初の設定だけで自動的に発信したい情報をツイートできるので、非常に便利です。手動でツイートを作成する手間と時間が省けるのは、大きなメリットがあると言えるでしょう。

ただ、使い方によっては、先ほどご紹介したデメリットもあるということも、頭の隅のほうで認識しておいてください。

正しく使って、自動ツイートであなたもLet’sらくらく情報発信!

Twitterを自動ツイートしてフォロワーを増やす方法を以下の記事で紹介しています。
興味がある人はチェックしてください。