1. TOP
  2. 副業のバイトは短期?確定申告、サラリーマンの副業やバイトがバレる心配は?

副業のバイトは短期?確定申告、サラリーマンの副業やバイトがバレる心配は?

副業でバイトをすることや、副業でバイトする前に大切なこととは?

現在、またはこれから副業でバイトをしようとお考えでしょうか?
副業でバイトするのであれば、その前にぜひ知っておいて欲しいことがあります。

それは会社の就業規則に副業が禁止ということであれば、副業は好ましくないため、おススメできないということです。今は大丈夫でも、いつか副業のバイトをしていることが、分かる可能性は十分あり得えます。

さらに、副業のバイトがバレる、バレないということではなく、収入が一時的に増えたとしても、それは、ご本人にとっては精神的にも将来的に見ても決して良いことではないことは、はっきりしているからです。

このようなことは望ましくないため、こちらでも推奨していないことを予めお伝えしておきたいと思います。

短期副業バイト?それとも長期副業バイト?


短期で副業のバイトをされる理由は何でしょうか?
また、同じように長期の副業バイトをされるのはどうしてでしょうか?

人それぞれに、副業をする色々な理由や家庭事情があって、既に副業のバイトをされているか、これから予定されることもあるかもしれません。

今の給与にプラスして少しでも家計を助けたい、ちょっとでも余裕が持てる収入が欲しい、また将来のために貯蓄をしておきたいなど色々な理由があります。

ただ、それには現在の副業のバイトが一時的な収入が目的なのか、それとも目先の副収入ではなく、この先ずっと先を見越した実りのある副業を長く続けていこうとされるのかによって、将来の蓄財も大きく変わっていく可能性があるということです。

それは一体どういうこと? と思われるでしょう。

言い換えれば、現在の給料にプラスして、今の副業の収入をベースにしているだけで良しとするのか?、それとも、たとえ副業でも、毎年、貯蓄や資産が右肩上がりに増えていくように計画していきたいのかということです。

現状どうしても家庭の諸事情で、急にお金が必要としている場合や、ちょっとだけお小遣い程度欲しいため、副業のバイトを通して家計を少しでも助けていくために、副業を多くの人がしているわけですね。

ただ、せっかくの副業のバイトをするなら、将来を見据えて効率的に自分自身の資産になるような短期や長期の副業のバイトを選択していくことは、今後さらに大切なことになってきます。

そして、全てはご自身のため、家計のためにも、今、副業でバイトしていたり、またこれからしようとしているご本人の立ち位置(バイトをしてる現状)について、一度立ち止まって自ら確認したりする作業も大切でしょうか。

今の副業を近い将来どうしようとしていきたいのか、また今の状態で本当にいいのかどうか、自分の未来を考えた上で取り組んでいかれることはどこかの時点で必要になってきます。

そうでなければ、副業でバイトすることは現状の延長線の上にいるだけになるわけですから。

目先のお金を稼いでいくのか、それとも将来の先のことを考えていく副業のバイトなのかを一度、見つめ直してもいいのではないでしょうか。

副業のバイトはバレない?副業でバイトした年末調整や確定申告はどうする?


副業のバイトはバレない? それともバレて分かる? 精神的に大丈夫?

今、副業でバイトをされている人、これからしようとしている人で、心配ごとの一つに、「副業のバイトはバレるだろうか?またバレないないだろうか」と、真顔で心配されている人もいらっしゃると思います。やむを得ない色々な事情で取り組んでいると、心配ごとの悩みは尽きないことと思いますが、現在お勤めの会社での就業規則については前述したとおりになります。心の安定感や精神的にゆとりを持って会社の仕事ができることは、自他とも充実した仕事を遂行できるに他なりません。

一方で、副業でバイトをしたいけれども就業規則で禁止されていても、副業を考えている場合や、もう片方では、副業を既にやっていて、趣味のような延長線から副収入として発生する場合もあるでしょう。

それぞれの場合、どうしたらいいのでしょうか?

前者の就業規則で縛りがある場合、家庭の事情でどうしても止むに止まれず現在の給料だではやっていけない、急に家族の病気や諸事情で家計のやりくりが厳しくなったことがあげられます。

そのような時は、勤めている会社に隠し事をしないで事情を話すなり相談して、副業のバイトが可能かどうか相談することがベストな方法と言えます。緊急避難的な家庭事情でも、必ず勤め先に相談することが肝要ですね。

決して秘かに、緊急の事態だから大丈夫だろうと、分からないだろうと勝手に副業のバイトをしては、後々自らを追い込むことになる可能性があります。必ずどこからか、そうした情報は会社内の耳に入るか、役所の書類で浮上する可能性は高くなります。

現状は大変だと思いますが、会社に事情を話すなり相談することによって解決策が見えてくる可能性もあるでしょうし、状況によっては会社が応援してくれる可能性もあるかもしれません。

まずは、事情がどうあれ、会社に相談することを優先してみましょう。

次に後者の一例として、株式投資やインターネットからの収入など、税務上、副業のバイトの収入として計上される場合もあるということです。

そのケースについては、税務申告や市区町村の住民税についても関わりが出るため、この申告に関連するものについては後述していきます。

例えば、株式投資、FX投資、アフィリエト報酬、ブログを趣味で運営している中で発生する広告収入などもそうですね。趣味の延長でも、従来の範疇を超える「副業にあたる」収入になったりするからです。

株式投資でもブログでも、最初は個人的に趣味の範囲内で運営していても、結果として収入が発生することが必ず出てきます。

ケース・バイ・ケースになりますが、こうした趣味の範囲の延長でも、収入が発生していく場合は、状況に応じて会社に報告が必要であれば事前に打診や相談しておくほうが得策でしょうか。結果として趣味の延長で発生した収入も、特に就業規則で禁止されている会社の場合にはあてはまるからです。相談することで、後々発生しそうなトラブルも回避できることにもつながりますし、安全策を講じておくほうが、将来的にもご自身の活動や仕事にも集中できるからです。

会社規定や就業規則に、前述してきたことが特別記載されていない場合や取り決めがないため、そのまま副業のバイトをしている人も多いでしょうが、このあたりはご自身で周りに聞いたり、状況を判断して決めていくことになります。

ちょっとしたことが気になっていて仕事手付かずとなっては本末転倒になりますね。

副業アルバイトで得た収入の年末調整や確定申告はどうする?

年末調整は、サラリーマン、OLなど従業員など、会社からもらった給料は所得税などを引かれて毎月もらいますが、1年間を通すと正確には確定されていないため、会社では12月に1年間の所得税などを見直して調整します。そうして最終的に確定させるための所得税の調整が年末調整になります。

これにより、1年間に所得税が徴収された過不足、差額を無くして12月に調整してはじめて確定されることになります。

副業で複数の会社から収入を得ていても、年末調整は1ケ所のみとなります。ほとんどは主として給与をもらっている会社が対象となって年末調整が事務処理されます。したがって、副業で2ヶ所以上の会社で給料をもらっていても、一人の年末調整はそれぞれの会社3ヵ所同時に出来ないことになっています。大半は主として給料をもらっている会社1社が年末調整の事務処理をすることになります。

その場合、副業しているそれぞれの会社の源泉徴収票をもらって、翌年の確定申告の際に源泉徴収票を添付して申告することになります。

毎年、会社の年末調整をする事務処理前には、給与を主としてもらっている会社から「扶養控除等申告書」が送られてくると思います。その「扶養控除等申告書」をサラリーマン、OLなど従業員が会社に送り返して年末調整の事務手続きが始まるのです。

また、これまでは主として勤務している会社で住民税が天引きされていても、副業のバイトをして給料をもらっていた会社の住民税は、従来、副業している人が市役所や区役所に行くか電話して、個別に住民税を支払うこともできました。(全国都道府県の区役所、市役所により違いはあるかもしれません)

ところが最近はそれができなくなる傾向があって、サラリーマン、OLが主として勤務する会社、副業のバイトしている会社でも、それぞれの会社が住民税を従業員の代わりに支払う必要が出てきたのです。

特に、2017年では全国の都道府県や市町村の区役所、市役所全体に広がり住民税の特別徴収完全実施として取り組まれています。

全ての都道府県や市町村に多少違いはあるにしろ、特別徴収は全国に行きわたる傾向になってきているため、この特別徴収は避けられない状況とも言えます。

例外はあるにしても、前述していました、副業 バイトがバレる・バレないといったことより、もはや副業 バイトは会社に隠しごとが書類上もできなくなるようになりつつあります。(就業規則などで禁止されている場合は特に注意が必要ですね)

このあたり、詳しくは全国の都道府県、市町村の管轄の役所に確認してみるのが一番です。

以前は、副業のバイトも法的にも寛容だったことが、今や特別徴収完全実地の取り組みによって事務的手続きにも変化が見られるようになってきたからです。

主として勤めている会社に、管轄の役所から副業の収入も合算されて書類が届くようになってきているため、増えた差額も事務的には分かるようになりつつあります。

それが、冒頭でご案内していたことにもつながってくるのです。

住民税の徴収で普通徴収や特別徴収とは?副業でバイトする場合の影響は?

住民税の徴収で普通徴収とは、これまでサラリーマン、OLの会社勤めする個人は、副業のバイトで副収入があった場合、全国の都道府県や市町村の区役所、市役所に行って個人の住民税を直接申告して支払うことができて、これを住民税の徴収では普通徴収と呼ばれていました。

直接申告できるため、地方税の申告も市町村の役所によっては以前はこれで完結することになるため、主として勤めている会社の書類上にはあがらず、そのため分からないこともあったわげです。

一方、特別徴収とはどういうものなのかですが、一般的には、主として給料をもらっている会社が1年間の給与をベースに、例えばサラリーマンやOLの会社員の住民税を会社が肩代わりして、従業員の住所所在地にある区役所や市役所に納付しているため、その住民税を直接徴収することになっていたのです。

そのため、従業員は役所で手続きをしなくてもいいことになっているのです。

これは、地方税法で、会社が特別徴収義務者として個人の住民税を特別徴収することになっているためです。

この規定や考え方は、例外もありますが、本来は副業でアルバイトしている人からパートの従業員まで、特別徴収しなければならないことになっています。

したがって、前述していましたサラリーマン、OLの副業でバイトをする場合は、これまで住民税がひとつの手続きで、給料を主としていた会社には分からないことにもなっていましたが、副業している会社でも住民税の処理を行うため、その書類を受けた役所がまとめて主として給料をもらっていた会社に合算した書類を送るために、これからは会社で把握できる可能性が高まっているとも言えます。

詳しくは管轄している都道府県の区役所、市役所等に確認してみるのが早いでしょうか。

副業でアルバイトする場合は会社の就業規則に従っていくのが、従業員にとっていい意味でも悪い意味でも一般的になるでしょうか。

そして、さらに住民税の申請とは別に、副業している会社で、1年間の給料から経費を除いた金額が20万円以上の場合、お住いの管轄の税務署に確定申告する必要が出てきます。

副業でバイトの場合、確定申告はどうする?20万円以上、以下で違いは?

副業でバイトをしているサラリーマンやOLが気にしているものの一つに確定申告があります。副業で得た収入から経費を除いた収益が20万以下だと税務署に申告する必要はありません。

一方で、経費を引いた収益が20万円以上だと税務署に確定申告をする必要があって、2月16日〜3月15日の期間に副業のバイトで得た給料から経費を引いた金額を確定申告することになります。

直接、税務署に行って確定申告するか、確定申告書をもらって管轄の税務署に郵送するかなど下記に記載しておきました。

よくあるのは、経費を引いた収益が20万円以下だから、税務署には確定申告はしなくてもいいわけですが、ところが住民税も同じく収益が20万円以下だからといって、住民税も同じように区役所や市役所に申告しなくてもいいとはならないのです。

そうした場合でも、副業のバイトでもらった給与、雑所得でも管轄の区役所、市役所などに住民税の申告する必要が出てきます。しなければ主として給与をもらっている会社に後々分かる可能性があるからですね。この住民税納付の手続は、まずは一番先に副業のバイトをしている会社に尋ねるか確認してみて下さい。

確定申告に必要な書類や確定申告書の提出方法は?

・給与所得や公的年金等の源泉徴収票の原本。
・私的年金等を受けている場合、支払い金額が分かるもの。
・医療費の領収書など、社会保険料(国民年金保険料)控除証明書、生命保険料の控除証明書、地震保険料の控除証明書、寄付金の受領書など。

●申告書Aを使用する人とは?

申告する所得が給与所得、雑所得、総合課税の配当所得、一時所得のみで、予定納税額のない人が申告書Aで申請します。

●申告書Bを使用する人とは?

所得の種類にかかわらず誰でも使用可能ですが、前年分から繰り越しがあった損出額を本年度分から差し引く人や変動所得や臨時所得で平均課税を選択する人が申告書Bで申請します。

●申告書の提出方法は?

・郵便または信書便で住所地の所轄税務署に送付する。
・住所地の所轄税務署に持参する。
・自宅などインターネットのe-Taxで申告できます。

サラリーマンの副業でバイトは?どんな職業があるの?


会社に勤めるサラリーマンの給料や昇給も従来の右肩上がりの年功序列から実力本位をベースに変化している現在、サラリーマンの給料は自らプラスして勝ち取る以外に手段がなくなっているのが現状とも言えます。

これまでのキャリアや年数を、いくら会社で重ねていっても、実績や実力が伴わなければ給料の大幅なアップも見込めず経済的にも厳しい状況になっています。

そうした環境の中で、会社によっては副業を認めて自らの力で稼いでいくことを良しとする会社も増えている一方で、いまだ会社が副業を禁止したり、認めていない会社もまだ多いため、サラリーマンとしては、今の給料を上げるために副業でバイトする人も増えてきているのが最近の傾向にもなっています。

ただその場合、単に副業でバイトするといっても、短期でのバイトなのか、中長期なのか選択するにしても、その副業の仕事がどういう目的でしているのかを確認することが大切ではないかと考えます。

例えば、短期的に家計に今すぐ必要だから短期のバイトをしている場合もあるでしょうし

一方で、長期の副業のバイトを目先の金銭目的だけでやり続けきて、将来も今も変わらない状況に気づいたときは遅きに失するということにもなり兼ねません。

そうならないためにも、現状や、将来を考えた上で、副業のバイトに取り組んでいくことは大切になりますし、将来の自分のキャリア、ひいては自らの仕事を活かせることにつながる可能性を求めて副業を考えていく必要もあるのではと思います。

これまでとは違った副業、大いに自身を生かせる可能性を秘める副業には、トライする価値は十分あると言えます。(就業規則に反しての副業のバイトではありませんが)

多くの会社に見られる、就業規則に副業のバイトなど禁止していない、記載していない場合も多々あるでしょう。会社への相談や責任を持って自らの判断で副業のバイトに取り組むことは自由です。

どんなカタチにせよ、収入を得るチャンスは自身で判断して作っていくものです。そして、会社の給料や昇給、また職業形態が多様化している状況の中、副業のバイトをして自ら活かしている人も多く、今後も増えていくこの傾向は続いていきます。

給料や昇給昇進格差はますます大きく広がってきて、収入を大きく増やしている人も増えている一方で、反対に現状の給料が目減りして経済的にも余裕が無い世代も増えている二極化傾向の様相です。

そのために、自らの給料は自分で稼ぐ、今の給料に少しでもプラスにして副業でバイトして稼ぐ人が増えてきているのがそうした理由からです。

では、その副業のバイトには、どんなジャンルがあるのでしょうか?

インターネットを利用する副業のバイトや従来からある副業のバイトは?

副業のバイトと一口で言っても種類や業種は千差万別、多岐にわたります。これまでの従来の仕事、業種・職種から最近の業態の仕事や注目されている副業のバイトの仕事が増えています。

その中にはインターネットを使って自宅からでも仕事をして収入を得ることができる環境のもと、それにつれて副業も増えてきています。ただし、ネットの副業のバイトといっても趣味の延長ではない仕事になります。

例えば、空いている時間をとって都合のいい時間に集中して副業でバイトをするスタイルなど。

下記は従来からある仕事から、インターネットを使用して副業でバイトする仕事まで様々です。これまでのスタイルにとらわれずに、将来性のある副業を目指すことは今後も一層大切なことになってきています。

●インターネット関連
アフィリエイト、ネットオークション、ネットショップ、デザイナー、データー入力、ネットトレーダー、ドロップシッピング、着信メロディ制作、ホームページ制作、広告代行、Googleアドワーズ、Googeアドセンス、Yahooプロモーション広告、Twitter広告、Facebook広告、メールマガジン(メルマガ)、ブログ運営、せどり、登録モニター、コピーライター、パソコン設定、システム設計、他
●接客・サービス関連
コンビニ店員、ファミレス店員、デモンストレーター、電話代行、カラオケ店員、レンタルビデオ店員、代行運転、パチンコ店員、パーテンダー、テレフォンオペレーター、バイク便、司会業、ホテルフロント、コンパニオン、他
●技術・制作関連
音楽・映像プロデューサー、DTPオペレーター、デザイナー、CGクリエイター、グラフィック・デザイナー 、ビデオ動画編集者、プログラマー、システム設計者、ゲームクリエイター、イラストレーター、塾講師、撮影・録音技術者、他
●資格関連
看護師、英会話講師、薬剤師、タクシー運転、ツアーコンダクター、保育士、医療事務、行政書士、FP、他
●その他
ビル警備員、ビル清掃員、サンプリング配布、交通量調査員、音響スタッフ、結婚式準備スタッフ、片付け・清掃、駐車場スタッフ、文字入力代行、インストラクター、新薬試験モニター、引っ越し、交通誘導員、ポスティング、ガソリンスタンドスタッフ、イベントスタッフ、配膳人、データ入力、テープ起こし、他

まとめ

これまで上述してきましたように、副業のバイトのあり方など一端を垣間見てきましたが、副業のアルバイトは奥深く、副業が本業になったり、その本業から副業のバイトが派生したりするなど、「副業」をどうとらえるかによって、見方や考え方も180度変わってきます。

ネットとともに時代が進化していく中で、従来の副業、バイトの範疇の中ではとうてい収まりきれない職業や仕事が増えてきています。

それはインターネットが無い時代から「副業 バイト」という仕事が従来の範疇のまま進んできましたが、もう一方で、ネットが手段として使われるようになって、仕事がサテライト化(会社を中心にした周辺のオフィス・家庭)のような分散化や分業として変化して、仕事も場所を選ばず、仕事の延長線上に副業がつながってきているのです。

こうして副業を正面からとらえた場合、まずは、仕事と副業の関係を正しく持ちつつ、副業のバイトを現在の仕事、将来への仕事に照らし合わせて短期的、長期的な捉え方、見方をしていく大切さがあるということ。

これまで単発的に事務処理されてきた個人情報が統合化され、効率良く情報が伝達されてきている中で、一人ひとりの仕事が正規の仕事だけではなく、副業のバイトまで広範囲に効率的に事務処理されつつあり、マイナンバーなど個人情報の集約化が進んできました。

これからは、従来の範疇にとらわれることなく、仕事への姿勢と副業のあり方、収入と納税、事務手続きへの対応を正しく行うことで、過去に縛られない未来も見えてくるでしょうか。

そして、これまでお伝えしてきた項目としては下記のとおりでした。

・副業でバイトする前に大切なこととは?
・短期から長期の副業バイトの考え方は?
・副業のバイトがバレる、バレない?その年末調整や確定申告の手続きは?
・副業で得た収入の年末調整や確定申告はどうする?
・住民税の普通徴収や特別徴収とは?副業のバイトをする影響は?
・副業の確定申告はどうする?20万円以上、以下では?
・確定申告の書類や確定申告書の提出方法は?
・申告書A、申告書Bを使用する人と申告書の提出方法は?
・サラリーマンの副業はどんな職業があるの?
・ネットを利用する副業や従来の副業のバイトとは?

副業をより良くするのもご本人である、ご自身の考え方ひとつにかかっています。新しい時代には、新しい時代に対応した副業、収入もあることも忘れないで下さいね。

\ SNSでシェアしよう! /

月刊副業の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

月刊副業の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

月刊副業編集部

月刊副業編集部

月刊副業は株式会社Catch the Webが運営しています。

弊社は日本で一番有料会員数の多いアフィリエイトスクール「AMC」を運営しており、AMCの会員は現在2500名以上、1年間の会員のアフィリエイト報酬額の合計は40億円以上という実績があります。

月刊副業では、アフィリエイターの裾野を広げるという理念の元、初心者の方でも分かりやすいよう、アフィリエイトの情報を中心に副業に関する情報を発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ブロガーとは?ブログ収入の仕組みの徹底解説と有名ブロガー10選

  • パンダとペンギンアップデートの違いとは?対策・コンテンツ作成方法まとめ

  • 検索ボリュームを調べるためのツール13選とその特徴について

  • 【画像解説】Twitterの自動ツイート設定方法と使えるツール6選

関連記事

  • NAVERまとめで報酬を得る方法を徹底解説

  • サラリーマンの副業アルバイト厳選9個!会社バレも詳しく解説

  • サラリーマンの副業ランキングTOP10!実際に稼げたのを紹介

  • 目指せ月収3万円!在宅でも出来る主婦におすすめの副業9選

  • CDせどり完全攻略マニュアル!初心者が最短で成果を出す手順を全て解説

  • 小さい子どもがいても自宅でできる!主婦のお仕事ベスト15