働かない生き方を実現するには?現実的な方法10選

働かない 生き方

ほとんどの人は会社員は会社にいかなければいけません。
会社で働くのは大変なことですから、日曜日の夜は「会社に行きたくないな・・・」と鬱な気分になる人が多いでしょう。

でも、働きたくないって言ったら社会不適合だと思われるかもしれないと思ってしまうかもしれませんね。今回は働かない生き方は本当に実現できないのか、働かないで生きるための知識をまとめました。今後の生き方の参考にしてください。

働かない生き方はぜんぜんアリ!

働かない生き方 
世の中には「生活していくためには仕方ない」そう自分に言い聞かせながら退屈だと感じる仕事を毎日淡々と仕方なくこなしている人が多いでしょう。
代り映えのない毎日に「会社をやめたい・・・」「働きたくない・・・」と思うのも仕方ないでしょう。

しかし、以下のように会社をやめられない人も多いはずです。

  • 同期との競争があるから
  • 親が反対するだろう
  • 働いてないのはいけないことだ
  • 生きていくだけのお金がない

しかし、一度きりの人生です。固定概念に縛られて苦しむよりも、自分の意志で「働かない生き方」を選択するのもよいでしょう。
何の考えもなくただ会社辞めた!というのは良くありませんが、最近はクラウドソーシングのような在宅の働き方も認知されてきました。

しっかりと準備をした上で働かない人生を選択するのはよいことでしょう
下で紹介する方法を参考にしてください。

働かない生き方を実現する現実的な方法10選

働かない生き方 方法
働かない生き方を実現する現実的な方法を10個ご紹介します。
向き不向きがあると思うので、自分に合った方法を選んでください。

①ブログで稼ぐ

ブログで稼ぐことは働かない生き方を実現できる方法です。
ブログは収益化ができるので、一度構築することで不労所得を得られるようになります。

働かないでお金を得られるようになれば、会社に行かなくてもよいでしょう。

ブログで稼ぐ具体的な方法としては、「アフィリエイト」「自分の商品・サービスの販売」などが挙げられます。「アフィリエイト」とは、自分のブログ記事に企業や特定の商品・サービスの広告を掲載し、その商品・サービスを読者が購入した場合にブログ運営者に成果報酬として収益が入る仕組みを指します。

ただし、ブログ収入は難易度が高いので参入は検討が必要です。

②Youtuberになる

最近知名度が高くなったYouTuberも会社で働かない生き方の一つです。

YoutuberとはYoutube上に自主制作の動画を公開する人のことを指しています。YoutuberはYoutubeが定めるある一定の条件を満たすことで「広告収益」を得ることが出来ます。この広告とは企業の広告です。広告を出したい企業がYoutubeにお金を払って自社製品の宣伝を依頼します。

一定の条件を満たしたYoutuberは自分の動画にこの企業の広告枠を設けることで「広告収益」を得ることができます。
そのため、チャンネル視聴者や総再生回数が多いYoutuberほど稼ぐことができます。

また、Youtube上に投稿した動画は前述の「ブログ」と同じように「ストック式」に貯まっていき、過去の動画も含めさまざまな人が視聴してくれやすくなるため、動画を公開すればするほど総再生回数が伸びやすくなるというメリットがあります。

③投資を学ぶ

投資による収入も働かない生き方を実現できる方法です。

投資には、株式投資やFX、仮想通貨、投資信託…などあらゆる種類がありますが、例えば、毎年100万円を年3%の運用利回りで積み立てた場合10年後には1150万円なっています。これが毎年300万円の場合は3400万円、毎年500万円の場合は6000万円という額になります。

投資を学ぶことで投資の知識だけでなく、経済や社会の仕組みを深く学ぶことができます。

日本や世界での出来事や様々な企業の経営モデル、商品やサービスの仕組みなどにも自然と興味関心を持つようになったり、経済的視点や感覚を養うことができたり、俯瞰的に見ると投資を学ぶことには様々なメリットがあることがわかります。

しかし、投資による収入は大きな元手が必要です。大きな元手がないと不労所得の金額は少なくなります。
金融知識がないと厳しい世界なのは確かです。

④フリーランスを目指す

フリーランスとは、会社や団体などに所属せず個人で活動して働く人のことです。「働かない」わけではありませんが、会社や組織に縛られる割合が少なくなります。

フリーランスは企業に雇用されていないため労働基準法が適用されなかったり、仕事を自分で取ってこなければいけないなど実力主義の世界ですべて自己責任で進めていかなければいけません。

しかし、その分経験やスキルに比例して仕事は比較的取りやすくなり、会社員とは違い収入面も成果報酬式にやればやるだけ増やすことができます。また、「今日はみっちり働き、明日は何もしない」など自分自身のワークスタイルをデザインすることも可能になります。
他にも、会社員とは違い税金が自己申告制になるため経費を使って節税することができるのもフリーランスの大きなメリットです。

⑤クラウドソーシングで稼ぐ

クラウドソーシングも、働かないわけではありませんが企業や組織への関わりは少なくなります。

クラウドソーシングとは、仕事を発注したい個人や企業とその業務を受注したい不特定多数のワーカーを繋げるインターネット上の業務委託サービスです。

クライアントとなる発注者側からすると人材採用に費用と時間をかけることなく必要なタイミングで不特定多数のワーカーに対して業務の発注が可能というメリットがありますし、受注者側となるワーカーからしても自分の知識やスキルを活かして生活スタイルに合わせながら気軽に働けるというメリットがあります。

クラウドソーシングの案件には、プログラミングやライティング、デザイン系の仕事があります。もちろん、知識や経験、スキルを兼ね備えた人の方が受注できる仕事数や報酬額は大きいですが、初心者に向けた案件も数多く発注されているため、未経験者でも働くことが出来ます。

そのため、初心者も実績を根気よくコツコツと積み重ねてゆけば、それに比例して仕事数や報酬額も徐々に伸ばしていくことが可能です。
このような特徴から、まだ実力を持ち合わせていない駆け出しのフリーランサーや副業から始めてゆくゆくは本業として働けるように実力を身につけていきたい方などにおすすめです。

⑥生活費を徹底的に下げる

生活費を徹底的に下げることで、少ない収入でも働かなくてよくなります。

生活費の中でも特に固定費を下げると大幅な生活費が可能です。生活費の中でも固定費が占める出費の割合が大きい傾向にあり、かつ他の生活費に比べて無理なく下げることが可能です。

節約の例として、家賃や通信費(携帯代)食費などが挙げられます。

家賃でいえば、例えば5万円代から3万円代の家に引っ越すだけでも月々2万円以上の出費をカットすることが出来ます。
住む地域をしっかりと選べば住環境のクオリティをそこまで下げることなく家賃だけ下げることも可能です。

通信費(携帯代)でいえば、最近利用者が多い「格安SIM」に切り換えれば毎月の通信費を大幅に下げることができます。
大手キャリアで月々平均1万円以上かかっていた通信費が、格安SIMに変えたことでその半分、またはそれ以下まで下がったなんてこともざらです。

食費でいえば、自炊をすることで食費にかかっていた費用を大幅にカットすることが出来ます。それに、一度自炊のスキルを身につければ様々な料理の作り方を覚えられますし、コンビニ弁当や外食に比べて栄養バランスを整えやすいため、一石三鳥くらいのメリットがあります。

⑦実家で暮らす

親の許可をもらえるのなら実家で暮らすことはとても有効な手段になります。
親が許せば、今すぐに「働かないで生きく」を実現できますていけます。

家庭によりますが、「固定費」という出費が最小限に抑えられるのは働かない生き方をするうえでとても強力な手段となります。
実家に暮らしている時間でスキルを身につけたり、貯蓄をしたり、今後の生き方の方針を見定めたりすれば、働かない生き方の実現により近づくことができます。

しかし、個人的な意見ですが、一部例外を除いて実家に何年間も居続けるのはおすすめできません。

なぜなら、働かない生き方の真の定義とは「自分自身で社会に依存しなくても生きていける力や仕組みをつくること」であり、それこそ半永久的に続く働かない生き方の実現への唯一の方法だからです。

親に頼って実家に暮らしているだけではそのような知識やスキルが身につくことはありませんし、それではただの「ニート」と言わざるをえません。親がいつまでも元気でいてくれる保障もありません。

また、親を安心させて「恩返し」していくためにも、この手段は自分で期間を決めてその間だけお世話になるといったやり方をおすすめします。

⑧生活できるだけの貯金を貯める

生活できるだけの貯金があれば、働かなくても生きていけます。

現時点で貯金がほとんど無いという方もぜひ、少しずつでもいいので貯金は必ずしていきましょう。
しかし、今まで貯金の習慣がなかった人が貯金をするのは至難の業。

なぜならそのような人は収入の大小にかかわらず「あればあるだけ使ってしまう」という特徴があるからです。

人間は通常大きな変化を嫌う生き物です。
そこでおすすめの方法が「収入の10分の1を毎回必ず貯金する」という習慣を持つことです。

10分の1なら生活に支障が出ることはありませんし、小さな変化なので続けやすくなります。
目標は1年分もしくは最低半年分の貯金をつくることです。

もちろんあればあるだけいいに越したことはありませんが、そのくらいの貯金を常に持てるようにすることで「不必要な不安や心配」や「生活費のための仕事」などによる時間の無駄が減り、あなたの「働かない生き方」の実現を後押しします。

⑨ど田舎に引っ越す・海外に引っ越す

「生活費を下げる」の項目に若干重複しますが、思い切ってど田舎や物価の安い海外に引っ越すという方法もアリです。
このような場所に住まいを変えることで必要な生活費の最低ラインが大幅に下がれば、それに応じて稼がなければいけない最低ラインも下げることができます。

それに現在は、パソコンとインターネット回線さえあればどこでも「リモートワーク(在宅ワーク)」ができる時代なので実現性が高い方法と言えるでしょう。

⑩転職する

現在働いている人でしたら「転職」するというのもひとつの有効な手段といえるでしょう。
例えば、幼稚園、小中高、大学などの教育関係の職業やホテルや旅館、飲食店などの宿泊、飲食サービスの職業は、いずれも終業時間がはっきりしているため一部例外を除いて労働時間が少なくなる傾向があります。
このような職業に就いて極力労働時間を減らすことで、プライベートに充てる時間を増やすことができます。
その時間を自己研鑽に充てることができればお金を確実に稼ぎながら両立したライフスタイルを築くことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んで現代は色んな働き方や生き方を選択できることが分かったと思います。
ぜひあなたもこれらのことを念頭に置いて少しずつでもいいので出来ることから始めてみてください!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

最初のコメントをしよう

任意