【公式&非公式】Facebookバナー(ロゴ)画像のダウンロード方法

【公式&非公式】Facebookバナー(ロゴ)画像のダウンロード方法

自分のブログやホームページで、Facebookのバナー(ロゴ画像)を使いたいと思ったことはありませんか?

結論からお伝えすると、Facebookのバナー(ロゴ画像)は、公式サイトの「ブランドリソースセンター」というページからダウンロードできます。

ただ、ダウンロードするまでの手順が複雑だったり、規約が細かいため、ダウンロードがうまくいかないこともしばしば。

そこで今回は、Facebookのバナー画像をダウンロードする方法と、規約の注意点などを紹介します。
この記事を読めば、Facebookの公式バナー(ロゴ)画像がきちんとダウンロードできますよ。

また、Facebookのバナー(ロゴ)画像には、さまざまな非公式のデザインもあります。
公式のデザインは洗練されていますが、非公式のデザインもなかなかいい感じ。
そのため、この記事の後半では、Facebook非公式のバナー(ロゴ)画像がダウンロードできるサイトを3つ、紹介しています。

ぜひ、最後まで読んでいってください!

Facebook公式バナー(ロゴ)画像のダウンロード方法

それでは、Facebook公式バナー(ロゴ)画像のダウンロード方法を紹介していきます。
Facebook公式バナー(ロゴ)画像をダウンロードする手順自体は、そこまで多くなく、大きく分けて3つのステップOK。

順番に紹介していきますので、安心してくださいね。

手順1. Facebookブランドリソースセンターにアクセス

まずはFacebookブランドリソースセンターにアクセスしましょう。

Facebookブランドリソースセンター:https://ja.facebookbrand.com/

表示された画面中央の右側に、
・ガイドラインを見る
・ 素材を探す
と書かれた箇所があります。

ガイドラインの注意事項については、今回の記事でも詳しく紹介します。今回の記事を読んでもなお心配な場合は、こちらをクリックして、ガイドラインを確認してください。

ということで、ここではひとまず、「素材を探す」をクリックしましょう。

手順2. 使いたいバナー(ロゴ)画像をクリック

「素材を探す」をクリックすると、「素材」と大きく表示されたページが開きます。

文房具の画像を見ると、懐かしい気分になりますね。(とくに、三角定規とか。)

・・・と、気を取り直して。
表示された画面を、少し下にスクロールしましょう。

「ロゴとバナー」という項目を、確認できたでしょうか?

右側に、
・「f」ロゴ
・「いいね!」ボタンのアイコン
・親指アイコン
・Facebookもチェック
・Facebookワードマーク
という5つのバナー(ロゴ)画像がありますね。

これらの画像は、すべて無料でダウンロード可能です。
ただ、右下にある「facebook」と書かれたFacebookワードマークは、Facebookにログインした状態でないとダウンロードできませんので、ご注意ください。

他4つのバナー(ロゴ)画像については、Facebookにログインしていない状態でもダウンロードできます。
つまり、Facebookのアカウントがなくても、ダウンロードできるということですね。今回は、使い勝手のよい親指アイコンを選択して、クリックします。

手順3. 表示させたいメディアを選んで、ダウンロード

親指のアイコンをクリックすると、親指のアイコンをダウンロードできるページが表示されます。

この画面を下にスクロールしていくと、ガイドラインとして、
・推奨事項
・禁止事項
・テレビや映画
という項目が、次々と表示されます。

「推奨事項」や「禁止事項」は、のちほど詳しく紹介しますが、さらっと目を通しておきましょう。
「テレビや映画」については、これらの業界関係者でなければ、気にする必要はありません。

さて、いよいよfacebookの公式バナー(ロゴ)画像をダウンロードするための、最終ステップです。

画面右側に、「素材をダウンロード」という欄があるのを、見つけられますか?

ここに表示されている「メディアを選択してください」というボタンをクリックすると、以下の3項目が表示されます。
・オンライン
・印刷物とパッケージ
・ テレビや映画

今回は、この記事(オンライン)で使用したいため「オンライン」をクリックします。

続いて、「使用に関するガイドラインを読み、これに同意します。」という文章の左側にあるチェックボックスをクリック。
チェックマークがついたら、「ダウンロード」というボタンが押せるようになります。このボタンをクリックすると、facebookの公式バナー(ロゴ)画像のダウンロードが完了です!

facebook公式バナー(ロゴ)画像を使用するときの注意点

注意点

さて、facebookの公式バナー(ロゴ)画像を無事ダウンロードできましたね。

ただ、少し不安な部分があると思います。
「禁止事項」
この言葉が、頭に残っていないでしょうか?

そう、facebookの公式バナー(ロゴ)画像を使うときは、いくつかの守るべき注意点があるのです。
ここでは、facebookの公式バナー(ロゴ)画像を使うときの注意点を紹介します。

公式バナー(ロゴ)画像のサイズについて

facebookの公式バナー(ロゴ)画像のサイズについては、用意されたもの以外、使えません。
また、用意されている画像のサイズは、種類によって異なります。

たとえば、今回ダウンロードした「親指アイコン」は、

・よこ1419px たて1368px
・ よこ93px たて77px

という2つのサイズしかありませんでした。

一方、「facebookもチェック」の画像は、7サイズが用意されていました。
(すべて紹介すると長くなってしまうので、省略します。)

少し不自由な感じがしますが、用意されているサイズ以外は、実際のところあまり使い勝手が良くないのかもしれませんね。

公式バナー(ロゴ)画像使用の推奨事項

facebookの公式バナー(ロゴ)画像を使用する場合、それぞれの画像に推奨事項があります。
今回ダウンロードした「親指アイコン」を例に見てみると、Facebookブランドリソースセンターには、以下の推奨事項が記載されていました。

・ 一般的な推奨事項と禁止事項に従う。
・ 親指アイコンにはかならず、アクションを促す言葉(「Facebookで「いいね!」してね」など)を明記したうえで使用する。
・ 親指アイコンをオンラインで使用する場合は、自社のFacebookページに直接リンクさせる。

なるほど、いまいちよくわかりませんね。
簡単に言い換えると、このアイコンを使うときは、Facebookへのリンクと、アクションを促す言葉を明記しないといけないようです。

そのうえで、「一般的な推奨事項と禁止事項に従う」必要があるそうです。

では、その「一般的な推奨事項と禁止事項」とは何か?というと・・・

推奨事項
・ Facebookの他の規約やポリシーに従う。
・Facebookブランド素材の周囲には十分なスペースを取り、すっきりと見えるようにする。
禁止事項
・ 商法登録、ドメイン名登録などでFacebookブランドの権利を主張しない。
・デザインや色を変更するなどの方法で、Facebookブランド素材を変更しない。
・使えないもの(中略)
・ Facebookブランドを次のような方法で表示しない。(中略)
・ Facebook素材を、ポルノや違法行為などFacebook規約に違反するコンテンツに関連付けられたものに表示しない。

ということで、「長い!」のひとことです。長すぎて、中略しました。

「一般的な推奨事項と禁止事項」をまとめると、
・ 画像素材には手を加えないでね。
・ Facebookの本家っぽいことをしないでね。
・ 変なことには使わないでね。
と言い換えられるでしょう。

公式バナー(ロゴ)画像使用の禁止事項

禁止事項

公式バナー(ロゴ)画像の使用に関して、推奨事項のほかに、禁止事項もあります。
今回ダウンロードした「親指アイコン」を例に見てみると、Facebookブランドリソースセンターには、以下の禁止事項が記載されていました。

・Facebook広告では親指アイコンを使用しない。
・ 本文中の「いいね!」という言葉の代わりに親指アイコンを使用しない。
・ デザイン、サイズ、色など、いかなる方法でも親指アイコンに変更を加えない。技術的な制約により正しい色を使用できない場合は、白黒で使用する。
・ 親指アイコンの形をアニメーションで動かしたり、物体として作成したりしない。
・ Facebookの他のシンボルやアイコンと一緒に親指アイコンを使用しない。

先ほどの推奨事項よりも、多少すっきりしていて、意味もわかりやすいですね。ダウンロードした公式バナー(ロゴ)画像は、加工せずにそのまま使いましょうということのようです。

フリーのFacebookバナー(ロゴ)画像がダウンロードできる3サイト

ここまでは、Facebook公式のバナー(ロゴ)画像のダウンロード方法と、その注意点を紹介してきました。
公式の画像が無料で使えるので、とてもありがたい反面、推奨事項や禁止事項が多くて、少しめんどくさい感じもしますよね・・・

そこで、最後に、フリーのFacebookバナー(ロゴ画像)がダウンロードできるサイトを3つ、紹介します。

1. 四角形のバナー画像なら【iconshock】

公式URL:https://www.iconshock.com/Facebook-icons-search/

iconshockには、Facebookをはじめとする、有名SNSのバナー画像が、多数用意されています。
四角形のものが多くありますが、こうして見てみると、Facebook Messengerのような丸型のバナー画像もありますね。

また、左下の色とりどりの場所をクリックすれば、バナー画像の色を簡単に変更できます。
たとえば、赤をクリックすると・・・

上の画像のように、Facebookのバナー画像が、全体的に赤くなりました。
(一部、立体のバナー画像は、色が変わらないようですね。)

これらのバナー画像は、わずらわしいzipファイル形式ではなく、png形式でひとつずつダウンロードできます。

2. サイズが豊富なバナー画像なら【icon-rainbow】

公式URL:http://icon-rainbow.com/?s=Facebook

icon-rainbowには、豊富なサイズのバナー画像が用意されています。
カラーは多くありませんが、
・16px
・ 32px
・48px
・ 64px
・ 128px
・256px
・ 512px
という7個のサイズから、あなたの用途にあったFacebookバナー(ロゴ)画像をダウンロードできます。

加えて、PhotoshopやIllustratorのファイルもダウンロードできるので、サイズを優先したい場合は、icon-rainbowがオススメです。

3. シンプルなバナー画像なら【freepik】

公式URL:https://jp.freepik.com/index.php?goto=2&searchform=1&k=Facebook

freepikには、Facebookをはじめとした、さまざまなSNSのシンプルなバナー画像が用意されています。
シンプルながらオシャレなデザインの画像もあり、見ているだけでワクワクしてしまいますね!

中には「プレミアムユーザー」しかダウンロードできないバナー画像もありますが、画面に表示されるほとんどのバナー画像は、無料で誰でもダウンロードできますよ。

こちらの記事も参考にしてください。

まとめ

今回は、Facebookの公式バナー(ロゴ)画像をダウンロードする方法と、その際の注意点。フリーのFacebookバナー画像がダウンロードできるサイトを紹介してきましたが、いかがでしたか?
筆者としては、公式のバナー(ロゴ)画像は、もう少しガイドラインが緩ければいいのになーと思います。
やはり、公式の画像が、一番イメージしやすいですからね。

一方で、フリーのFacebookバナー(ロゴ)画像には、デザイナーさんのセンスの良さを感じますね。
オシャレです、うん。

ということで、Facebookの公式バナー画像も、フリーのバナー画像も、甲乙つけがたい感じです。
公式のバナー画像と、フリーのバナー画像。
どちらを使う場合にも、ガイドラインやマナーを守って使いましょうね!

今月のオススメ記事BEST5



インターネットでお小遣いを稼ぎたいと考えているあなたにオススメ!
→ 月1万円以上は簡単!ネットを使ったお小遣い稼ぎの方法おすすめ20選

副業を考えているサラリーマンにオススメ!
→ サラリーマン副業ランキングTOP10!実際に稼げたもの限定【TV放映】

人生を変えたいあなたにオススメ!
→ 仕事のせいで家庭崩壊寸前だった私が18ヶ月後に独立できて、家族を笑顔にできたワケ

自宅でできる仕事をお探しのあなたにオススメ!
→ 【2018年最新版】自宅でできる仕事おすすめ40選!

フリマアプリのメルカリで高く売れるものを知りたいあなたにオススメ!
→ 意外!?メルカリで高く売れるものランキングベスト20!