SEOに重要なドメインパワーとは?調べ方と上げる方法を徹底解説!

SEOに重要なドメインパワーとは?調べ方と上げる方法を徹底解説!

サイトやブログが検索順位で上位表示されるにはさまざまな要因がありますが、ドメインパワーの強さもそのうちのひとつです。

ドメインパワーは、簡単にいうと検索エンジンに対する信頼度のようなもの。信頼度が高ければ高いほど、検索結果で上位表示される確率も上がります。サイトやブログを運営している方でとくに「検索順位を上げたい!」という方は、自分のドメインパワーがどれくらい強いのか、しっかり抑えておく必要があるのです。

でも
「ドメインパワーって一体どうやって調べたらいいの?」
「ドメインパワーはどうやったら上げられるの?」
「そもそもドメインパワーを上げるメリットって?」

と気になりますよね。

このページでは、ドメインパワーの具体的な調べ方や、上げる方法、メリットについて具体的にお伝えしていきます。

ドメインパワーとは?

ドメインパワーとは?

ドメインパワーとはその名のとおり「サイトやブログの力」で、検索エンジンに対する信頼度のようなものです。

ドメインパワーは200以上あるSEOの評価基準の1つとされています。ドメインパワーが強いサイトの方が検索エンジンで上位表示されやすくなりますが、ドメインパワーを強くしたからといって必ずしも検索順位で上位表示できるとは限りません。

ドメインパワーはMozやMajestic、Ahrefsなどのツールを使ってその強さを測ることができます。

ドメインパワーを上げるメリット

では実際にドメインパワーを上げると、どのようなメリットがあるのかについて説明していきます。

ドメインパワーを上げるメリットは大きく分けて下記の3つ。

  1. 検索結果の順位が上がりやすくなる
  2. 検索結果の順位が上がることでアクセス数が増える
  3. 検索結果にインデックスされやすくなる可能性がある

それぞれ解説していきます。

1.検索結果の順位が上がりやすくなる

検索結果の順位はドメインパワーだけで決まるわけではありませんが、ドメインパワーが強いサイトやブログは、検索順位が上がりやすい傾向にあります。

もちろんキーワードやライバルの強さによっても違うので、一概にはいえませんが、ドメインパワーがあるに越したことはないでしょう。

2.検索結果の順位が上がることでアクセス数が増える

ドメインパワーが上がり、検索結果の順位が上がると、結果流入するアクセス数も増えていきます。

そのアクセスしてきたサイト訪問者に対して適切な情報を届けていると、その行動データがGoogleから評価され、検索順位が上がる要因になり、さらにアクセスも増えるのです。

3.検索結果にインデックスされやすくなる

更新頻度にもよりますが、ドメインパワーが強いドメインはGoogleからの評価が高いので、検索エンジンにインデックスされやすくなる可能性があります。

またインデックスされてアクセスが集まったときにしっかりとしたコンテンツであれば、結果Googleから評価を受けるスピードも速くなるのです。

自分のサイトやブログのドメインパワーの調べ方

ドメインパワー調べ方

ドメインパワーを調べるにはいくつかの方法がありますが、ここではMozから調べる方法とMoz以外(Majestic、Ahrefs)から調べる方法を紹介します。

MozのLink Explorer(リンクエクスプローラー)を使って調べる

MozというSEO企業が提供している、Link Explorer(リンクエクスプローラー)というサービスを使えば、ドメインパワーを調べることが可能です。

まずはMozの無料会員登録をおこなってください。

MozのLink Explorer

会員登録したら、Link Explorer(リンクエクスプローラー)にアクセスし、入力欄に調べたいドメイン名、またはURLを入力後「虫眼鏡マーク」をクリックします。

Link Explorer(リンクエクスプローラー)

Link Explorer(リンクエクスプローラー)

赤枠の「DOMAIN AUTHORITY」に着目します。「DOMAIN AUTHORITY」とはドメイン単位の強さを測る数値で、Moz独自の指標で0~100までで表示されます。数値はあくまでも目安ですが、一般的に高ければ高いほうがよいとされています。

上記の解析は無料アカウントの場合、月に10URLまでという制限がありますが、ライバルのドメイン、URLの情報も調べられるので、サイト作成の参考にしてみてください。

GoogleChromeの拡張機能「MozBar」が便利!

「MozBar」はMozにアクセスしなくても、調べたいサイトにアクセスするだけでドメインパワーを調べることができるGoogleChromeの拡張機能です。

MozBar

インストールすると、上記のようにブラウザの右上にMozBarのアイコンが表示されます。

アイコンが青色になっている状態で、ドメインパワーを調べたいサイトにアクセスすると、下記の画像のように「DOMAIN AUTHORITY(DA)」が簡単に見られます。

DOMAIN AUTHORITY(DA)

また「MozBar」をONの状態にしておくと、なんと検索結果上でサイトを開かなくてもドメインパワーを調べることができるのです。

ドメインパワーを調べることができる

続いてMoz以外のツール(Majestic、Ahrefs)というサイトを使ったドメインパワーの調べ方を紹介します。

ドメインパワーをMoz以外で調べる方法

ドメインパワーを調べるその他の方法として、「Moz」に似たSEOサービス「Majestic」や「Ahrefs」というツールでも確認できます。

Majesticを使って調べる

Majesticはアカウント登録をしなくてもドメインパワーを調べられるSEOツールです。使い方は簡単でMajesticにアクセス後URLを入力し、虫眼鏡マークをクリックするだけ。

Majestic

表示された画面の「トラストフロー」に着目します。

Majestic

「トラストフロー」の数値が大きければ大きいほどドメインパワーが強いと判断します。

Ahrefsを使ってドメインパワーを調べる

Ahrefs

Ahrefsはウクライナとシンガポールの多国籍企業が運営するSEO分析ツールです。世界中に約60万人の利用者が海外のサービスですが、日本語にも対応しています。

アカウント登録時に7日間7ドルの利用料が必要ですが、その後無料アカウントへの変更も可能。無料アカウントでは1日2URLまでドメインを調査できます。

AhrefsのDRの数値を確認

Ahrefsでドメインパワーを調べるときに着目する項目は、DR(ドメインレーティング、以下DR)という数値です。

DRは被リンクの質や量によってAhrefsが独自の評価を数値化している項目で、1~100までの数値でより高い方がドメインパワーが強いといえます。

またDRはGoogleの検索順位と相関関係があるとされ、DRを上げることがSEO上で重要になります。

 

DRの調べ方

Ahrefsにログインしたら「サイトエクスプローラー」をクリックします。サイトエクスプローラーでドメイン名またはURLを入力し、オレンジ色の虫眼鏡マークをクリックします。

サイトエクスプローラー

出てきた画面の赤枠で囲まれたDRの数値を確認してください。この数値が高ければ高いほど、ドメインパワーが強いということができます。

ドメインパワーの目安は?

ドメインパワーの目安は?

自分のサイトのドメインパワーがどの程度のものか、気になる方は多いかと思います。ドメインパワーの目安として、下記の指標を参考にしましょう。

・Moz→「DOMAIN AUTHORITY(DA)」20以上
・Majestic→「トラストフロー」20以上
・Ahrefs→「DR」3以上

上記はあくまでも目安として考えましょう。もし自分のサイトやブログのドメインパワーが弱かったとしても、心配する必要はありません。以下に紹介する方法でサイトを運営すれば、おのずとドメインパワーは上がっていくでしょう。

ドメインパワーを上げる4つの方法

ドメインパワー

ドメインパワーを上げるには、大きく分けて4つの方法があります。

  1. ロングテールキーワードで記事を書き、アクセス数を増やす
  2. サイト訪問者に適切な情報を届け続ける
  3. ドメインの運用歴を長くする
  4. 外部リンクを活用する

それぞれの項目を詳しく見ていきましょう。

ドメインパワーを上げる方法1. ロングテールキーワードで記事を書き、アクセス数を増やす

ロングテールキーワードとは検索ボリュームは少ないが、ライバルが少なく比較的記事が上位表示しやすいキーワードのことです。

ドメインパワーを上げるには、サイトの訪問者数(=アクセス数)を増やしてサイトの評価を高めることが重要ですが、作りたてのサイトなどドメインパワーが弱いサイトの場合、どんなによい記事を書いてもなかなか上位表示されず、アクセスすら来ない場合も多々あります。

そんなときはロングテールキーワードで記事を書いて上位表示を狙い、アクセスを稼ぐページを増やすとよいでしょう。

ロングテールキーワードを狙うページを書いてアクセスを集めやすいサイトにすれば、サイト全体の評価が高まり、ドメインパワーが上がりやすくなります。

ドメインパワーを上げる方法2.サイト訪問者に適切な情報を届け続ける

ドメインパワーを上げることと検索結果で上位表示させることは、相関関係があるといってよいでしょう。

SEOではサイト訪問者に対して適切で有益な情報を与えることが重要ですが、そのようなことを意識して運営すると自然とドメインパワーも上がっていきます。

以下にサイト訪問者に適切な情報を与えるために必要な要素を挙げました。どれも検索結果で上位表示させるために重要なことなので、サイト運営者はぜひ把握しておきましょう。

1.1記事内の文字数、単語数を増やす
2.記事数を増やす
3.記事の質を上げる
4.サイト内の情報の更新頻度を高くする
5.サイト内の専門性を高める
6.関連する記事への適切な内部リンクをおこなう
7.情報を伝えやすいテンプレートに変える

1.1記事内の文字数、単語数を増やす

ただ闇雲に文字数、単語数を増やせばいいというわけではありませんが、やはりある程度の文字数がないと検索エンジンにも評価されづらいですし、サイト訪問者に有益な情報を届けられません。

2.記事数を増やす


記事数が少ないサイトよりは、記事数が多いサイトの方がドメインパワーは上がりやすくなります。
しかし低品質な記事を量産しても逆にドメインパワーは上がりません。

3.記事の質を上げる

記事を増やすことは重要ですが、ひとつひとつの記事の質をしっかり上げましょう。
質の低い記事を量産してもサイト全体の評価を下げることに繋がります。ドメインパワーを上げるためには高品質な記事を増やすことが重要なのです。

4.サイト内の情報の更新頻度を高くする

ドメインパワーを上げるには、サイト内の更新頻度を上げることも重要な要素のひとつです。

ドメインパワーを上げるためには記事の追加はもちろん、リライトも含めたサイト内の更新頻度を上げるようにしましょう。

5.サイト内の専門性を高める

たとえばまったく同じ記事をさまざまなジャンルが乱雑する雑記サイトと、ジャンルを統一させた専門性の高いサイトで書いたとすると、やはり後者のほうが検索結果の上位にいきやすいです。

サイトを運営する際はできるだけジャンルを絞り、ジャンルに特化したサイトを作成するとドメインパワーが上がりやすくなります。

6.関連する記事への適切な内部リンクをおこなう

関連する記事への適切な内部リンクを使うことによって、サイト訪問者の利便性が上がります。利便性が上がると結果的にユーザーがサイトにいる滞在時間が長くなり、ドメインの評価が上がりやすくなります。

重要なのは「適切な」内部リンクが施されている状態であることです。リンク元とリンク先のページが関係のないものではユーザーの利便性は上がらず、ドメインパワーの評価に繋がりません。

また内部リンクの前後の文章がリンク先と関連している情報か、内部リンクで別のページに遷移することでユーザーは求める情報を得ることができるか、という点に着目しながら、適切な内部リンクを設置しましょう。

7.情報を伝えやすいテンプレートに変える

情報を伝えやすいWordPressのテーマ、SIRIUSのテンプレートに変更することで、ドメインパワーが強くなる場合もあります。

デザインやテーマごとの仕様も含めて、検討してみてください。

ドメインパワーを上げる方法3. ドメインの運用歴を長くする

運用歴が長いドメインの方が、運用歴が浅いドメインよりも、ドメインパワーが強くなる傾向にあります。

開設して間もないサイト、開設してから10年以上経っているサイトを比較すると、後者のサイトがドメインパワーが強いことは明らかです。

そのため、サイトを運営してすぐに検索結果で上位表示させたい場合は、新規ドメインを利用するのではなく、はじめから運用歴のある中古ドメインを使うのもひとつの手です。

以下に中古ドメインを使うメリットを紹介します。

中古ドメインを使えば運用歴を時短できるかも!?

中古ドメインは、過去に別の誰かが運用していたドメインで、今は期限切れになっているドメインのこと。

期限切れとなった中古ドメインを使うことで、はじめから強いドメインパワーを持ったドメインを運用することができるのです。

中古ドメインの中には、過去に運用してきた中でスパムリンクを受けているものもありますので、このあたりは見極めが必要です。

「Wayback Machine」というキャッシュデータ閲覧サービスを使えば、その中古ドメインが過去にどんなサイトを運営していたか、ドメインがどれだけの期間運用されていたか、過去にペナルティを受けたかを判別することができます。

【Wayback Machine】
http://archive.org/web/

その他「aguse.jp」という無料ツールで、スパムリンクを受けたドメインか判別することも可能です。

【aguse.jp】
https://www.aguse.jp/

中古ドメインの選定方法には、その他にも色々なものがありますので、「中古ドメインを活用してみたい!」という方はぜひ一度チェックしてみてください。

中古ドメインとは?選び方・探し方を解説!SEO効果を1ヶ月検証

ドメインパワーを上げる方法4.外部リンクを活用する

外部リンクが多い=そのサイトは人気があると検索エンジンに認識されるので、ドメインパワーが上がりやすくなります。

外部リンクには2種類あり「自然リンク」と「自演リンク」に分かれます。

1.自然リンク
サイトを運営してく中で自然に獲得していくリンク。ナチュラルリンク。
2.自演リンク
自分で作った別のサイトから自分のサイトにリンクを供給するリンク。自作自演リンク。

それぞれのリンクの特徴について解説します。

自然リンク(ナチュラルリンク)を獲得する

SEOにおいてもっとも効果が高いといわれるのが、自然リンク。自然リンクはサイトの人気投票のようなものなので、記事やページが気に入られれば、サイトの運営歴とともに自然とついていきます。

自然リンクを多く獲得するためには、とにかく質の高い記事をたくさん書き続ける必要があります。

質の高い記事とは、サイト訪問者にとって有益な情報を届けている記事のことです。

自分の記事やページが他のサイトで引用されリンクを獲得した場合も、自然リンクになります。サイト訪問者にとって「この記事わかりやすい!」「この記事共感する!」といってもらえるような記事を意識して作成していきましょう。

自演リンクを送る

自演リンクは自然リンクとは異なり、自分のサイトから自分の上位表示させたいサイトへ送るリンクのことです。

自演リンクは検索エンジンをドメインの評価を上げる手法なので、検索エンジンからペナルティを受けるリスクを伴います。

ペナルティを受けるのを避けるために同一IPからのリンクを少なくしたり、アンカーテキストを変えたりして、工夫を凝らします。

まとめ

いかがでしたか。

冒頭で説明したように、ドメインパワーは検索エンジンからの信頼度のようなものです。この信頼度が上がれば検索結果で上位表示されやすくなります。

今回紹介したドメインパワーを上げる施策をおこなってみてドメインパワーがどのように上がったか、検索順位がどう変化したか計測しながらサイトを運営していきましょう。

AMC(アフィリエイトマスター講座)とは?

あなたは今の生活でこんな悩みや不満を抱えていませんか?

・月3万円でもおこづかいを増やしたい
・子供の学費、家のローン等の将来の支払いが不安
・老後の生活に危機感を抱えている

以上のような悩みをお持ちなら、パソコン1台あれば自宅でも取り組むことが可能で、初期投資費用があまりかからないアフィリエイトが、あなたの悩みを解決してくれるかもしれません。

アフィリエイトで成功するためには、以下の3つの要素が必要不可欠と言われます。

・正しいアフィリエイト手法の実践
・いつでも質問できるサポート体制
・作業のモチベーションを保ち続けるための環境

弊社で運営するAMC(アフィリエイトマスター講座)では、上の3つを満たして「初心者でもゼロから30万円突破」が出来るように日々サポートをおこなっています。

これから「収入の柱を増やしたい」と考えている方は、ぜひ下記の無料講座をチェックしてください。

今月のオススメ記事BEST5



インターネットでお小遣いを稼ぎたいと考えているあなたにオススメ!
→ 月1万円以上は簡単!ネットを使ったお小遣い稼ぎの方法おすすめ20選

副業を考えているサラリーマンにオススメ!
→ サラリーマン副業ランキングTOP10!実際に稼げたもの限定【TV放映】

人生を変えたいあなたにオススメ!
→ 仕事のせいで家庭崩壊寸前だった私が18ヶ月後に独立できて、家族を笑顔にできたワケ

自宅でできる仕事をお探しのあなたにオススメ!
→ 【2019年最新版】自宅でできる仕事おすすめ40選!

フリマアプリのメルカリで高く売れるものを知りたいあなたにオススメ!
→ 意外!?メルカリで高く売れるものランキングベスト20!