1. TOP
  2. WordPressって何?CMSを導入したい人と企業におすすめの理由を解説

WordPressって何?CMSを導入したい人と企業におすすめの理由を解説

WordPress(ワードプレス)はもともとブログサービスのひとつとして開発されました。

しかし今では個人がブログとして利用するのみならず、多くの有名企業も自社のコーポレートサイトの制作に導入しています。

ワードプレスと似たようなソフトウェアは他にもありますが、その機能性は非常に高く、SEO(検索)対策にも強いといった多くの長所があることが支持されている理由です。

今回はワードプレスについて聞いたことがあるけれどまだ始めるかどうかを検討中の個人や企業の方向けに、ワードプレスの特徴とセキュリティの問題、他のCMSとの違いなどについてまとめてみました

WordPressは少し難しそうで上級者用のソフトウェアにも見えますが、慣れればHTMLやCSSといったコンピューター言語に詳しくなくとも扱うことができます。

ブログのような感覚で記事を更新することができ、本格的にカスタマイズもできます。

多くの長所があるWordPressをぜひ取り入れてみてください。

そもそもWordPressって何?

 

WordPressはCMSの一つです。CMSとはコンテンツ・マネジメント・システムの略であり、HTMLなどのコンピューターの専門知識がなくても、ホームページを更新することができるシステムを指します。

CMSはWordPress以外にも様々な種類があります。たとえば「はてなブログ」や「アメブロ」のようなサービスが有名で、芸能人から一般の方まで様々な方が利用しています。

WordPressはそれらのブログサービスよりも扱いが少々難しいです。しかし、その分デザインや構造を自由にカスタマイズできることが特徴です。

WordPressには「テーマ」という仕組みがあり、テーマを変更することで比較的簡単にデザインを変えることができます。

普通のサイトでは全体のデザインを変えるとなると、一枚一枚のページを書き換えなければいけないためとても手間がかかります。

しかしWordPressはデザインとコンテンツが切り離されているため、記事や画像、カテゴリやタグなどの情報はそのままにテーマを変更することで、サイトの見た目部分を変更する事ができます。

更新性が高く企業のホームページの作成にも向いています。

WordPress以前にもCMSはありましたが、多機能な分高額なものが多く資金が豊富でない中小企業や個人などでは導入することが難しかったです。

しかしWordPressはオープンソースなので基本機能は無料で使うことができます。

サーバーやドメインは自分で取得しなければならないので運営には多少お金はかかりますが、安価に更新性の高いサイトを運用できることが、WordPressの優れている点です。

WordPressをおすすめする3つの理由

1.世界ナンバー1のシェア

WordPressは数あるCMSのなかでも最も人気の高いソフトウェアの一つで、日本国内・海外を問わずCMSのなかでナンバー1のシェアを誇ります。

その理由として、情報が非常に豊富なこと、バージョンアップが頻繁に行われ機能が拡充されること、機能が高いもののそこまで専門的な知識がなく利用することができること、などがあげられます。

利用者、開発者としてWordPressに関わる人は非常に多いです。そのためWEB上に使い方やカスタマイズ法などの情報がとても豊富にあります。

利用者の少ないCMSですと検索しても使い方が出てこないということもありますが、WordPressではそのような心配はほとんどありません。オンライン上のみならず多くの書籍も出版されているので、安心して利用することができます。

また、WordPressは頻繁にバージョンアップされ機能やセキュリティが強化されます。

新作のテーマやプラグインも増えていくため常に進化しています。利用者の数が多いことからも今後も発展することが予測されます。

WordPressを完全に使いこなそうとしたらPHP言語やMySQL(データベース)のような知識が必要になってきます。とはいえ導入するだけであれば専門的な知識はそこまで必要ありません。比較的簡単に始めることができ、かつサイトとして貧弱にならない点も魅力です。

多くの長所がありながらもWordPressはオープンソースであるため商業的に使うことも自由です。

無料ブログなどと異なり、閉鎖することもなく安心して使う

ことができます。このような点が世界で最も使われるCMSである所以です。

2.プラグイン機能がとても便利

WordPressの大きな特徴に「プラグイン」があります。これはWordPressという基礎的な骨組みの中に様々な拡張機能をもたせることができる仕組みで、数千という種類の中から自分に合うものを取り入れることができます。

有料なものもありますが、無料でも高機能なプラグインも数多く存在し、インストールも簡単です。

プラグインは頻繁にアップデートが行われ、新しいプラグインも次々と開発されていいます。

初心者におすすめのプラグイン8選

All In One SEO Pack」・・・SEOに関する様々な設定を一括で行うことができます。企業サイトなどで検索の上位に表示させたい場合などは必須です。「Google XML Sitemaps」・・・WordPressに書いた記事コンテンツを検索エンジンに認識してもらうために必要な「サイトマップ」を簡単に生成することができます。

WordPress Popular Posts」・・・サイドバーに読者によく読まれている人気記事を表示することができます。

WordPress Related Posts」・・・各記事の下などに関連する記事を表示することができます。閲覧者を別の記事に誘導することができ、サイトの滞在時間やPV数を増やすことにつながります。

Contact Form 7」・・・お問い合わせフォームを専門的な知識がなくても簡単に作ることができます。

Jetpack by WordPress.com」・・・WordPressを利用するうえで便利な機能を約30種類ほどパックしたものです。セキュリティ面を強化したり、SEO対策を行ったり、SNSとの連携をすることができたりと、様々なことが一つでできるとても高性能なプラグインです。

TinyMCE Advanced」・・・編集の機能を拡張し、表の挿入やYouTubeの埋め込みなど便利な操作を簡単に行うことができるようになります。

WP Total Hacks」・・・Google Analytics のインストールやFaviconの追加など、20ヶ所以上の設定をカスタマイズできるようになります。

3.SEOの観点から見たWordPress

SEOの観点からもWordPressは非常に優れています。サイトの構造がしっかりしているなどの理由から、多くのSEOの専門家がgoogleの検索においてWordPressが優れていることを認めています。

しかしWordPressを導入したからといって、それだけで検索上位になるわけではありません。

インストール直後はまだドメインランクが弱く、SEOを行うには個別の設定が必要になります。具体的には低品質なページは「noindex」に設定する、パンくずリストをつける、関連記事へのリンクをつけるなどです。

また「All In One SEO Pack」や「Google XML sitemaps」といったSEOの機能を強化するプラグインを導入することも大きな効果があります。

このようなプラグインが多数存在しており、比較的簡単にSEO対策の設定ができることもWordPressがSEO的にも優秀であることを後押ししています。

WordPressのセキュリティで気をつける点5つ

前述したようWordPressは世界で最も多く使われているCMSです。利用者が非常に多く情報があふれているオープンソースがゆえに、セキュリティ的に脆弱だと言われることもあります。

しかし、しっかりと対策を行えば不正アクセスなどを防ぐことはできます。特に企業サイトなどでは、セキュリティ対策は必須です。

WordPressを使用する際の注意点や、簡単なセキュリティの強化方法をあげてみました。

1.最新バージョンに保つ

WordPressは本体に加えてプラグインやテーマも頻繁にバージョンアップされます。

更新をせずに古いバージョンをいつまでも使用していると、その分脆弱性は増します。こまめにアップデートして常に最新版を保つことでセキュリティを強固な状態で維持できます。

2.非公式なテーマやプラグインは使用しない

WordPress上には無料なものから有料なものまで様々なプラグインやテーマがあります。

その全てが安全というわけではなく、web制作会社や個人が作成したものも数多くあり、悪意のあるプログラムが組み込まれてしまっている場合もなくはありません。

しかしWordPressの公式サイトによって安全性が確保された公式のテーマやプラグインもあり、それらは安全に使用することができます。はじめのうちは公式のものから使用することをオススメします。

3.使用していないプラグインは削除する

使用していないプラグインをいれたままにしていると、そこからセキュリティが綻んでしまう可能性があります。

WordPress全体も重くなってしまうので、使わないプラグインは削除してしまったほうが良いです。

4.wp-config.phpが外部からアクセスされないようにする

「wp-config.php」はアカウント情報が書かれているファイルであり、ハッカーなどアクセスされてしまうとデータベースを操作されてしまうかもしれません。外部からのアクセスができないように設定しておくと安心です。

5.プラグインを導入する

プラグインのなかにはセキュリティに関わるものもあります。例えば「SiteGuard WP Plugin」、「All In One WP Security & Firewall」、「iThemes Security」などをインストールすることでセキュリティを強化することができます。

以上になります。また万が一に備えてバックアップを取っておくこともとても重要です。

WordPress以外のCMS3つ

WordPressが最も使われているCMSではありますが、その他にも便利なCMSはあります。

WordPress以外のCMSを検討されている方向けに、デザイン性、ECサイト向き、使いやすさという3つの観点からオススメのCMSを紹介します。

デザイン性の高さ・・・Concrete5(コンクリート5)

アメリカで開発された新しいCMSです。直感的な操作で専門的な知識がなくともWebページを作れることが特徴です。

その名の通りコンクリートを積み上げるようにコンテンツを配置していくことで、デザイン的にも優れたページを作成することができます。

企業サイト作りにも向いていて、WordPressよりも比較的簡単かつ安価にページを作成できます。SEOにも強いので安心して利用することができます。

ECサイト向き・・・EC-cube(イーシーキューブ)

ECサイトとはネットを使ってモノやサービスを売買するサイトのことで、例えばネットショップを行いたい場合などに使われることが多いです。

EC-cubeは日本国内で開発されたECサイト特化型のCMSです。ECサイトにおけるオープンソースのソフトウェアとしては国内でナンバー1のシェアを誇ります。

ECサイトを運営していく上で必要な機能は全て網羅しているので、これひとつで全て完結させることができます。

また日本産ゆえに日本語での情報がとても多いのも魅力のひとつです。

使いやすさ重視・・・baserCMS(ベイサーシーエムエス)

サーバーにインストールするだけでサイトを運営していく上での最低限必要な機能が整うので、WordPressよりもさらに楽にWebサイトの制作に取り掛かることができます。

カスタマイズ性が高いので、慣れてくればさらに詳細な設定をすることができます。

こちらも日本産で日本人向けのCMSになるので、扱いやすいという点もメリットです。

ここで紹介した以外にも様々なCMSがあり、それぞれに特徴があります。

WordPressは汎用性がとても高いですが、自由度が高すぎるためにその分扱いにくい一面もあるので、目的や用途によってCMSを使い分けることができると理想です。

まとめ

WordPressについてその特徴や機能、セキュリティ面などを他のCMSなどと比較しながら説明させていただきました。

世界中から選ばれるだけあってWordPressには多くの長所があり、これからも使い続けられるオープンソースになると思います。

非常にカスタマイズ性が高いため深く使いこなそうとすると大変ですが、そこまで専門的な知識がなくともサイトを立ち上げることがでます。

「テーマ」や「プラグイン」という機能があるためにデザインの差し替えや機能の拡張も簡単です。

CMSはWordPress以外にも数多く存在しますが、使い勝手がとても良いため個人でブログをやりたいかたから企業でコーポレートサイトをもちたい方まで、多くの方にオススメすることができます。

これからサイトを立ち上げようと検討されているかたは、WordPressもぜひ候補に加えてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

月刊副業の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

月刊副業の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

月刊副業編集部

月刊副業編集部

月刊副業は株式会社Catch the Webが運営しています。

弊社は日本で一番有料会員数の多いアフィリエイトスクール「AMC」を運営しており、AMCの会員は現在2500名以上、1年間の会員のアフィリエイト報酬額の合計は40億円以上という実績があります。

月刊副業では、アフィリエイターの裾野を広げるという理念の元、初心者の方でも分かりやすいよう、アフィリエイトの情報を中心に副業に関する情報を発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ブロガーとは?ブログ収入の仕組みの徹底解説と有名ブロガー10選

  • パンダとペンギンアップデートの違いとは?対策・コンテンツ作成方法まとめ

  • 検索ボリュームを調べるためのツール13選とその特徴について

  • 【画像解説】Twitterの自動ツイート設定方法と使えるツール6選

関連記事

  • フリーで使えるHTMLエディタ40個からおすすめを選んでみた

  • WordPressのアイキャッチ画像の設定!ライバルと差をつける使い方講座

  • WordPressとFacebookを自動連携するための手順5ステップ

  • 【WordPress】これが定番!使うべきおすすめプラグイン13個

  • 【厳選】WordPressが簡単に利用できるレンタルサーバー比較27選!

  • WordPressのパンくずリストを表示する2つの方法を徹底解説