オウンドメディアの作り方と個人でマネタイズ(収益化)する運用方法を解説

オウンドメディアの作り方と個人でマネタイズ(収益化)する運用方法を解説

【個人】成功するオウンドメディアの作り方と収益化の方法を徹底解説

集客ツールとして多くの企業が導入するようになったオウンドメディア。
最近では業種に関わらず、多くのビジネスでオウンドメディアが活用されています。

ただ、オウンドメディアは企業だけでなく個人でも始めることが可能です。

個人ビジネスを行っている人にとって、見込み客を集めてくれるオウンドメディアは強力な武器となるでしょう。
そこで今回は、

  • 個人がオウンドメディアを始めるメリット
  • オウンドメディアの作り方
  • オウンドメディアで収益化する方法

などについて紹介します。

個人でオウンドメディアを始めたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

 

オウンドメディアとは

オウンドメディアのイメージイラスト

オウンドメディアの定義には様々なものがありますが、インターネットを使った集客ツールの1つとして認識してください。
Webサイトを立ち上げ、記事コンテンツを投稿し、検索エンジン経由でアクセスを集めるのが主な目的です。

個人のブログも情報発信の媒体という意味ではオウンドメディアに当たります。

下記の記事でも、オウンドメディアについて詳しく解説していますので
ぜひチェックしてみてください。

個人がオウンドメディアを始める3つのメリット

オウンドメディアのメリットイメージ
個人でオウンドメディアを始めることには大きく3つのメリットがあります。
ここから詳しく解説しています。

 

大量の見込み客を集客できる

オウンドメディアを始めることで、大量の見込み客を集めることができます。
検索エンジンでページが上位表示されることで、情報を求めている人がメディアに訪れるからです。

個人で店舗などを運営している場合はチラシや広告などで集客を行うのが定番の方法でしたが、多くの資金がかかるために資金力のない事業者が集客できないという問題がありました。

ただ、オウンドメディアであれば月数千円のコストで運営することが可能です。

運営を続けることで月間数十万PVを集めることも可能なので、個人が見込み客を集客するのにオウンドメディアが有効になります。

広告費を払わずにアクセスを集められる

インターネット上でアクセスを集める場合、広告を利用するのが一番早い方法です。

ただ、PPCやFacebook広告では、出稿するために費用がかかってしまいます。
資金力のない個人事業者にとって、アクセスを集めるためにお金を払うのは大きなリスクになります。

ただ、オウンドメディアであれば情報コンテンツを充実させていくことで
検索エンジンから無料でアクセスを集めることが可能です。

広告費をかけなくてもアクセスを集められるのがオウンドメディアのメリットになります。

自分のブランディングにつながる

オウンドメディアを運営することで運営者自身をブランディングすることも可能です。
とある分野において価値ある情報をオウンドメディアで発信し続けることで

「〇〇と言えばこの人」

というようなイメージが定着するからです。

例えば、ルイ・ヴィトンやエルメスなどは品質の高いバッグや財布などを長年販売し続けることでブランド価値を確立しています。

個人のオウンドメディアも同様に、質の高い情報を長期間発信し続けることで
顧客から信頼されてブランディングにつながります。

自身の商品やサービスをブランディングしたい人にもオウンドメディアはおすすめです。

【個人】成功するオウンドメディアの作り方

オウンドメディアの作り方のイメージ
個人のオウンドメディアの作り方についてここから解説していきます。

成功するオウンドメディアを作るために押さえるべきポイントを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

オウンドメディアの目的・目標を決める

まずはオウンドメディアの目的、目標を決めます。

最初に目指すべきゴールを設定しないと、そこに向かうための行動計画を立てられないからです。
目標設定は、「SMARTの法則」というフレームワークに沿って決めるようにしましょう。

SMARTの法則とは、

    • S(Specific):具体的である
    • M(Measurable):計測ができる
    • A(Agreed upon):同意している
    • R(Realistic):現実的である
    • T(Timely):期日が明確

の頭文字を取ったものです。

例えば、

      • 具体的である(見込み客を増やす)
      • 計測ができる(月間10万PV)
      • 同意している(それくらいのPVが必要である)
      • 現実的である(10万PVであれば達成可能な数字だ)
      • 期日が明確(1年後までに)

などはSMARTな目標設定だと言えます。

上記の目標設定を参考にして
オウンドメディアの目的・目標を決めましょう。

オウンドメディアのコンセプトを決める

次に、オウンドメディアのコンセプトを決めます。

コンセプトとは

「誰にどんな情報を届けるメディアにするのか?」

という部分です。

最初にコンセプトを明確にしておくことで、オウンドメディアを運営する際に
メディアの方向性がブレることが少なくなります。

      • 情報を届けるターゲット
      • 情報発信の内容

の2つを明確にするようにしましょう。

WordPressを導入する

オウンドメディアを作るためにはWebサイトを作成する必要があります。

Webサイトを作成するには様々な方法がありますが、おすすめはWordPressというシステムを使用する方法です。

独自ドメインとレンタルサーバーを契約すれば作ることが可能で、テンプレートを変更することでデザインを自由に変更することができます。
オウンドメディアを作るにはWordPressを使用するのがおすすめです。

オウンドメディアについて学ぶ

オウンドメディアで見込み客を集める方法を学ぶのも非常に重要です。

正しい方法で運営を行わないと、オウンドメディアにアクセスを集めることができないからです。
オウンドメディアでアクセスを集めるためには、

  • SEO
  • ライティング
  • マネタイズ
  • 取り組むジャンル
  • デザイン

などなど、様々な知識が必要です。

知識が増えれば増えるほどオウンドメディアの成功に
近づいていきますので、少しずつ勉強していきましょう。

また、他社のオウンドメディアを分析することで見えてくる部分もあるため、こちらもぜひ参考にしてください。

記事を作成して情報発信を継続する

オウンドメディアでメインとなる作業は情報コンテンツの作成です。

読者が求めている情報を記事として発信することで、オウンドメディアにアクセスが集まってきます。

定期的に記事更新を続けることがオウンドメディアで成功するための方法なので、コツコツと質の高い記事を作成していきましょう。

アクセス解析ツールなどで効果測定をする

記事作成を続けると少しずつアクセスが集まってきます。

アクセスがある程度集まった段階で、GoogleアナリティクスやSearch Consoleなどのアクセス解析ツールで効果測定を行うようにしましょう。

どの記事にアクセスが集まっているのか?
どんなキーワードで検索されているのか?

などを測定することで、

  • アクセスが集まっている記事の強化
  • 同じようなキーワードで記事を増やす

などの戦略が見えてきます。

得られた結果を元に行動を改善させることで成功の確率が上がっていきますので、アクセスが集まってきたら効果測定を行ってみてください。

オウンドメディアを個人で収益化する方法

オウンドメディアで収益化するイメージ画像
個人がオウンドメディアに取り組んでどのように収益化するのか?
という部分について解説していきます。

方法は4つあり、

  1. 広告収入
  2. 自社商品販売
  3. リスト取り
  4. オウンドメディア構築のコンサルティング

というものです。

ここから順番に解説していきます。

広告収入

オウンドメディアにアクセスを集め、広告収入を得る方法があります。

具体的には、

  • アフィリエイト
  • Googleアドセンス

などです。

商品を紹介するだけで報酬が発生するので、アクセスさえ集まれば収益化が可能な方法になります。

自社商品の販売

オウンドメディアで集まったアクセスを自社商品の販売に繋げる方法もあります。

自社商品であれば価格やサービス内容を自由に決められるので、広告収入に比べて利益率が高くなる傾向があります。
自社商品販売の例としては、

      • 物販
      • 教材販売
      • コンサルティング

などがあります。

すでに自社商品を販売している方の場合、オウンドメディアで見込み客を集められれば売上を増やすことが可能です。

 

リスト取り

オウンドメディアに集まった人に対してリスト登録をしてもらう方法です。
リストの種類としては、

      • メールアドレス
      • LINEの友だち登録

などがあります。

集まったアクセスをリスト化することによって、こちらから商品やサービスの紹介を行うことができます。

オウンドメディアが受動的にアクセスを集める「待ちの媒体」なのに対し、リストに対してメールやLINEを送るのは「攻めの媒体」とも言われます。

広告収入で収益化する方法よりも難易度はやや上がりますが、収益を安定化させやすい方法です。

オウンドメディア構築のコンサルティング

1つのオウンドメディア構築で結果を出した実績があれば、オウンドメディア構築のコンサルティングを行うことも可能です。

個人事業主や企業などの場合、オウンドメディアを始めたくてもやり方が分からない人は多いので、そのような方にコンサルティングを行うことで報酬を得ることができます。

企業向けのコンサルでは月20万円以上のサービスもあるため、1案件でも受注できれば非常に大きなキャッシュポイントになります。
1つのオウンドメディアで実績を出したら、コンサルティングに展開する方法もおすすめです。

成功しているオウンドメディアの事例

他の会社や個人が運営している成功事例を見るのも非常に重要です。

成功事例を知っておくことで、どのように運営すればよいのかが分かるからです。
下記の記事では成功しているオウンドメディアの特徴や成功事例をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

今回は個人がオウンドメディアを持つメリットや具体的な作り方、収益化の方法などについて解説しました。

スマホやPCが普及してきた今、個人事業主がオウンドメディアを持つことは集客力を高めるために非常に重要です。
毎月数十万PVを集めるメディアを持つことができれば、あなたのビジネスの目標達成に大きく貢献してくれるでしょう。

弊社が運営するオウンドメディア構築のスクールでは、個人でも月数十万、数百万PVを達成できるノウハウとサポート体制を用意しております。
今ならノウハウの一部を無料講座として公開していますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

> 【無料講座】個人でも100万PVを集められたオウンドメディア構築ノウハウはこちら <

オウンドメディアで成功した個人の事例は下記の記事を参考にしてください。

今月のオススメ記事BEST5