アフィリエイトの記事に必要な文字数は?結果を出すための必須事項

アフィリエイト 文字数

「アフィリエイトで結果を出すためには1記事あたり何文字書けばいいの?」と疑問に思っているあなたに、今回の記事ではアフィリエイトの記事作成のいろはをお教えします。

あなたは、アフィリエイトを通して「毎月数万円の副収入を得て今よりも生活を楽にしたい」「数十万円、百万円以上の月収を達成して会社から独立したい」などの夢や人生の目標を達成したいと思っていることでしょう。

実はアフィリエイトの記事作成において、文字数を”目標”にしてしまうことは、一歩間違うとあなたの目指している夢や人生の目標からあなたを遠ざけてしまう場合もあります。これからアフィリエイトをはじめる、本格的にアフィリエイトで稼ぎたいと思う人は今回の記事でお伝えする”記事作成の基本的な姿勢”を知ってください。

アフィリエイト記事の文字数が少なくても良いという風潮

文字数 風潮
アフィリエイトの記事作成に必要な文字数の話をする前に、アフィリエイトと一口に言ってもいろいろなイメージを持つ人がいるので、まずは意識統一をしましょう。

アフィリエイトに対して以下のようなイメージを持っていませんか?

・ニュースやゴシップネタをまとめるだけだ
・簡単な日記を無料ブログに投稿するだけだ
・ネットで知識を集めてまとめたら記事になる
・サイトのジャンルが決まらないから雑記ブログにしちゃえばいっかw

上記に一つでも当てはまるなら要注意です。

この思考はあなたがアフィリエイトで成功する確率をグッと下げてしまう恐れがあります。

戦略なく記事を書いても成功しない?

あなたがアフィリエイトに対して「何となくやっていればそのうち稼げるでしょ」漠然としたイメージを持って取り組んでいるのだとしたら、今後の作業前に一度、考え方を見直した方が良いでしょう

あなたはこれから記事を書くと思いますが、それらの記事を書いてどんなサイトを作ろうと考えていますか?

「Webサイトを作ってアクセスを集める」ことを考える時、いちばん大事になることは検索者需要”を捉えることです。検索需要を捉えることでアフィリエイト商品の購入につながりやすいアクセスを集められるので、理論上は報酬が上がりやすくなります。ですから、好き勝手に、漠然と、戦略なく記事やサイトを作ってしまうと、あなたのサイトは成果に繋がらなくなってしまう可能性が出てしまうのです。

基本戦略!キーワードを狙おう(SEO)

検索者の需要を捉えるとはどういうことでしょうか。

脱毛案件を紹介するなら「脱毛エステ」「足の毛 除毛」など紹介したい案件に興味がありそうな人が検索してくるキーワードを狙って記事を作成します。そうすることで、案件を購入する見込みのあるユーザーが検索する市場からのアクセスを狙いに行きます。

キーワードを狙うとは、そのキーワードで検索した時の検索結果に、上位表示されるような対策を施した記事を作成するという意味です。こうした特定のキーワードで上位表示されるための対策を、検索エンジン最適化(SEO)と呼びます。

案件を購入してくれる見込みのあるキーワードからの流入のある記事をたくさん書くことであなたのサイトには、あなたの紹介する案件を購入してくれる可能性の高いユーザーが集まるようになるのです。

こうして検索者の需要を捉えた結果として、あなたのサイトから報酬が上がりやすくなるのです。

記事を書く時の目安文字数

文字数 目安
それでは、改めてアフィリエイトの記事に必要な文字数の話をします。

トレンド記事の場合

芸能人のゴシップネタや季節ネタを書いて行くトレンド記事の手法は、爆発的なアクセスを集めやすいです。検索者の需要は日々新しく生まれるので、ライバル不在の状況で初心者が戦いやすいのが特徴。そのため、1記事あたりの文字数は1,000~2,000文字でも通用する場合が多いと思います。トレンド記事の手法は、商品の購入につなげるよりも広告のクリックで報酬が発生する”アドセンス”との親和性が高い手法です。

ブログ記事の場合

ブログの定義は色々あると思いますが、この記事では顔出しやキャラ付けをして自分の関心事を発信していくWebサイトとします。お金稼ぎやライフスタイル、恋愛、美容などはファンが付きやすいジャンルのため、ブロガーとして参入しやすいイメージがあります。ブログの場合、独特の切り口で主張を伝える力が強まったり、固定のファンが付く場合があるため1,000~3,000文字の記事でも上手く行っている例もあります。

アフィリエイト記事の場合

ランキング記事や手順解説、悩み解決記事など純粋に記事の情報のみで勝負する場合には2,000~10,000文字の文字数が必要になるようなイメージがあります。購買意欲の高いキーワードを狙った記事を作成するため、ライバルが多くなるからです。上位表示を狙うためには記事の内容にも力を入れなければならないことが多く、結果として文字数が多くなる傾向にあります。

以上が、アフィリエイトに取り組む上で頭に入れておくべき、一応の目安文字数です。ただし、この数値はあくまで”目安”の文字数であると認識しましょう。

アフィリエイト記事は文字数を増やしても成功できない理由とは

筆者はアフィリエイトで記事を作成する時に、文字数を目標にしてはいけないと考えています。

その理由は”文字数目標を達成すること”≠”報酬の上がる記事を作ること”だからです。

もちろん「1記事200文字くらいでいっか~」というような大幅に相場感を外してしまう場合は、気合を入れて「文字数を増やしてください」と助言します(笑)

ですが、そうでない場合、文字数を目標にすることは以下のようなネガティブな心理を代弁しているように思います。

・○○文字書けば報酬が上がるのかな?
・目標の文字数まで○○文字だから適当に内容を追加しちゃおう
・文字数さえあればいいんだから、ツール記事で2万文字くらいの記事量産しよ~

アフィリエイト記事に必要な文字数を知りたいあなたは、上記のようなことを考えていませんでしたか?こうしたアフィリエイトへの”作業感”はあなたを成功から遠ざけます。

これまで記事を書いた経験がないのに、アフィリエイトをはじめて記事を書くことになったあなたは、アフィリエイトがしたいわけではありませんよね?アフィリエイトの結果として得られる報酬が欲しいはずです。

そんなあなたに必要なのは、アフィリエイトの”現実”を教えてくれる情報です。

あなたが本当にアフィリエイトで結果を出したいなら、安易な文字数目標を掲げるのではなく、これからお話しすることを大切にしてください。

大事なのは検索者の意図に答えること

アフィリエイトの記事を作成する場合、大事にすべきことは”検索者の意図に答えること”です。

例えば「リンゴ カロリー」と検索してくるユーザーが知りたいことは、リンゴのカロリーが何キロカロリーなのかです。他の情報をダラダラと文字数を増やしてもSEO的な効果はあまり期待できません。

他のキーワードでも同様です。あなたが考えるべきことは文字数ではなく、あなたの記事の中で検索者の意図を満たす答えを返すことです。文字数が何文字かというのは、検索者の意図に対する答えとなる記事を作成した結果として考えるべきことですから、文字数を目標におくべきではないのです。

アフィリエイトで結果を出すために必要な思考

アフィリエイト 必要なこと
ここまで読んで頂いたのなら、記事を作成する時の基本的な姿勢を理解していただけたかと思います。それでは”キーワード”を狙って”検索意図に答える”記事を作っていけば、アフィリエイトで”結果”を出すことができるのでしょうか?

実は、アフィリエイトで結果を出すために必要なことがもう一つあります。もう一つの必要なことは”ライバルの記事に勝つ”ことです。

SEOの細かい理論は割愛しますが、検索結果にはあなたの記事以外にも複数の記事が表示されます。あなたの記事が多くのアクセスを呼ぶには、ライバルよりも上位に表示され、クリックされ、記事を読まれる要素が必要です。ですから、記事を書く時はライバルよりも魅力的で、検索者にとって有益な記事になるようにタイトルや記事の内容を工夫すべきなのです。

競合記事の内容を調査しよう

記事を書くときは、ライバルチェックをおすすめします。ライバルのタイトルや記事の内容を洗い出して、その上で競合に勝っていると言える記事を作成しましょう。

もし、あなたが記事の文字数にこだわりたいのであれば、そうした調査の段階で競合の文字数も洗い出し、あなたの記事作成の目安とするのも良いのではないでしょうか。こうした競合調査の戦略を踏まえて考えると、アフィリエイトの記事に必要な文字数は“キーワードによって違う”と言えるでしょう。

記事の文字数をカウントしたい場合は、文字数カウントがおすすめです。

アフィリエイトの記事作成やサイト作成について詳しく知りたい方へ

記事作成は意外と大変な作業です。アフィリエイトで成功している人達はみなビジネスとして真剣に取り組んでいます。

もし、あなたがアフィリエイトで成功したいと本気で考えているなら、アフィリエイトで結果を出すための戦略を学んでみるのも良いかもしれません。

弊社の運営するアフィリエイトスクールの一つにオウンドメディア構築塾(OMC)という講座があります。オウンドメディアとは100万PV規模の大きなサイトです。当講座では、小手先のテクニックではなく永続的な資産になるオウンドメディアの構築方法を教えています。

興味がある人は、以下のバナーから無料のメルマガに登録してください。

まとめ

いかがでしたか?今回はアフィリエイトの記事に必要な文字数を知りたい人のために、記事作成のいろはを解説しました。本当に大切なのは、文字数ではなく、ライバル調査と自分の記事でライバルを上回る情報を発信することです。あなたが本当にアフィリエイトで結果を出したいのであれば、アフィリエイトの記事作成を作業にしないで、しっかりと価値のあるコンテンツを作れるようにしましょう。