自社商品販売で月の売上100万円以上!モリタツさんへインタビュー

自社商品販売で月の売上100万円以上!モリタツさんへインタビュー

自社商品販売で月の売上100万円以上!モリタツさんへインタビュー

今回は、弊社Catch the Webが運営している「オウンドメディア構築塾(OMC)」に入塾され、英語学習のメディアを運営されているモリタツさんにインタビューを行いました。

勤めていた学習塾が休廃業になったタイミングでオウンドメディアを始められたモリタツさん。

そんなマイナスの状況からどのようにオウンドメディアを運営されてきたのかを解説していただきました。

これからオウンドメディア構築を始めたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

私の人生を変えたOMC体験講座。ごく普通の人だった私が大逆転できた秘密とは?

生まれてはじめて消費者金融でお金を借りました

Catch the Web
Catch the Web
モリタツさん、今日はよろしくお願いいたします。

モリタツさん
モリタツさん
よろしくお願いします。
Catch the Web
Catch the Web
まず初めに、モリタツさんがOMCに入会したきっかけを教えていただいてもよろしいでしょうか?

モリタツさん
モリタツさん
はい。僕は元々、大阪で学習塾で英語の講師をしていました。

ただ、その学習塾が休廃業になってしまい、その後の生活をどうしようかと考えてしまったんです。

それまで一度も就職活動をしたことがなかったんですが、
インターネットさえあればどうにかなるかなと思っていました。

そんなときに大阪でOMCの無料説明会があることを知り、そこに参加しました。

そのときのセミナーで印象的だったのが、「成功できない人の3つの言い訳」です。

  • 時間がない
  • 自信がない
  • お金がない

という3つの言い訳をする人は成功できないと知り、「お金がないのは言い訳なんだな」と気づきました。

それから生まれて初めて消費者金融でお金を借りて、
OMCに入会したような流れです。笑

Catch the Web
Catch the Web
「お金がない」というのは言い訳だと気づいて、
お金を借りてまでOMCに入られたんですね。

なかなか真似できないことだと思いますが、
その行動力がモリタツさんの魅力かもしれません。

モリタツさん
モリタツさん
ありがとうございます。
他の人にはあまりお勧めできる方法ではありませんが、あのとき思い切ってOMCに入った決断は間違っていなかったと思っています。

教材販売で平均100~150万円の売上を達成!

Catch the Web
Catch the Web
それでは、モリタツさんが具体的にどのような手法でオウンドメディアを運営されているか教えていただいてもよろしいですか?

モリタツさん
モリタツさん
はい。基本的にはオウンドメディアで英文法や英会話に興味がある人を集めて、自分のメールマガジンへの登録をしてもらっています。

そこからメルマガの中で英語の情報発信であったり、英語の学習教材を販売しているような形です。
ステップメールを30通ほど組んでいるので、そのステップメールの中で教材の販売を行っているような流れですね。

Catch the Web
Catch the Web
なるほど。
メールマガジンの登録は月にどれくらいあるんですか?

モリタツさん
モリタツさん
今は月に300〜400リストくらいですね。
オウンドメディアのPV数が月に30万PVくらいなので、PV数に比例してメルマガの登録数も伸びているような印象があります。
Catch the Web
Catch the Web
なるほどですね。
貴重な情報をありがとうございます。

言える範囲で構わないのですが、教材を販売することで月にどれくらいの収入があるかというのを教えていただいてもよろしいでしょうか?

モリタツさん
モリタツさん
月によって波はあるんですが、平均すると100〜150万円くらいです。
新しく商品を作って販売したりすれば売上が大きく伸びることもありますね。

最初は2日に1記事更新

Catch the Web
Catch the Web
なるほど、素晴らしいですね。

ちなみに、OMCに入会されてからどのような経緯でアクセスが伸びてきたのかを教えていただいてもよろしいですか?

モリタツさん
モリタツさん
はい。オウンドメディアを始めて最初の3ヶ月は2日に1記事更新していました。

月でいうと15記事くらいですね。
その次の3ヶ月は月平均で5記事から10記事くらいのイメージです。

Catch the Web
Catch the Web
なるほど。
しっかりとコツコツ記事を書き続けたということですね。

モリタツさん
モリタツさん
はい。やはりオウンドメディアで成果を出すには最初の記事作成が非常に大事なのかなと思います。
Catch the Web
Catch the Web
ありがとうございます。
ちなみに、6ヶ月後のアクセス数はどれくらいでしたか?

モリタツさん
モリタツさん
記事作成を継続して6ヶ月くらい経ったくらいで月9〜10万PVくらいでしたね。

もっと熱く紹介できる商品を開発したい

Catch the Web
Catch the Web
なるほど。
そのときはすでに教材の販売を行っていたんですか?

モリタツさん
モリタツさん
いや、最初はアフィリエイトをしようと思っていたので、リストは集めていましたが教材の販売はしていませんでした。

リスト数が150くらいのタイミングで他の人の英語教材をメルマガの中で紹介したんですが、2人の方が買ってくださったんです。

そのときの印象として

「他の人の商品を紹介して買ってもらえるんだったら、自分の商品だったらもっと熱く紹介できるな」

と思ったんです。

そこから自社商品を作るという方向にシフトしていきました。

Catch the Web
Catch the Web
確かに、他の人の商品よりも自分の商品のほうが紹介しやすいですよね。
そこからどれくらいで商品の販売を開始したんですか?

モリタツさん
モリタツさん
商品を作り始めてから1ヶ月くらいで販売開始しましたね。
その間はメディアの記事作成はストップして、ひたすら教材作成だけを行っていました。

ただ、すでに10万PVくらいのアクセスはあったので、放置していてもPVは大きく下がりませんでした。
こういう部分もオウンドメディアの魅力だと思います。

Catch the Web
Catch the Web
なるほど。放置していても安定的にアクセスを集め続けてくれるのがオウンドメディアのメリットだということですね。

モリタツさん
モリタツさん
はい。販売したときのリスト数は450くらいで、1週間の販売期間で約100万円の売上がありました。

そこからはリアルタイムで行ったことをステップメールに組み込んで、自動化していったような流れです。

Catch the Web
Catch the Web
初めて自分の教材を販売して100万円とは素晴らしいです!
やはり自分の商品を作ったからこそ、熱く紹介することができて成約率アップに繋がったんだと思います。

自分の記事はお金を払っても読む価値があるか?

Catch the Web
Catch the Web
モリタツさんがオウンドメディア構築で意識している点を教えていただけますか?

モリタツさん
モリタツさん
はい。僕は元々、OMCに入る前にKindle本を出版していたこともあったので、自分の書いた記事が500円でも1,000円でもいいから売れるレベルのものにしようという意識はありました。

結果的にそれが工夫に繋がっていったのではないかと思います。

Catch the Web
Catch the Web
なるほど。お金を出して買ってもらえるくらいのクオリティの記事を書こうと意識されていたということですね。

モリタツさん
モリタツさん
そうですね。後は、他の人との違いを出すことは意識していました。

僕は英語のメディアを運営しているので英語の話になってしまうんですが、英語って言葉が分かりにくいんですよね。

例えば、「英文法」って言葉一つ取っても、特に初心者の方はよく分からないと思うんです。

そこで、僕はメディアの中で、

「英文法というのは、英語の語順のルールのことです。」

という形で定義しました。

より読者が受け入れやすいような表現を使うことで理解しやすくなり、ファン化に繋がっているんじゃないかと思います。

Catch the Web
Catch the Web
なるほど!確かに、「読者が受け入れやすい表現を使う」というのはすごく大事なことですよね。

リストは資産

Catch the Web
Catch the Web
モリタツさんはオウンドメディアをリストマーケティングにつなげて収益化をされていますが、リストマーケティングの良さは何だと思いますか?

モリタツさん
モリタツさん
そうですね。月30万PVのメディアがあったとして、その30万PVってその月だけのものなんですよね。

でも、月300リストっていうのはその月だけのものではなく、ずっと増え続けて資産になっていくようなイメージです。

僕の場合も、過去に登録してくれた方に新しい教材を紹介すると買ってくれたりしますし、PVが変わっていなくても売上は増えています。

リストがどんどん積み上がって資産になってくれるのがリストマーケティングの良さかなと思います。

Catch the Web
Catch the Web
なるほど。時間が経てば経つほどリストが資産になってくれるのがリストマーケティングの魅力だということですね。

自分の強みを活かせるのがオウンドメディアの魅力

Catch the Web
Catch the Web
それでは最後に、これからオウンドメディア構築を始めようとしている人に対して、ひとことお願いできますか?

モリタツさん
モリタツさん
そうですね。オウンドメディアは自分の強みや得意なことを生かして収益化出来るのが魅力だと思っています。

やっぱり興味のないことや嫌いなことは長続きしないと思うので、楽しみながら取り組むのが成功のコツです。

僕は元々英語を教えていたこともあって英語ジャンルのメディアを運営していますが、誰でも好きなことや得意なことってあると思います。

そういう部分で情報発信をしてお金を稼げるというのがオウンドメディアの素晴らしいところだと思うので、興味がある人はぜひチャレンジしてほしいなと思いますね。

Catch the Web
Catch the Web
自分の好きなことや得意なことでオウンドメディアを作るのが大事だということですね。

本日は貴重なお時間をいただきありがとうございました!

モリタツさん
モリタツさん
こちらこそ、ありがとうございました。

まとめ

今回インタビューさせていただいたモリタツさんは、メディアのアクセスをメルマガ登録へ誘導して収益化を行われていました。

オウンドメディアの良い点としては、

  • 自分の好き・得意なジャンルで収益化できる
  • 一度アクセスが集まってしまえば放置していてもアクセスが安定する
  • アフィリエイトだけでなく自社商品の販売にも繋げられる
というところがあります。

またモリタツさんが入会されたオウンドメディア構築塾(OMC)では、

  • 実際に結果が出ているノウハウ
  • マーケティングのプロによるサポート
  • 自社開発の専用ツール

といったオウンドメディア構築で成功するために必要なものをすべて提供しています。

さらに、オウンドメディア構築塾(OMC)では会員専用のクローズドSNSをご用意しており、仲間と一緒にモチベーションを高め合ったり、メディア運営に関する情報交換をすることが可能です。

そして今回はこの記事を読んでいただいている方に、OMCで実践しているノウハウの一部をプレゼントします。4時間45分の動画講座でOMCのノウハウを体験することが可能です。

まずは無料で登録してみて、

オウンドメディアとは何なのか?
具体的に何をすればいいのか?

といったことを学んでみてください!

\ OMC無料体験講座はこちら/

すでに20,690人以上が参加しています