サラリーマンがつまらない!現状を変える方法6選

サラリーマン つまらない

多くの方がサラリーマンとして会社勤めをされていると思います。やりがいを感じて、常に高いモチベーションで仕事に没頭されている方もいると思います。しかし、サラリーマンの働き方に疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?

「仕事が何の役に立ってるかわからない」
「仕事を通して成長感じない」
「仕事をサボってる人でも待遇が変わらない」

このように思われた経験は無いでしょうか?
サラリーマン人生をつまらないと感じるには必ず理由があります。

今回はサラリーマン生活を充実させるための記事です。前半では「つまらない理由」を解説します。後半ではつまらない現状を変える方法をご紹介します。「今の現状を変えたい!」とお考えの方は是非参考にしてください。

サラリーマン人生で仕事がつまらない

サラリーマン つまらない

まず、サラリーマンが「つまらない」と感じる理由について考えましょう。会社に求めるものは人それぞれです。「つまらなさ」の理由も様々です。以下の要素が考えられます。

<サラリーマンがつまらない理由>

    1. 会社の仕事内容の意義がわからない
    2. 自分の役割が不明確
    3. 自分の努力が報われているか?疑問
    4. 人間関係が面倒
    5. 仕事を通しての成長を感じない
    6. 会社側に全てをコントロールされていると感じる

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.会社の仕事内容の意義がわからない

サラリーマン人生がつまらないと感じる理由の1つが「会社の仕事内容の意義がわからない」です。

「上司から雑用ばかり振られ、この仕事が何の役に立つのかわからない。」
「仕事がいつも同じルーティンワークで退屈」

のように仕事内容が何のためにやるのかわからない場合です。

大企業であれば何千、何万人という社員が働いています。
大きな会社には既に商売を行う上での仕組みがあり、大抵の仕事は1つの部署で完結しません。

例えば、以下のような具合です。

・営業部門はお客さんから注文をとってくる。
・経理部門はお金の入金・出金の管理をする。
・物流部門は品物をお客さんに届ける。

色々な人・部署が関わり各々の立場で考え方が異なるので、社員はこの仕組みをうまく回すことを求められます。
1つの仕事を行うために色々な立場・考え方を調整します。

組織全体を最適化した結果作られた会社のノウハウを自分が一人が変えることは困難です。
仕事内容に意義を見いだせないと、自分の仕事は何の役に立つのか見失うことがあります。

 

2.自分の役割が不明確

サラリーマン人生がつまらないと感じる理由の2つ目が「自分の役割が不明確」です。

仕事の役割が不明確になりやすいのも日本の会社の特徴です。

欧米の契約社会であれば、社員の仕事内容は雇用契約書に明記されます。一人一人の社員の仕事内容は“Job Description”と呼ばれ、契約書の中で仕事内容を明確に提示します。逆に言えば、契約書にない仕事を頼んだら会社は訴えられる可能性があります。
海外で仕事の範囲は明確です。

一方、日本の会社員の場合、自分の役割、責任と言うのは不明確になり、上司から何でもかんでも雑用を押し付けられてしまうことがあります。多くの会社が詳細な業務内容まで詰めた雇用契約書は結んでいません。すると、何でもかんでも仕事を振られますし、会社から評価される社員はこのような仕事をこなす風潮が生まれてしまう場合があります。

自分の役割が、コロコロ変わってしまう環境であれば、モチベーションを保てと言う方が難しいでしょう。

3.自分の努力が報われているか?疑問

サラリーマン人生がつまらないと感じる理由の3つ目が「自分の努力が報われているか?疑問」です。

サラリーマンは個人の業績が評価づらいです。
そのため「では、何のために一生懸命働くのか?」と疑問に感じる人も出てくるでしょう。

会社の仕事というのは大きな損失を出してもクビにはなりません。
同時に、大きな成果を上げても、自分の待遇は大きくは変わりません。

会社員の評価制度には良い面もあります。
多少のミスであれば会社が守ってくれるのは安心して働けるでしょう。

やる気のない社員であればむしろこれはポジティブな側面です。家族を養っている人にとってもありがたい仕組みです。

しかし、仕事にやりがいを求める社員にとっては、物足りないでしょう。
必死に働いて出した成果に大した見返りがないことに失望する人が出てきてしまいます。

大きな成果を出しても報われないなら、適当に仕事をやり過ごそうと考える人が出てくるでしょう。
すると、サラリーマン人生がつまらないと感じるようになるでしょう。

4.人間関係が面倒

サラリーマン人生がつまらないと感じる理由の4つ目が「人間関係が面倒」です。

サラリーマンに求められる対人関係がつまらなさを作る場合があります。

大きな組織であればあるほど仕事をする上で関わる人が増え、色んな人間関係の事情が絡んできます。仕事をサボりだす人、真面目に働く人、サボる人に嫉妬する人などいろんな人が出て、自分と合わない同僚・先輩との接し方で悩むかもしれません。

また、部署間で商売を奪い合う”セクショナリズム”の問題を抱えることもあります。不毛な調整をすることになり、仕事の本質を見失ってしまうかもしれません。社内のこうした人間関係の調整がこの役に立つのか?疑問に思う人々は出てくるでしょう。

仕事に文句がなかったのに、社員の納得感のために働いている。
そんな状態が存在し、仕事がつまらないと感じてしまう場合があります。

5.仕事を通しての成長を感じない

サラリーマン人生がつまらないと感じる理由の5つ目が「仕事を通しての成長を感じない」です。

仕事をこなしていくうちに自分の成長を実感できればモチベーションは上がっていきます。

例えば、以下のようなケースです。

「新しいプロジェクトを立ち上げて、新しい商売を作り会社に大きな利益をもたらした。」

しかし、実際には自分の仕事で成長を実感できるケースは稀です。実際は、自分が頑張ったから結果が出るとは必ずしも言えないのです。

サラリーマンの仕事は自分の貢献度が見えにくいので、自分のやった仕事の何が効果的だったのか?そうでなかったのか?が分からないと自分の成長を実感することが難しくなってしまうでしょう。

6.会社側に全てをコントロールされていると感じる

サラリーマン人生がつまらないと感じる理由の6つ目が「会社側に全てをコントロールされていると感じる」です。

サラリーマンは、生活上の多くの点で恩恵を受けています。

例えば、毎月の給料、社宅、社会保険料、通勤手当、その他の福利厚生。
加えて、サラリーマンは社会的な信用もあります。会社の信用があるから低金利で長期間、金融機関からお金を借りて住宅ローンが組めます。脱サラして独立した場合は、同じ収入を維持していてもローンは組めません。

サラリーマンに得があるのは紛れもない事実ですが、サラリーマンは会社に人生の多くを依存しています。会社に依存しているため会社からいいように使われても文句をいいにくくなります。

念願のマイホーム購入した瞬間に異動の辞令が出るといったケースもあるでしょう。

「本当は転勤なんかしたくないけど、行かざるを得ない」

会社に大きく依存しているからこそ、断った時のリスクが大きくて断れない状態になってしまうのです。

サラリーマンで得している部分も反面、会社にコントロールされてしまう状況に不満が出る人もいるでしょう。

以上がサラリーマンがつまらないと感じる理由です。

米国の臨床心理学者フレデリック・ハーズバーグ氏の動機付け理論では、人間には満足感を得る要素と不満感を得る要素がそれぞれ別に存在すると主張しています。

不満足感を招く要素を取り除いても、満足感は得られないとハーズバーグ氏は説明しています。

不満足感を招く要素は会社の方針や管理、労働条件や給与など人によりますが、たとえマイナス要素が消えても、満足感は得られないということです。

動機づけ理論によれば、不満と満足は別物なので、満足したいなら満足感の要因を追いかけなければいけないのです。
満足感を感じる要素は例えば、達成、承認、仕事そのもの、責任などです。

サラリーマンの労働条件は客観的に見れば非常に恵まれています。会社は従業員だけでなくその家族の生活まで支えています。それでも不満を持つ人が絶えないのは、これらが満足感を刺激する要素が欠けているからだと言えるかもしれません。

だとすれば、満足感を刺激しない限り、つまらない状況は改善しないと言えます。

ここからは、現状を変える具体的な方法についてご説明します。

サラリーマンのつまらない現状を変える方法6選

サラリーマン 現状変える

先の章で述べたつまらない理由に対し現状を変える方法をご紹介します。サラリーマンが現状を変える場合、脱サラの話になりがちです。しかし、現状を変える方法は必ずしも会社を辞めることだとは限りません。

会社をやめることにはリスクも伴います。サラリーマンでいることのメリットも鑑みて、今の会社で状況を改善する方法をご説明します。

会社側は、従業員は高い生産性を発揮して会社に利益をもたらして欲しいと考えています。

生産性を高めるにはモチベーションは必須です。
仕事がつまらないと感じているのなら生産性に貢献するわけがありませんし、会社にとっても損失です。
会社側もあなたに退職して欲しいわけではありません。

現在の職場で継続して仕事に取り組む方法や私生活を充実させる方法などもご紹介します。
サラリーマンのつまらない現状を変える方法は以下の6つです。

<現状を変える方法>

      1. 意識を変える
      2. 部署異動の相談をする
      3. 会社は割り切ってプライベートタイムを充実させる
      4. やりがいのある会社に転職する
      5. 好きなことを仕事にする
      6. 独立を視野に入れて副業・起業してみる

では、対応策を1つずつ見ていきましょう。

1.意識を変える

まずは既存の会社でどうしたら今の仕事を楽しいと感じられるか?を考えます。
意識で現状の捉え方が変わるなら、一番手っ取り早いでしょう。

ポイントは働くことに明確な目標を持つことです。

  • 同期で一番に出世する
  • 貯金をいくらまで貯める

等です。

明確な目標に向かって進みながら、都度成果を振り返り自分の成果を確認してモチベーションを高めましょう。

また、新しい責任を引き受けると言うのも選択肢の一つです。

仕事が増えればこれまで以上に効率良く業務を進めようとします。
失敗を経験しながらも仕事スキルを磨けます。受け身で仕事をしていたのなら、自分から仕事に向き合ってみては如何でしょうか?

2.部署異動の相談をする

社員のモチベーションが低いのは会社にも損失です。
まず会社との意思疎通をとり、今の状況が改善させるための努力をするアプローチも考えましょう。

希望が必ず通るわけではありませんが、今の会社にやりたい仕事ができる別の部署があるなら、異動希望を出すのも1つの選択肢です。

営業部署にいる方が毎日のルーティンワークがつまらないと感じていたとします。若手の頃から営業の基礎をコツコツと学び、商売を地道に作ることは初めのうちは良くても、慣れてくれば変化もなく飽きがきます。

飽きが来た現状を変えるために、事業をより大きな視野で捉えたいと考え、M&Aに携れる経営企画部に異動するというのも一つの選択肢です。それまでの知見とは全く異なる知識ものが必要となり、関わる人々がガラリと変わります。

一方、リスクはそもそも申請自体が通るかはわからないことです。申請が通らない場合は担当業務の変更を依頼する等も選択肢の一つです。

3.会社は割り切ってプライベートタイムを充実させる

会社は変えられないと割り切って、プライベートを充実させるという考え方もできます。
仕事は生活のため、だからつまらなくてもOKと割り切ります。出世しなくても、いきなり会社をクビになる事はありません。

サラリーマンの待遇は生活のためならかなり恵まれています。生きがいは私生活に求めることでうまく考え方を分けることができます。そう考えれば、そこそこの給料もらいながら、私生活を充実させることができます。

プライベートを充実させるとは、例えば以下です。

  • 家族と過ごす時間を増やす
  • 自分の趣味に時間を割く
  • 恋人を作る

熱中できることや、大切な人と過ごす時間を増やすことで幸せを感じる時間を増やして人生をより豊かなものする。この取り組みでつまらない仕事も楽しい私生活のための手段と考え方を変えることができます。

4.やりがいのある会社に転職する

社内で状況の改善できない場合は、転職も選択肢の1つです。

例えば、同じ営業職での転職でも、今の会社が国内市場にだけ注力している会社であれば、

「今の会社だと国内営業しかやらせてもらえない」
「自分は海外を舞台にした仕事がしたい!」

と考えられます。海外市場に強い会社を軸に会社を選び、メーカーや商社に転職するとという方法があります。営業ではなく企業買収などの案件に携わりたい方はコンサルを目指す選択肢もあります。コンサルであれば、そこでの職歴を生かしてまた別の仕事へ将来移っていくというキャリアプランも描けます。

転職自体はゴールではありません。失敗する場合もありますから、検討は慎重に行いましょう。
仕事を変えることで、これまでとは異なるサラリーマン生活が送れるのか? は自分の取り組み次第です。

5.資格の勉強をする

今の仕事がつまらないなら、「自分が好きな仕事」につく選択肢もあります。

例えば、スポーツが好きならスポーツの指導者になる選択肢があります。

そのためにスポーツ指導者ライセンスを取得して準備するのも良いでしょう。ただし、好きな仕事につくとサラリーマン時代より年収が下がることもあります。

逆に、年収アップできる職に就くために資格を取得する考え方もあります。
社会的に需要があり限られた一部の人にしか取得できない資格を持てば年収を上げられます。

例えば、公認会計士です。会計の仕事は業界問わずどこにでもあります。需要はどこにでもある一方で、誰でも取れる資格ではないので希少性があります。他には宅建も希少性が高い資格の一つです。これは不動産事業を行う会社でしか通用しません。しかし、不動産事業を行う会社であれば一定数の宅建所持者を雇わなければいけませんので、希少性が上がります。

6.独立を視野に入れて副業・起業してみる

会社への依存度を減らす考え方から副業も考えられます。
副業で稼げれば、会社の収入の補完したり、会社でそこまで頑張って働かなくても生活資金は稼いだりできます。

また、本業以外に打ち込める副業があれば、会社はつまらなくてもOKという考え方が可能です。
また、副収入があり生活にも余裕が出るので本業の会社に無理してしがみつかなくてもいいという精神的な余裕も生まれるでしょう。

具体例としては、webライター、英語の翻訳等の仕事は比較的簡単に始められます。専門スキルのある人なら動画の編集やプログラミングなどの仕事もあります。他にも、物販で稼ぐ方法もあります。

今では様々な副業の形があり、クラウドソーシングサイト(クラウドワークス、ランサーズ等)で受注可能です。物販であればメルカリなどのフリマアプリを利用します。自分のサイトを立ち上げてブログで稼ぐ方法もあります。やり方は様々です。

副業が上手く行けば、最終的な目標は独立・起業につなげられます。副業でスキルをつけ、人脈を作り将来は独立といった目標を持つ。目標に向かって努力できれば、日々を過ごせれば充実した時間を過ごせます。つまらない日々の状況を変えられます。

ただし、起業にはリスクや費用が伴います。独立して起業した方がいいのか?会社員を続けながら並行してフリーランスとして活動したほうがいいのか?を見極める必要があります。就業規則で副業を禁止している場合もあるので事前に、会社の規則を確認してください。

まとめ

多くの人が感じている「サラリーマンはつまらない」と言う考え方が自分にも当てはまるという方はその理由について是非、深堀りしてみてください。そして自分が人生で本当に求めていることをよく考え、整理してみてください。

サラリーマンがつまらない理由や自分の人生に求める物がわかればとるべき対策もはっきりするのです。そして、まずは会社ときちんとコミュニケーションを取ることをお勧めします。ご説明した通り、会社側も皆さんを雇う上で相当のコストをかけています。つまらない状況が続いてハッピーな訳はないからです。

本日は以上となります。大切なのは自分が生きたい人生を生きるという事です。自分の目標を達成するために採るべきべき手段としてこの記事が参考にして頂ければ幸いです。

最初のコメントをしよう

任意