ダブルワークにおすすめのバイト・求人先10選!正社員が副業で掛け持ちする注意点は?

ダブルワークにおすすめのバイト・求人先10選!正社員が副業で掛け持ちする注意点は?

ダブルワークにおすすめのバイト・求人先10選!正社員が副業で掛け持ちする注意点は?

ダブルワークは月の収入にプラスアルファを実現できて、スキルも高めることもできるのでメリットが大きいですよね。

副業元年と呼ばれる2018年から、徐々に本業以外に収入を増やそうと志す人が増えています。

今回はそんなダブルワークを検討している人に向けて、本業以外に稼げるおすすめのバイト・求人先をまとめてご紹介します。
この記事を読めば、あなたにピッタリのダブルワークが見つかるでしょう。

副業解禁!正社員のダブルワークが人気

副業 人気
2018年1月に厚生労働省が公表している「モデル就業規則」から「副業禁止の規定」が削除されました。モデル就業規則とは多くの企業が自社の就業規則を作成する際、参考にしている規則です。
つまり厚生労働省が企業に対し、「基本的に副業は禁止です」の方針から「できる限り社員の副業は認めてあげてください」という方針に流れが変わったのです。

これを受けて2018年からサントリーやイオン、三菱などの大手を含む一部の企業が社員の副業を会社として認める方向に転換しました。

この動きは中小企業にも広がりを見せており、ベンチャー企業中心に副業解禁の動きはどんどん広がっています。

それに伴い、主に収入面や将来の生き方について、不安を感じていた社員たちの間でダブルワークへの意識が高まりはじめました。現在ネットや書店でダブルワークに関する情報が人気となっています。

ダブルワークとは

「ダブルワーク」とは、一言でいうと「副業」です。実はダブルワークや副業、という言葉に関する明確な定義はありません。そのため、ダブルワークには副業、兼業、パラレルワークなど色々な言い方がありますが、本業のほかに仕事をして別の収入源を作る副業の事、とシンプルに考えてください。

アルバイト以外のダブルワークについては以下にまとまっています。
【関連記事】
ダブルワークは副業や兼業とどう違うの?始め方と7つのおすすめ職種

正社員がダブルワークで働ける時間帯は?

正社員で仕事をしていると、いつでも好きな時間帯にダブルワーク、というわけにはいきません。たとえば一般的なサラリーマンであれば定時終了後の夕方以降、もしくは出社前の早朝になります。

不規則なシフト制で勤務している正社員の方はダブルワークのシフトを組むのが難しいため、在宅ワークやイベントスタッフなどの時間に都合がついたり、単発でおこなえるダブルワークを選ぶ必要があります。
もちろん毎日ダブルワークするのではなく、平日は本業のみ、休日にはダブルワーク、という働き方も可能です。

ダブルワークのメリット・デメリット

ダブルワーク メリット
ダブルワークには良い面と注意しなければいけない面があります。ここではダブルワークのメリットとデメリットについて解説します。

ダブルワークのメリット

ダブルワークのメリットは以下の通りです。

・収入が増える
・新しいスキルを身につけることができる

まず何といっても収入が増えます。得られる金額はダブルワークの内容と時間によりますが、少なくとも働いた分だけ収入が増え、生活に余裕ができるでしょう。

また、ダブルワークを通して本業では体験することができなかった異業種や他の業界を体験し、スキルや知識、経験を得ることができます。
中にはダブルワークを通じて新しいビジネスを興して本業の収入を超えた、という方もいます。「1つの会社だけに依存した生活からの脱却」これもダブルワークのメリットです。

ダブルワークのデメリット

ダブルワークにはデメリットもあります。

・本業に影響が出る可能性
・ライフワークバランスの両立が難しい

一番注意しなくてはいけないのが「本業への影響」です。ダブルワークをおこなった場合、時間的な問題や体力の消耗にともなう本業への影響が懸念されます。

たとえばダブルワークのシフトのために本業の残業ができなくなったり、長時間労働の疲れから本業の成績に響いたりするケースです。

それによって、給料が下がったり、出世に影響してしまった場合、本末転倒ですよね。
また、長時間労働を行うことで健康や生活への影響も懸念されます。収入を求めるあまり、ダブルワークの時間を増やした結果、働き過ぎで倒れたり、体調を崩したり、精神的に参ってしまう可能性もあるということです。

ダブルワークにおすすめなバイト10選!求人先も公開

ここでは、正社員におすすめのダブルワークを10個紹介します。肉体労働から頭脳労働、ちょっと変わったバイトまで様々なダブルワークを集めてみました。
それぞれの職種によって収入や仕事内容が違いますので、この中から自分でもできそう、向いてそうだと思う職種を探してみてください。

1.コンビニやインターネットカフェのスタッフ

コンビニやインターネットカフェなど、24時間営業している店舗のスタッフとして働く仕事です。レジ対応、商品陳列、清掃業務など業務内容は多岐にわたります。

【収入の目安】
地域や勤務時間帯によって違いますが、時給にして800円~1,200円程度です。金額は低めですが「深夜・早朝でも働ける」「働いた時間だけ確実に収入になる」という正社員のダブルワークにとって大きなメリットがあります。

【仕事の難易度】
若干高めです。仕事内容の一つ一つの難易度は決して高くありませんが、業務が多岐にわたる上にお客様対応がメインの仕事なのでストレスも溜まるでしょう。

【注意点】
シフト制で、ある程度時間の融通は利きますが、必ずしも希望通りの働き方ができるわけでない点です。また、単純作業が多いのでキャリアアップには向かないでしょう。

【求人】
コンビニやインターネットカフェスタッフの求人は地域の求人情報誌やフリーペーパー、タウンワーク、アルバイトEXなどの求人サイトで募集しています。

タウンワークはこちら

【アルバイトEX】
はこちら

2.清掃スタッフ

閉店後のパチンコ店やテナント施設、ホテルなどの清掃業務です。主に夜~深夜に募集していることが多く、昼間働いているサラリーマンが、定時後におこなうダブルワークとしてはぴったりです。

清掃業務なので高いスキルや難しい知識などは必要なく、人と会うことも少ないので黙々と作業をしたい方にオススメですね。

【収入の目安】
地域と時間帯によりますが深夜手当が加算されることも多く、900円~1,400円と比較的高めです。

【仕事の難易度】
仕事の難易度はそれほど高くありません。やり方が決まっており、同じ手順を繰り返すだけなので慣れてしまえば比較的作業は簡単でしょう。

ただし、汚れをしっかりと見つける集中力やきめ細かさが必要になります。あまりに大雑把な方は向かないでしょう。

【注意点】
働ける時間が決まっている点には注意しましょう。施設の場合、掃除の時間はある程度決められており、「もっと働きたい」と思ってもシフトを伸ばすことは難しいです。職種や場所にもよりますが、掃除の時間は1日1~3時間程度です。

「本業後にちょこっと1~3時間ほど無理なく働ければいい」という方に向いたバイトです。

【求人】
先ほどのコンビニスタッフ同様、求人情報誌やマイナビバイト、アルバイトEXのような求人サイトで募集しています。

マイナビバイトはこちら

【アルバイトEX】
はこちら

3.イベント・交通警備スタッフ

アイドルのコンサートや夏の野外フェスのスタッフとして働く、イベントスタッフや交通警備などの「外仕事」です。1日仕事になることが多いので、平日よりは休日にガッツリ稼ぎたい方向けの仕事です。

【収入の目安】
時給900円~1,300円ほどでそれほど高くなく、体力的な辛さを考えると割に合わないかもしれません。

ただ、単発の仕事も多く、予定が空いた時に比較的自由にダブルワークができるというメリットがあります。また勤務時間がだいたい半日~1日なので、時給が低くても1日働けば入ればまとまった額になります。
「入りたい時に即入れる」というダブルワークはなかなかないので、土日休みを利用したい方はこういったダブルワークをするといいでしょう。

【仕事の難易度】
スキル的な難易度はそれほど高くありませんが、とにかく体力勝負の仕事です。また、けがや事故につながる仕事のため、神経を使い、精神的にも消耗します。

【注意点】
体力勝負である点と、けがや体調不良のリスクが比較的高い職種です。真夏の日差しや冬の寒風、行き交う人や車とのトラブルに注意が必要です。また、時間の自由が利きません。
イベントスタッフはイベント開始から終了までですし、交通警備も数時間だけ、というのは難しく最低半日~なので、毎日ダブルワークに入れるのは厳しいでしょう。

【求人】
求人情報誌、フロムエー、ショットワークスなどの求人サイトで募集しています。
フロムエーはこちら

1日から働ける激短バイト!ショットワークス
はこちら

4.引っ越しスタッフ

引っ越しの際、家具や家電を新居に運ぶスタッフです。厳しいイメージがありますが、移動時間などもあり、実働時間はあまり長くありません。土日祝日や2~3月に需要が急増するバイトです。

【収入の目安】
900円~1,200円程度でそこまで高くありませんが、移動時間なども時給には含まれるため、実働に対して割のいい仕事です。場所によって、楽な場所とキツイ場所の差が大きいですね。

【仕事の難易度】
体力仕事ですが、難しい作業はありません。トラックの運転も基本的に社員が行うので、現場で指示通り物を運ぶだけです。

【注意点】
重いものばかりではありませんが、やはり家電などの重量物を運ぶ可能性があり、腰を痛めたりけがをする可能性があります。作業の際は注意しましょう。

【求人】
求人情報誌やインディード、ショットワークスなどの求人サイトで募集しています。

インディードはこちら

1日から働ける激短バイト!ショットワークス
はこちら

5.治験

開発された新薬を実際の人体に投薬して効果、副作用、有効性の最終的なチェックすることを治験と言います。
指示された時間に薬を飲み、決められた時間に採血などの簡単なチェックをされます。基本は1泊以上の入院になりますが、通院による治験もあるのでサラリーマンでも参加できます。

【収入の目安】
治験の内容や期間によって大きく変わってきますが、平均すると約1日1~2万円ほどです。ほぼ労働と呼べる作業はないので、割のいい仕事です。

【仕事の難易度】
非常に低いです。というのも、決められた時間に投薬や採血、心拍数を図ったりといった健康診断のようなことをする以外、特にすることがありません。外出はできませんので、病院内で寝るなり、スマホやゲーム、マンガで時間をつぶすなり好きなように過ごせます。

そのため、スキルも体力も必要ありません。

【注意点】
治験で使用する薬は実際使われる直前の本当に最終チェックになるので、安全度は高いです。ですが、薬である以上、絶対はありません。それ相応のリスクは一応認識しておきましょう。

また、健康な男女が対象なので、太りすぎや痩せすぎ、喫煙者かそうでないかによって受けられない可能性があることも注意しましょう。1日数回採血などがあるので、注射などが苦手な方には向きません。

【求人】
治験はボランティアバンクなどの治験専門求人サイトで募集しています。

治験専門サイトはこちら

6.転売

色々なところから安く仕入れてAmazonやメルカリ、ヤフオクなどで利益を上乗せして商品を販売する仕事です。時間や立地に左右されず、どんな勤務体系の方でも実践でき、やり方によっては本業の収入を超える可能性もあり、現在人気のダブルワークです。

【収入の目安】
形態としては自営業に近く、成果給になるので人によります。仕入れた商品が売れなければ何十時間働いても0円です。
一方、きちんと売れる商品を仕入れることができれば短時間で本業以上に稼ぐことも可能になります。収入は人によってまちまちであるため、目安はありませんが、稼いでいる人は、月収100万円を超えている人もいます。
【仕事の難易度】
最初のうちは比較的高めに感じるでしょう。仕入れる商品の知識や相場の把握、目利きなどの知識やスキルは必要になってきます。さらに販売する各サイトの利用方法など最初は覚えることが多いです。
その反面、一回仕組みを構築してしまえば、あとは延々と同じ作業を繰り返すだけなので一気に楽になります。

【注意点】
最初に仕入れるための資金が必要になります。資金があればあるほど仕入れを増やして利益を上げられますので、10万円は無いと収入と呼べるほどのまとまった利益にはなりません。

1万円からコツコツ増やしていくことも可能ですが時間がかかります。また、バイトというよりは個人事業に近い働き方です。働いた分だけ確実に稼げる仕事ではない点に注意が必要です。

【求人】
雇用や契約ではないので、求人募集はありません。やると決めたらメルカリに登録して商品を仕入れてみましょう。

メルカリはこちら
メルカリの始め方は以下で詳しく解説しています。
【関連記事】
メルカリの買い方・購入方法まとめ!初心者でも安心の5ステップ

7.クラウドソーシング

クラウドソーシングは主にネットを介して「仕事を依頼したい人」と「仕事が欲しい方」で契約する働き方です。仕事を請け負い、作業をこなすことで報酬がもらえます。
作業内容は様々ですが、デザインやライティング、データ入力などおもにパソコンを使った作業になります。
好きな時に受けて、好きな時間で作業ができるので、本業が不規則な方や自分のペースで仕事したい方にぴったりです。

【収入の目安】
作業内容やスキルによってバラバラです。専門スキルがあれば時給5,000円以上も可能ですし、そうでなければ時給300円を下回ることもあります。
本業でエクセルやワード、デザインを扱っている人などは、そのスキルを活かして高額な報酬を得ることができます。
【仕事の難易度】
仕事によって、難易度はバラバラです。誰でもできるデータ入力などの仕事から、高度な専門知識が必要なプログラミングまで依頼内容は様々です。
【注意点】
パソコン作業がメインなので、最低でも基本的なパソコン操作ができないと厳しいです。ただし、基本的なパソコンスキルだけででできる作業は単価が低く割に合わないい可能性もあります。
できればデザインやライティングスキル、プログラミング知識など専門スキルがあるといいでしょう。

【求人】
クラウドソーシングサイトに登録すればいつでも仕事を請け負うことができます。多くのサイトがありますが、クラウドワークスが有名です。

クラウドワークスはこちら→クラウドワークス

クラウドワークスの初心者おすすめサイトは以下で詳しく解説しています。
【関連記事】
クラウドソーシング初心者向けのおすすめサイト10社を比較

8.アフィリエイト

自分のサイトで商品を紹介し、その記事を見た人がリンクを通して商品を購入することで報酬が発生する仕事です。
サイトを一から立ち上げたり、何千、何万文字もの記事を書いたりとかなり大変ですが、完成すれば寝ていても収入が入ってくるようになります。好きな時間に好きなだけ作業ができます。

【収入の目安】
非常に不安定です。紹介した商品やサービスを買ってくれた、もしくは利用してくれた人の分だけ収入になるので、興味を引くサイト作りができなければ何十時間働いても0円です。
その一方で、きちんと魅力的なサイトを作ることができれば、最終的に何もしなくても延々と高額な報酬が入ってきます。

当サイト限定では、アクセスを集めて安定したアフィリエイト報酬を得る秘密を無料で公開しています。興味のある人は以下のバナーをクリックして無料講座を受講してください。

お申し込みは30秒で終わります

【仕事の難易度】
難易度は高いです。サイトを一から立ち上げて、商品の選定をして、たくさんの人の興味を引く魅力的な記事を作ったりと多くの作業をする必要があります。完成までがとにかく大変です。

【注意点】
すぐに収入に直結しないという点です。サイトを作って立ち上げて収入になるまでに数か月以上かかります。当然作っている間の収入は0円です。
今すぐ稼ぎたい人は別のダブルワークをしましょう。逆に、時間をかけても月数十万円から月数百万円の収入を目指したい場合は、検討すべきダブルワークです。

【求人】
アフィリエイトをやってみたい場合は、まず自分のサイトを立ち上げてASPと呼ばれるサービスに登録しましょう。ASPはたくさんありますが、大手のA8.netが有名です。

A8.netはこちら→A8.net

アフィリエイトの始め方は以下に詳しくまとまっています。
【関連記事】
アフィリエイトの始め方|ブログ初心者でもASP登録やサイト開設の手順が簡単にわかる

9.家事代行

女性におすすめなダブルワークなら家事代行です。料理や掃除、買い物など忙しい主婦に代わって家事をおこなうことで報酬が発生します。

【収入の目安】
家事代行サイトに登録した場合、サイトによりますが大体時給1,000円~1,500円です。

【仕事の難易度】
難易度はそこまで高くありませんが、一般の主婦が納得するくらいの家事スキルは必須です。スキルが高ければ高いほどリピーターさんが増え稼ぎやすくなります。

【注意点】
このダブルワークはほぼ女性限定です。男性がダメとは書いていませんが、おそらく需要はないでしょう。男性は別のダブルワークを選びましょう。

【求人】
Casy(カジー)やタスカジなどの家事代行サイトに登録しましょう。

カジーはこちら→家の掃除は0円、でもその掃除、CaSyが1450円/時間~で買い取ります。

タスカジはこちら→タスカジ

10.投資

株や為替、仮装通貨などに投資し、利ザヤや金利で収入を得るダブルワークです。うまく運用できれば寝ている間にも収入が発生します。資金やリスク配分によって様々な運用方法や投資先があります。

【収入の目安】
資金や投資方法、投資先によって大きく異なります。
また、増えるだけではなく損失、つまりマイナスになることもあります。

【仕事の難易度】
難易度は非常に高いです。金融に関する勉強も必須になります。最初のうちは損失が出る可能性も高いです。
【注意点】
ダブルワークと言いながら、お金を失ってしまう可能性がある点です。うまく運用できれば大金が稼げる一方、どんなに働いてもマイナスになる可能性もあります。
ハイリスクハイリターンのダブルワークです。最初のうちはリスクの小さい金融商品で練習しましょう。

【求人】
求人はありません。もし投資をするなら証券会社で口座を開きましょう。証券会社は無数にありますが、楽天証券は初心者にもわかりやすく人気です。

楽天証券はこちら

ネットでお小遣い稼ぎに興味がある方は以下に詳しくまとまっています。
【関連記事】
月1万円以上は簡単!ネットでお金を稼ぐお小遣い稼ぎの方法おすすめ20選 

まとめ

今回は、本業以外にお仕事を検討している人に向けてダブルワークにおすすめの職業を紹介しました。ダブルワークは大変かもしれませんが、未来を好転させたいと思うのであれば、取り組むべき選択肢の1つとして検討してみてください。

ただし、副業解禁といえど、まだまだ副業を歓迎している会社は多くありません。ダブルワークを始める前には、就業規則を確認しましょう。ぜひこの記事を参考に、あなたの職業人生を見直してみてください。

今月のオススメ記事BEST5