タイムチケットとは?時間を売る新たな副業!口コミや評判のまとめ

タイムチケットとは?時間を売る新たな副業!口コミや評判のまとめ

「空き時間を売れる」という画期的なサービスで、注目を集めているタイムチケットに興味を持っている人も多いのではないでしょうか。

アルバイトで稼ぐにはまとまった時間が必要ですから「空き時間を売れる」のは会社勤めに忙しいサラリーマンや子育て中の主婦にとっては嬉しい働き方ですよね。

今回は、そんな「空き時間を売る」画期的なサービス「タイムチケット」が稼げるのか、お仕事の種類や働き方を調査しました。

この記事を読めば、あなたもスキマ時間を有効活用して毎月の収入を増やすことができるようになりますよ。

タイムチケットとは

タイムチケット
タイムチケットとは、東証マザーズに上場している株式会社グローバルウェイが運営する、自分の時間を販売することができるインターネットサービスです。

公式ツイッターで情報発信や、売上1位の方がセミナーを開いたりなど、フリーランスで活動している方々の情報共有も盛んで、非常に盛り上がりを見せています。

タイムチケット公式サイト:https://www.timeticket.jp
タイムチケット公式Twitter: https://twitter.com/timeticket

タイムチケットは自分の時間を売ることができるサービス

タイムチケットは、自分の時間をチケットにして売買、販売できます。空き時間を有効活用できてフリーランスで活動している人から、本業が別にあり、副業としてお小遣いを稼ぎたい人までオススメのサイトです。

タイムチケットで稼げる仕組み

タイムチケットで稼げる仕組みは、おもに以下のような流れになっています。

1.チケット発行
まずは商品である、チケットを発行する必要があります。自分のスキルや得意なこと、できそうなことなどを考えて、どんなチケットを発行するかを決めましょう。

チケットの発行については本記事の”タイムチケットでチケットを発行してみよう”をご覧ください。

2.ゲスト(購入者)からの購入申し込みを確認
購入申込があった場合はメールが、アプリをインストールしている場合は、プッシュ通知が届きます。購入者が申込みした日時を確認し、スケジュールが空いているか確認しましょう。

3.ゲスト(購入者)からの購入申し込みをチェック
承認申込承認画面にてOKを選択します。申込承認後は当日会う場所や時間などの情報を伝えます。購入者が満足のいくようなサービスになるように入念な準備をしましょう。

お金の支払いは購入の申し込みが承認され、クレジットカード、コンビニ支払いで支払いが完了したあと、正式に申し込みとなります。

タイムチケットの手数料

ホスト(販売者)としてチケットが売れた場合、以下のように手数料がかかります。
(チケット販売価格に応じて、手数料(サービス利用料)は変動します。)

5万円以下の部分 25%+税
5万円超10万円以下の部分 20%+税
10万円超30万円以下の部分 15%+税
30万円超の部分 10%+税

1時間10,000円のチケットを販売した場合
売上:10,000円(チケット料金)- 2,700円(手数料25%+消費税8%) = 7,300円
となります。

タイムチケットの口コミ・評判まとめ

タイムチケット 口コミ
Twitterにてタイムチケットについての呟きを調査しました。

タイムチケットを通じて、有益な情報を得ることができたり、一生を共にするパートナー探しができたりなど、他のサイトには無いような良い体験談が多く確認できました。

特にフリーランスで現在活動していたり、将来的にフリーランスになりたい方がチケットを購入した方と交流し、新たな考えを身につけることができるというのはタイムチケット独自の強みです。

タイムチケットは安全に使えるか

タイムチケット 安全性
タイムチケットのようにWeb上で取引する以上、トラブルが起きる場合もあります。ですので、タイムチケットでは、実際にどんなトラブルが発生しているのか調査しました。

同時に、トラブルが起きたときの対処法もお伝えしますので、安全にタイムチケットを利用したい場合は、ぜひ参考にしてください。

よくあるトラブル事例と対処法

よくあるトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは実際にタイムチケットで発生したトラブルの事例と対処法を紹介していきます。

トラブル1.チケット購入者から連絡が取れなくなり、待ち合わせ場所に現れない

それまで連絡がついていたのに、突然連絡が途絶え、待ち合わせ場所に現れないということがあるようです。やり取りをしている段階でお金は支払われていますが、準備をしたのが徒労に終わってしまいますし、待ち合わせ場所が遠距離であればあるほど、時間とお金が無駄になってしまいます。

対処法.チケットの購入者をチェック

トラブルを避けるには、チケットの購入者が信頼できるかどうか、必ずチェックしましょう。信頼に足りうる人物かを見定めるには、購入者のレビューにどんなことが書いてあるか確認することが大切です。

例えば、「約束の時間にあらわれませんでした。連絡もありませんでした。」などのレビューがあったら注意しないといけません。

トラブル2.レビューに悪評を付けられてしまう

「提供したサービスが購入者に満足いただけなかった」ということは、サービスを続ける中で起きることがあるかもしれません。

購入者に満足してもらえなかった原因が、教え方が悪かったり、単純な実力不足という可能性もあるでしょう。もちろん、自分の実力不足についてのレビューは真摯に受け止めるべきです。

しかし、中には人間性を否定するような、ただの誹謗中傷でしかないような評価を付けられてしまう場合があります。
実際に、匿名でレビューが出来ることをいいことに、複数人を装い、低評価を何個もつけられた事例もあります。

対処法.運営に報告をする

「あしあと」でチケット販売者のプロフィールにアクセスしている人がわかるため、不当なレビューを誰が書いたかは大体の予測がつきます。心当たりがあるのであれば、運営に報告をしましょう。不適切な投稿と認められれば不当な低評価を削除してもらえます。

タイムチケットに登録してみよう

タイムチケット 登録
タイムチケットの登録手順を確認していきます。
まずタイムチケットのホームページにアクセスします。

タイムチケット 登録

右上のユーザー登録を押し、メールアドレスとパスワードを入力します。

メールアドレス

画面が切り替わり、本登録を行ってくださいと表示されます。
この際、メールが届いていない場合は下の枠に再びメールアドレスを入力して再送しましょう。

再送

入力したメールアドレスの受信ボックスを確認してください。
実際にメールが届くと、以下のような内容が届くため、リンクをクリックしてユーザー登録画面に移動してください。

また、迷惑メールフォルダに入っている可能性もあるので全てのメールをチェックしましょう。
(※タイムチケットを騙る悪質なメールもありますので、ご注意ください。)

メールチェック

ユーザー登録画面に移動したら、まずは名前やユーザーIDなどを入力してください。

ユーザーID

次に、キャッチフレーズ、自己紹介、興味のあるカテゴリーなどを入力し、登録してください。

特にキャッチフレーズや自己紹介を詳細に入力すれば、チケットの購入者に販売者がどんな人物であるかわかりやすくなるため、目に留まりやすくなります。

自己紹介

最後に、タグを登録しましょう。
タグを登録することで、タグで検索した購入者の目に留まりやすくなります。

タグ登録

これで登録完了です。

登録完了

タイムチケットでチケットを発行してみよう

チケット 発行
タイムチケットでチケットを発行する手順を確認しましょう。
まず、画面右上にある「売る」というボタンを押すと以下の画面になります。

チケット 発行

「チケット(時間)の販売手続きへ」を押し、本人確認の資料を提出します。運転免許証や保険証など、身元を証明できる画像を提出しましょう。

提出から確認完了まで数日かかります。(※既に本人確認資料を提出し、確認済みの場合はこの画面が出ないため、下に進んでください。)

本人確認資料

※確認中の場合はこのような画面になります。

確認中

※ 確認が終了すれば提出済みとなり、チケットを発行できるようになります。

提出済み

チケットの発行画面です。まず、販売する時間と価格を決めましょう。
販売は一番短い設定で30分から発行することができ、価格は1時間で5,000円が最低金額になります。(販売時間を30分にすると、販売価格を5000円に設定している場合、チケット料金は2500円に自動的に切り替わります。)

発行画面

1回あたりの購入可能な時間の上限を設定しましょう。
例として、上限が3時間の場合、1時間分のチケット、2時間分のチケット、3時間分のチケットの3パターンが販売可能となります。

チケット パターン

次に、販売するチケットの種類に応じてカテゴリーを選びましょう。
例えば、依頼された写真を撮影するというチケットならば、写真撮影/カメラというカテゴリにするといった形です。

カテゴリ

次に、チケットのタイトルを設定しましょう。
チケットのタイトルは検索したときに表示されるものなので、検索に引っかかりやすそうな単語を使いつつ、簡単でわかりやすく、目を引くようなタイトルをつけると、閲覧数の向上が期待できます。

閲覧数

タイトルをつけたら、チケットのカバーを設定しましょう。
カバーとは、出品したチケットを閲覧するときに表示される背景画像のことです。

イメージに合ったカバー画像にすることで目を引くことができるため、集客効果を望むことができます。また、サイト上で用意されている画像のほかに、自分で用意した画像をアップロードして使用することもできます。

カバー画像

購入者とのやりとりの方法を設定しましょう。
チケットについてのやりとりをどんな方法で行うか設定します。

例えば、写真撮影なら直接合わないと実施できないので「対面」を設定します。また、悩み相談やセミナーなどで、直接会わなくてもいい場合は「オンライン」や「電話」を設定するというように、チケットの内容に合った方法を選びましょう。

やりとり 方法

チケットのタグを設定します。

どんな内容のチケットかがわかりやすいタグを設定することで、購入者がチケットを探している時に目に触れやすくなり、売り上げの上昇が期待できます。
(例:スマホの副業のタグ→在宅、副業、インターネット、簡単、おこづかい、副収入、お金、初心者OK…などなど)

タグ設定

チケットの詳しい内容を記載します。
「いつ、どこで、どんなことを提供できるか」具体的に記載することで、購入者がチケットを探している時に目に触れやすくなり、売り上げの上昇が期待できます。

(例)カメラマンの場合
8/1 13:00-17:00
○○駅周辺にて

○できること
・写真撮影
明るさと色合いの調整
1つの街や公園などで、場所を数箇所変えて撮影します!

・写真の加工
シワやシミなどを消します!
自然に見える程度で体系(ウエストなど)を調整します!

写真

有料のオプションを設定します。

有料オプション

チケット販売に当たっての注意事項を確認します。

注意事項

チケットのないように間違いが無いか確認し、チケットを発行しましょう。

チケット発行

予約可能日時を登録します。

予約可能日時

チケット発行完了です。お疲れ様でした!

発行完了

チケットを削除したい場合は、「チケットの管理」という画面から削除することができます。

削除

タイムチケットが売れない?稼ぐためのコツ

タイムチケット 稼ぐコツ
タイムチケットを使う準備はできたと思いますので、ここからはタイムチケットで稼ぐためのコツを確認していきましょう。

稼げるチケットの種類

実際にタイムチケット内で人気のチケットを調査してみました。

タイムチケットで人気のあるホスト(販売者)が提供しているジャンルは、以下のようなものです。

・結婚、恋愛コンサルタント
・webマーケティング
・カメラマン
・起業アドバイザー
・資産運用、形成アドバイザー
・占い

やはり、人気のあるチケットはかなり専門的なものになります。特に結婚コンサルタントやカメラマン、占い、アドバイザーなどはそもそもの単価が高かったり、店舗を構えている場所に行くことができない、入りづらいなどで敬遠されがちです。

しかし、タイムチケットであれば個人間のやり取りな分、単価も安く、依頼のハードルも下がり、人気な傾向が強いようです。

(例)カメラマンの場合

・購入者を被写体とした撮影以外にも、道具はどんなものが良い、どういうアングルで撮影すると良いか、などの技術的なチケット

・どうやって仕事を取っているか、どのように生計を立てているかなどエピソードを 聞くことができるチケット

このように、その職業が専門的であればあるほど、様々なアプローチでチケットを販売できるため、稼ぎやすいです。

タイムチケットで稼ぐコツ

「一時期タイムチケットに登録してたけど、最低価格に満たない(と思う)スキルが多すぎて、売るのが申し訳なくてやめた」

タイムチケットについて調査をしている最中に上記のようなコメントがありました。
確かに最低価格が5,000円であり、時給5,000円と聞くとかなりハードルが高い印象もありますよね。

実際に、出品数の多い「お話を聞きます」というような、誰でも参入可能なチケットですと、購入してもらえずに販売数0という人も多いようです。

でも、逆にスキルがなくても、チケットが売れている例も存在します。
専門知識がなくてもチケットを売りたい場合には、以下の例を参考にしてみてください。

一風かわったチケットを出品する

「レンタルなんもしない人」や「プロ奢ラレヤー」という言葉は聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

「レンタルなんもしない人」は、代わりに行列に並んだり、ただ食事の際に横にいるというように、ただそこにいるだけで何もしないという今までにないスタイルで人気を博しています。

「プロ奢ラレヤー」は食事をごちそうする代わりに、話を聞いてもらえるというスタイルで、一見「高飛車」なスタンスが人気を博し、知名度を広げました。

その知名度によって、有料サイトの運営や、「商品の宣伝をお願いする権利」をオークションで販売してお金を稼ぐことによって、自称ではありますが年収1,000万円に達しています。

共通しているのは、どちらも特別なスキルが必要ではないということです。このような、ありそうでなかったユニークな職業を自称して稼ぐことも可能なのが、タイムチケットの面白い点です。

些細なことでも、好きをチケットにしてみる

たとえば、あなたがプラモデルを作るのが好きだとします。ですが、中には、筆者である私のようにプラモデルを作成した事が一度もない人もいるでしょう。

これは一見、小さな差かもしれませんが、この差でビジネスチャンスが生まれるのです。

例えば、私が好きな作品のプラモデルが出たとします。恐らく私は、代わりに誰かプラモデルを作ってくれる人がいないか考えるでしょう。
理由は単純に「苦手」だし「面倒」だからです。

ですので、プラモデルを作ることが苦ではないあなたが「代わりに作ります」と言ってくれたら、私は多少お金を払ってでもプラモデルの作成を依頼します。

このように、人間には「好き・嫌い」、「得意・不得意」が確実にあります。その好きと嫌いの差にお金を発生させることが可能なわけです。

ですので、「これではお金にならないな」と決め付けずにチケットを発行してみましょう。発行すること自体は無料ですし、もしかしたら予想以上の反響を呼ぶかもしれません。

タイムチケットの類似サービス

類似サービス
ここまでタイムチケットについて紹介しました。タイムチケット以外にも空き時間を売るというコンセプトをもったサイトはありますので、いくつか紹介します。

GoodTiming

goodtiming
公式サイト

GoodTimingは、2017年からサービスを開始した空き時間シェアのサイトです。

・ユーザー同士が空き時間をダイレクトに売り買いする仕組み
・スキルがなくても時間はある人が活躍する仕組み

という特徴があるので、タイムチケットよりもかなり限定的なお願いなどが散見されます。(子供の散髪をしてほしい、一緒にランニングして欲しい)

ただし、その分ネット上のやり取りで完結させるのが難しいため、遠距離の案件が受けづらいです。また、非常に依頼が少なく、主戦場としてお金を稼ぐのは厳しいでしょう。

ココナラ

ココナラ公式サイト

“スキルのフリーマーケット”というキャッチフレーズを持つ有名サイトです。
様々なジャンルのスキルが出品されており、利用者も多いため売買が盛んです。

その反面、やはりランサーズやクラウドワークスのような専門的スキルの売買がメインになっている様子で、スキルがないアイデア勝負ではお金を稼ぐのが難しい印象を受けました。

ストリートアカデミー(通称:ストアカ)

ストアカ
公式サイト

「教えたい人」と「学びたい人」をつなぐマーケットをコンセプトにしていて、料理やヨガ、メイクといった女性向けの講義から、コピーライティングやスピーチなど、ビジネスに特化した講義まで提供しているサイトです。

ですが、こちらも専門的スキルの売買がメインになっている様子で、スキルがないアイデア勝負ではお金を稼ぐのは難しいかもしれません。

まとめ

今回は空き時間を売れる画期的なサービス「タイムチケット」について調査しました。タイムチケットは新しいサービスではありますが、あなたのアイデアしだいで無限の可能性があることがわかりますね。

ぜひあなたの趣味や特技を活かして、空き時間を有効活用してください。

今月のオススメ記事BEST5