サグーワークスで初心者が稼ぐコツと始め方|プラチナライター監修

サグーワークス

主婦やサラリーマンが在宅で稼げる副業として、クラウドソーシングが注目されています。中でも「サグーワークス」は、ライティングに特化したサービスで有名です。

今回は、サグーワークスのプラチナライターである筆者が、初心者でも稼ぐためのコツや仕事を始める方法などを紹介します。

サグーワークスの口コミや評判を含め、そもそもサグーワークスがどんなサービスなのかもきちんと解説します。

この記事は初心者でもサグーワークスを最大限に活用して稼ぐ方法をぎゅっとつめこみました。

・ライターに興味がある人
・どのクラウドソーシングに登録するか迷っている人
・サグーワークスが気になっている人
・サグーワークスで稼ぐための方法が知りたい人

少しでも当てはまる人は、ぜひ最後まで記事を読んでみてください。

サグーワークスで稼ぐコツ【現役プラチナライター監修】

サグーワークス コツ
サグーワークスは、コツを掴めばきちんと稼ぐことができるサービスです。賢いやり方を押さえれば、必ず満足した収入を得られます。

サグーワークスで稼ぐコツを3つ紹介します。

・誰が読んでも正確に内容が伝わる記事を執筆する
・ライターランクを上げる
・プラチナライターになる

サグーワークスでライターとして活躍するには、正確に伝わる記事を執筆する能力が大切です。きちんとした日本語の記事が求められています。クライアントが求める記事を把握して、しっかりと読み書きするのがポイントです。

始めは難しくても、サグーワークスなら執筆した記事をきちんと添削してもらえるので、早い人なら1ヶ月ほどで書く力が身に付きます。この力は、報酬に直結してくるのでいち早く習得しましょう。

サグーワークスには、ライターランク制度があります。手っ取り早く稼ぐには、ライターランクのランクアップが重要です。次に詳しく説明します。

サグーワークスのテストに合格すると、高単価記事を執筆できるプラチナライターになれます。サグーワークスで稼ぎたいなら、このテスト合格が必須です。どうしたらテストに通過するのか、プラチナライターの筆者がポイントをお伝えするので参考にして受験してください。

「ライターランク」について

サグーワークスはライターのレベルに応じて、レギュラーランク、ゴールドランク、プラチナランクの3つのランクが付与されます。

サグーワークスの仕事は、レギュラー・ゴールドタスクとプラチナタスクの2つに分かれていて、ランクによって取り組める仕事が変わってきたり、上のランクの方が多くポイントをもらえたりします。

ライターランクとは

登録完了直後のライターランクはレギュラーランクで、条件をクリアするとランクが上がるシステムです。

記事を書いて納品を完了すると、サグーワークスが検収に入ります。仕様書(クライアントの要望書)に沿って執筆されているか、内容に誤りがないかなどをチェックして、承認されるとポイントが付与される仕組みです。求められたレベルに達していない記事は、差し戻しされたり非承認になったりします。つまり、納品した記事がすべて採用されるわけではありません。

次の2つに該当していれば、ゴールドランクにランクアップできます(どちらも前月の実績ベース)。

・承認率が90%以上
・1万ポイント以上のポイント付与

サグーワークスを始めた当初は、非承認になるか否かどきどきするかもしれませんが、ルールに沿ってきちんと記事を執筆していれば大丈夫なので安心してください。

もし、差し戻し・非承認になっても修正点を具体的に指摘してもらえます。最初は採用されなくても、仕事をこなすほど確実に上達する環境が整っています。

晴れてゴールドランクにランクアップすると文字単価が上がり、レギュラーランクでできなかった仕事が可能です。ゴールドランクから次のプラチナランクになるためには、テスト受験が必要です。

最高ランクのプラチナランクになると、文字単価がぐっと上がります。ライターとしてクラウドソーシングで稼いでいきたいと考えているなら、プラチナランクへのランクアップが必須です。専属案件がもらえるチャンスがあるので、自分のレベルアップに繋げられます。

「一球入魂」とは

サグーワークスには、一球入魂タスクという他のタスクより比較的文字単価の高い仕事があります。

普通のタスクは制限時間を経過するか、納品を完了すると、別の記事の執筆に取り掛かることができます。一方、一球入魂タスクは最初に書いた記事の審査が終わらないと、次の記事の納品ができません

1記事目が非承認になった場合は、2記事目を投稿する機会が失われます。一球入魂タスクの審査は、2~3日ほどかかるので初心者にはリスクが高いです。

ただし、一球入魂タスクはライターランクによって審査が免除されます。免除対象の記事は難易度によりますが、上位ランクほど優遇されます。できるだけ早くプラチナライターになることがおすすめです。

では、プラチナライターになるためのテストにどうすれば合格できるのか、具体的にお伝えします。

プラチナライターになる方法・テスト合格のコツ

プラチナライターになるには、プラチナライターテストに合格しなければなれません。早期合格に向けてテストに通過するコツを紹介します。

テストは、好きなときに好きな場所で受けられます。サグーワークスのページからプラチナライター受験をクリックして、必要事項を入力するとテストが開始する流れです。制限時間があるので、落ち着いて執筆できるときに受けるといいでしょう。

テストの詳細は教えられませんが、コツを2つ伝授します。

1つは、丁寧に読み書きをすることです。仕様書の指示をきちんと理解して、分かりやすく伝わりやすい文を作成していきます。一文はなるべく短く、必要以上に連続した語尾とならないよう注意して執筆ください。

もう1つは、サグーワークスのブログを隅から隅まで読み込むことです。「こぶたの鉛筆」というサイトを知っていますか?どんな記事がサグーワークスで評価されるのか、具体的に書かれているブログです。ブログ自体がとても読みやすく、内容も理解しやすいです。上手な記事をたくさん読むと勉強になりますし、知識も付けられるので受験前に目を通してみてください。

合否結果はサグーワークスのマイページに通知されますが、合格ならマイページの追加に加え登録のメールに直接連絡があります。

テストに不合格になっても、理由を明確に教えてもらえます。書いた記事に的確なアドバイスをもらえる機会はなかなかありません。テストは何度でも受けられるので、指摘事項を吸収すれば合格できる内容になっています。訂正が多いとやる気を失うかもしれませんが、その分成長の幅があるのでめげずにトライしましょう。

プラチナライターになれる人は、個人のクライアントだけでなく企業のクライアントにも通用する記事を書く力があります。きちんとしたテストなので、合格すると自信をもって執筆できるようになります。

現役プラチナライターが考えるサグーワークスで稼ぐために必要なこと

現役プラチナライターの筆者が実際にサグーワークスで仕事をして、稼ぐために必要だと考える3つのポイントを紹介しましょう。

個性を出すのではなく、正確性を重視する

ライターとして一番大切なのは、個性を出すことではありません。個性が必要なのはブログ記事などで、サグーワークスでのライティングは仕様書からクライアントが求める内容を正確に読み取って書き上げることを大切にしています。

誤った言い回しや誤字などがないのは大前提です。記事の内容自体に誤りがあったり、誤解を招いたりする文章は絶対に避けてください。正確性に重心を置くと、採用率アップに繋がります。

アドバイスを素直に受け止める

サグーワークスからもらえるアドバイスを素直に受け止めましょう。次の執筆に活かすことで、ライターとしていち早く成長できます。

どのライターも自信を持って納品した記事の内容に指摘事項が入ると、良い気持ちにはなりません。しかし良いライターほど、指摘された内容を踏まえて次の記事を執筆できます。始めは素直に受け止められなくても少しずつ吸収していけばレベルが上がるので、モチベーションを落とさずに件数をこなしていきましょう。

経験のない分野の記事にも積極的に挑戦する

サグーワークスは、経験のない分野の記事に挑戦できるのが他サイトにはないメリットです。

一般的なクラウドソーシングは、募集中の案件にライターが提案してクライアントから承認されると執筆できる流れですが、サグーワークスは違います。

サイトに表示されている案件は、必要なライターランクを満たしていればすべて執筆できます。例えば、美容系の記事を書いた経験がなくても問題ありません。執筆の幅を安心して広げるチャンスがあるので、存分に活かしていきましょう。

ライターとしての経験値を多く積む方法の1つは、いろいろなテーマの記事を書くことです。

サグーワークスの口コミと評判

サグーワークス 評判
サグーワークスの口コミ・評判は、稼げないという意見が多いです。なぜそう言われてしまうのでしょうか。ここまで読んだ人なら、サグーワークスが稼げないと言われる理由が分かるはずです。

サグーワークスが稼げないと言われる理由

サグーワークスが稼げないと言われるのは、経験を積むほど稼げるシステムになっているからです。

サグーワークスの最低文字単価はレギュラー・ゴールドランクであっても、他のクラウドソーシングより高めに設定されています。一般的に低い文字単価だと0.1円を切ることも多いですが、サグーワークスは低くても0.3円ほどです。プラチナライターにならなくても数をこなせば稼げます。

サグーワークスは、記事の承認率やライターのレベルに応じてもらえるポイントが変動し、納品記事が多いとボーナスポイントをもらえる仕組みになっています(50記事で200ポイント、100記事で500ポイント)。

稼げるレベルに到達する前に、あきらめてしまうライターが多いことが、サグーワークスは稼げないと言われる要因の1つです。

また、文字単価1円以上で執筆するプラチナライターがいるからこそ、報酬差に萎えてしまう人も多いようです。レギュラー・ゴールドランクのままでも稼げますが、プラチナライターになれば大幅収入アップが見込めるので、まずはテストを受けてみましょう。

サグーワークスとはどんなサービス?

サグーワークスは、文章作成のクラウドソーシングに特化したサービスです。サービス内容は、大きく次の4つに分けられます。

・簡単テキスト作成
・高単価ライティング
・アンケート回答
・記事チェック、校閲

ライターとして稼ぎたいなら、まず簡単なテキスト作成から始めて、プラチナライターテストに合格後、高単価ライティングサービスを利用する流れが王道です。

その他、サグーワークスの特徴や手数料、安全性や案件内容など順番に説明していきます。

サグーワークスの特長

サグーワークスは他サイトにないステキな特徴が多くありますが、今回はその中から3つに絞って紹介します。

クライアントに交渉・営業をしなくていい

サグーワークスは、クライアントに交渉や営業をしなくていいクラウドソーシングです。クライアントとライターの間にサグーワークスが入っているので、営業の必要がなく執筆活動に専念できます。他のクラウドソーシングサイトでかかってしまう時間が省略され、有効に使えます。交渉や営業が必要ない分、必ずもらえるフィードバックの吸収時間に充てるなど、執筆のレベルアップに活用しましょう。

他サイトだと、実績がないとクライアントから仕事をもらえないケースもありますが、サグーワークスならそうした心配はなく、仕事が途切れないのもうれしいポイントです。

ノルマに追われない

サグーワークスは、ノルマに追われることが一切ありません。好きなときに好きな記事を好きなだけ執筆できます。記事の作成時間に制限時間は設けられていますが、どれだけゆっくり書いても余るくらいなので、気にする必要はありません。

気が向いたときに作業をすればよい気楽なシステムです。

名文で評価される

サグーワークスには名文機能があり、ランキング上位者にはボーナスポイントが付与されます。名文がつく記事は、読者のことを考えて執筆されていることが多いです。個性的なものではなく、ターゲットの読者が誤解なく分かりやすく読める記事が評価されます。

ランキング1位だと3,000ポイント、2位は1,625ポイント、3位は1,000ポイントがもらえます。名文機能はレギュラーランクの案件だけにあるので、初心者は名文に選ばれることを目標にしてもいいでしょう。

他の人が書いた記事を読む機会はなかなかありません。客観的に記事を評価してもらえるのは、サグーワークスならではの特徴です。

サグーワークスの手数料

サグーワークスでかかる手数料は、振込手数料の108ポイントだけです。換金額が3万ポイント以上だと216ポイントかかります。

クラウドソーシングの多くで、システム利用料として20%ほど報酬から控除されますが、サグーワークスは一切発生しません。執筆した分がそのまま受け取れるので、金銭的なモチベーションに繋がります。

サグーワークスの安全性

サグーワークスの安全性は、非常に高いです。

クラウドソーシングで最も多いトラブルは、クライアントとのコミュニケーション不足によって発生します。急に音信不通になったり、報酬を未払いのままにされたり、一方的に悪評価をつけられたりするトラブルは、とても多いです。

サグーワークスは、直接クライアントに関わることがなく、どんな仕事でも必ず間にサグーワークスが入ってくれます。対人トラブルが発生する機会すらないので、安全性の心配はいりません

サグーワークスの案件

サグーワークスは案件の種類が幅広いですが、どのようなテーマが多いか具体的に紹介します。

美容・健康系

スキンケアやメイク、ダイエットについてなどが多いです。美容・健康系の記事を作成できる人は重宝されます。男性よりも女性の方が執筆しやすい内容です。

ライフスタイル系

流行の趣味について紹介したり、何かの体験から口コミを作成したり、たくさんのテーマがあります。実体験を基に執筆するものがあるので、執筆できる人の幅は限られます。

ハウツー系

物の使い方やサービスの利用の仕方など、方法を分かりやすく解説するテーマです。実際に使ったことがなくても挑戦してみると、自分の勉強になるおもしろさがあります。

金融系

節約など家計に関することから、投資まで種類が豊富です。金融関係に勤めていれば書きやすいですが、なくても十分執筆できる内容です。

不動産系

賃貸マンションの選び方や不動産売買など、いろいろなテーマが用意されています。書いた経験がないと難しく感じるかもしれませんが、そこまで難易度の高いものはないので安心して執筆できます。

サグーワークスでライター登録する方法

サグーワークス  登録
サグーワークスにライター登録するにあたって、必要な費用や資格・スキルについて説明します。その後、具体的な登録方法を案内します。

登録に費用は発生する?

サグーワークスは、登録費用が一切発生しません。思い立ったらいつでも気軽に仕事を始められます。もちろん、年会費や退会費用も必要ないので、費用面でも安心して利用できるサービスです。

資格やスキルは必要?

サグーワークスで執筆するのに資格やスキルは不要です。資格がなくても登録でき、仕事もきちんとあるので、その点でも心配はいりません。スキルはあった方が稼ぐスピードは上がりますが、なくても仕事をもらえます。筆者も未経験でライティングを初めてから2週間ほどで、サグーワークスに登録しました。

ライター登録の手順

ライター登録の手順は、パソコンの扱いに慣れていない人でも2、3分で簡単にできます。
サグーワークスのトップページから、会員登録ボタンをクリックし、メールアドレスを入力します。その後メールがくるので、ライター名などを入力すれば登録完了です。完了後はすぐに執筆できます。

サグーワークスの換金方法

サグーワークスで獲得したポイントは、現金だけでなくアマゾンギフト券やドットマネーにも換金が可能です。

換金方法

(ポイント)

レート

(ポイント)

最低交換額

(ポイント)

交換単位

(ポイント)

交換予定日 交換手数料

(ポイント)

現金 100→100円 1,000 100 1日以内 108・216
アマゾンギフト券 100→100円券 3,000 選択式 7日前後 なし
ドットマネー 1→1マネー 500 100 即時 なし

ドットマネーは、PayPalやQUOカードPay、iTunesギフトコードなどに交換できるポイント交換サービスで、手数料無料で現金にも換金できます。

クライアントとのよくあるトラブルと対処法

クライアント トラブル
サグーワークスは、ライターとクライアントが直接関わる必要がないためトラブルに発展しません。執筆活動に専念できる環境がしっかり整っています。悪いクライアントと関わる機会はなく、良い記事を書くときちんと評価してもらえます。

トラブルと無縁で、ライターとしてやりがいを感じられ、早く成長できるのがサグーワークスです。

もっと大きく稼ぐためには?

また弊社では、主にオウンドメディアと呼ばれるWebサイト(ホームページ)で、安定的に稼ぐ方法を教えています。

Webサイトで稼ぐ方法を知りたい場合は、無料で学べる動画講座を用意していますので、ぜひ登録してみてください。


まとめ

今回はサグーワークスを利用したことがない初心者に向けて、サグーワークスのいろはを紹介しました。

・サグーワークスで稼ぐためのコツ
・サグーワークスの口コミと評判
・サービスの特長や登録方法

など、いろいろな面から解説してきましたが、まずはサグーワークスに登録するのが一番です。紹介したサグーワークスで稼ぐ方法は、誰でもすぐに実践できます。始めのうちはすべてこなせなくても、1つずつ着実に身に着けていけばプラチナライターになれます。

初心者には難しい営業をする手間なく、ライターの仕事を簡単に始められるので、ライティングで稼ぎたい人はぜひチャレンジしてみてください。

今月のオススメ記事BEST5



インターネットでお小遣いを稼ぎたいと考えているあなたにオススメ!
→ 月1万円以上は簡単!ネットを使ったお小遣い稼ぎの方法おすすめ20選

副業を考えているサラリーマンにオススメ!
→ サラリーマン副業ランキングTOP10!実際に稼げたもの限定【TV放映】

人生を変えたいあなたにオススメ!
→ 仕事のせいで家庭崩壊寸前だった私が18ヶ月後に独立できて、家族を笑顔にできたワケ

自宅でできる仕事をお探しのあなたにオススメ!
→ 【2019年最新版】自宅でできる仕事おすすめ40選!

フリマアプリのメルカリで高く売れるものを知りたいあなたにオススメ!
→ 意外!?メルカリで高く売れるものランキングベスト20!