フリーランスの仕事内容とは?職種25選や求人先を徹底解説

フリーランス 仕事

会社や時間に縛られない自由な働き方「フリーランス」って憧れますよね。

でも興味はあっても、なかなか今の会社以外の働き方をイメージするのは難しい場合もあります。

今回の記事ではフリーランスには具体的にどんな職種があるのか、どんな仕事内容なのか、その働き方の実態に迫っていきます。この記事を読めば、あなたのフリーランスとしてのワークスタイルをより鮮明にできるはずです。

フリーランスとは?

フリーランスとは
フリーランスとは「会社など団体に属さない労働者」です。
かつての労働市場は会社に雇用されての労働が一般的でしたが、近年は働き方も多種多様なものとなっているため、会社等に属さずとも仕事をこなすことも可能になりました。

会社等に属している場合、仕事内容は属している団体によって決まります。自分の都合よりも会社等を優先しなければならないため、残業や休日出勤はもちろんですが、自分にとってやりたくない仕事・興味のない仕事もこなさなければなりませんでした。

いわば仕事の取捨選択はできませんでしたが、フリーランスであれば自分の興味のある仕事だけをこなしたり、休みたい時には休むなど団体に属していないからこその「自由さ」が特徴です。

フリーランスになるメリット

フリーランス メリット
フリーランスになるメリットをいくつか挙げてみるとしましょう。

自由な働き方が可能になる

先にもお伝えしたように、会社や団体に属している場合、仕事は「会社のため」のものなので、自分自身に決定権はありません。
その点フリーランスは「誰かのために」ではなく、自分のために働くスタイルが可能です。
引き受けたくない仕事を引き受ける必要はありませんし、働きたくない日に無理に働く必要もありません。

自分の頑張りがストレートに収入に反映される

フリーランスの場合、働いた分、収入が増えます。会社に属している場合、固定給になりますので、頑張れば頑張った分、実質的な賃金が低くなるとも言えます。

死に物狂いで頑張っている社員でも、適当にこなしているだけの社員でもキャリアが同じであれば、お給料は変わりません。その点、フリーランスは頑張れば頑張った分、収入が増えるので自ずと仕事へのモチベーションも高まるでしょう。

「自分中心」の生活をおくることができる

フリーランスとして働くと、生活の中心を「自分」に据えることが可能です。会社や団体に属している場合、生活の中心はどうしても「仕事」にならざるを得ないことでしょう。

出社から退社までは職場で過ごすことになりますし、住まいに関しても出社を考えての選定となることでしょう。その点フリーランスであればどこに住むのも自由ですし、自分のライフスタイルを中心に、いつ仕事をするのかという考え方が可能なので、会社や団体に属している方々とはライフスタイルそのものが大きく異なります。

フリーランスになるデメリット

フリーランス デメリット
フリーランスにはメリットが多々ありますが、一方ではデメリットもあります。
それらもまた、理解しておくことが大切です。

安定性がない

やはりフリーランスの一番のデメリットは安定性の無さです。自由ではありますが、裏を返せば余程著名なフリーランスではない限り、「何もしていないけど仕事が舞い込んでくる」はあり得ません。

自分で仕事を見つけなければ仕事がなく、収入が発生しませんし、見つけた仕事が単発であれば、仕事を終える度に新しい仕事を見つけなければなりません。

安定性の無さと引き換えに様々なメリットを享受できるのですが、安定性の無さは金融機関からの評価の低さにも繋がりますので、クレジットカードや各種ローンの申し込みではどうしても評価が低くなってしまいます。

社会保障という点でも不利

フリーランスの場合、国民年金のみになりますので、会社員のように厚生年金はありません。ましてや会社員の場合、会社側が半額負担してくれますので、老後の備え等の社会保障の面でフリーランスは不利です。

ましてやその点を誰かが指摘してくれる訳ではありませんので、自らで「いざ」や「もしも」さらには老後に備えて対策を講じておかなければなりません。

確定申告の手間がかかる

フリーランスは確定申告を行わなければなりません。会社や団体に属していれば、税金に関することは会社・団体が全て行ってくれますので、税金を意識する機会もあまりないでしょう。しかしフリーランスは毎年年度末、必ず受けなければなりません。

一年間で得た収入、かかった経費を計算し、税務署に申告する作業は、決して楽とは言えません。但し、こちらに関しては会計ソフトの進歩やe-taxなど、年々負担が軽減していますので、今後もさらに負担が軽減していく可能性もあります。

フリーランスで活躍できる代表的な仕事の種類

フリーランス 職種
フリーランスとして活躍できる仕事は多々ありますが、その中でも代表的な仕事の種類は以下の2つに分類することが可能です。

フリーランスが活躍できる代表的な仕事1:ネットを活用したお仕事

ネット環境さえあればどこででも可能な仕事は、フリーランスでも十分に可能です。

クラウドソーシングも充実していますので、かつてのように自らの足で異業種交換に積極的に参加する必要もなければ売り込みをすることもなく、ネット経由で仕事を見つけて仕事をこなし成果物をネットで提出できます。

これが可能な代表的な職種は

・エンジニア
・プログラマー
・ライター

などがあります。これらのお仕事は、フリーランスでも何ら問題ありません。

フリーランスが活躍できる代表的な仕事2:自分の才能を活用したお仕事

自分の才能を武器にしたお仕事もフリーランスを代表するお仕事です。

代表的な職種に

・イラストレーター
・カメラマン
・デザイナー

などがあります。

近年では

・youtuber
・インスタグラマー

もここに該当すると考えて良いでしょう。
これらのお仕事の場合、知名度が高まれば仕事が舞い込んでくるようになります。

フリーランスの職種25選とその仕事内容

仕事 25選
人気のあるフリーランスの職種を25種類程ピックアップしてみました。
どのようなお仕事なのかや、実際にどれくらい稼げるのか、なるための方法についてもまとめてみました。

参考URL(https://www.misoca.jp/freelance/pedia/1254/https://jobtalk.jp/salary_matome/jobs/65

1.アプリエンジニア

平均年収:500万円

スマートフォンに欠かせないアプリのエンジニアです。
スキルが必要ではありますが、アプリ開発の人手は足りていませんので、フリーランスとしても仕事の受注が可能です。
クラウドソーシングや、あるいは在職中の伝手(つて)などから仕事を引き受けるパターンが多い一方で、実績によって仕事の幅も広がります。

2.サーバーエンジニア

平均年収:450万円

サーバーのエンジニアは売り手市場です。
今後、IT業界はさらなる成長が見込まれている点や、少子化に於ける労働人口の減少などからIT人材は不足傾向にあります。
特にサーバーは、WEBコンテンツの「支柱」なので、どのような事業であれサーバーエンジニアが求められています。
会社から独立してフリーになるケースが多いですが、独学で勉強してクラウドソーシング等で仕事を見つけて実績を積み、より大きなクライアントを獲得している人もいるでしょう。

3.プログラマー

平均年収:400万円

IT、WEBの世界は全てがプログラムによって動くものなので、プログラマーの需要は高く、特に今後はAI関連のプログラマーの需要が増えると予測されています。
こちらもエンジニア同様、まずは会社員としてプログラマー業務に当たり、スキルや人脈を得てからフリーになるケースが多いのですが、独学で勉強してスキルを身に着け、クラウドソーシング等で仕事を見つけてステップアップしていったという人もいます。

4.ブロガー

平均年収:500万円

ブログを投稿するお仕事です。
ただ単に好き勝手書くのではなく、テーマに応じたものに特化することで企業からの案件が舞い込んできます。

ブログの投稿そのものは決して難しくありませんが、ブログによって集客し、多くの人に見てもらうことが大切になりますので、面白い文章だけではなく、更新頻度も問われます。
いくら面白いブログでも、なかなか更新されないようでは読者が定着しません。

5.アフィリエイター

平均年収:300万円

文章を書くことでサイトに多くの閲覧者を招き、広告を見てもらったり購入してもらうことで収入となるのがアフィリエイターです。
アフィリエイターを募集しているサイトにて登録すれば、すぐにでもアフィリエイターとして活動できます。
こちらもブロガー同様、まずはアクセスを増やすことが大切なのでコンテンツの内容や更新頻度が問われますが、ビジネススキルやそれまでの経験が問われるものではありませんので初心者でも取り組めます。

6.Youtuber

平均年収:747万円(稼いでいる人の金額)

Youtubeに動画をアップロードし、広告収入を得るYoutuber。
知名度や実績が高まれば、動画のアップロードではなく、イベント、テレビ番組等に呼ばれたり企業から直接仕事を頼まれるなど収入は一気に高まるでしょう。
動画さえアップロードすれば「Youtuber」ですが、食べていくためには多くの人に視聴してもらうためのアイディア、他人を傷つけないための配慮等が求められます。

7.Instagramer(インスタグラマー)

平均年収:250万円

SNS、「Instagram」に画像や動画をアップロードするだけですが、企業からのPR案件、つまりは広告収入になります。
そのため、Instagrameになるためには、まずはそれ相応のフォロワー数が求められるでしょう。
また、ジャンルを絞った方が企業の目に留まりやすいでしょう。
美容なら美容、旅行なら旅行と、ジャンルを絞った投稿の方がフォロワーが付きやすいと共に、依頼する企業も登場しやすいです。

8.WEBデザイナー

平均年収:420万円

WEBサイトのデザインをするWEBデザイナーは、コーティングの知識と美的センスの両方が問われます。
それまで会社員だった方が独立したり、あるいはクラウドソーシング等で仕事を見つけ、実績を積んでいくうちに仕事をもらえるようになるというケースが多いようです。
また、クライアントがクライアントを紹介してくれるパターンも見受けられます。

9.グラフィックデザイナー

平均年収:430万円

いわば「芸術家」とも言うべきグラフィックデザイナーは、実績が大切です。
ポートフィリオを作成し、自分がどのような作品を手掛けてきたのか、センスがあるのかをアピールすることで、それを見たクライアントから仕事を依頼されたり、クラウドソーシング等で仕事を見つけることができます。
実績次第では仕事が舞い込んできますので、まさに「自分次第」のお仕事です。

10.イラストレーター

平均年収:350万円

自分の書いた絵を買ってもらうお仕事で、全ては自分の才能次第になります。
SNS等で自分の絵をアピールすることから始めるケースが多いようで、仕事にありつけるかは自分の才能次第です。
近年はイラスト投稿サイトもありますので、そちらで自分の作品を投稿してアピールし、仕事につなげている人も多いようです。

11.動画クリエイター

平均年収:480万円

Youtuberを始め、動画の需要が高まっていますので、動画を編集できる動画クリエイターの需要も高まっています。
クラウドソーシング、あるいは自らのポートフィリオ等で仕事を見つけると、口コミで広がって仕事が増えていく業種です。
クライアントから気に入られると定期的にお仕事を回してもらえるようになりますので、腕前次第では安定性を得ることも可能です。

12.WEBライター

平均年収:400万円

文才さえあれば誰もがなれるものです。
特に近年はWEBコンテンツの重要性が高まっていますので、WEBライターの需要も高まっています。
こちらもクラウドソーシング等で仕事を見つけることが可能ですが、自らのブログやSNSにて宣伝し、仕事を獲得しているライターもいます。

13.コピーライター

平均年収:550万円

キャッチコピーを作るコピーライターは、元々は広告関連のお仕事に就いていた人がフリーになるケースが多いですが、クラウドソーシング、あるいはSNS等で自らアピールして仕事を獲得している人もいます。
また、こちらも人脈が大切になりますので、元々の職場関連、あるいは会社に所属していたころのクライアントから仕事をもらっている人も多いようです。

14.翻訳家

平均年収:600万円

外国語を日本語に直しますので、当然外国語スキルが求められます。
求人紹介サイトから仕事を見つけるケースや、知人からの紹介、実績からのオファー等があります。
但し、自分の実力が問われるお仕事です。翻訳能力はもちろんですが、作品の雰囲気に合っているのかや、閲覧者からの評価等で継続できるかが決まります。

15.ジャーナリスト

平均年収:300万円

元々は自分の得意ジャンルで仕事をこなしてから、フリーランスのジャーナリストにというケースが一般的です。
いわば「その道の専門家」になりますので、どれだけ業界に精通しているのかがカギを握ります。それまでの実績、自分の専門ジャンル等に応じてオファーがくるのを待つか、自らSNS等で発信して、誰かの目に留まるのを待つかになるでしょう。

16.編集者

平均年収:400万円

出版社で働いた後、フリーランスの編集者になるのが一般的です。
クラウドソーシング、求人等で仕事を見つけるのが一般的ですが、出版社時代の人脈からオファーをもらうケースもあります。

17.WEBディレクター

平均年収:400万円

WEBコンテンツを作成するための責任者の位置にあるお仕事です。
仕事のスケジューリングから手配などの「現場監督」と言えます。
会社で同じような業務をこなしてからのフリーランスや、WEBライターからディレクターにというケースもあります。
クラウドソーシング、あるいは知り合いからの伝手などが多いようです。

18.ITコンサルタント

平均年収:700万円

それまでIT業務に携わっていた人がフリーランスとしてITコンサルタントになるケースは多いです。
ITの知識、さらにはコミュニケーションさえあれば可能ですが、人伝でのお仕事が多いので人脈が大切になります。
クラウドソーシング等で「アドバイスを求めています」という案件に応募したり、自ら企業に売り込むなどして仕事を獲得しているようです。

19.WEBマーケッター

平均年収:500万円

WEBマーケティングに関する情報収集です。
会社員から独立したり、クラウドソーシング等でWEB関連の仕事の実績を増やしつつ、WEBマーケターを名乗るケースがあります。
人伝、あるいはクラウドソーシング等で仕事を見つけるケースが一般的の様です。
決して資格がある仕事ではありませんので、誰もが名乗ることはできますが、仕事を獲得するためには実績が大切ですし、実績を得るための最初の仕事は人脈や、これまでの自分自身のスキルが求められることでしょう。

20.EC運営

平均年収:150万円

自らが「店長」となってネット上でお店を開くものです。
経験、人脈、スキル等、一切不要です。自分で作ったものを売るのか、あるいは見つけてきたものを売るセレクトショップ的な物にするのかなどで仕事への取り組み方が変わります。
しかし、ECサイトの運営そのものは決して難しくはありませんが利益を得るためには宣伝や集客などのセンスが問われます。

21.カメラマン

平均年収:680万円

近年のフリーのカメラマンは自らサイトを持ったり、あるいはSNS等でどのような写真を撮影しているのかを紹介することで仕事をもらっています。
実績も大切ですが、センスも問われますので実績が無くとも上手な写真を撮影できるとアピールできれば仕事が舞い込んでくる可能性もあるでしょう。
特に近年はInstagramが名刺代わりとなりつつあるようで、Instagramを見た企業からオファーを受けるカメラマンもいれば、Instagramを使って営業活動を行っているカメラマンも多いです。

22.投資家

平均年収:0円~上限無し

お金という「初期費用」が必要ではありますが、金額だけで考えるのであれば何よりも夢のあるものですし、経歴が問われることもありません。
証券会社にて自らの口座を開設するだけで投資が可能になります。
人脈、経験、ビジネススキル等、一切必要ありませんが、「必ず利益が出る」という保証はありません。

23.メイキャップアーティスト

平均年収:300万円

メイクの専門学校を出てから現場にというパターンが多いですが、いきなりフリーとして働くのではなく、まずはメイク専門の会社に所属しながらメイクを担当し、いずれフリーにという流れが一般的です。
それなりにメイクの腕前が求められますし、出来が良ければリピートされる可能性も高いので全ては自分次第です。

24.配送ドライバー

平均年収:362万円

近年、ネット通販の成長によってドライバーが不足しています。
会社に所属してではなく、フリーランスとしても働けるようになっています。求人も多いので、免許されあれば簡単に取り組めますし、努力次第では高年収も可能です。
求人サイト等で比較的簡単に求人を見つけることができる点も強みです。

25.個人タクシー

平均年収:450万円

タクシー会社に10年勤務すると、個人タクシー、つまりは「フリーランスのタクシー運転手」になれます。
フリーになれば自分の好きな時に道路でタクシー業務をこなすことが可能になるのですが、タクシー会社に10年勤務しなければならないのでハードルは高いです。

フリーランスにおすすめの求人先

フリーランス 求人先
フリーランスとして働くにはおすすめの求人先がいくつかありますのでご紹介しましょう。

クラウドソーシング

近年増えているクラウドソーシングは、様々な案件が用意されていますし、登録だけであれば無料のものが多いです。
案件を見て、自分の興味のあるものや、できそうなものに立候補し、クライアントから選ばれれば「契約成立」となり、仕事をこなせます。
近年、フリーランスが増えつつある一旦にクラウドソーシングがあるのは間違いないでしょう。

専門求人向けのクラウドソーシング

クラウドテックは特にエンジニア系のフリーランス求人が多いクラウドソーシングです。
エンジニアの案件を常時多数抱えていますので、登録しておくだけでも良いでしょう。
リモートワークから常駐案件まで多々あるので、自分の希望する働き方で仕事を見つけることも可能です。

クラウドテックはこちら

スキルがない場合の対処法

スキル 対策
スキルのないフリーランスの対処法として考えられるのは主に二つです。
それは「説得力のある場所でのスキルアップ」と「単価の安い案件で実績とスキルを磨く」です」。

説得力のある場所でのスキルアップとは?

具体的には専門学校等でのスキルアップです。
独学よりも「〇〇で勉強しました」と告げられる分、説得力があります。少なくとも仕事を依頼する側としても「独学です」よりは依頼しやすいことでしょう。

単価の安い案件で実績とスキルを磨く

クラウドソーシング等を見ると、単価が様々だと気付きます。
単価はクライアント側が好きに決められるものですが、一般的には高い単価よりも安い単価の方が求められるクオリティが低いので、まずは低い単価で仕事を請け負い、実績とスキルの双方を磨いてみるのも良いでしょう。
一つでも仕事をこなせば「実績」となりますので、その実績を元に、徐々にステップアップしていくことで、報酬、さらには自分のスキルも高まります。

これからの副業時代で大きく稼ぐためには?

弊社では、主にオウンドメディアと呼ばれるWebサイト(ホームページ)で、安定的に稼ぐ方法を教えています。

Webサイトで稼ぐ方法を知りたい場合は、無料で学べる動画講座を用意していますので、ぜひ登録してみてください。


まとめ

今回は今話題の働き方「フリーランス」の職種や仕事内容、求人先を徹底的に解説してきました。

一口にフリーランスと言っても実に色々な働き方があります。フリーランスになりたいなら理想を具体的にして、しっかりと一歩一歩近づいていくのが現実的な選択肢でしょう。今回の知識をいかして、ぜひあなたの理想のフリーランスに進んでいきましょう。

今月のオススメ記事BEST5



インターネットでお小遣いを稼ぎたいと考えているあなたにオススメ!
→ 月1万円以上は簡単!ネットを使ったお小遣い稼ぎの方法おすすめ20選

副業を考えているサラリーマンにオススメ!
→ サラリーマン副業ランキングTOP10!実際に稼げたもの限定【TV放映】

人生を変えたいあなたにオススメ!
→ 仕事のせいで家庭崩壊寸前だった私が18ヶ月後に独立できて、家族を笑顔にできたワケ

自宅でできる仕事をお探しのあなたにオススメ!
→ 【2019年最新版】自宅でできる仕事おすすめ40選!

フリマアプリのメルカリで高く売れるものを知りたいあなたにオススメ!
→ 意外!?メルカリで高く売れるものランキングベスト20!