1. TOP
  2. WebページをPDFに変換して保存する7つの方法【スマホ対応】

WebページをPDFに変換して保存する7つの方法【スマホ対応】

WebページをPDFに変換して保存する7つの方法【スマホ対応】

Webページの情報を資料として見ながら、会議や打ち合わせを行いたいという場面はありませんか?
でも、紙の資料は、荷物としてかさばってしまいます。
Webサイトを画像としてキャプチャーしておくのも、枚数が多くなったりして、これまた大変です。

そこで、WebページをPDFに変換して保存しておくという方法はいかがでしょうか?

PDFであれば、電子データなのでかさばりません。
さらに、Webページをあなたが閲覧した状態のままPDFとして保存できるので、もとのWebページがなくなってしまっても、あなたの手元にはPDF化されたWebページが残ったまま。
WebページをPDFに変換することには、このようなメリットがあります。

WebページをPDFに変換するには、ちょっとした操作が必要です。
そこで今回は、WebページをPDFに変換して保存する7つの方法を紹介していきます。
WindowsとMac、スマホなど多くの環境で対応可能な方法ですので、お好みの方法を採用してください。

WebページをPDFに変換して保存するための基礎知識

WebページをPDFに変換

そもそもWebページはなぜ、PDFというファイルに変換する必要があるのでしょうか?

Webページは、HTMLやCSSというインターネット言語によって構成されています。
そこへさらに、画像やリンク、文字などのいくつものファイルが組み合わされて、ひとつのページが構成されています。

そのため、Webページをひとつのファイルとして保存するためには、ファイル形式の変換という作業が必要になるのです。

PCでWebページをPDFに変換して保存する5つの方法

PDFに変換して保存する

PCでWebページをPDFに変換して保存するには、以下5つの方法があります。

1. Webブラウザの印刷機能を使う
2. Webブラウザの拡張機能を使う
3. PDF変換ツールを利用する
4. Adobe PDFツールバーを利用する
5. MacでWebページをPDFに変換して保存する

これらの方法を、順に詳しく紹介していきます。

1. Webブラウザの印刷機能を使う

Webページをもっとも簡単にPDFへ変換できるのが、Webブラウザの印刷機能を使う方法です。

お使いのパソコンがWindowsの場合、PDFに変換したいWebページを開いた状態で、「Ctrl」キーを押したまま「P」キーを押します。
お使いのパソコンがMacの場合は、「command」キーを押した状態で「P」キーを押しましょう。

すると、Webページを印刷する画面が開きます。

ブラウザの印刷機能

送信先には、通常だとプリンターが設定されています。
しかし今回は、今見ているWebページをPDFに変換したいので、「変更」ボタンをクリックしましょう。

「PDFに保存」という項目がありますので、ここをクリックします。
すると、自動で先ほどの印刷画面に戻るので、送信先が「PDFに保存」となっていることを確認して、「保存」をクリックしましょう。

ブラウザの印刷機能
保存先を指定して保存すれば、WebページをPDFに変換して保存できます。

2. Webブラウザの拡張機能を使う

Webブラウザの拡張機能を使うことでも、WebページをPDFに変換して保存できます。

Webブラウザとは、インターネットを見るときに使っている「GoogleChrome」や「Internet Explorer」などのソフトのことです。
そしてそれらのWebブラウザには、既存の機能を強化する「拡張機能」というものがあります。

WebページをPDFに変換する拡張機能は、それぞれのWebブラウザによって、名称などが異なる場合があります。
ここでは、主要なWebブラウザである以下の3つについて、WebページをPDFに変換できるおすすめの拡張機能を順に紹介していきます。

1. GoogleChrome
2. Edge(旧:Internet Explorer)
3. Firefox

 

まずは、GoogleChromeの拡張機能から紹介していきます。

(ⅰ)GoogleChromeの場合は「FireShot」

FireShot

URL:FireShot

GoogleChromeでWebページをPDFに変換する場合は、「FireShot」という拡張機能がおすすめ。

Webページ全体のPDF化はもちろんのこと、今見えている範囲や、選択した範囲のみをPDF化することも可能。
操作も簡単で、非常に使いやすい拡張機能です。

FireShotを使ってWebページをPDFに変換する手順は、たったの3つ。
まずは、下記のURLより「FireShot」をGoogleChromeに追加します。
FireShot

GoogleChromeにこの拡張機能を追加すると、右上に「S」のアイコンが現れますので、PDF化したいWebページを表示した状態でここをクリック。

FireShot

PDF化したい範囲を選択し、クリックすると、表示されているWebページが自動的に下へスクロールされます。
スクロールが終わると画面が切り替わるので、「PDFへ保存」をクリックしましょう。

FireShot

これで、FireShotを使ってWebページをPDFに変換できます。

(ⅱ)Edge(旧:Internet Explorer)の場合は「OneNote Web Clipper」

Edge

URL:OneNote Web Clipper

Edge(旧:Internet Explorer)でWebページをPDFに変換する場合は「OneNote Web Clipper」がおすすめ。
ただし、この拡張機能の利用にMicrosoftのアカウントが必要です。

OneNote Web Clipperは、Webページ全体はもちろん、PDFに変換する領域を選択し、PDFとして保存できる拡張機能。

OneNote Web Clipperを使ってWebページをPDFに変換するには、まず下記のURLより「OneNote Web Clipper」をEdgeに追加しましょう。
OneNote Web Clipper

Edgeにこの拡張機能を有効化すると、Edgeの設定メニューに「Clip to OneNote」という項目が追加されます。
PDF化したいページを表示した状態で、ここをクリックしましょう。

Edge

Microsoftアカウント情報の入力を求められますので、お使いのMicrosoftアカウント情報を入力します。

Edge

サインインが完了すると、OneNote Web Clipperが起動します。
WebページをPDFに変換する方法を、以下3つの選択肢から選びましょう。

1. ページ全体
2. 領域
3. 記事

PDFの保存場所を選択したら、最後に「クリップ」をクリック。
これで、OneNote Web Clipperを使ってWebページをPDFに変換できるようになります。

クリップ

(ⅲ)Firefoxの場合は「Save as PDF」

Save as PDF

URL:Save as PDF

FirefoxでWebページをPDFに変換する場合は、「Save as PDF」という拡張機能がおすすめ。

Save as PDFは、閲覧中のWebページを、ワンクリックでPDF化できる拡張機能です。

以下のURLから、この拡張機能をFirefoxに追加すれば、あとはSave as PDFのアイコンをクリックするだけ。

Save as PDF

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/save-as-pdf/

アイコンが動き出し、数十秒後にはPDFの保存画面が表示されます。

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/save-as-pdf/

OKをクリックすれば、PDF化されたWebページの保存は完了。
Save as PDFを使えば、とても簡単にWebページをPDFへ変換できます。

また、2018年に入り、Firefoxが「Firefox Quantum」へと名称を変更し、バージョンアップしました。
これにより、WebページをPDFに変換できる多数の拡張機能が、現在は使えなくなっています。
今回紹介した「Save as PDF」は、「Firefox Quantum」でも動作確認ができていますので、安心してご活用ください。

Save as PDF

3. PDF変換ツールを利用する

インターネット上には、無料で利用できるPDF変換ツールが存在します。
このツールを使うことでも、Webページを簡単にPDFへ変換できます。

どのツールでも、基本的にPDFに変換したいWebページのURLを、このツールに入力してボタンを押すだけ。
使い方も簡単なので、ここでは無料のPDF変換ツールを2つ紹介します。

(ⅰ)PDF24 Tools

PDF24 Tools

URL:PDF24 Tools

PDF24 Toolsは、Webページを何度でも無料でPDFに変換してくれるツールです。
WebページをPDFに変換する他にも、PDFの保護や、PDFファイルを分割してくれるツールにも、このツールのページからアクセスできます。

日本語表記なので、使い勝手も良いのが特徴です。

(ⅱ)PDFmyURL

PDFmyURL

URL:PDFmyURL

PDFmyURLも、Webページを無料でPDFに変換できるツールです。
ただし、ツールが英語表記であることと、特定のWebページは有料でないとPDFに変換できないとの情報もあります。

そのため、先に紹介したPDF24 Toolsのサブとして使うのが良いかもしれません。

PDFmyURL

4. Adobe PDFツールバーを利用する

AdobePDFツールバーを利用することでも、WebページをPDFに変換できます。ただしこちらは、Windows専用の方法です。

PDFに変換したいWebページを開き、このアイコンをクリックしたあと、「WebページをPDFに変換」をクリックしましょう。

Adobe PDFツールバーを利用する

引用:https://helpx.adobe.com

これで、AdobePDFツールバーを利用した、WebページからPDFへの変換ができるようになります。
とても簡単ですね。

AdobePDFツールバーをインストールする方法

AdobePDFツールバーをインストールするには、お使いのPCにAdobeAcrobatがインストールされている必要があります。
お使いのPCにAdobeAcrobatがインストールされていない場合は、AdobeAcrobatの無料体験版を、以下のページからインストールしておきましょう。

AdobeAcrobatのダウンロードページはこちら

ただし、無料体験版が使えるのは14日間のみ。
その後の利用には月額料金がかかりますので、ご注意ください。

インターネットブラウザーにGoogleChromeをお使いの場合、AdobeAcrobatをインストールすると、ツールバーの追加確認が行われます。
「拡張機能を有効にする」をクリックし、AdobePDFツールバーをインターネットブラウザーに追加しましょう。

https://acrobat.adobe.com/jp/ja/acrobat/pdf-reader.html

引用:https://helpx.adobe.com

AdobePDFツールバーを追加すると、AdobeAcrobatのアイコンが表示されるようになります。

5. MacでWebページをPDFに変換して保存する

あなたがお使いの端末がMacの場合、WebページをPDFに変換して保存する機能が、もとから搭載されています。

使うアプリケーションは「Safari」です。
Safariを使えば、閲覧中のWebページを、簡単にPDFへ変換できます。

PDF化したいWebページを表示した状態で、Safariメニューバーの「ファイル」をクリックすると、「PDFとして書き出す」という項目が表示されます。

MacでWebページをPDFに変換して保存

ここをクリックし、PDFファイルの保存場所を指定すれば、WebページのPDF化は完了です。

スマホでWebページをPDFに変換して保存する2つの方法

スマホでWebページをPDF

外出中、スマホを操作していて「このページを、このままの状態で保存しておきたい!」と思ったこと、ありませんか?

「何かのファイルを変換する」という操作は、PCでないと難しいという印象があるかもしれませんが・・・
実はPCだけでなく、スマホでもWebページをPDFに変換して保存できる方法があるのです。

ここからは、Android端末とiPhone端末の両者で、WebページをPDFに変換して保存する方法を紹介していきます。

6. Android端末の場合

Android端末で、WebページをPDFに変換して保存したい場合。
まず、PDF化したいWebページを表示させた後、ブラウザーのメニューを開きます。

メニューが表示されたら、「共有」をタップしましょう。
共有のための項目がいくつか表示されますので、「印刷」という項目をタップします。

Android端末の場合

スマホをプリンターと接続していると、プリンターなどが表示されますが、その中にある「PDF形式で保存」をタップしましょう。

PDFに保存するための設定画面が開きますが、変更しなくても大丈夫です。
「保存」をタップしましょう。

項目をタップします。

保存場所を指定し、再度「保存」をタップすれば、Android端末でWebページをPDFに変換して保存できます。

7. iPhone端末の場合

iPhone端末で、WebページをPDFに変換して保存したい場合。
まず、PDF化したいWebページを表示させた後、共有メニューをタップしましょう。

表示されたメニューの中に「PDFを作成」という項目があるので、ここをタップ。

 iPhone端末の場合

「PDFを作成」の項目をタップすると、保存するPDFを編集できる画面が表示されます。
この画面では、任意の場所にマーカーを引くなどの編集ができますが、今回は編集をせず、そのままのWebページをPDFに変換して保存します。

左上の「完了」をタップしましょう。
「完了」をタップすると、「ファイルを保存」というボタンが表示されますので、これをタップ。

 iPhone端末の場合

iPhone端末に、PDF化されたWebページのファイルが保存されます。

まとめ

今回は、WebページをPDFに変換して保存する7つの方法を紹介してきました。
どれも難しい操作はなく、比較的簡単にWebページをPDFに変換できたと思います。

Webページは、時とともに内容が変わったり、Webページそのものがなくなったりすることもあるでしょう。

資料として紹介したいWebページや、参考になったWebページを見つけたら、PDFに変換して保存しておくと安心ですね!

WEBで副業を始めるならレンタルサーバーに契約してWEBサイトを公開する必要があります。
おすすめのレンタルサーバーは以下の記事にまとまっているので参考にしてください。

今月のオススメ記事BEST5



インターネットでお小遣いを稼ぎたいと考えているあなたにオススメ!
→ 月1万円以上は簡単!ネットを使ったお小遣い稼ぎの方法おすすめ20選

副業を考えているサラリーマンにオススメ!
→ サラリーマン副業ランキングTOP10!実際に稼げたもの限定【TV放映】

人生を変えたいあなたにオススメ!
→ 仕事のせいで家庭崩壊寸前だった私が18ヶ月後に独立できて、家族を笑顔にできたワケ

自宅でできる仕事をお探しのあなたにオススメ!
→ 【2018年最新版】自宅でできる仕事おすすめ40選!

フリマアプリのメルカリで高く売れるものを知りたいあなたにオススメ!
→ 意外!?メルカリで高く売れるものランキングベスト20!

\ SNSでシェアしよう! /

月刊副業の注目記事を受け取ろう

WebページをPDFに変換して保存する7つの方法【スマホ対応】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

月刊副業の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

月刊副業編集部

月刊副業編集部

月刊副業は株式会社Catch the Webが運営しています。

弊社は日本で一番有料会員数の多いアフィリエイトスクール「AMC」を運営しており、AMCの会員は現在2500名以上、1年間の会員のアフィリエイト報酬額の合計は40億円以上という実績があります。

月刊副業では、アフィリエイターの裾野を広げるという理念の元、初心者の方でも分かりやすいよう、アフィリエイトの情報を中心に副業に関する情報を発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • アフィリエイトにデザインが必要だと思ってませんか?本当に大事なこと

  • アフィリエイトはコンサルで成功できる?商材・スクールと比較してみた【図解】

  • 【初心者】主婦がアフィリエイトをゼロから始めるには?体験談と稼ぐコツを大公開!

  • 必ず使うべきアフィリエイトのおすすめツールまとめと比較一覧【無料あり】

関連記事

  • 【初心者向け】HTMLの書き方入門ガイド!タグの使い方も例を交えて図解

  • フリー画像商用利用可!写真素材30サイト大公開!Googleでの検索法も解説

  • Googleに登録してサイトを検索結果に表示するための9ステップ

  • 動画検索エンジンおすすめ10選と効果的な検索方法

  • 5分で完結!Googleアナリティクス設定方法〜初心者向け超簡単ガイド〜

  • 無料画像編集ソフトおすすめ17選!デザイナーから初心者まで使える加工ツール